Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. ハイカットのバレーボール...
ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

ハイカットのバレーボールシューズの10選とおすすめの選び方を解説

バレーボールシューズは種類によって特徴があり、ハイカットシューズには足首を固定する特色があります。ハイカットシューズは足のくるぶしまで覆うため、スパイカーや足首に不安のある方におすすめです。ハイカットシューズの正しい選び方は、着地のときの衝撃吸収力・軽さ・安定感の3点に注意して選びましょう!

2021.12.16 バレーボール

バレーボールシューズの種類と選び方

ASICS JAPAN on Instagram: “. バレーシューズを買ったことがある人は「履き心地やカラーが…」という経験があるのでは。 . 自分の足にあった幅や好みのカラーは様々。 . 「スペシャルオーダーシステム」では、11ヶ所のカラーと3タイプのシューズ幅を自由に組み替えられる。 . スペシャルな1足を手に入れよう。…” (111726)

バレーボールシューズの種類と選び方は、シューズの特徴を知ることが必要です。靴の形態は大きく分けて、足首・くるぶしを覆う形のハイカットシューズと、足首・くるぶしを覆わないローカットシューズに分けられます。

ミドルカットと表示されているシューズもありますが、足首を覆わないローカット以外の靴はハイカットシューズとされて、ミドルカットシューズもハイカットシューズの一種と考えます。

①ハイカットシューズ

オーダーシューズ JPN 🇯🇵 on Instagram: “#アシックス #バレーボール# スペシャルオーダーシューズ#TVR810#バレーボールシューズ http://www.order-shoes.jpn.com/asics/TVR810.html#カラーシュミレーションができる通販サイトです。#オーダーシューズJPN” (111730)

ハイカットシューズは、足首まで覆う形のシューズです。足首が固定されているので捻挫などの怪我の防止になることから、主にジャンプと着地が多いスパイカーに向いています。

ハイカットシューズ・ミドルカットシューズは、ローカットタイプに比べて多少重いこと、足首が固定されることから横へ動きにくいデメリットがあります。俊敏な動きが要求されるバレーボールのレシーバーには相性のよくないタイプのシューズといえます。

②ローカットシューズ

Sono  Oosaka on Instagram: “土曜日、梅田徘徊の目的の一つは、茶屋町のミズノ。 バレーボールシューズ買った。 何年もネットばかりで買ってて実際に店舗で買うのはすごく久しぶり。 そもそもスポーツ用品店でのバレーボールのコーナーは すごーく小さくて、シューズも少ししか置いてなくて。…” (111732)

ローカットシューズは、くるぶしの下までの背の低いタイプのシューズです。軽く動きやすいため、初めてバレーボールシューズを選ぶ人や、筋力に自信のない女性に向いています。足首の安定感は期待できないので、怪我の防止には効果がありません。

ローカットシューズの特徴は、足首が固定されていないことから動き出しがスムーズになることです。バレーボールのリベロなどの素早くボールに対応する必要のあるポジションに向いています。

③紐タイプ・マジックテープタイプ

紐タイプかマジックテープタイプかでバレーボールシューズを選ぶ方法もあります。現行モデルでは紐で縛るタイプが多くなっていますが、マジックテープタイプを愛用する選手も少なくありません。

マジックテープタイプは紐で縛るタイプよりも着脱が簡単なことや、自分の足にフィットさせられることがメリットです。特にハイカットシューズの場合、紐よりもマジックテープのほうが、着脱や微調整がしやすいので便利です。

バレーボールシューズの選び方

バレーボールシューズの選び方を解説

バレーボールシューズの選び方は、自分のポジション・熟練度などを考えることが大切です。​経験者は自分の好みで選んでも問題はありませんが、初心者はシューズの軽さや動きやすさを優先しましょう。

現在有名メーカーから発売されているバレーボールシューズは、どれもバレーボールに必要な最低限の機能は備えています。好きな色やメーカーで選んでも間違いはありません。メーカーやシリーズによって靴の形が多少違うので、一度試着をして自分の足にあっているかどうか確認することをおすすめします。

バレーボールのハイカットシューズとは?

