2020年10月12日 更新

バレーボールのコーチや指導者になる方法とは?全6種類の資格を理解しよう!

バレーボールのコーチ・指導者の資格は全6種類。公認指導員を含めて、資格は日本体育協会が定めました。全6種類の中には、大学生やバレーボール初心者でも取得しやすい資格もあります。バレーボール指導者には、優れた指導法や高いコーチング能力なども必要です。

2,724 view お気に入り 0

バレーボールのコーチや指導者になるために必要なこととは?

河田町テレビジョン on Instagram: “. . .  20191110 戸江真奈選手   #久光製薬スプリングス  #戸江真奈 #nikon  #D500 #vリーグ  #バレーボール  #sportsphotography #volleyball  #ニコン #女子バレー…” (112066)

バレーボールのコーチや監督、指導者がコーチングのときに求められる2大要素は資質と資格です。

どれだけ優秀な成績を収めたバレーボール選手も指導者としての資質と資格を持ち合わせていなければ指導者にはなれません。バレーボールのチーム指導者になり、チームを正しい方向に導くためには、指導者として必要な要素を身につけましょう。

スポーツマンシップなどの「資質」

@ym814st on Instagram: “16日のジェイテクトと大分三好の試合の配信を観ました。  2セット目21-24で追い込まれてからのニシダ…… 焦る様子もなく淡々と自分の仕事をこなす姿は何かもう…スゴすぎて。  2年目であんな貫禄出せるもの?😅 仕留めにかかったときの目とか鳥肌立ったよ。…” (112054)

バレーボール指導者も含めてスポーツ指導者にとって最も大切な資質は、スポーツマンシップ。

スポーツマンシップは、仲間意識やライバルへの敬意なども重じるためスポーツに携わる指導者にとって重要な資質といえます。

バレーボールのルールを厳守し、正々堂々と真正面から対戦相手と競い合う楽しさをチームに伝えることも指導者の役割りです。また、指導者としてチームのメンバーと円滑な対話ができるようにコミュニケーション能力も必要になります。

指導者として必要な認定「資格」

河田町テレビジョン on Instagram: “. .  .  20191215 戸江真奈選手  #久光製薬スプリングス  #戸江真奈 #リベロ #libero #nikon  #D500 #vリーグ  #バレーボール  #sportsphotography #volleyball  #pallavolo…” (112056)

指導者として必要な資格は、日本体育協会が認定した全6種のいずれかとなり、無資格の場合、大会の審判は務まらず、自身が代表となりチームを支える立場になることもできません。

バレーボールの資格は指導者としてチームを支えるために必要な要素です。資格を持つ指導者は、チームの練習案の作成など中心的な役割を担います。

資格取得を通してバレーボールを勉強し、専門的な知識を身につける努力を惜しまない姿勢は、バレーボール指導者の資質にも繋がるでしょう。

バレーボールのコーチや指導者に必要な6種類の資格

のぞみ on Instagram: “☪︎.° ─────────────── WORLD CUP広島大会»20191013 ─────────────── オリンピックの組み合わせ発表されましたね! 外れたのもあったけど日本戦も当たってたので とりあえず一安心(*ˊᵕˋ*) . #バレーボール…” (112058)

バレーボールのコーチや指導者として、チームを代表する指導員になるために日本体育協会が定めた資格は6種類あります。

①スポーツリーダー
②公認バレーボール指導員
③公認バレーボール上級指導員
④公認バレーボールコーチ
⑤公認バレーボール上級コーチ
⑥マスターコーチ


6つの資格は、公益財団法人日本体育協会とスポーツ指導者育成部、公益財団法人日本バレーボール協会の3つのスポーツに対して権威のある団体が定めたものです。日本体育協会が公認スポーツ指導者制度に基づき資格認定します。

①スポーツリーダー

河田町テレビジョン on Instagram: “. . .  20190406 戸江真奈選手  #久光製薬スプリングス  #佐賀  #戸江真奈  #リベロ #libero  #nikon  #D500 #vリーグ  #バレーボール  #sportsphotography #volleyball …” (112059)

バレーボールの指導者が最も取得が簡単な資格はスポーツリーダーです。スポーツリーダーは、日本体育協会が実施する共通科目の講習を終了させ、定められた試験に合格する必要があります。

18歳以上であれば誰でも応募資格があるため大学生も取得可能です。取得を希望する方は、各都道府県体育協会に問い合わせましょう。
スポーツリーダーの役割
・スポーツ指導の基礎的な知識の取得
・ボランティアに関する知識の取得
・地域活動などでスポーツリーダーになる

②公認バレーボール指導員

No.3草刈りマヨオ on Instagram: “肩。 #古賀紗理那 #古賀紗理那選手 選手 #kogasarina #necレッドロケッツ #肩 #バレー #バレーボール #女子バレー #女子アスリート #アスリート #athlete #スポーツ女子 #スポーツ #sportswoman #sports #美人アスリート…” (112060)

公認指導員と略されることも多い公認バレーボール指導員。公認バレーボール指導員になるためには、共通科目35時間、専門科目40時間の2つの講習を受けて試験に合格する必要があります。

応募資格は18歳以上にくわえて、スポーツクラブなどのバレーボール指導者か、これから指導者になる意思がある方です。申し込みは、各都道府県体育協会でおこないましょう。
公認バレーボール指導員の役割
・スポーツ教室での指導
・発育発達期の子どもに対しての指導
・施設開放において利用者の指導支援
・初心者に対する基礎的指導

③公認バレーボール上級指導員

B706 on Instagram: “#藤井直伸 選手 #古賀太一郎 選手 #柳田将洋 選手 #福澤達哉 選手  #naonobufujii  #taichirokoga  #masahiroyanagida #tatsuyafukuzawa #龍神nippon #unitedvolleys…” (112061)

公認バレーボール上級指導員は、資格取得が難しくなります。

公認バレーボール上級指導員になるには、共通科目を2種類、合計70時間と専門科目60時間の講習を受講した後に試験への合格が必須。応募資格者は22歳以上で都道県バレーボール協会から認められた者となります。

日本バレーボール協会はバレーボール協会が認める者の定義を明らかにしていませんが、指導者としの実績は必要と考えられます。
公認バレーボール上級指導員の役割
・地域スポーツクラブ等でレベルに合う指導
・クラブない指導者の中心になる
・スポーツ教室で自身が中心的指導者になる
・市町村エリアにおいて競技別指導

④公認バレーボールコーチ

38 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

早川つかさ 早川つかさ