2020年3月26日 更新

時間差攻撃とは?バレーボールのコンビバレーのやり方を解説

バレーボールの時間差攻撃とは、1人のスパイカーがおとりとなってブロックを引き付け、他のスパイカーが打つことです。時間差攻撃の中心選手は、セッターでおとりのスパイカーはミドルブロッカーになることが多いです。バレーボールは、選手の位置やタイミングを駆使して多彩なコンビバレーが展開されています。

3,588 view お気に入り 0
実際にスパイクを打つ選手は、おとり役の位置を確認しつつ、どこへトスが上がるかを把握して助走を開始します。

数秒の間におこなわれる時間差攻撃では、チーム内の選手全員の動きを合わせることが重要です。おとり役や実際のスパイカー以外の選手は、攻撃パターンを理解して実際のスパイカーの動きを邪魔しないことを意識しましょう。

時間差攻撃のコツ

一般社団法人日本バレーボールリーグ機構 on Instagram: “【スワイプしてコマ送りできます】 トスの精度が勝敗を分けると言っても過言ではない! 多彩な攻撃を生みだすトスにも大注目!!! . 男子V.LEAGUEの開幕は10月26日(金)! . #バレーボール #バレー #バレーボール大会 #volleyball #volley #🏐…” (117237)

時間差攻撃のコツは3つあります。

(1)レシーブを確実にセッターに返して、セッターがトスを上げやすくする

(2)おとり役も実際のスパイカーも、効果的なスパイクを決めることができるスキルを上げる

(3)練習のときから、サインや声で意思の疎通をとる

特に、3つめの意思の疎通はコンビバレーの基本です。本番の試合で時間差攻撃を成功させるためには、練習のときから自然に声を出しましょう。

レシーブを確実にセッターに返す

レシーブを確実にセッターに返すことは、コンビバレーを成功させるための基礎です。時間差攻撃を成立させるためには、セッターが自在にトスを上げることができるボールを返す必要があります。

セッターの技量に依存しますが、レシーブボールやチャンスボールを確実にセッターに返すことが、時間差攻撃のコツです。

サインや声で意思疎通をとる

saaa_chie on Instagram: “2020.2.1Vリーグ静岡大会サイン👉👇 #関田誠大 選手#松本慶彦 選手#高野直哉 選手#堺ブレイザーズ#vリーグはバレーだよ” (117250)

時間差攻撃は、サインや声で意思疎通を取らないと成り立たない繊細なプレーです。

基本的には、セッターが前衛にいるときはセッターがサインを、セッターが後衛にいる時はスパイカーがサインを出します。セッターとおとり役、そして実際に打つスパイカーだけではなく、チーム全員がどういう攻撃をするのかを把握することが必要です。ハンドサインと声のサイン、両方を有効に使ってチーム全体の意志を統一しましょう。

普段から試合を想定したサインを使って練習することが大切です。

個々のスキルを上げる

時間差攻撃は、おとりのクイックに飛ぶ選手をはじめ、個々のスキルを上げることが重要です。

おとりに飛ぶミドルブロッカーが打つクイック攻撃が強力だからこそ、相手ブロッカーがおとりを警戒します。実際に打つスパイカーの技量も必要ですが、ミドルブロッカーのレベルが高いほど時間差攻撃は有効になります。

実戦では、試合の序盤で強力なクイックを相手チームに見せることが、後の時間差攻撃を成功させる戦略上のポイントです。

時間差攻撃を使って得点を量産しよう

@grand_volley on Instagram: “Happy New Year!🔥🎉🎇 #volleyball #volley #volleyballspike #volleyballjourney #volleyballplayers #volleyballpoint #volleyballfamily…” (117252)

時間差攻撃は、ブロックを散らして味方スパイカーの決定率を上げることが目的です。時間差攻撃を使っても点数が入らない場合は、以下のケースが考えられます。

・相手チームに完全に読まれている(おとりだとすぐわかる)

・スパイクを打つコースが悪い(ブロックがいる方向に打つ)

・スパイクに威力がない(スパイク力不足のため簡単にレシーブされる)

時間差攻撃を有効に使うことが得点を量産する鍵になりますので、ポイントを抑えたチーム練習を重ねていきましょう。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