Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. バレーボールのレシーブの...
バレーボールのレシーブの基本的な構えとコツとは?【上達ガイド】

バレーボールのレシーブの基本的な構えとコツとは?【上達ガイド】

バレーボールのレシーブの基本的な構えは、正しい形を覚えることが必須です。今回はレシーブ上達のためのコツを基礎から詳しく解説していきます。特に必要な「腰を落とす」ことや、様々な場面でのレシーブの構えの方法について解説します。

2021.12.16 バレーボール

レシーブの基本的な形とは?

バレーボールのレシーブの構えは、悪い癖がつく前に体得しておく必要があります。オーバーハンドパスもアンダーハンドパスも、腰を落とすことが第一ですが、腰の落とし方にもコツがあり、腰を落とす意味を理解して実践することが大切です。

無意識のうちに正しい構えが取れるように、まずは基本の形を理解してマスターしていきましょう。
それがバレーボールのレシーブが上手くなる最短の方法です。

バレーボールのレシーブの構え方

 (75462)

まず両足を前後にして、リラックスした状態で構えます。
上の図ではアンダーパスの形になっていますが、実際にボールが来た時に、オーバーハンドパスでもアンダーハンドパスでも対応できるように、手は胸元のあたりで構えましょう。
前後左右のボールに素早く対応できるように、かかとを少し浮かせて腰を落とします。
この時に猫背にならないように、そしてアゴが上がらないようにするのもコツです。
バレーボールでは常にボールから目を離さないのが基本ですが、なるべくアゴを上げないで上目遣いでボールを追うことも大切です。

バレーボールのオーバーハンドパスの手の形

 (74902)

両手の親指と人差し指で大きめの三角形を作り、親指を約3センチほど離して、ボールを包み込むような形を作ります。ボールを捉える位置は、額よりやや上方、顔の方に引き付け過ぎても離れすぎてもいけません。この際、ボールの下から前の景色を見ることができるくらいの位置というのが目安になります。

ボールを捉える位置が、自分の頭上になっていたり目よりも下になっていると、ボールが飛ばないばかりか反則を取られてしまうので注意が必要です。構えるときに手の指がガチガチに伸ばしているとうまくいきませんので、まずは指の力を抜きリラックスして構えましょう。

バレーボールのアンダーハンドレシーブの手の形

 (74814)

バレーのアンダーハンドレシーブの手の形は、まず手を組んでしっかり腕を伸ばし、両腕で面を作ります。
左右の腕が二等辺三角形になるように、そして高さを均等にすることを心がけてください。
その時に手首を下方に引いて絞ると、しっかりとした面を作ることができ、レシーブが安定します。
腕の角度は、腰を落とした時に太ももと平行になるようにするのが一番自然な構えとなり、レシーブ後のボールもちょうど良い軌道になります。

手の組み方は他にも何種類かあり、両手の指を絡めてしっかり組む方法などがありますが、これから覚えるのであれば、片方の手にもう片方の手の甲を乗せて包み込み、親指を合わせる方法がベストだと思われます。

レシーブの基本でつまづく4つの原因

レシーブの基本【必見バレー動画】

バレーボールでどんなにレシーブ練習をしても上達しない、そういう場合は基本的な構えが疎かになっていることが考えられます。どんなスポーツでも共通して言えることですが、上手くなるためには基本の構えを覚えて反復練習することが大切です。

自己流の形、あるいは間違って教えられた形のまま練習することは、それが癖となってしまうために、どんなに練習を重ねても上手くなることは難しいのです。もう一度基本に立ち返って、自分のバレーのレシーブの構えを見直してみましょう。

原因①基本の構えができていない

ワタナベ・タオルマン on Instagram: “#volleyballgraph #女子バレー #Vリーグ #バレーボール好きな人と繋がりたい  #東京カメラ部 #ファインダー越しの私の世界 #tokyocameraclub #igersjp #instagramjapan #プレステージインターナショナルアランマーレ…” (75375)