ハムちゃん on Instagram: “* 長男がバレーボールを始めて2年目。 入部してすぐに買ったシューズから、すでに4代目。 去年、疲労骨折したりして色々あり、 今回は…急に足の爪が剥がれました😱…” (111729)

バレーボールのハイカットシューズとは、ミドルカットシューズを含めて、足首の上まで覆う形状のシューズです。一般的なスニーカータイプのシューズをローカットシューズと呼び、足首を囲う形で保護するタイプがハイカットシューズとなります。

バレーボール用のハイカットシューズは、一般的なハイカットのスニーカーよりも側面が強く作られています。ジャンプ・着地・横の動きが多いバレーボールでは、足首を保護するハイカットシューズを好む選手が多くなっています。

ハイカットシューズの特徴

ハイカットシューズの特徴は、足首を覆っていることから足首をしっかりと固定し、怪我・捻挫の予防になることです。一度足首の怪我をした人が足首を保護するために、ハイカットシューズを履いて足首を保護しているケースもあります。
軽さ 安定感 怪我の予防 価格
ハイカットシューズ
ローカットシューズ

ハイカットシューズとミドルカットシューズとの違い

  •        
  •        
  •        
  •       
    
ハイカットシューズとミドルカットシューズとの違いは、かかとからの高さです。具体的にかかとから何センチからはハイカット、との規定はありません。メーカーによって違いますが、しっかりと足首を覆うタイプをハイカット、軽く覆うタイプをミドルカットとすることが多いです。

一般的に、くるぶしを覆わないローカット以外のシューズをハイカットと呼び、ミドルカットシューズもハイカットシューズと同じカテゴリーに分類されます。

ハイカットシューズのメリット

ハイカットシューズの一番のメリットは、靴で足首が固定・保護されることです。ハイカットシューズは、ジャンプ・着地の多いポジションの選手に向いています。
ハイカットシューズのメリット
・足首が保護されているために、怪我の防止になる。
・足首がホールドされているので、一度足首の怪我をした人も安心してプレーできる。
・足首が安定するのでジャンプを繰り返しても疲れにくい。
・ジャンプ・着地の多いポジション向けに作られているので、衝撃吸収・クッション性に優れている。

ハイカットのバレーボールシューズ5選【レディース用】

No.3草刈りマヨオ on Instagram: “アローズと言えば後ろからの攻撃が映える。 #石川真佑 #石川真佑選手 #ishikawamayu #下北沢成徳 #下北沢成徳バレー部 #東レアローズ女子 #東レアローズ #torayarrows #バレー #バレーボール #女子バレー #女子アスリート #アスリート…” (111733)

女性やジュニアがハイカットシューズを選ぶときには、軽さと柔軟性を重視しましょう。初めから足首をきっちり固定する靴を選ぶと、実際にプレーをした場合に動きにくい場合があります。

女性用のバレーボールのハイカットシューズは各メーカーからリリースされていますが、特に軽さと柔軟性に優れた商品を独自ランキングで厳選します。

第5位 ミズノのワルキューレウィングMID

 (112354)

カラー ホワイト・ブラック
素材 合成繊維
ヒールの高さ 2.5cm
サイズ 23.0~26.0cm
ミズノのワルキューレウィング MIDは、ローカットタイプだと足首が不安な方におすすめのミッドカットモデルのシューズです。軽くくるぶしを覆う形になっているため、筋力の少ない女性でも動きやすくなっています。

軽量インジェクションミッドソールを採用しており、シューズ片方の質量約265g(24.0cmの軽さで女性でも扱いやすいシューズで、軽さを重視する方におすすめの商品です。

マジックテープで足首のフィット感とホールド性を実現し、足がずれにくくなっていることも人気です。

第4位 アシックスのRIVRE MT

 (112355)

カラー ピーコート/FCR・ブラック/リッチゴールド・ホワイト/フューシャパープル
素材 合皮
ヒールの高さ 3cm
サイズ 22.5~26.0cm
アシックスのRIVRE MTは、ハイカット初心者におすすめのシューズで、価格もリーズナブルです。ミッドカットながら足首がしっかり固定され、ソール部分も滑りにくくなっています。

