Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボール解説者16人...
バレーボール解説者16人!男性・女性の元バレー選手解説者を紹介

バレーボール解説者16人!男性・女性の元バレー選手解説者を紹介

バレーボール中継の解説者は男性は河合俊一、女性は大林素子が有名です。柳本晶一や植田辰哉の全日本バレーボール代表監督経験がある解説者は、戦略的な分析で試合を面白くします。現役時代に人気を博した大山加奈や栗原恵らも、現役時代の経験を活かした解説トークでリスナーを楽しませています。

2021.12.16 バレーボール

バレーボール解説者のイメージとは?

バレーボール解説者のイメージは、自身の現役時代の経験や知識を織り交ぜてバレーの専門用語や戦略を語るスペシャリストです。欧米はアナウンサーと実況者の明確な区分けがされていませんが、日本のスポーツ中継はアナウンサーと解説者の2人でおこないます。

バレー解説者は、元一流選手や監督が担い、バレーボールの競技実績がない人物がすることはありません。

バレー解説の注目ポイント

バレー解説者の注目ポイントは、各解説者ごとに得意分野が異なることです。バレー用語やルールの解説は解説者共通ですが、現役時代のポジションや経験で解説内容が違ってきます。

監督経験のある解説者は戦略に詳しく、試合の流れを丁寧に説明します。元一流バレープレーヤーが解説する場合は、自身のポジションの経験に基づく選手心理やプレースキルの説明が興味深く、選手目線のコメントがおもしろいです。

バレーボールの男性解説者8人

バレーボールの男性解説者は、元一流のバレー選手で監督経験のある人物が多いです。現役引退後監督で有名になった解説者もいますが、現役時代のナイスプレーが印象的な解説者も多く、わかりやすい解説とさまざまな目線の解説がバレーの試合を盛り上げます。

植田辰哉

生年月日  1964年7月25日
出身地 香川県東かがわ市
現役時代のポジション ミドルブロッカー
主な球歴 1992年:オリンピック
1989年,1991年:ワールドカップ
監督歴 新日鐵ブレイザーズ監督
全日本ジュニア男子チーム監督
全日本男子監督
植田辰哉は、全日本男子バレーチームを16年ぶりに五輪出場に導いた監督です。解説は、選手・監督での両方で五輪出場を果たした経験から、男子バレーの幅広い知識が光るトークに人気があります。

植田辰哉の解説の特徴は、コートサイドで見せる厳しい表情と裏腹な静かな語り口で、素人がわかりにくい試合の流れを丁寧に説明することです。日本代表選手と繋がりが深く、時折選手のエピソードを話すことも人気です。

河合俊一

生年月日  1963年2月3日
出身地 新潟県西頸城郡青海町
現役時代のポジション ミドルブロッカー
主な球歴 1984年,1988年:オリンピック
1986年:世界選手権
1985年,1989年:ワールドカップ
監督歴 なし
元一流バレー選手以上にタレントで人気の河合俊一ですが、バレーの解説は多くの解説者の中でもっともわかりやすいといわれています。ユーモラスな語り口ですが、プレーのよいところと悪いところをはっきり指摘し、誰が聞いても試合の流れやプレーの詳細を理解することができます。

河合俊一は話術が巧みで、バレー解説だけでなくアナウンサーとの掛け合いが面白いと人気です。

寺廻太

生年月日 1958年1月22日
出身地 広島県安芸郡坂町
現役時代のポジション ミドルブロッカー
主な球歴 1975年:春高,高校総体,国体高校三冠達成
監督歴 JTマーヴェラス監督
全日本男子代表監督
PFUブルーキャッツ監督
寺廻太の解説の特徴は、男子バレー・女子バレー両方に造詣が深いことで、戦略的な解説が細かいところです。みずからどんどん話していかずに、アナウンサーの質問に的確に答えていくタイプで、落ち着いた解説が好評です。

若干29歳で監督に就任した経験を持つ寺廻太は、アメリカ、ブラジル、イタリア、フランスにコーチ留学した時期があり、海外のバレー事情に詳しく、監督・コーチ目線の解説がおもしろいの声があります。

柳本晶一

  •        
  •        
  •        
  •       
    
生年月日 1951年6月5日
出身地 大阪府大阪市
現役時代のポジション セッター
主な球歴 1774年:世界選手権
1976年:オリンピック
監督歴 新日鐵監督
東洋紡オーキス監督
全日本女子代表監督
柳本晶一は大阪生まれで、関西弁で迫力のある解説が人気です。全日本女子バレー復活請負人のキャッチフレーズを持つ柳本晶一は、独自のやり方で全日本女子チームをけん引してきた実績を持ちます。

監督時代の柳本晶一は厳しいことで有名でしたが、解説者の柳本晶一は選手を思う気持ちが前面に出ることが多く、親しみやすい語り口で試合を分析することが高い評価を受けています。

