Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Xsports
  4. >
  5. パルクールの魅力とは?日...
パルクールの魅力とは?日本では現代版忍者と言われることも!

パルクールの魅力とは?日本では現代版忍者と言われることも!

日本のパルクールは、世界のパルクール界でも人気があります。日本人パルクールパフォーマーは忍者と称され、パルクール動画も人気を集めています。そんな日本のパルクールの魅力をご紹介します。やるだけでなく、見ても楽しいパルクールの人気の秘密をチェックしてみてください。

2021.12.16 Xsports

日本人のパルクールパフォーマーは現代版忍者!?

身軽な動きはまさに忍者

衝撃!?日本のスゴ技パルクール忍者達!! Japanese parkour freerunning ninja 2014!

日本のパルクールは、世界各国から「忍者」と称され、人気を集めています。
日本のパルクールは海外のパルクールと比較して、ダイナミクスは劣るものの、細かなテクニックが光る内容が多いです。

もともと筋肉や体格の点で欧米と比較して小柄な日本人は、パルクールの動きに適しているとも言えます。

パルクールは、日本では東京を中心に徐々に広まっており、子どもたちの間でも「カッコいいスポーツ」としての認知ができあがりつつあります。
なかなか日本ではストリートスポーツの潮流が出来づらい現状がありますが、動画配信サイトなどを通じて、人気は広まっています。

日本人パルクールの人気の秘訣

日本人の体型は、細かな動きに対する切り返しや対応力、柔軟性が高いと言われています。
日本のパルクール動画が「忍者」と言われるのは、この動きのしなやかさが原因しています。
日本人のパルクールと海外のパルクールを比較すると、日本人だからこそできる凄いテクニックが見受けられます。
体の回転や着地のしなやかさ、速度などに注目して日本のパルクールを見ると、よりその魅力を感じることができるでしょう。

また、日本人は企画としてパルクールに取り組む比率が多いです。
CMとのタイアップや、パルクールをする場所にあわせたコスプレなどの企画を取り入れたパルクール動画が多いのも、人気の秘訣です。

日本のパルクールの魅力

東京の摩天楼を駆け抜けるカッコよさ

Tokyo Parkour POV - 東京パルクール視点

日本人だけでなく、日本という場所にもパルクールに適した特徴があります。
日本の東京は、密接したビル街や凹凸の激しい公園、更に細かい路地など、パルクールを魅力的に見せるシーンが数多く存在します。

東京という街は、映画などを通じて海外にも一般的になっている街であり、一人称視点のパルクール動画は人気を集めています。
これからオリンピックに向けて、更に東京の認知度は広がっていきます。
パルクールによって東京を疾走する動画のカッコよさは、より海外に広まっていくことでしょう。

アジアンな世界観と凄い動きがマッチ

  •        
  •        
  •        
  •       
    
日本には、ビルだけでなく、神社や電気街など、様々なアジアンイメージの世界観があります。
海外から見た「ジャパニーズ」を彷彿とさせる街並みと、パルクールの動きは、非常に相性が良いです。
「忍者」というもともと海外から人気のある要素があることで、「現代の忍者」として飛び回る日本人パルクールパフォーマーの姿は、カッコいいものとして人気を集めています。

ちなみに、海外のパルクールパフォーマーが日本の街並みを好んでパルクール動画を撮影しに来るのも、人気の証拠ですね。

日本人パルクールパフォーマーと言えばZEN

頂点を極めた日本人パルクールパフォーマーZEN

Zen Shimada - Japan Parkour 2017

日本で最も人気のあるパルクールパフォーマーと言えば、ZENでしょう。
パルクールの国際大会『Red Bull Art of Motion Yokohama』で日本人初の国際優勝を果たし、その華麗なパルクールテクニックで映画出演やCM出演などを行っています。

海外からもZENの人気は高く、海外パルクールプレイヤーとのコラボ動画なども評価されています。
ZENはパルクールの認知を高める存在であるとともに、日本人パルクール界の筆頭として様々な活動を続けています。

技で圧倒する日本のパルクール

ZENをはじめ、日本人のパルクールパフォーマーは、パフォーマンスの精度や美しさに対する価値観が高いと言えます。
空中での回転率やひねりの難易度や、足のさばき方などの技術が高いです。
また、日本のパルクールは「見て楽しい」という側面が大きく、場所や衣装などに対するこだわりも伺えます。

幅広く、見ていて飽きないテクニックと、衣装などの世界観がマッチする日本のパルクール。
その鮮やかさは、エンターテイメントコンテンツとして確立しています。

日本人女性のパルクールパフォーマー泉ひかり

クノイチ!?女性でもパルクールはできる!!

