Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. ジュニア・子供用のバレー...
ジュニア・子供用のバレーボールシューズはどう選んだらいいの?

ジュニア・子供用のバレーボールシューズはどう選んだらいいの?

ジュニア・子供の足のサイズや成長の早さは個人差が大きいので、バレーボールシューズは慎重に選びたいものです。すぐに成長するからといって大きいバレーボールシューズを選ぶことや長期間足のサイズを計らないのはよくありません。ジュニアのバレーボールシューズの正しい選び方・おすすめのバレーボールシューズを紹介します。

2021.12.16 バレーボール

ジュニアの足の特徴とは?

ジュニア世代の足の特徴は、成長が早いこと・個人差が激しいことです。

一般的にバレーボールは、小学校入学前は本格的な指導はあまり行いません。小学生になって、ボールに慣れることから始めて、少しずつバレーボールの基礎を教えていきます。

小学生の子供の足は成長が早く、数ヶ月で靴がきつくなることもあります。このジュニア世代の足の成長を考えて、正しいサイズのバレーボールシューズを選ぶことが重要です。

ジュニア世代は動きが激しくなる時期でもあります。足を守るクッション性の高いものを選んで、思い切り運動させてあげましょう。

ジュニアの足は個人差が大きい

 (98395)

ジュニアの足のサイズは、同じサイズでも痩せている子と肉付きの良い子供では、靴のサイズが違います。

そのため”かかとからつま先”の足の長さだけでなく、足幅や足囲も測定し、1人1人に合ったシューズを選びたいものです。

さらにジュニア世代は足のアーチ部分が発達して、足自体が完成する時期でもあります。アーチとは足を支える弓形の骨のことで、いわゆる土踏まずです。この時期にしっかりとしたアーチを作るために、アーチをサポートするシューズを選びましょう。

足幅が狭い・甲が低い子供は、靴の中に中敷きを利用することをおすすめします。

ジュニアの足は成長が早い

 (98321)

子供の足は成長が早いので、頻繁にサイズを計ってシューズがきつくなっていないかどうか確認することが必要です。シューズのきつさは、子供に尋ねるのも一つの方法です。

紐の結びを緩めるだけで対処できる場合もありますが、きついシューズを履き続けると、骨の成長や運動能力にも関わってきますので対処が必要です。

シューズ選びで注意することは、すぐ成長するからといって大きめのシューズを選ぶことです。大きめのシューズを選び、シューズの中で足が遊んでしまうと、思うように体を動かすことができません。

普段履きの靴にも同じことが言えますが、それ以上にバレーボールのシューズ選びは慎重におこないましょう。

バレーボールのジュニア・子供用のシューズ選びとは?

 (98487)

ジュニアの足は個人差が大きく成長が早いことから、大人よりも慎重にシューズ選んで成長を妨げないようにすることが必要です。小学校高学年、特に男子の場合は大人と同じサイズに成長する場合も少なくありませんが、その場合でも以下のポイントに気をつけてシューズを選びましょう。
①つま先部分が広い
②かかと部分に耐久性がある
③軽量である
④クッション性が高い

①つま先部分が広い

 (98479)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
子供の足は、大人と比べて足幅が広く指の部分が扇形になっています。そのため足の指を締め付けるようなシューズは、成長を妨げるばかりでなく足の指を変形させる危険性もあります。

成長によってシューズがきつくなった場合や、足先が細くなっているタイプの靴を履いていると足の骨の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。靴の中で足の指間に適度な遊びがあるシューズを選びましょう。

適度に足の指を動かすことによって、指の腱や筋肉そしてふくらはぎの発達に影響があるという研究結果も報告されています。

②かかと部分に耐久性がある

伊知子 on Instagram: “本日もVivaBonds🏐 息子達もバレーボール練習です🏐  #小学生バレー #小学生バレーボール #横須賀#yokosuka#神奈川#神奈川県 #小学生バレーボールチーム #小学生バレーボール🏐 #小学生バレーボールチーム🏐…” (98480)

人間の骨は、骨化が完全に終了するのは18歳ごろとされています。

18年という長い年月を経て人間の骨が完成するということです。幼児期ほどではないにしても、ジュニア世代の骨はまだまだ柔らかく成長途中です。かかとの骨をしっかり成長させるために、かかとのおさえがしっかりしているシューズを選ぶことが大切です。

