2018年10月3日 更新

フローターサーブの打ち方とコツとは?【バレーボール初心者ガイド】

チームプレーであるバレーボールの中で、唯一の個人技がサーブです。ここではフローターサーブ徹底解説と、上手く打てるようになるコツや練習法をご紹介します。サーブは得点に関わる重要なプレーですのでしっかりとフローターサーブを習得しましょう。

47,967 view お気に入り 0
男子バレーボール元全日本、越川優選手のジャンプサーブです。途中スロー再生も見ることができて、打ち方のコツもわかりやすくなっています。
バレーボールで一番強力なサーブといえば、このジャンプサーブです。打ち方の難易度もMaxと言っても過言ではありません。高くトスをあげてオープンスパイクと同じように打つ方法と、やや低めに上げてセンターのセミのタイミングで打つ打ち方があります。
バレーボールのジャンプサーブは特にトスが重要になります。まずトスを正確に上げることができないと、ジャンプサーブを打つことができません。また、全身を使って打つので高い身体能力と体力が必要になります。

フローターサーブのおすすめ練習法6選

目指せ!トップアスリート 「バレーボール サーブ編」

バレーボールのフローターサーブは、「正確なトス」「ボールの芯を叩く」「正しいスイング」の3つが打ち方のポイントです。ここでは具体的に、それぞれのポイントに対しての練習方法のコツをご紹介します。
いずれも特殊な環境や道具を使ったものではないので、どなたでも実践できる方法ばかりです。空いた時間に個人でできるものや、普段の練習の時に取り入れると効果的な方法などがありますので、サーブのスキルアップの参考にしてください。
同時に基礎体力や筋力アップのトレーニングは、バレーボールの練習時に欠かさずに行いましょう。

フローターサーブの練習方法①目つぶりトス上げ

Yutaka Yamane on Instagram: “さぁさぁサーブ!2017-12-2加古川市総合体育館#久光製薬スプリングス#新鍋理沙 選手” (59559)

左手でボールを持ち、トスをあげるイメージで上に投げて、そのままの位置でキャッチします。目を開けた普通の状態だとそれほど難しくはないはずですが、目をつぶると意外とブレてしまうことがわかります。そして、個人の癖でどうブレるのか規則性があることもわかります。練習の時にうまくサーブが打てるのに、バレーボールの試合になるとうまく打てない原因の一つはここにあります。試合の時にはトスをあげることに意識があまり行かないので、知らないうちにトスがブレているのです。
これは目をつぶって手に感覚を覚えさせることがコツです。短時間でも継続することで、手が正しい感覚を覚えていきます。

フローターサーブの練習方法②壁打ち

これも練習の前後や空いた時間に手軽にできる方法です。コートを使っての練習ができない時に壁に向かってサーブを打つのですが、あくまでミートの練習なのでコンパクトに行いましょう。壁に目印をつけるか目標の位置を定めて、1、2mほど離れた場所からそこに向かって軽く打つのがコツです。目標はネットの高さ程度です。手の正しい場所にミートさせて目標を狙うのが目的なので、強く打つ必要はありません。一打ずつ丁寧に、バックスイングで肘を下げないことを意識してミートするのがコツです。
そして、他の選手たちがコート内での練習している時間は避けましょう。球拾いや声出しは練習の一部です。あくまで誰も練習していない時間で行いましょう。

フローターサーブの練習方法③フォームの確認

Yutaka Yamane on Instagram: “思案中。2016-1-16加古川市総合体育館#東レアローズ#木村沙織 選手” (59565)

バレーボールのフローターサーブのフォームで場合一番気をつけたいのはバックスイングです。まずは正しいバックスイングができているかどうか、鏡を見て確認しましょう。チームメイトに見てもらうのも一つの手段です。
どうしてもうまくできない場合は、まず腕を耳につけるように手を真っすぐ上に上げます。そしてそのまま自然に肘を後ろに引けば、それが正しいフォームになります。その際に体側・肩・肘だけに力をかけて、肘より先の力は抜くのがコツです。これができれば無理に力を入れなくても、戻す時の反動でボールに力が加わります。また、上手な人のフォームを真似して、良いフォームのイメージを体に覚えさせるのも一つの方法です。

フローターサーブの練習方法④コートに目印を置く

 (59157)

バレーボールのサーブ練習も、一工夫することによってより効果的な練習になります。コートの数カ所、相手が取りにくい位置に小型のコーンを置いてみてください。上の画像がコーンで、通販や100均で手に入ります。ペットボトルでも代用可能ですが、コーンの方が見やすいし安定します。また、重ねて収納できるのでかさばりません。基本は上の画像のように置きますが、練習の目的によって変えたり増やしたりしましょう。数個のコーンでエリアを限定して、その内側を狙う方法もあります。
コーンに当たるように狙って打つことがコツです。そして、近くにいる選手は必ず、インかアウトかジャッジしてあげましょう。