まずは基本の正しい構えと、手の形を覚えましょう。

・腰を落として背筋を伸ばす、アゴを上げずに上目使い気味にボールを見る
・足は肩幅より少し広く開き、多少前後させる
・体重はつま先側に乗せる
・上半身はリラックスさせて、ボールを待つときは手は胸の前あたり


この4つが、正しいバレーのレシーブの基本の構えのポイントですので、自分の構えをチェックしてみましょう。正しい腰の落とし方については、詳しく後述します。

また、バレーのパスの際の手の形も重要です。手の形を間違えて覚えていると、レシーブしたボールが飛ばない、そして軌道が安定しない原因になります。

原因②自己流フォームでレシーブをする

これは、本格的にバレーボールを始める前に、遊びでバレーボールやソフトバレーなどをやっていた人に見られがちな傾向です。バレーボールに親しむということは決して悪いことではありませんが、正しく構える方法を知らないうちにそれが体にしみついてしまっていると、修正するのに時間と労力がかかってしまいます。

自己流フォームでも対人パスくらいなら問題なくできてしまいますが、実際の試合でのスパイクレシーブやサーブカットに対応できなくなります。試合で戦力となるレシーバーになるためには、自己流フォームではなく、まず正しい構えを覚えることに大きな意味があります。

原因③漠然と対人パス・レシーブ練習をしている

  •        
  •        
  •        
  •       
    
バレーボールの正しいレシーブの構え方というのは、実は一番レシーブしやすい楽な構えなのです。初心者のうちに正しい構え方ができていれば、そのまま練習を重ねることで早く上手くなるということになります。

レシーブフォームを固める一番の基礎練習は対人パスです。まず対人パスを決められた回数をミスなくこなせるように、一球一球フォームを意識して練習していきましょう。少しでもボールが逸れたら横着せずに必ずボールの下へ移動して、相手の方向に向いてパスを行う、単純ですがこの意識が対人パスで大切です。レシーブ練習の時も同じで、ミスをした理由を考えながら次のプレーに生かしていくことが上手くなるコツです。

原因④アドバイスを聞かない

MINORIRC on Instagram: “前回、5月19日の プログラムの様子を facebookにて お伝えしております( *ˊᵕˋ )  HPからも ご覧いただけます!  #NPO法人 #京都光華ランニングクラブ  #K #K+runningClub #runningclub  #Kyoto #japan  #京都…” (75370)

自分のフォームの欠点というのは、意外と自分で気がつかないものです。指導者やチームメイトのアドバイスに耳を傾ける、その姿勢が大切です。同時に、他の人がプレーしている時も、気がついたことをどんどん声に出すということも必要です。

自分がミスをした時に「足が動いてない!」と言われ「動いてるよ」と無視するのではなく、もっと足を動かせばレシーブできたのだと受け止める柔軟性が、上手くなる早道です。どうしてもアドバイスに納得いかない時は、どうすればいいのか質問し話し合うことも必要です。まずは納得してそれを実践していくことで、自分の欠点を把握することができ克服していけるのです。

レシーブの基本の構えを徹底解説

nao on Instagram: “⁑⁑#黒後愛 選手#中田紫乃 選手#東レアローズ #torayarrows#島津アリーナ” (75322)

バレーボールのレシーブの基本の構えで、「腰を落とす」という言葉がよく使われます。しかし、正しく腰を落とすには理由と方法があり、それを理解していないと間違った腰の落とし方しかできません。

ここでは、腰を落とす理由と正しい腰の落とし方について詳しく解説していきます。腰は落としているつもりなのにボールに対する反応が遅い、構え方がしっくりこないと感じている方は、もう一度腰を落とす意味を考え、正しい腰の落とし方を覚えていきましょう。バレーボールでのレシーブに対する反応は、腰の落とし方にかかっているといっても過言ではありません。