かかとがしっかりとサポートされることによって、動きやすくなり骨も正しく成長します。かかとの骨が正しく成長しないと、足の変形・X脚・O脚・偏平足の原因になります。

③軽量である

大人の場合は足首に不安がある方はハイカットのシューズなど、個人の好みでバレーシューズを選ぶ場合があります。しかし、ジュニアはそういった機能よりも、まずは自分の足に合ったサイズのシューズを選ぶことをおすすめします。

そのため、自分の足の動きを妨げないような、柔らかい素材で軽量であるシューズを選ぶことがポイントです。

大切なのは、かかとから前足部分にかけて、重心がスムーズに移動できるということです。硬い靴の方が足を守るのではないかとも思われがちですが、軽くて素足感覚で動けるシューズがジュニアには最適です。

④クッション性が高い

山本雄一 on Instagram: “2週間で近畿大会やな。ここから調整して、最後の公式戦に挑むで! 新入部員大募集中です。 いっしょにやりませんか? 待ってます。  #京都市 #和(nagi)V.B.C #部員募集中 #小学生バレーボール #女子 #子どもの成長 #子育て #生活の見直し #子どもを変える…” (98338)

バレーボールはジャンプすることが多いスポーツで、ジャンプした数だけ着地をします。

ジャンプをして着地をした時に足にかかる力は、体重の5倍以上になるといわれています。ジュニア世代の骨はまだ完成していないことから、できるだけ衝撃をやわらげるために、クッション性の高いシューズを選びましょう。

大人でも着地の衝撃によって、ジャンパー膝(ジャンパーズニー)という炎症を起こします。子供の場合はその危険性が余計に高くなり、成長にも影響をおよぼしてしまいます。ジュニアの膝や足首の骨に負担をかけないように、シューズの靴を選ぶときにはクッション性も確かめることが大切です。

シューズの選び方のコツ

ジュニア・子供のバレーボールのシューズは、高いシューズを買って長く履くという考え方は、正しい方法ではありません。

子供の成長にあわせて、適切なサイズのシューズを買い換えていくことが大切です。ただ頻繁にシューズを買い替えるのが経済的に大変だ、と思われる方もいます。その場合、兄弟や同じバレーボールチームのおさがりをもらう、またはフリマアプリなどを活用するのも一つの方法です。

知らない人が履いたシューズに抵抗があるという方もいますが、ジュニアのバレーシューズの需要は確実にあります。今まで使っていたシューズを売って買い替えの足しにする、という考え方もありますので参考にしてください。

ジュニアにおすすめしたいバレーボールシューズ 3選

[アシックス] UPCOURT 3 GS キッズ

 (98597)

サイズ 19~25cm
カラー 4色
ソールの厚さ 2cm
・指回りにゆとりを持たせ、足に沿うように設計。
・クッション性に優れたミッドソールが足への負担を軽減。
・靴底がしなやかで、ジュニアの足に心地よくフィット。

[ミズノ] サイクロンスピード 2 Jr

 (98598)

サイズ 19~24.5cm
カラー 2色
ソールの厚さ 1.5cm
・取り外し可能なカップインソールにより、快適なクッション性が実現。
・ジュニアの足にフィットするように、やや幅広。
・しっかりとジュニアのかかとをホールド。

[ミズノ] ライトニングスター Z4 Jr

 (98599)

サイズ 19~23cm
カラー 2色
ソールの厚さ 1.5cm
ミズノのバレーシューズのトップモデルで根強い人気のある、ウエーブライトニングシリーズと連動したデザインで、ジュニア選手にトップ選手と思いを共有してほしいという思いから生まれたシリーズです。

ジュニアの足に優しい軽量インジェクションミッドソールを搭載、もちっとした感覚で足を包みます。アウトソールはクッション性・軽量性を考慮したフラットソールとなっています。

ジュニア・子供用のバレーボールシューズ選びは慎重に

 (98387)

ジュニアのバレーボールシューズは、有名メーカーから発売されているシューズから選べばまず問題はありません。どれもデザイン性にも優れていますが、それ以上にジュニアの場合は成長が早く個人差があるということを考えて、機能を確認して購入しましょう。

どのスポーツにもいえますが、スポーツの特性に合わせてシューズは作られています。子供にバレーボールをさせるときには普通の体育館履きではなく、骨の変形防止・怪我の予防のためにバレーボールシューズを履かせましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。