Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. 【男子】バレーボールの強...
【男子】バレーボールの強豪高校ランキング10選!強い高校はどこ?

【男子】バレーボールの強豪高校ランキング10選!強い高校はどこ?

男子バレーボールの強豪高校は、以前の強豪の埼玉県の深谷高校や広島県の崇徳高校に代わって京都の洛南高校と東京都の駿台学園高校が日本一を競っています。同じ地域に強豪がひしめいている場合も多く、大会常連校が地方予選で涙を流す白熱した試合が繰り広げられています。

2021.12.16 バレーボール

男子バレーボールの強豪高校とは?

Login 窶「 Instagram (167118)

男子バレーボールの強豪高校は、京都府の名門洛南高校や熊本県の古豪鎮西高校の常連に加えて、近年では東京都の駿台学園高校の台頭が目覚ましいです。

バレーボールの育成に特化した私立高校が強いことはいうまでもありませんが、文武両道を目指す公立高校が全国大会で活躍するケースも増えて、群雄割拠の時代へ突入したといえます。

バレーボールの強い高校の情勢

バレーボールの強豪高校は関東・近畿・九州に集中していて、全国レベルのチームが県予選を通過できない場合も多いです。京都府の洛南高校と東山高校、東京都の東亜学園と駿台学園高校など地区予選をを制した代表チームも、本大会で好成績を残していると限りません。

高校男子バレーは、名将といわれる監督が率いたチームが好成績をおさめる一方、新勢力が飛躍的に強くなり常連校を脅かす緊迫した情勢です。

高校バレーの3大大会

①全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会
 【通称:夏のインターハイ・高校総体

②国民体育大会バレーボール競技
 【通称:国体・選抜

③全日本バレーボール高等学校選手権大会
 【通称:春高バレー

男子バレーボールの強豪高校ランキング第10位

大阪府立大塚高校

運動部 − 男子バレーボール部 − │ 大阪府立大塚高等学校 (167119)

公立私立 公立
所在地 大阪府松原市西大塚2-1005
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:4回
高校総体の成績 ベスト4:5回,優勝:2回
主なOB選手 新井洋介(元豊田合成トレフェルサ)
大阪府立大塚高校バレー部は、公立高校のバレー部ながら、強豪校が多い大阪府で勝ち抜く実力を持つ注目校です。山口義一監督は、大阪府内の3校で40年近くバレーの指導をしてきた名監督で、気持ちも練習も基本を大切にする指導方法がとられています。

大塚高校の強さの秘訣は超高速バレーです。公立高校で背の高い選手が集まりにくいことから、コンビネーションバレーを駆使して身長のハンデを補う戦法が受け継がれています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第9位

東亜学園高校

Login 窶「 Instagram (167121)

公立私立 私立
所在地 東京都中野区上高田五丁目44番3号
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:6回,優勝:4回
高校総体の成績 ベスト4:4回,優勝:3回
主なOB選手 白鳥勝浩(ビーチバレー強化委員長), 細川延由(元・NECブルーロケッツ))
  •        
  •        
  •        
  •       
    
1980~1990年代は、東亜学園の黄金時代でした。1983年の第14回春高バレーでノーマークから優勝に導いた馬橋洋治監督は、当時の解説者の松平康隆氏からミラクル東亜と呼ばれました。

馬橋洋治監督が急逝された後に就任した小磯靖紀監督も、馬橋イズムを継承し輝かしい成績をおさめます。東亜学園は2000年代で低迷した時期もありますが、現在では復活して3大大会の常連のバレーが強い高校となっています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第8位

東山高校

Login 窶「 Instagram (167122)

公立私立 私立
所在地 京都府京都市左京区永観堂町51
春高(選抜)の成績 春高優勝:1回
高校総体の成績 ベスト4:2回
主なOB選手 松永理生(元豊田合成トレフェルサ)
東山高校は、京都府に強豪校の洛南高校があることから、伝統的に県予選突破が第1目標です。

東山高校は、高校の体育館を利用してジュニアを対象にバレーボール教室を開催していて、専門のコーチと高校のバレー部の選手も協力しています。設備の整った体育館で実力をつけたジュニアが、東山高校へ進学して力を発揮するのが東山高校バレー部の強さを支えています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第7位

大村工業高校

春高2018 結果 - 長崎県立大村工業高等学校 (167123)

公立私立 公立
所在地 長崎県大村市森園町1079番地3
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:3回,優勝:2回
高校総体の成績 ベスト4:1回,優勝:1回
主なOB選手 井手智(UVフランクフルト),朝長孝介(元・堺ブレーザーズ)
大村工業高校バレー部は、元全日本セッターの朝永孝介監督のもと、明るく、一生懸命、勝つバレー​をモットーにして、自分たちが考えるバレーボールを実践しています。

大村工業高校が公立の高校でありながら強豪の多い九州地区で常に上位の順位にいるのは、バレーボールの基礎をおろそかにしない豊富な練習量のたまものです。怪我防止に対しての意識が高く、試合に向けてのコンディション作りに重きを置いていることも特徴です。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第6位

市立尼崎高校

Login 窶「 Instagram (167125)

