2021年6月19日 更新

パルクールの映画14選!ヤマカシ・アザシングリードなどのかっこいいアクション

パルクール映画は、YAMAKASIやアサシンクリードなどの洋画が多く、高い身体能力で壁や階段を駆使しながら街中を駆け巡る疾走感が爽快です。パルクール要素が強く、スポーツ自体を楽しめる映画も多いため、パルクールアクションに興味がある人におすすめです。

473 view お気に入り 0

パルクールとは?

パルクールはフランス発祥のスポーツであり、トレーニング法です。壁や建造物、地形を障害物に見立て、走ったり飛んだり回転したりしながら、ダイナミックにゴール地点まで移動していきます。似たスポーツに、パルクールに比べてさらに自由なアクロバットで移動するフリーランニングがあります。

パルクールの起源は、フランス兵士のレイモン・ベルとダヴィッド・ベル親子が基礎を作り、息子のダヴィッド・ベルは仲間と共にヤマカシというグループを結成しました。
現在日本では、URBAN UNIONなどのプロパルクールチームやアマチュアのチームも活動しています。

パルクール映画の見所

パルクール映画の見所は、近年流行しているパルクールというエクストリームスポーツを前面に押し出しているところです。壁や階段などの地形を活かし、自分のもつ身体能力だけで障害物を通り抜けていきます。人間の限界に挑むアクロバティックな動きを見ることができるのは、パルクール映画ならではです。

フランスやニューヨークの街並みを颯爽と駆け巡るパルクール映画は、とても爽快感があります。

パルクール映画10選

パルクール映画は、パルクールの知名度と共に人気が上昇しています。世界各国でパルクールの題材を用いた映画が作られていますが、特におすすめしたいのは10本の洋画です。

実在のパルクール集団が主演のYAMAKASIや、GoProを使用し1人称視点で撮影されたハードコア、パルクール創設者が主演俳優を指導し撮影した007カジノ・ロワイヤルと、パルクール映画にもそれぞれ特徴があります。

①YAMAKASI ヤマカシ

公開日 2001年9月22日
上映時間 91分
制作国 フランス
監督 アリエル・ゼトゥン
主演 チョウ・ベル・ディン
あらすじ
けがをした少年を助けるべく、ヤマカシが危険な賭けに出る。
YAMAKASIは、実在するフランスの7人組のパルクール集団ヤマカシが主演のパルクールアクション映画です。本作公開時の2001年に、日本でパルクールは今ほど認知されておらず、パルクール映画の先駆けともいえます。

ヤマカシのメンバーが見せるワイヤーやCGを使わない人間離れした超人的なアクションに驚きます。バトル要素はほとんどなく、アクションのみのフレンチ版ストリートムービーです。

②アサシンクリード

公開日 2017年3月3日
上映時間 116分
制作国 イギリス・フランス・アメリカ・香港
監督 ジャスティン・カーゼル
主演 マイケル・ファスベンダー
あらすじ 記憶を失った死刑囚のカラム・リンチが2つの組織の抗争に巻き込まれる。
アサシンクリードは、人気ゲームアサシンクリードシリーズを映画化したものです。マイケル・ファスベンダーやマリオン・コティヤールなど豪華な俳優陣も魅力です。

屋根から屋根への飛び回り、壁を蹴ったり登ったりと、パルクールのアクションがかっこいいと注目されています。イスラム建築の最高傑作ともいわれるスペインのアルハンブラ宮殿での戦闘シーンも見所です。

③アルティメット

公開日 2006年7月15日
上映時間 85分
制作国 フランス
監督 ピエール・モレル
主演 シリル・ラファエリ
あらすじ 荒廃した近未来のパリでギャングに立ち向かう。
アルティメットは、スタントなしのアクションが話題の映画です。スタントマンのシリル・ラファリとストリートパフォーマンス・パルクール第一人者のダヴィッド・ベルが主演を務めています。

空手を取り入れた動きや、アクロバティックな要素を取り入れたスタイルで、ギャングを次々と倒して行くシーンは爽快です。アクションをテンポ良く見せていくので、ハラハラドキドキの85分です。

④アルティメット2

公開日 2009年9月19日
上映時間 101分
監督 パトリック・アレサンドラン
主演 シリル・ラファエリ
あらすじ
危険地区バンリュー13で起きた新たな事件に立ち向かう。
アルティメット2は、映画アルティメットの続編で、前作と同様シリル・ラファリとダヴィッド・ベルが主演を務めます。前作よりも政治色や物語性が高まり、脚本に凝っていて緊迫感のあるストーリーです。

CGを一切使わないカンフーやパルクールアクションは、見応えがあります。俳優の動き、効果音、カメラワークの相乗効果が臨場感を生んでいます。

⑤アンリミテッド

67 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nonohono nonohono