フローターサーブの練習法⑤肩の可動域を広げる

肩甲骨周辺の可動域を広げるトレーニング(ストレッチ)2種

動画は、タオルを使っでどこでもできる、肩甲骨周辺の可動域を広げるストレッチです。

バレーボールのフローターサーブで上手にバックスイングができない場合は、肩の可動域が狭いということが考えられます。肘から肩を充分に引くことができれば、その反動でボールに力がかかり易くなります。バレーボールでは、肩甲骨周辺の柔軟性はスパイクなど他のプレーにも必要ですし、肩の故障の防止にもなります。
肩と肩甲骨の可動域を広げるためには、上の画像以外にも様々な種類のストレッチやトレーニングがあります。肩の可動域を広くすると同時に、バレーボールの練習の中で、体幹や筋力強化のためのトレーニングを取り入れると、より効果的です。

バレーボールのサーブ練習をより効果的にするために

あやな on Instagram: “サーブ前の浅野さん❣️ #vリーグ男子 #バレーボール観戦 #ジェイテクトstings #浅野博亮 #小さな巨人 #バレー好きな人と繋がりたい #バレー好きな人と繋がりたい #バレー好き #いいね返し #友達募集” (59566)

バレーボールのサーブ練習を、全体練習の最後に時間合わせのように行っていませんか?バレーボールという競技ではサーブはとても重要です。そのために練習の中盤に、しっかりと時間を割いてサーブ練習しましょう。サーブは数打って覚える、という理論も間違ってはいません。しかし漠然と100本打つよりも、集中して30本打つ方がより効果的にスキルアップが期待できます。短時間集中のやり方がコツなのです。また「50本入れて終わり」ではなく「20本続けて入れて終わり」のほうがより緊張するので、集中してサーブを打つことができます。それがバレーボールの試合の緊迫した場面で生きてきます。緊張しない強いメンタルを養うコツでもあります。

フローターサーブで点数を稼ぐ2つのコツ

バレーボールでは、まずサーブを相手コートに入れなければ試合が始まりません。しかし、ただ入れるだけでは相手のチャンスボールとなってしまいます。なのでサーブは入れて当然、どうしたら点数を入れることができるか、どうしたら相手のレセプションを乱せるか、そういう高い目的意識を持ってサーブに取り組みましょう。
バレーボールの試合で、味方コートにどういうサーブが来たら嫌か、それを考えれば自ずと効果的なサーブの打ち方が見えてくるはずです。

コースを狙う

サーブを狙うコースの基本【必見バレー動画】

81 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

YGサーブとは?卓球初心者へYGサーブの打ち方とコツを徹底解説!

卓球のYGサーブとは、ヒジを支点にして内から外にスイングする逆横回転サーブになります。卓球のYGサーブを打つ時は、グリップの握り方・ボールのトス・体重移動・ヒジの高さ・スイングのやり方を意識します。さらに、YGサーブの回転のかけ方を、下回転系と上回転系に分けて解説していきます。
Anonymous | 4,738 view
卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブの打ち方とコツとは?【卓球ガイド】

卓球の巻き込みサーブとは、ボールを巻き込むようなモーションで打球するサーブです。巻き込みサーブの打ち方を、4種類に分けて紹介していきます。打ち方で気をつけるポイントは、同じフォームで違う回転を使い分けることです。さらに巻き込みサーブのコツは、体重移動を利用する、打球ポイントを意識する、長さとコースを工夫することになります。
Anonymous | 37,874 view
卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球サーブの練習方法とは?初心者が1人でもできる練習メニューを紹介

卓球のサーブ練習は、練習した分だけ上達しやすい技術となります。その理由は、対戦相手に左右されない唯一のタイミングで打てるためです。具体的な卓球のサーブの練習方法は、転をかける方法・正確なトス上げ・フォームを習得することです。サーブを練習する時に意識することは、回転量やサーブの長短を意識することとなります。初心者の方がサーブが上達する練習方法を紹介します。
Anonymous | 4,765 view
ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

ジャンプフローターサーブの打ち方とは?初心者の方へゼロから丁寧に解説

バレーボールのジャンプフローターサーブは、ジャンプして打つフローターサーブです。普通のフローターサーブよりもボールに変化がつき、レセプション側にとっては取りにくいサーブになります。確実に武器になるジャンプフローターサーブの打ち方を基礎からわかりやすく解説します。
まる蔵 | 12,970 view
バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブの種類と打ち方まとめ!コレだけ見れば丸わかり

バレーボールのサーブは、全てのプレーの起点となる大切なプレーです。バレーボールのサーブには様々な種類があり、それぞれ特徴や打ち方が違います。一番ポピュラーなフローターサーブからママさんバレーのサイドハンドサーブまで、それぞれのサーブの特徴や打ち方を解説します。
まる蔵 | 8,953 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