正しい腰の落とし方

まず、脚を肩幅よりやや広めに開きます。そしてレフトなら左足、ライトなら右足を前にして構えます。その幅は、前足のかかとと後ろ足のつま先が、同じラインになるくらいが目安となります。そこから、足をやや内股にして腰を落とし、上体も前へ曲げます。腰を下に落とすのではなく、腰を曲げるイメージになります。この時の膝は、やや内側に向けるのがコツです。
この姿勢は大腿骨が上体を支える形になるので、一番自然な体勢となり、前方や横方向への一歩目をスムーズに行うことができます。

この体勢になると自然にかかとが浮き、つま先に重心がかかるようになります。その際には背筋を伸ばし、猫背にならないようにしましょう。

間違った腰の落とし方

masa on Instagram: “今日の拓馬 一番乗りなんとか keep🙆今日は四股立ちを重点的に練習です。#空手#karate#四股立ち#左足が寝てる” (75329)

一番多いケースは、お相撲さんの四股や柔道のように外股でかかとをべったりとつけて、下半身を安定させてしまうケースです。バレーボールの腰の落とし方を教わらないまま、ただ「腰が高い、腰を落とせ」と指導されると、このような腰の落とし方になってしまうことが多いので注意が必要です。
また、少し膝を曲げて上体だけを屈めているケースもよく見られます。これだと、顔・目の位置は下がっていても腰が落ちていないことになります。

足の開き方もボールに対する反応に大きく影響します。足の開きが足りなかったり、外股で開きすぎてしまうと、腰は落としてはいるはずなのに、ボールには反応しにくくなりますので注意しましょう。

腰を落とすことの意味

なぜバレーボールのレシーブでは、腰を落とすことが大切なのか?それは、前方や横方向に来たボールに素早く反応して動かなければならないからです。直立姿勢からでは、予期しないコースで来るボールには反応できません。正しく腰を落とすことが、前方と横方向のボールに向かってすぐに反応できる構え方です。そしてそれがボールの正面に素早く入ることに繋がり、安定したレシーブが可能になるのです。

また、格闘技において「腰を落とす」意味は、重心を落として相手に投げられないようにするためですが、その腰の落とし方はバレーボールのレシーブの目的とは違います。そこを理解して、バレーボールのレシーブの構えを体得しましょう。

6つの場面でのレシーブの構えとコツ

roku on Instagram: “10th February 2019Mishima City Gymnasium#星野秀知 選手 #torayarrows #東レアローズ #vleague #volleyball” (75323)

バレーボールのレシーブの種類は、大きく分類すると6つになります。
どれも基本は同じですが、それぞれのレシーブには特徴があり、上手くなるコツは違ってきます。実際の試合の中では様々なレシーブが要求され、どれも欠かせないものになりますので、練習中はそれを意識していきましょう。

これらのバレーのレシーブの特徴を理解してマスターしていくには、まず基本の構えが身についていることが前提になります。特にバレーボール初心者の方が早く上手くなるには、対人パスから気を抜かずに正しいフォームを身につけていくことが大切です。

①チャンスボールのレシーブのコツ

バレーボールのチャンスボールのレシーブは、一番基本となるパスです。そして一番大切なのは、落下地点を早めに見極めてボールの下に入ることです。来るボールがいくら高くても、早く落下地点に入ってボールを待つ癖をつけましょう。素早く移動してレシーブの準備を長くすることが重要です。

チャンスボールなのにボールの下に入るのが遅れるという場合は、周りの守備陣との連携がとれていないことも考えられます。レシーブをする選手は早めに声を出してボールの下に移動する、その癖がついていないチームは、チャンスボールを生かすことができません。チーム全体が声を掛け合う習慣をつけていくことが大切です。

②レセプションのコツ

【サーブレシーブ(レセプション)の基礎をおさえよう!】バボラバ ワンポイントレッスン!