山本隆弘

生年月日 1978年7月12日
出身地 鳥取県鳥取市
現役時代のポジション オポジット
主な球歴 2002年,2006年:世界選手権
2008年:オリンピック
2003年,2007年:ワールドカップ
監督歴 なし
日本男子バレーの低迷期にオポジットで活躍した山本隆弘の解説は、スパイカーの心理や駆け引きに対するコメントになるほどと思わせるところが多いです。現役時代の山本選手は力押しで失敗する場面もありましたが、経験をうまく解説に活かしています。

現役を引退して日が浅いので現役選手と繋がりが深く、解説にフレッシュさが感じることができるのが特色です。

前田健

 (225203)

生年月日 1948年7月9日
出身地 東京都杉並区
現役時代のポジション
主な球歴 特になし
監督歴 中村学園高校監督
パキスタン,カナダナショナルチーム監督
イトーヨーカドーバレー部監督
 (229958)

監督で多くのチームを率いてきた前田健は、バレーボールの深い知識に裏付けられた落ち着いた解説に定評があります。前田健は日本のバレー界の重鎮の前田豊を父に、ママさんバレー名誉会長を務めた前田琴子を母にもち、大学時代に中村学園高校を春高バレー優勝に導きました。

前田健のバレーボールに対するポリシーは怒ることでなく褒めることです。解説も、試合の流れや勝ち負けでなく、選手個人のナイスプレーを褒める場面が多々あります。

眞鍋政義

生年月日 1963年8月21日
出身地 兵庫県姫路市
現役時代のポジション セッター
主な球歴 1986年,1990年,1998年:世界選手権
1985年,1989年,1995年:ワールドカップ
1988年:オリンピック
監督歴 全日本女子代表監督
久光製薬スプリングス監督
眞鍋政義は全日本男子のセッターで長い間活躍した選手で、全日本女子バレーチームの監督で有名です。眞鍋政義の解説は、セッターと監督の両方の立場からのコメントを聞くことができて、バレー観戦を立体的に楽しむことができるのが特色です。

正確なトスワークに定評があった眞鍋政義の解説は、特に戦略や駆け引きの説明がわかりやすく、バレーを良く知るファンの支持を得ています。

加藤陽一

生年月日 1976年8月12日
出身地 大分県大分市
現役時代のポジション ウイングスパイカー
主な球歴 1998年,2002年:世界選手権
1999年,2003年:ワールドカップ
監督歴 PFUブルーキャッツ監督
加藤陽一の解説は、海外のバレー事情に詳しいところが特徴です。海外でバレーボールをプレーする選手が増えていますが、加藤選手は先駆者といえます。日本人が海外でバレーボールをすることの難しさや楽しさを、経験を交えて語る加藤陽一の解説は、渋い声とともに人気を集めています。

加藤陽一は現役時代に空飛ぶプリンス・世界を知る日本のサムライ​と呼ばれた名アタッカーで、スパイカーの心理や技術の分析も的確です。

バレーボールの女性解説者8人

バレーボールの女性解説者は、監督経験がない元バレー選手が多いです。いずれの解説者も世界を相手に戦ってきた経験を持ち、現役時代の雄姿や笑顔を思い出させます。
バレーボールの世界大会の解説は男性の比率が高いですが、コートサイドで解説するシステムもあり、現場の緊張感やベンチの選手の様子を詳しく伝えます。

大林素子

生年月日 1967年6月15日
出身地 東京都小平市
現役時代のポジション ウイングスパイカー
主な球歴 1990年,1994年:世界選手権
1985年,1989年,1991年,1995年:ワールドカップ
1988年,1992年,1996年:オリンピック
監督歴 なし
大林素子は元バレー選手の女性解説者でもっとも有名で、明るい語り口とわかりやすい解説が人気です。タレントで活躍中の大林素子は、タレント活動とバレーの指導・解説の活動で人気を集めています。

大林素子のフジテレビ中継の春高バレー解説は、丁寧な取材やリポートに基づいた温かい解説で、高校生バレーボール選手の思いが伝わると評判が高いです。

大山加奈

生年月日 1984年6月19日
出身地 東京都江戸川区
現役時代のポジション ウイングスパイカー
主な球歴 2002年:世界選手権
2003年,2007年:ワールドカップ
2004年:オリンピック
監督歴 なし
大山加奈は小中高すべての年代で全国制覇を果たし女子日本代表で活躍しましたが、持病の腰痛で26歳で現役引退して、バレーの普及とリポーター・解説者で活躍しています。現役時代に体の故障と戦い続けた自身の経験を活かしたフィジカル面の解説も好評です。

