Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボールのアニメラン...
バレーボールのアニメランキング4選【最新】スポーツメディアが厳選!

バレーボールのアニメランキング4選【最新】スポーツメディアが厳選!

最新バレーボールアニメはハイキュー!!が人気です。キャラクター同士の人間模様が濃く描かれていますので、バレーボールのルールを知らなくても楽しむことができます。バレーボールのアニメには汗と涙の青春が詰まっているので、青春アニメが好きな方におすすめです。

2021.12.16 バレーボール

バレーボールのアニメの面白さとは?

 (184517)

バレーボールのアニメの面白さは、躍動感溢れる描写とキャラクターの人間模様です。アニメならではのアングルでジャンプ、アタック、レシーブの迫力を感じることができ、バレーボールの経験の有無に関わらず誰でも楽しむことができます。チームメイト同士で切磋琢磨する様子や、チームワークを高める過程には汗と涙があり、バレーボールが好きな人や青春アニメが好きな人におすすめです。

青春

バレーボールのアニメの多くは学生の青春を描いています。バレーボールが上達していく姿だけでなく、挫折や苦しみを味わうことで人間的に成長していく姿は感動的です。汗と涙と称される青春ですが、まさにバレーボールのアニメにぴったりの言葉です。

チームワーク

バレーボールのアニメではチームワークを学ぶことができます。チーム内でぶつかり合いながらもお互いに理解を深め、一丸となりプレーできたときの喜びは感動的です。チームワークの大切さや仲間との友情は学校生活や職場の場面でも当てはまるため、バレーボール経験者でなくても共感を得られます。

バレーボールのアニメランキング4選

 (165245)

最新のバレーボールアニメといえばハイキュー!!が1番の人気作品です。スポ根系が多かった昭和のバレーボールアニメと比べ、最近のバレーボールアニメはキャラクターそれぞれに個性があり、人間ドラマが濃く描かれています。バレーボールのアニメと言っても、バレーボールをあまり知らない人が見ても楽しめるアニメが多くあります。

第4位:新アタッカーYOU!金メダルへの道

Animation "NEW ATTACKER YOU" OP

主人公 喧嘩っ早いが明るい性格。身長の高さを生かしたジャンピングサーブが得意
ストーリー ケガにより選手生命を断たれていた葉月優が、リオ五輪での金メダルを目指す
傾向 スポ根
試合度 ★★★★★
新アタッカーYOU!金メダルへの道は、1984年に放送されたアタッカーYOU!の続編です。新アタッカーYOU!のおすすめポイントは、バレーボール経験者なら感情移入して胸が熱くなる主人公・葉月優のキャラクターです。新アタッカーYOU!は前作のキャラクター設定やアニメ全体の雰囲気を引き継いでいるため、バレーボール経験者だけでなく、昭和のアニメが好きな人やスポ根アニメが好きな人にもおすすめしたい作品です。

第3位:少女ファイト

 (184515)

主人公 実力を隠し補欠選手として過ごしているが、実は狂犬の異名を持つ
ストーリー 姉の死や仲間からの裏切りで傷ついた心を持ちながら、自分自身の心と戦う
傾向 ヒューマンドラマ
試合度 ★★★★☆
少女ファイトのおすすめポイントは、主人公が人間関係の悩みを抱えながらバレーボールを通して成長していく姿です。主人公がバレーの練習に没頭しすぎて狂犬と呼ばれる反面、チームメイトとうまくいかず実力を隠して補欠部員で過ごしている様子に心が動かされます。少女ファイトは、学校や会社で人間関係のストレスを抱えている人や、ヒューマンドラマ系のアニメが好きな人におすすめです。

第2位:ガンバレー部NEXT!

Login 窶「 Instagram (165234)

主人公 実在する期待の若手選手4名(石川祐希、柳田将洋、山内晶大、髙橋健太郎)
ストーリー 各選手のプライベートな一面を紹介
傾向 ドキュメンタリー
試合度 ★☆☆☆☆
ガンバレー部NEXT!は、実在するNEXT4と呼ばれる石川祐希、柳田将洋、山内晶大、髙橋健太郎の4選手をアニメ化した作品です。ガンバレー部NEXT!のおすすめポイントは、普段は見ることができない合宿中での出来事など選手のプライベートな面を知ることができるところです。1話が2〜3分の短さで気軽に見ることができ、バレーボールのルールや技術を知らない人でも楽しめる作品です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

第1位:ハイキュー!!