公立私立 公立
所在地 兵庫県尼崎市上ノ島町一丁目38番1号
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:2回
高校総体の成績 ベスト4:3回,優勝:1回
主なOB選手 久原翼(パナソニックパンサーズ)
市立尼崎高校のバレーボールの特徴は、伝統の粘り強いレシーブと、セッターを中心としたコンビバレーです。公立高校で越境入学が困難で身長の高い選手が集まりにくいことから、市立尼崎高校はボールを落とさない粘りを武器にしてきました。

2020年の春高バレーで21年連続34回目の出場を果たした市立尼崎高校は、粘り強いだけではなく、個々のプレーの精度を上げることを目標にして、上位の成績を目指しています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第5位

松本国際高校

男子バレーボール部 | 松本国際高等学校 (167127)

公立私立 私立
所在地 長野県松本市村井町南三丁目6番25号
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:1回
高校総体の成績 優勝:1回
主なOB選手 傳田亮太(ウルフドッグス名古屋)
松本国際高校バレー部は、平成16年創部の新勢力です。岡谷工業高校時代に春高3連覇、年間3冠を達成した名監督・壬生義文氏を迎え、全国大会の常連に上がってきました。早さとコンビバレー、ブロックとレシーブの連携が松本国際高校の強さです。

現在の松本国際高校の壬生裕之監督は、壬生義文元監督の御子息です。壬生裕之監督は高校生のときに岡谷工業高校で全国制覇を成し遂げた人物で、自分たちで考えるバレーを基本にしています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第4位

清風高校

バレーボール部 | 清風中学校・高等学校 | 徳・健・財 建学の精神に基づいた教育 (167128)

公立私立 私立
所在地 大阪府大阪市天王寺区石ヶ辻町12番16号
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:6回
高校総体の成績 ベスト4:5回
主なOB選手 増成一志(ジェイテクトSTINGS総監督)
清風高校で有名なのは体操部ですが、バレー部も常に全国大会の上位にランクされる強豪です。春高やインターハイの優勝経験はありませんが、全国大会出場やベスト4に残る回数は、他校の追随を許しません。

現在清風高校男子バレー部の指揮をとっているのは山口誠監督で、山口監督は元東レアローズの選手です。全日本代表選手に選ばれたこともある山口監督は、データを重視したバレーで実績を残しています。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第3位

駿台学園高校

駿台学園高校が初優勝! 平成28年度全国高等学校総合体育大会 男子バレーボール競技大会 - トピックス|公益財団法人日本バレーボール協会 (167130)

公立私立 私立
所在地 東京都北区王子6-1-10
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:2回,優勝1回
高校総体の成績 ベスト4:3回,優勝1回
主なOB選手 池田政之(元パナソニックパンサーズ)
駿台学園高校バレー部は、春高バレーに10年連続出場、2017年に高校3冠を果たした強豪です。

駿台学園高校の監督の梅川大介監督は、NECレッドロケッツのコーチを長年務めてきた経験豊富な指導者で知られています。駿台学園高校バレーの特徴は、相手スパイクのコースを限定するハイレベルのブロックと速攻です。食事管理が徹底されていて、バテない体を作るための栄養管理も駿台学園高校バレー部の強さの元です。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第2位

鎮西高校

 (167132)

公立私立 私立
所在地 熊本県熊本市中央区九品寺三丁目1番1号
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:5回,優勝3回
高校総体の成績 ベスト4:3回,優勝3回
主なOB選手 朝日健太郎(元サントリー,ビーチウインズ)
鎮西高校はバレー部はバレーボールが強い歴史ある古豪です。鎮西高校を率いる畑野久雄監督は、1974年に監督に就任してから現在までの長きにわたってバレがー部の指導をしてきました。

畑野監督は、基礎をおろそかにしないことと、チームの長所を生かす方針を貫いてきました。エースを中心にチームを組み立てて点を取る現在の鎮西高校のスタイルは、バレーボールの原点といえます。

男子バレーボールの強豪高校ランキング第1位

洛南高校

洛南高校 vs 清風高校 2セット目 春高バレー2019男子決勝  字幕推奨 - YouTube (167161)

公立私立 私立
所在地 京都市南区壬生通八条下ル東寺町559番地
春高(選抜)の成績 春高ベスト4:2回,優勝2回
高校総体の成績 ベスト4:2回,優勝:2回
主なOB選手 福澤達哉(パリ・バレー)
洛南高校は、スポーツと学問を両立させる名門高校です。洛南高校バレー部出身で現在全日本選手で活躍している福澤達哉選手も、弁護士かバレー選手になるか迷った時期があります。

洛南高校のバレースタイルは、エースだけに頼るのではなく、サーブレシーブを確実に返してどこからでも攻撃できることです。強豪東山高校がいる全国屈指の激戦区で知られる京都府予選は、常に全国レベルの熱い戦いが繰り広げられます。

高校の男子バレーボールを語ろう

Login 窶「 Instagram (167171)

高校の男子バレーの勢力図は、同地域に強豪高校がひしめいているのが実情です。全国レベルのチーム力を持ちながら予選敗退する強豪学校も珍しくなく、その理由で高体連の3大大会の出場高校にばらつきがみられます。

男子バレー・女子バレーとも高校バレーは高さだけで勝てる時代は終わりました。高校バレーは各チームの特色がはっきりして、Vリーグと同様にエキサイティングな試合を繰り広げて観客を楽しませています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。