Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Xsports
  4. >
  5. パルクールの練習方法!跳...
パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

パルクールの練習方法!跳躍力・ジャンプ力をUPさせるために必要なこと

ジャンプ系パルクール練習方法を、パルクールに必要な基本的なジャンプ力強化方法に加え、基礎的なパルクール技、アクロバット技に、ジャンプ力強化方法で鍛えた技術を応用した練習方法で、習得する方法などを、紹介していきます!

2021.12.16 Xsports

パルクールは見ての通りジャンプ力が大事!

 (21041)

パルクールを練習するために、初心者に必要な基礎能力の中に、ジャンプ力があります。

このジャンプ力が無ければ、出来るパルクールの技も物凄く限られてくるので、パルクール初心者でジャンプ力に自信が無い人は、徹底して練習する様にしましょう。

基礎身体能力の中でも、ジャンプ力は目に見えやすい為、誰でもタイミングさえ掴めばジャンプ力を鍛えることができます。

今回はそんな、パルクールに必要な基礎ジャンプ力の練習方法を、技とともに紹介しますので、是非試してみてください!

ジャンプはタイミングが必要!

 (21042)

ジャンプはタイミングが重要、と言いましたが、このタイミングには瞬発力などの身体能力も必要になってきます。

そのパルクールに必要な瞬発力の練習方法は、別の記事で紹介していますので、見てみてください。

基本的なパルクールのジャンプのタイミングとしましては、両腕を下げると同時に両膝を曲げ、ジャンプすると同時に両腕を振り上げます。

簡単なことを言ってる様に聞こえるかも知れませんが、パルクールに必要なジャンプに必要な基礎運動能力が付いていなければ、パルクール初心者の人が上達するのは遅いでしょう。

なので、初心者のパルクール実施者で何をすれば良いのか分からない人は、しっかりと紹介するパルクール練習方法を練習する様にして下さい!

パルクールの練習方法3選!

 (21043)

基本的なパルクールジャンプ力の練習方法の中でも、技を使わない基礎パルクール練習方法を紹介していきます。

このジャンプ系練習方法だと、まだパルクール技が出来ない初心者の人でも安全に練習することが出来ますし、パルクール中級者、上級者の方でもウォーミングアップとして練習することが出来ますね。

しかし、同じ練習方法ばかりで練習していては、その動きのみが簡単になり、結果的にパルクールに必要なジャンプ力が後から付かなくなる可能性があるので、自分で色々な練習方法を考えてみるのもありかもしれません。

パルクールのジャンプ力強化練習方法①

パルクールに必要な基礎ジャンプ力を鍛える練習方法として、かかとを付かずに繰り返し練習する、という練習方法があります。

何故かかとを付けて練習する方法がいけないのかというと、つま先を伸ばすことによるバネを上手く利用することが出来ないからです。

このジャンプを連続で行うことが重要で、着地の際には出来るだけかかとを付けない方法で練習しましょう。

この練習方法をすることにより、パルクール初心者でもジャンプの感覚を掴みやすいと思うので、しっかりとこの練習方法をする様にして下さい。

パルクールのジャンプ力強化練習方法②

  •        
  •        
  •        
  •       
    
そして、当たり前だと思われている、両腕でジャンプするときに引き上げる、というジャンプ力強化方法があります。

このパルクール練習方法とは、両腕で真っ直ぐ体と垂直になる様に引き上げます。

この引き上げが120度で止まっていたりすると、途中で身体の浮き上がりが止まってしまいますし、引き上げを真っ直ぐにせず、両腕が斜めになってしまうのも、途中で勢いが止まってしまいます。

パルクール練習方法としましては、ジャンプをせず、引き上げだけで連続でどの位身体を浮かすことが出来るか、というパルクール練習方法をしましょう。

パルクールのジャンプ力強化練習方法③

パルクールに必要なジャンプ力を強化する練習方法の3つ目は、今まで紹介したパルクール練習方法を、片足ずつで練習する、という練習方法です。

このパルクール練習方法をすることにより、より真っ直ぐジャンプ出来ているのかどうかを、確認することが出来ます。

片足だとバランスが取りにくい為、斜めに飛んでしまったらバランスが取れなくなる、という訳ですね。

このパルクール練習方法の練習方法とは、基本的に、かかとを付かずに腕の引き上げだけでジャンプするのを1日に15回やり、次に腕を引き上げた状態でのジャンプを、1日15回練習する様にしましょう。

パルクールのジャンプ力が必要な技3選とその練習方法!