レセプション(サーブカット)は、バレーボールのレシーブの中でも難しい部類に入るプレーです。それは、サーブを打つ選手とレシーブをする選手の距離が一番遠いので、サーブボールが微妙に変化することが多く、落下地点の予測が難しいのです。

ですので、レセプションで一番大切なのは、ボールの軌道を読むことになります。ボールの軌道を素早く読んで落下地点に素早く入る、そしてボールの正面に入ること、これでレセプションの80%は成功します。
そして低い姿勢でセッター方向に体と腕の面を向けて、丁寧にレシーブします。レセプションでも、他の守備陣との連携は大切ですので、声を掛け合っていきましょう。

③ディグのコツ

【スパイクレシーブ(ディグ)の基礎をおさえよう!】バボラバ ワンポイントレッスン!

ディグ(スパイクレシーブ)は、チャンスボールのようにセッターに上げることよりも、まずコート内にボールを上げる事を第一目標にします。強いスパイクを無理にセッターに返そうとするとネットを越してしまう場合もありますので、セッターよりも手前を狙ってあげるのがコツです。ボールを充分に引き付け、腕は振らずにボールに当てるだけで、ボールを迎えに行ってはいけません。

ボールに当てるだけ、という感覚を覚えるために、相手にボールを投げてもらいアンダーパスの体勢で腕の上でボールを止める練習が有効です。また、試合でディグを成功させるコツは、ブロッカーを軸にしたしっかりとしたポジション取りが必要です。

④ランニングレシーブのコツ

ランニングレシーブのやり方(short version)

実際のバレーボールの試合では、どんなにフォーメーションの練習をしていても、自分が構えた場所に来ないことが多くなります。

バレーボールのランニングレシーブとは、文字通り走りながらレシーブをすることで、それが上手くできるかどうかで、試合の勝敗が左右されてしまいます。ランニングレシーブのコツは、とにかく慌てない、そして高い位置でボールに手を伸ばすのではなく、低い位置でボールを処理できるように早く動くことです。
一番大切なのはボールの下に素早く入ることと、レシーブの腕の面を返球したい方向に向けることです。

⑤フライングレシーブのコツ

バレーボールレシーブ技術/フライングレシーブ【バレCH#58】

バレーボールのフライングレシーブは、受身ができないと怪我をする危険なプレーでもあります。足を強く踏み込んでスタート、重心を落としレシーブする、手を地面について胸をつく、そして滑り込む、このような流れになります。
この際、ボールの下を見てボールの下に手を差し入れることと、低い重心から飛び込むことがポイントとなります。高い位置から飛びこむと、床にあごなどを強打してしまいますので注意してください。

フライングレシーブは、フェイントや逸れたボールの処理に有効ですが、難しいプレーとなりますので、バレー初心者の方や身体能力のあまり高くない方にはあまりおすすめできません。

⑥ネットに近いボール(フェイント)の処理のコツ

フェイントボールの拾い方【必見バレー動画】

バレーボールでは、ネットに近いボールというのは、思いのほか処理が難しいものです。
フェイントは、ネットに近い場所にポトリと落とされるケースが多く、このボールの処理が上手くなることが失点を減らすポイントとなります。

ネット際にボールを落とされた時には落ち着いて落下地点で腰を落とす、これが第一です。そして腕の面の向きが大切で、床と平行だと真上に上がってしまいますし、傾けすぎると相手コートに入ってしまいダイレクトスパイクを打たれてしまうことになります。しっかりと腰を落とし自分があげたい方向(セッター)に向かって、すくい上げるようにボールを運ぶ、それがコツです。

レシーブの構えの際に意識すべき4つのポイント

のぞみ on Instagram: “☪︎.° ────────── 福井大会»20181103 ────────── この体勢でもしっかりセッターに 返せるのさすがだなって思う。 やっぱり面って大事!! .…” (75330)

バレーボールのレシーブの構えの際に意識すべきポイントはいくつかありますが、いずれも「意識しないでそのプレーができる」ために、普段の練習に心がけなければならないことです。何のためにその構えが必要なのか、バレーのレシーブの正しい構えを覚えることの利点を理解して練習を重ねていきましょう。
「こう構えなければいけない」ではなく、「こう構えればレシーブが上手くいく」そう思うことによって、自然と正しい構えが身についていきます。