主人公 身長は小さいが運動神経抜群な高校生
ストーリー ‘小さな巨人’に憧れてバレーボールを始めた主人公が一流バレー選手を目指す
傾向 コメディ
試合度 ★★★☆☆
ハイキュー!!のおすすめポイントは、バレーボールの練習や試合のシーンが多く、バレーボールがとても魅力的なスポーツであることが伝わってくるところです。試合で負けても決して諦めない主人公の姿に勇気づけられます。アニメの中でバレーボールの専門用語をわかりやすく解説してくれるので、バレーに詳しくない人でも楽しむことができます。ハイキュー!!は平成の大ヒットアニメの1つです。

最新バレーボールアニメ【2021年放映】

Login 窶「 Instagram (165238)

2021年放映予定の最新バレーボールアニメは、2.43清陰高校男子バレー部です。人気作を多く排出しているノイタミナ枠での放送で、期待が高まっています。原作の小説ではバレーの試合シーンに加え、人間ドラマが面白いと話題の作品のため、アニメではどのように描かれるのか注目されています。

2.43 清陰高校男子バレー部

主人公 バレーボールにしか興味がなく、周りと摩擦を起こしやすい
ストーリー 弱小と言われる清陰高校のバレー部で心身ともに成長していく
傾向 青春
試合度 不明
2.43 清陰高校男子バレー部のおすすめポイントは、バレーボールのシーンだけでなく男子高校生の学校生活が爽やかに描かれているところです。登場するキャラクターが豊富で、学園もののアニメや青春アニメが好きな人、バレーボールに興味がある人におすすめです。福岡県が舞台となっているので、福岡県出身の人に是非おすすめしたい作品です。

バレーボールアニメ番外編

バレーボールのアニメといえばアタックNo.1は不朽の名作です。1964年に東京オリンピックで日本代表女子バレーボールチームが優勝を果たして以降、バレーボールブームはアニメに影響を及ぼしました。昭和のバレーボールアニメは女子バレーボールチームを描いたものが多く、熱血スポ根系のアニメが人気でした。

昭和のアニメ①アタックNo.1

主人公 負けず嫌いで勝気だが優しく、人望が厚い。涙脆い一面もある
ストーリー 転校先の学校でバレーボールと出会い、学生時代の部活動からプロ選手へと成長していく
傾向 スポ根
試合度 ★★★★☆
アタックNo1は言わずと知れた昭和の名作アニメです。アタックNo1のおすすめポイントはスポ根やスパルタといった昭和の時代背景が描かれていることで、バレーボールへの熱意を感じることができるところです。

昭和生まれの世代には懐かしい青春時代を思い起こさせ、平成生まれの世代には現代のスポーツ教育とは大きく違う考え方に新鮮味感じ、新しい視点で見ることができるので、世代を問わずバレーボールが好きな人におすすめなアニメです。

昭和のアニメ②あしたへアタック!

主人公 バレーボールが大好きな高校3年生。口癖はいたって快調!
ストーリー 高校3年生の生活をバレーボールに打ち込みたいと考え、初心者ばかりの寄せ集めチームで部の再建を図る
傾向 スポ根系ヒューマンドラマ
試合度 ★★★☆☆
あしたへアタック!のおすすめポイントは、スパルタ教育によるチームメイトの死という当時のスポーツ業界全体にあった社会問題をテーマにしつつ、バレーボールというスポーツの素晴らしさを伝えている作品であることです。

あしたへアタック!は、バレーボールが好きな人、アタックNo.1が好きな人、昭和のアニメが好きな人におすすめです。

実写とのコラボアニメ

バレーボールの実写とアニメのコラボ作品は、ミュンヘンへの道と東京2020オリンピックweb動画東洋の魔女篇があります。どちらもオリンピックの宣伝の一貫で、バレーボールや日本代表チームの知名度を高めるために制作されました。実際の選手の動きに加え、アニメによる表現でジャンプやアタックに迫力があります。実在する人物をアニメ化することで、現実では不可能な幻の試合を見ることができバレーボールファン必見です。

ミュンヘンへの道

主人公 1972年ミュンヘンオリンピック日本代表男子バレー選手
ストーリー ミュンヘンオリンピックに向けた日本代表男子バレーボールの選手たちのドキュメンタリー
傾向 ドキュメンタリー
試合度 ★★★☆☆
ミュンヘンへの道のおすすめポイントは、当時知名度の低かった男子バレーボールの日本代表がオリンピックの予選を勝ち上がり、日本中から声援を受けて金メダルを取るまでの軌跡が描かれているところです。

合宿のシーンなど事実に基づいたストーリーを部分的にアニメ化することで、ドキュメンタリー番組に興味がない人でも楽しめる作品になっています。バレーボールが好きな人や経験者、1972年のオリンピックをリアルタイムで視聴していた世代の人におすすめです。