大山加奈のリポート・解説は、明るく優しい性格が前面に出て、否定的な言葉を使いません。常にアグレッシブな言葉で試合を楽しく見せるのが、大山加奈の解説の特色です。

中田久美

生年月日 1965年9月3日
出身地 東京都練馬区
現役時代のポジション セッター
主な球歴 1982年,1986年:世界選手権
1985年,1989年,1991年:ワールドカップ
1984年,1988年,1992年:オリンピック
監督歴 久光製薬スプリングス監督
全日本女子代表監督
全日本女子代表監督で有名な中田久美の解説は、プレーや戦略の良し悪しをストレートに指摘することが特徴です。中学生で全日本女子代表に選ばれた中田久美は、バレーの厳しさをよく知る人物で、彼女の指摘は厳しいながらも素人も理解しやすい言葉となります。

中田久美の解説は、試合が白熱すると語気が荒くなることもありますが、決して不快な物言いではなく、観戦者も試合に熱中する効果を生み出します。

佐藤あり紗

生年月日 1989年7月18日
出身地 宮城県仙台市
現役時代のポジション リベロ
主な球歴 2016年:オリンピック
2013年:グラチャン
監督歴 リガーレ仙台選手兼監督
佐藤あり紗は、地域リーグのリガーレ仙台の選手兼監督で、春高予選の宮城県大会やインカレの試合でフレッシュな解説をしています。

リベロで全日本女子を支えた佐藤あり紗は、長年のリベロ経験を活かし、レシーバー目線の試合の流れや戦略に対する解説が光ります。大学バレーに深い思い入れがある佐藤あり紗は、もっと大学バレーを見てほしい気持ちでインカレの試合の解説をしていると語ります。

竹下佳江

生年月日 1978年3月18日
出身地 福岡県北九州市門司区
現役時代のポジション セッター
主な球歴 2006,2010年:世界選手権
2003年,2007年,2011年:ワールドカップ
2004年,2008年,2012年:オリンピック
監督歴 なし
竹下佳江は長年全日本のセッターをつとめ、世界最小最強セッターと呼ばれ国際試合で多くの実績を残しました。竹下佳江のバレー解説の特徴は、バレーボール界のさまざまな人物の話を精力的に聞くことで、幅広い知識が光ります。

セッターポジションのスペシャリストの竹下佳江の解説は、レシーブ~スパイクの関連性を細かく分析するところも興味深いです。落ち着いた口調もリスナーに好評で、今後の解説者の活躍が期待されます。

栗原恵

生年月日 1984年7月31日
出身地 広島県佐伯郡能美町
現役時代のポジション ウイングスパイカー
主な球歴 2010年:世界選手権
2003年,2007年:ワールドカップ
2004年,2008年:オリンピック
監督歴 なし
栗原恵は三田尻女子高校1年の時に高校バレー三冠を達成し、プリンセスメグの愛称で日本代表チームを牽引しました。栗原恵は、現役時代にインタビューの言葉が歪められて伝わった経験があったことを振り返り、選手の言葉を正しく伝える解説をモットーにしています。

栗原恵の解説は、選手の気持ちに寄り添って選手や監督の言葉をありのままに伝えることが特色です。過剰な脚色をしない栗原恵の解説は聞く側にストレートに届きます。

ヨーコ・ゼッターランド

 (230093)

生年月日 1969年3月24日
出身地 アメリカ・カリフォルニア州
現役時代のポジション セッター
主な球歴 1992年,1996年:オリンピックアメリカ代表
監督歴 嘉悦大学女子バレーボール部監督
 (228830)

ヨーコ・ゼッターランドは、父がアメリカ人母が日本人で大学まで日本でバレーボールをしましたが、大学卒業後アメリカのナショナルチームで長年活躍しました。ヨーコ・ゼッターランドの解説は、世界のバレー事情を織り交ぜながら日本のバレーを分析することが特徴です。

ヨーコ・ゼッターランドは長年セッターをつとめていたことで、試合の流れを解説しながら、トスの良し悪しの発言が多いことも注目ポイントです。

佐野優子

生年月日 1979年7月26日
出身地 大阪府高槻市
現役時代のポジション リベロ
主な球歴 2002年,2010年:世界選手権
2003年,2007年,2011年:ワールドカップ
2008年,2012年:オリンピック
監督歴 なし
佐野優子は世界最強リベロといわれたレシーブのスペシャリストで、はきはきとした聞きやすい言葉の解説が人気です。日本だけでなく海外のチームのバレー経験を持つ佐野優子の解説は、世界バレー事情を織り交ぜながら、レシーブの質の分析が興味深いといわれています。

現役時代の活躍が印象的な佐野優子は、今後はバレー解説のみならず、海外移籍に興味を持つ選手のためのエージェント業に力を入れたいと語ります。

個性が光るバレーボール解説に要注目!

バレーボールの基礎知識やルールは各解説者の必須項目ですが、真鍋政義ら監督経験者、大林素子ら元一流プレーヤーで目線が違い試合をおもしろくさせます。男子の大会の解説は男性がしますが、女子の大会は男性女性両方が解説を担うので、違う評価が聞けるのも興味深いです。

アナウンサーの中継だけでなく、各解説者の話し方や内容に耳を傾けることが、バレーボールの中継をさらに楽しむ方法です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。