①無理のない体勢で構える

前述したように、正しい構え方は一番動きだしやすく、ボールを正確にとらえることができる無理のない体勢なのです。低い姿勢とはいっても、しゃがみ込むような体勢では次の動きがし辛くなってしまいます。自分がすぐに動き出しやすい体勢、それがバレーボールのレシーブの正しい構え方、そして無理のない姿勢です。

静→動という動作を行うにあたって、スプリットステップをするのも一つの方法です。スプリットステップというのは、レシーブの構えの時に小さく予備ジャンプをして動き出しを早くする方法で、特に相手からのスパイクの際に行います。どんな時も、足の裏をべたっと床につけずにかかとを浮かせて構えましょう。

②体の向き・見るべき場所

バレーボールのレシーブで思った場所にボールが飛ばない場合には、様々な原因が考えられますが、体の向きが間違っているというケースが多くみられます。正面にいる人にパスをする場合でも、必ず足は前後させ、足先とへそをボールを飛ばす方に向けるのが基本です。
まず、ボールが来る方に正対して構え、ボールが来たら今度は上げたい方向に体を向けてボールを運ぶ、ボールを常に正面でとらえてまっすぐ前に運ぶことがボールコントロールの秘訣です。

バレーのレシーブの際に見るのはまず第一にボールですが、同時に周りの状況を見る視野の広さも大切です。

③視野を広く、周りの選手との連携を考える

@38_nao on Instagram: “‪2019.03.02#中島未来 選手#東レアローズ#Vリーグ” (75321)

バレーでは、レセプションでもディグでも、コート一面を自分一人で守備するわけではありません。あらかじめ決められたフォーメーションの中で、自分がレシーブすべき範囲というものは決まっています。守備の穴がないチームというのは、レシーブ力もさることながらそれ以上にフォーメーションがしっかりとしているチームということでもあるのです。

レシーブ力に多少自信がなくても、この範囲のボールだけを上げればいいと決まっていれば、プレッシャーがかなり少なくなるものです。シートレシーブの時から周りを見る癖をつけ、自分が取るべきボールと任せるボールの判断を早くしていきましょう。それがチームプレーです。

④声を出す癖をつける

バレーボールで周りの選手との連携を考えた場合、声を出すことが必須となります。この声出しは、対人パスの時から始めていき、試合はもちろんシートレシーブの際も常に声を出していきましょう。

大切な声は「返事、指示、ジャッジ」です。常にワーワー騒いでいたり、意味のない声を出し続けるのは逆効果です。自分がボールを取る時に「はい!」、チームメイトに「頼む・(自分にトスを)もってこい!」など、必要な指示の声をはっきり大きく出します。そしてジャッジは、アウトかインか自分で判断できない時に、周りの声が頼りになります。間違っていたらいけないと思って小声で言うのが一番いけません、自信をもって声を出しましょう。

バレーボールのレシーブの基本的な構えとコツまとめ

山口良二 on Instagram: “#新鍋理沙#戸江真奈 #野本梨佳 #久光製薬スプリングス #Vリーグ #サーブレシーブ賞 #アウトサイドヒッター#リベロ#Volleyball #volleyballgirl #sinnaberisa #toemana #nomotorika #outsidehitter…” (75331)

「バレーの基本の構えは腰を低く」よく言われる言葉ですが、正しい腰の落とし方についてはあまり言及されていません。今回は、バレーボールのレシーブの基本の構えについて、特に正しい腰の落とし方について詳しく解説しました。

繰り返しになりますが、バレーボールのレシーブの基本の構えは、正しい腰の落とし方から始まります。そしてそれが、素早くボールの下に入ることができる一番有効な方法となります。
ぜひもう一度自分やチームメイトの構えを確認して、チームの守備力をアップさせる参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。