東京2020オリンピックweb動画

主人公 東京1964オリンピック出場チーム(東洋の魔女)VS 東京2020オリンピック出場予定チーム
ストーリー 東洋の魔女がアニメーションで復活。2019年度日本代表チームが戦いを挑む
傾向 ファンタジー
試合度 ★★★★★
東京2020オリンピックweb動画のおすすめポイントは、東京1964オリンピックに出場した東洋の魔女チームと現役オリンピック日本代表選手がまさに夢の対決を行うところです。アニメ化された東洋の魔女チームと互角に戦う現役日本代表選手の姿に、東京2020オリンピックへの期待が高まります。世代を問わず、オリンピックを楽しみにしている全ての人におすすめです。

ビーチバレーのアニメ

 (165734)

ビーチバレーのアニメははるかなレシーブがおすすめです。真夏の日差しの下で練習に励む主人公・大空遥と比嘉かなたの姿がまぶしく見えます。キャラクターの個性が魅力的で、ビーチバレーのルールを知らなくても楽しむことができるアニメです。

はるかなレシーブ

主人公 運動神経抜群の長身な女子高生。ビーチバレー初心者
ストーリー ビーチバレー経験者のいとこと共にビーチバレーの大会での優勝を目指す
傾向 青春
試合度 ★★★☆☆
はるかなレシーブのおすすめポイントは、ビーチバレーを全く知らなくても楽しめるところです。主人公がビーチバレー初心者なので、視聴者も主人公と一緒にビールバレーを学ぶことができます。試合のシーンも豊富で、砂の舞い上がる演出などアニメーションが美しいところもおすすめポイントの1つです。はるかなレシーブは、女子高生が主役のアニメが好きな人、主人公と同世代の人、青春アニメが好きな人におすすめです。

アニメ化が期待されているバレーボール漫画3選

Login 窶「 Instagram (165275)

バレーボール漫画の中でも個性が強く、長く連載されている作品はアニメ化を熱望するファンが多くいます。神様のバレーはコーチにスポットを当てており、20〜30代の大人に人気が高い作品です。ハリガネサービスは地味な練習を繰り返すことで強みを得てレギュラーへのし上がる姿を描いた王道系バレーボール漫画です。体罰問題にスポットを当てたその娘、武蔵は考えさせられることも多く、バレーボール漫画でありながら社会問題も取り入れています。

神様のバレー

 (184513)

主人公 元V1リーグ凄腕アナリスト。相手の嫌がるプレイを仕掛けるのが得意
ストーリー 全日本男子バレーの監督になるため、弱小中学校バレー部を全国制覇へ導く
傾向 コメディ
試合度 ★★★☆☆
神様のバレーのおすすめポイントは、バレーボール選手ではなくアナリストが主人公なところです。アナリストの分析によって万年1回戦負けの弱小と呼ばれているチームが勝ち上がっていく姿は、読んでいてスカッとします。

神様のバレーはバレーボールが好きな人だけでなく、ロジカルな考え方が好きな人やスポーツは苦手だけれど勉強は得意だという人におすすめの漫画です。

ハリガネサービス

 (184511)

主人公 控えめな性格だが視野が広く、試合中に相手を分析し対応することができる
ストーリー 新入部員の1年生がレギュラーの座獲得のために切磋琢磨する
傾向 スポ根風
試合度 ★★★★☆
ハリガネサービスのおすすめポイントは、地味な練習の積み重ねでも努力は報われると思わせてくれ、前向きになれるところです。新入部員の1年生がレギュラーを勝ち取るために上級生へ挑む姿には、胸が熱くなります。
ハリガネサービスは、主人公が地道な努力でレギュラーへのし上がる王道バレーボール漫画が好きな人や、下克上のストーリーが好きな人におすすめです。

その娘、武蔵

 (184509)

主人公 184cmの身長で男勝りな性格。破天荒で行動が読めない
ストーリー 体罰問題で廃部寸前だった弱小バレー部が、現在も体罰問題を抱える強豪校に挑む
傾向 コメディ
試合度 ★★★☆☆
その娘、武蔵のおすすめポイントは、破天荒な主人公による先が読めない意外性のある展開です。スポーツではたびたび問題視される体罰問題に触れつつも、コメディタッチなストーリー展開によって重苦しさは全くありません。

バレーボールのことだけでなく、学校生活のあるあるや部活あるあるが散りばめられているため、破天荒なキャラクターの漫画が好きな中高生におすすめです。

世代を問わず人気があるバレーボールアニメ

 (184508)

バレーボールアニメは世代を問わず好まれています。昭和ではアタックNo.1、平成〜令和ではハイキュー!!が不動の1位です。男性のイメージが強い野球やサッカーに比べ、女子バレーと男子バレーの両方とも知名度が高いところもバレーボールアニメが好まれるポイントと言えます。ワールドカップやオリンピックの応援や宣伝でアニメが制作されていることも多く、今後もバレーボールのアニメに注目が高まっています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。