泉ひかり - Hikari Izumi Parkour Media Showreel 2017

日本のパルクールで見逃せないのは、凄いテクニックを持った女性パルクールパフォーマーがいることでしょう。
泉ひかりは、日本人女性パルクールパフォーマーの第一人者ともいえる存在です。
自身の見せ方や動きにこだわりがあり、女性でもパルクールはできる、ということを世に知らしめてくれました。
日本人女性でパルクールパフォーマーを目指す層が広がったのも、泉ひかりのパフォーマンスがあってこそ、と言われています。

海外からは「クノイチ」と評価されており、日本人女性ならではの小柄な体型を活かしたパフォーマンスが人気を集めています。

日本人の女性パルクールは衣装も大人気

泉ひかりをはじめとして、日本人女性のパルクールパフォーマンスには衣装のこだわりがあります。
女子高生の制服、アキバをイメージさせるメイド服、看護師の服、原宿系ファッション…。
日本ならではのイメージを作る衣装に身を包んで軽やかに凄い動きを繰り出す日本人女性のパルクール動画は、海外から「COOL」と絶賛されています。

「全然パルクールなんてできなそう」に見える子が、突然凄い技を繰り出す。
そんなギャップが人気を集めている秘訣かもしれませんね。

人気の日本人パルクールチームURBAN UNION

チームで活躍するパルクールプレイヤーも

URBAN UNION♯1

日本のパルクールの特徴として、チームを組んで活動するパルクールパフォーマーの存在もあります。
チーム名を冠し、様々な日本のスポットでパルクールを行う姿に、人気が集まります。
チームだからこそできる連続で決まる凄いシーンや、それぞれの個性が光るテクニックなど、見どころが満載です。

パルクールチームに対してのファンも徐々に増えており、パルクールチームの活動を応援するコメントなども多く寄せられています。
日本ならではの、次世代アイドル的存在になるかもしれませんね。

CMへの起用など日本パルクールの波は広がる

シューティングスターCM パルクール篇 シューズ愛ランド

ZENが国際大会で優勝した2011年を境に、日本のマスメディアでもパルクールの人気は高まりました。
様々な企業が自社の商品のCMにパルクールを取り入れ、パルクールパフォーマーの需要が増えています。
また、ご紹介している動画のように、子どもたちがパルクールを楽しむものもあり、今後の若い世代にパルクールが伝わっていくことが期待できます。

パルクールが持つ視覚的なインパクトと、凄いテクニックに対する感動が、CM業界でも高く評価されているということですね。

日本の凄いパルクール動画

ZENの魅力が詰まった凄い動画

ZEN - Farang Tour 2017

日本を代表するパルクールプレイヤーであるZENの魅力が詰まった動画です。
柔軟性、技の幅広さ、跳躍力などどれをとっても凄いの一言。
ZENの動きは独創性があり、他の人ではできないようなルートでパルクールを楽しんでいます。
何より、ZENの安定感のあるパルクールパフォーマンスは、見ていて単純に楽しめます。
カッコいい日本のパルクールと言えば、ZENですね。

日本ならではの忍者パルクール動画

Jason Paul Goes Back in Time

海外パルクールパフォーマーのJason Paulが、過去の日本にタイムスリップしてしまう、という面白い企画のパルクール動画です。
日本を感じさせる城下町、侍、そして忍者…。まさに、日本の独創性を活かせるシチュエーションでパルクールが繰り広げられます。
屋根を伝って走っていくシーンは、まるで映画のようですね。

東京の街を活かしたパルクール動画

Tokyo Underground (Parkour & Freerunning)

東京は、日本のシーンを切り取るのに適した環境です。
こちらは、様々な東京の街並みをパルクールで駆け抜けていく動画です。
普段見慣れた街並みも、パルクールパフォーマーがいるだけで全然違って見えるのが魅力です。
また、彼らの動きのきめ細やかさが凄いので、見ていて飽きません。
公園の何気ない鉄棒や、ベンチなども活かしてパルクールの技を決めるところがカッコいいです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。