Parkour Backgrounds - Wallpaper Cave (21044)

基礎ジャンプ力がどれだけあるのかを確認することが出来るパルクールの基礎技を3つ、紹介していきます。

この紹介する基本的なパルクールの基礎技達は、どの技も極めることにより、大技にすることが出来ます。

具体的にどういうことかというと、技の決まった距離が無い為、何処まででも強化することが出来る、という訳です。

そして、このパルクール基礎技を練習していくことによって学んだ動きは、他の基本技にもどんどん応用することが出来る為、パルクールの成長も早くなることでしょう。

Wall Run

Wall Runとは、パルクールの超基礎技で、パワー系、瞬発系、ジャンプ系を強化することが出来ます。

基本的なWall Runやり方は、右利きの人は左足で壁を蹴り、左手で壁を押し上げ勢いを残し、右足で壁の角を掴む、というやり方が基本的です。

この技でのジャンプ力を強化するためのパルクール練習方法とは、紹介した3つの基本的なジャンプのやり方を利用します。

ジャンプ力を強化するためには、いつも練習しているパルクールスポットで、1日最低10回は練習する様にしましょう。

How To WALL RUN - Parkour Tutorial

Precision Jump

Precision Jumpも同様、パルクールの超基礎技で、パルクール初心者や上級者関わらず、必ずやっている技だと思います。

この技は、紹介した3つの基本的なジャンプ力強化練習方法の技術を、フルに活用できる技なので、自分のジャンプ力の成長過程が分かりやすい技でもあります。

この基本的なパルクール練習方法とは、初心者の方は、距離を広く取るだけではなく、短い幅で高くジャンプし、目標の地点まで着地することが出来るか、という練習方法で、この練習方法をパルクール初心者がすることで、ジャンプした後のバランスを崩さないようにすることが出来ます。

How to PRECISION JUMP - Parkour Tutorial

Kong Vault

Kong Vaultとは、パルクールでは基本中の基本の基礎技ですが、この技を極めていくと、Double Kong Vaultに派生していくことが出来ます。

基本的にジャンプと両腕での身体の起こしが重要になってくるKong Vaultですが、ジャンプ力強化の為のパルクール練習方法は、障害物の高さを、始めに腰の位置から、段々と腰の位置が余裕になってきたら、徐々に高さを上げていき、最終的に胸の位置でKong Vaultをする、というパルクール練習方法がおすすめです。

How To KONG VAULT - Monkey Vault Tutorial

パルクールのジャンプ力を使うアクロバット技3選と練習方法!

Parkour Backgrounds - Wallpaper Cave (21045)

パルクールには、アクロバットをすることにより、より効率的に移動することが出来るということは、知っていると思います。

そのアクロバット技の中でも、ジャンプ力、ジャンプの基本的なやり方を知っていれば、状況に応じて、高さを自由自在に操ることが出来ます。

今回は、そんなジャンプ力強化の為の、パルクールに必要なアクロバット技の練習方法を、3つ、紹介していきます!

Side Flip

Side Flipとは、パルクールではよく見る基本的なFlip技です。

Side Flipで人を超える、というパルクールパフォーマンスをしている人を見たことがあるのではないでしょうか。

基本的にパルクール初心者でも、比較的恐怖心が少なく練習でき、ジャンプ力を強化させることが出来ます。

Side Flipの習得方法は沢山ありますが、Front Flipに繋がる習得方法がおすすめで、Front Flipの踏切で飛び、自分の利き足を後ろに大きく振る、という習得方法です。

ジャンプ力強化のパルクール練習方法としましては、人を超えるSide Flipをするのではなく、ジャンプをしたら身体が起き上がるのを確認し、そこから思いっきり足を後ろに振る、というパルクール練習方法がおすすめです。

【ACROBAT】アクロバット:サイドフリップ RISING Dance School ZEN Sideflip

Rondato

Rondato(ロンダート)とは、初心者がフリーランニングを行う際に、必ずと言っていいほど必要になってくる基礎技です。

まず始めに、Rondatoの基本的な習得方法は、縦から身体を倒し、利き足を大きく振り、両手を入れ込んで、Rondatoを始めた方を向き、両足を揃いにいき、両足で飛びます。

このロンダートのジャンプ力強化練習方法とは、ロンダートの終わりの身体を後ろに流れないようにします。

これは、ロンダートで地面に付いた手より、より遠くに足を付きにいく方法で練習すると、身体が斜めに刺さり、高くジャンプすることが出来ます。

【ACROBAT】アクロバット:ロンダート RISING Dance School ZEN RONDAT

Back Layout

Back Layoutとは、伸身後方宙返りのことを言います。

何故、普通の宙返りではダメかというと、ジャンプ力が無くても比較的簡単に回ることが出来るからです。

このBack Layout、バク転の様に後ろに流れてしまう練習方法でダメで、Back Flip同様、真上にジャンプし、身体が起き上がるまで前を見ます。

それか首を返し、バク転の様に回ります。
Back Layoutをする際の最初のジャンプが弱いと、ギリギリ立てるかどうかくらいのレベルなので、紹介した練習方法を上手く活用しながら練習する様にしましょう。

パルクールで鍛えたジャンプ力!

フリーランニングにも活用できる?

今回紹介したジャンプ系パルクール練習方法は、様々なスポーツで活用することが出来ます。

パルクール初心者の方で、この記事を読んだ方は、技の紹介、習得方法の所で、少し難しく感じてきたと思います。

そんなパルクール初心者は、他にも、パワー系、瞬発系、反応系のパルクールの記事も書いていますので、是非そちらを読んで、基礎能力を高めて練習すると良いでしょう。

そうして様々な身体能力が付いたら、パルクールだけで無く、フリーランニングも上達し易くなります。

特に、ジャンプ力という身体能力が一番と言って良いほど必要になってくるので、パルクール初心者の方は、特にジャンプ力を重点的に練習する様にしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。