やや小さめのサイズになっているので、1サイズ上の購入をおすすめします。インナーソールが取替式になっているので、よりフィット感を求める方におすすめします。

老舗メーカーであるアシックスのバレーボールシューズは、色もサイズも豊富に展開されており、バレーボールに必要な要素を全て兼ねそなえています。

第3位 ミズノのサイクロンスピード2MID

 (112356)

カラー ホワイト/ブラック・ ホワイト/ブラック/レッド・ブラック/ゴールド
素材 合皮
ヒールの高さ 2cm
サイズ 22.5~26.0cm
ミズノのサイクロンスピード2MIDは、ジュニアでも充分履きこなせるくらいの軽さが特徴です。側面のホールド感や底面の滑りにくさも好評です。くるぶしに当たる部分は見た目よりも柔らかくできているので邪魔になることはありません。シンプルなデザインで価格もリーズナブルなので、ママさんプレーヤーやジュニアに最適です。

総合スポーツメーカーであるミズノのバレーボールシューズは、日本人の幅広の足にフィットするように作られていることから、足幅が広い人には最適のハイカットシューズです。

第2位 ミズノのウエーブアルテミス4MID

 (112357)

カラー ネイビー・ホワイト・ブラック
素材 合繊・合皮
ヒールの高さ 2cm
サイズ 22.5~26.0cm
ミズノの ウエーブアルテミス4MIDは、マジックテープタイプのミッドカットシューズです。前足部が靴下のような構造で足になじむフィット性・履いて疲れにくいことが大きな特徴です。

柔軟性があるので、スパイカーだけではなく足首に不安のあるレシーバーにもおすすめします。マジックテープタイプなので着脱や微調整が簡単なことも人気の理由です。

底面にミズノインタークールシステムが導入されていて、ソール内の湿度や温度を下げる構造になっています。これは、ミズノ独自のもので暑い季節でも快適にプレーすることができます。

第1位 アシックスのCOURT SELFIT

 (112358)

カラー ブラック・ホワイト
素材 人工皮革
ヒールの高さ 2cm
サイズ 22.5~26.0cm
アシックスのCOURT SELFITは、フィット性とクッション性を追求したレディースミッドカットモデルです。底面のグリップ性能も優れており、バレーボールに必要な機能を全て兼ね備えた人気商品となっています。マジックテープで固定するタイプなので、好みのホールド感が得られることも特徴です。

軽さやホールド感・動きやすさを総合的にみて女性プレーヤーに最適な商品です。

メンズ用のハイカットのバレーボールシューズ5選

@r.volley04 on Instagram: “・ 学校で友達とバレーして遊んでる時に、祐希くんを イメージして跳んでみたけど、空中でこんな姿勢 はとれませんでした😂 彼があまりにも簡単そうに跳ぶから私も少しなら できるのかな?って思ってた😆 やっぱり無理だよね😢 祐希くん。すごいです。😂 ・ ・ ・ 📸photo by…” (111734)

男性用のハイカットシューズは、ジュニアか上級者で適した商品が変わります。まだ体ができ上っていないジュニアが上級者向けのハイカットシューズを履くと、動きが制限されてしまうことがあるので注意しましょう。シューズごとの特徴を参考にして、自分に一番あうシューズを選ぶことが大切です。

男子でも、ジュニアは軽くて柔軟性のあるレディースモデルの中から選ぶのも賢い方法です。

第5位 ミズノのウエーブモーメンタムMID

 (112359)

カラー ホワイト/ブラック/ライトブルー・ブラック/ホワイト/レッド
素材 合成繊維・人工皮革
ヒールの高さ 4.5cm
サイズ 23.0~31.0cm
ミズノのウエーブモーメンタムMIDの特徴は「ジャンプモーションを進化させる」コンセプトで作られていることです。助走からジャンプまでの動きやすさと、内側の衝撃吸収性に優れており、ミドルブロッカーやスパイカーのためのハイカットシューズといえます。

