Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バレーボール
  4. >
  5. 時間差攻撃とは?バレーボ...
時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

バレーボールの時間差攻撃とは、1人のスパイカーがおとりとなってブロックを引き付け、他のスパイカーが打つことです。時間差攻撃の中心選手は、セッターでおとりのスパイカーはミドルブロッカーになることが多いです。バレーボールは、選手の位置やタイミングを駆使して多彩なコンビバレーが展開されています。

2021.12.16 バレーボール

バレーボールの時間差攻撃とは?

もちすけ🙋🏐 on Instagram: “* 天皇杯皇后杯 東京体育館 2017.12.17 栄絵里香選手 久光製薬スプリングス  #栄絵里香 #えりか #久光製薬スプリングス #天皇杯皇后杯 #東京体育館 #バレーボール #女子バレー #Vリーグ #sakaeerika #hisamitsusprings…” (117238)

バレーボールの時間差攻撃は、クイックのタイミングで入るスパイカーが相手ブロッカーを引き寄せて、別のスパイカーが早い攻撃をすることです。

ダミーのスパイカーがブロックを引きつけることができると、実際にスパイクを打つ選手のブロックの枚数が減ります。

おとりで飛ぶスパイカーも、実際にそのままスパイクを打つ場合もあります。複数のスパイカーが打つ可能性があれば、相手のブロッカーは誰が実際に打つか判断に迷います。

バレーボールの時間差とは?

バレーボールの時間差とは、単純に時間をずらすのではなく、おとりのスパイカーが打つと見せかけてトスを引きつけ、他のスパイカーが攻撃することです。

スパイクの時間差は、トスやスパイカーの位置によってさまざまなパターンで展開されます。現在ではほとんど使われていませんが、おとり役と実際に打つスパイカー役を1人でおこなう一人時間差攻撃もあります。

時間差攻撃の効果

バレーボールの時間差攻撃の効果とは、どのスパイカーがどの場所から打ってくるのかわからないことです。

ブロッカーは、ブロックに飛ぶ位置の判断に迷うため、ブロックが遅れたりブロックがうまくできなくなります。

強力なスパイカーでも、目の前に何枚もブロックがつくとスパイクを決めることが困難です。セッターは、少しでもブロックの枚数を減らすために時間差攻撃を使って、スパイカーに得点を入れやすくすることが大切です。

時間差攻撃の3つの攻撃パターン

【バレーボール】スパイク 時間差の練習 全国レベルのスパイクを見て学ぶ

時間差攻撃のパターンは、おとり役がA・B・Cクイックの3つのタイミングで飛ぶ場合が多いです。

時間差攻撃は、おとりの後ろから回り込んでスパイクを打つ場合と、おとりの横から回り込んで打つ場合があります。おとりはA・B・Cの3つで飛びますが、実際に打つスパイクのバリエーションはチームによって違います。

バックアタックを使うパイプ攻撃も、時間差攻撃の1つのパターンです。パイプ攻撃とは前衛にトスを上げると見せかけて、アタックライン方向(バックゾーン方向)にトスを上げてバックアタックを打たせるコンビバレーです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

①Aクイックとセミクイックスパイク

 (117868)

Aクイックとセミスパイクスパイクは、時間差攻撃の基本の形です。

Aクイックのタイミングでおとりのスパイカーが入り、もう1人が左側でBセミクイックスパイクを打つのが基本です。トスをもっと長く伸ばして平行トスのオープン攻撃につなげるパターンもあります。

おとりの選手が相手ブロッカーを誘うので、実際のスパイカーにブロックがつくのが1テンポ遅くなり、スパイクが決まりやすくなります。

②Bクイックとセミクイックスパイク

 (117871)

Bクイックとセミクイックスパイクは、Bクイックのブロックが完成する前にA位置でセミクイックを打ちます。

Bクイックトスからの時間差攻撃は、Bクイックトスを上げると見せかけて、そのままレフトオープンの平行トスにつなげる攻撃方法もあります。Aクイックからの時間差攻撃と同じく効果的にブロックを惑わすことができます。

③Cクイックとセミクイックスパイク

 (117889)

Cクイックとセミクイックスパイクは、Aクイックからの時間差攻撃をCクイック(バックトス)のパターンでおこないます。

Cクイックとはセッターが短く低いトスをバックに上げるクイックで、おとりのスパイカーがCクイックを打つモーションをおこします。セッターはおとりの頭を越してトスを上げることもありますが、逆に前方へAセミクイックトスを上げることもできます。

Cクイックとセミクイックスパイクは難易度は高くなりますが、相手ブロッカーを惑わせる有効な手段です。

時間差攻撃の流れ

@123gobz on Instagram: “#堺ブレイザーズ#出耒田敬 選手#関田誠大 選手” (117249)

時間差攻撃の流れは、ほんの数秒でおこなわれるためにセッターとの意思疎通が不可欠となります。

具体的な流れは以下のとおりです。

①おとり役のスパイカーが助走を開始
②おとり役がジャンプして、相手ブロッカーを引き付ける
③実際のスパイカーがスパイクを打つ

ダミーの動き

おとりで飛ぶスパイカーの動きで必要なことは、できるだけ相手ブロッカーを引き付けることです。相手ブロッカーに注目させるため、おとり役はできるだけ声を出して自分が打つように助走を始めます。

おとり役が相手ブロッカーをうまく引き付けることができない場合は、セッターがおとり役のスパイカーにトスを上げることもあります。おとり役も自分にトスが上がる可能性を考えてボールから目を離してはいけません。

実際にスパイクを打つ選手の動き

実際にスパイクを打つ選手は、おとり役の位置を確認しつつ、どこへトスが上がるかを把握して助走を開始します。

数秒の間におこなわれる時間差攻撃では、チーム内の選手全員の動きを合わせることが重要です。おとり役や実際のスパイカー以外の選手は、攻撃パターンを理解して実際のスパイカーの動きを邪魔しないことを意識しましょう。

時間差攻撃のコツ

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 on Instagram: “【スワイプしてコマ送りできます】 トスの精度が勝敗を分けると言っても過言ではない! 多彩な攻撃を生みだすトスにも大注目!!! . 男子V.LEAGUEの開幕は10月26日(金)! . #バレーボール #バレー #バレーボール大会 #volleyball #volley #🏐…” (117237)

時間差攻撃のコツは3つあります。

(1)レシーブを確実にセッターに返して、セッターがトスを上げやすくする

(2)おとり役も実際のスパイカーも、効果的なスパイクを決めることができるスキルを上げる

(3)練習のときから、サインや声で意思の疎通をとる

特に、3つめの意思の疎通はコンビバレーの基本です。本番の試合で時間差攻撃を成功させるためには、練習のときから自然に声を出しましょう。

レシーブを確実にセッターに返す

レシーブを確実にセッターに返すことは、コンビバレーを成功させるための基礎です。時間差攻撃を成立させるためには、セッターが自在にトスを上げることができるボールを返す必要があります。

セッターの技量に依存しますが、レシーブボールやチャンスボールを確実にセッターに返すことが、時間差攻撃のコツです。

サインや声で意思疎通をとる

saaa_chie on Instagram: “2020.2.1Vリーグ静岡大会サイン👉👇 #関田誠大 選手#松本慶彦 選手#高野直哉 選手#堺ブレイザーズ#vリーグはバレーだよ” (117250)

時間差攻撃は、サインや声で意思疎通を取らないと成り立たない繊細なプレーです。

基本的には、セッターが前衛にいるときはセッターがサインを、セッターが後衛にいる時はスパイカーがサインを出します。セッターとおとり役、そして実際に打つスパイカーだけではなく、チーム全員がどういう攻撃をするのかを把握することが必要です。ハンドサインと声のサイン、両方を有効に使ってチーム全体の意志を統一しましょう。

普段から試合を想定したサインを使って練習することが大切です。

個々のスキルを上げる

時間差攻撃は、おとりのクイックに飛ぶ選手をはじめ、個々のスキルを上げることが重要です。

おとりに飛ぶミドルブロッカーが打つクイック攻撃が強力だからこそ、相手ブロッカーがおとりを警戒します。実際に打つスパイカーの技量も必要ですが、ミドルブロッカーのレベルが高いほど時間差攻撃は有効になります。

実戦では、試合の序盤で強力なクイックを相手チームに見せることが、後の時間差攻撃を成功させる戦略上のポイントです。

時間差攻撃を使って得点を量産しよう

@grand_volley on Instagram: “Happy New Year!🔥🎉🎇 #volleyball #volley #volleyballspike #volleyballjourney #volleyballplayers #volleyballpoint #volleyballfamily…” (117252)

時間差攻撃は、ブロックを散らして味方スパイカーの決定率を上げることが目的です。時間差攻撃を使っても点数が入らない場合は、以下のケースが考えられます。

・相手チームに完全に読まれている(おとりだとすぐわかる)

・スパイクを打つコースが悪い(ブロックがいる方向に打つ)

・スパイクに威力がない(スパイク力不足のため簡単にレシーブされる)

時間差攻撃を有効に使うことが得点を量産する鍵になりますので、ポイントを抑えたチーム練習を重ねていきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。