ワイドなソール部分ががジャンプ着地後の一歩をサポートし、左右のブレを抑えるので、一連のジャンプ動作の安定感にすぐれています。がっしりした見た目ですが、足入れも柔らかく足にフィットして動きやすいところも人気です。

かかとから高めにくるぶしを覆う形なので、レシーブ動作には多少制限がかかります。高校生以上のスパイカーにおすすめします。

第4位 ミズノのウエーブオーディーンMID

 (112360)

カラー ホワイト/ネイビー/シルバー
素材 合成繊維
ヒールの高さ 3.5cm
サイズ 22.5~28.5cm
ミズノの ウエーブオーディーン MIDは、初めてハイカットシューズを試す方のために、22.5cmから展開されており、全世代に好評な商品です。足入れがよく、軽さやクッション性も兼ね備えて、リーズナブルなところも人気です。

色はホワイトの一色ですが、足幅がゆったりしているので部活初心者やジュニアに一番おすすめできるシューズです。柔らかいミドルカットなので、足首に不安のあるレシーバーにも適しています。

第3位 ミズノのウエーブライトニングZ6 MID

 (112361)

カラー ブラック×ターコイズ/ホワイト/ブラック/イエロー
素材 合成繊維、人工皮革
ヒールの高さ 4.5cm
サイズ 22.5~31.0cm
ミズノのウエーブライトニングZ6MIDは、アッパー素材と底の部分を一体化させたことで、適度な柔らかさと激しいプレーに対応するフィット感が両立した優れたシューズです。かかとからつま先までの体重移動をスムーズにする構造なので、ジャンプ時まで床をしっかりとグリップします。

フィット感とクッション性を備えていることから、中高校生からハイレベルのスパイカーまでのバレーボールプレーヤーにおすすめできる商品です。シャープで個性的なデザインが幅広い層から人気を集めています。

第2位 アシックスのV-SWIFT FF MT 2

 (112362)

カラー ディレクトワールブルー/ミッドナイト・ホワイト/クラシックレッド
グラファイトグレー/ピュアシルバー・ホワイト/ブラック
素材 合成繊維・合成樹脂・人工皮革
ヒールの高さ 4cm
サイズ 22.5~31cm
アシックスのV-SWIFT FF MT2は、優れたフィット性・通気性そして軽量クッションにこだわって作られています。軽やかな動きをサポートするために、アッパー部はメッシュ素材となっており、通気性がよく疲れにくい構造になっていることも特徴です。

デザインも独特で、特にディレクトワールブルーの色がきれいなことから、若い世代に人気のモデルです。足首をがっしり固定せず、動きやすさを重視したデザインで、レシーブ動作にも響きません。中高校生のスパイカーにおすすめの商品です。

第1位 アシックスの VOLLEY ELITE FF MT

 (112363)

カラー エナジーグリーン/ディレクトワールブルー
 ブラック/ダークグレー・ホワイト/ソフトグレー
素材 合成繊維
ヒールの高さ 2.5cm
サイズ 24.5~32cm
アシックスのVOLLEY ELITE FF MTは助走スピードをパワーに変える空中戦を制すコンセプトで作られた、スパイカーモデルのハイカットシューズです。クッション性・軽量性・安定性・グリップ性と、全ての部分にこだわった作りになっています。

石川祐希選手や柳田正弘選手などのトップ選手も、このシューズを履いて活躍し優秀なシューズであることが証明されます。体が充分に出来上がった中級者から上級者向けのモデルで、ジュニアにはおすすめできません。

ハイカットシューズの特徴を知って正しく選ぼう

アシックスストア大阪 |フューチャーライフショールーム|施設ガイド|ナレッジキャピタル (111739)

via kc-i.jp
バレーボールのハイカットシューズの特徴を知ることは、自分のポジションにあったシューズを正しく選ぶときにとても大切です。ハイカットシューズは、足首を保護し着地時の衝撃をやわらげることから、ジャンプを繰り返すポジションの選手におすすめのモデルです。

バレーボールシューズは消耗品です。長く使っているとシューズの性能が落ち、底面も滑りやすくなりますので定期的に買い替えることが必要です。
自分にあったシューズを選んで、怪我防止とパフォーマンス向上をめざしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。