Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Xsports
  4. >
  5. フリーランニングの練習方...
フリーランニングの練習方法!基礎力UP【初心者入門ガイド】

フリーランニングの練習方法!基礎力UP【初心者入門ガイド】

フリーランニングの練習方法を初心者に向けて、様々なスタイルのフリーランニングの紹介から、基本的なフリーランニングの練習場所、基礎技の練習方法から重要なフリーランニングの練習方法までを詳しく紹介していきます!

2021.12.16 Xsports

フリーランニングのスタイルを作ろう!

FREERUN ON EARTH - Zen Shimada | Parkour and Freerunning

パルクールパフォーマーのZENさんのフリーランニングNew Videoです。

この動画ではZENさんの素晴らしい技の数々が見られ、ZENさんのフリーランニングに対する思いが語られています。
フリーランニングの練習方法は、基本的に上手い人の動画を通して自分の目指しているスタイルによって変わってきます。

しかし自分はこういうスタイルだと言って、他のフリーランニング練習仲間の意見を全く吸収しないとなると、フリーランニング自体上達しなくなるので、フリーランニング練習仲間の意見も取り入れて様々な技に挑戦することにより、皆から認められるフリーランニングスタイルになるので、周りの意見もきちんと聞きましょう。

今回は、様々な分野からフリーランニング技を取り入れる方法から、その取り入れたスタイルでの練習方法や練習すべき基礎技の順番を紹介していきます!

苦手分野の練習もサボらないように!

フリーランニングとは基本的に独学で練習する人と教室で練習する人で別れており、それぞれ練習方法も異なってきます。

勿論両方メリットとデメリットありますが、独学でフリーランニングを練習している人は基本的に上手い人の動画をお手本に練習します。
しかし中には動画などを見て苦手な技だと感じたら苦手分野を練習しない人も居ます。

苦手分野を練習しないという練習の方法はとても勿体ないことでフリーランニングの幅を減らしてしまうのもそうですが、その人の持つフリーランニングの可能性を減らしてしまうことにも繋がります。

なのでフリーランニングの練習をする時は、苦手なフリーランニングの基礎技や、基本的な技までをしっかり練習する方法をきちんとやりましょう。

トリッキングやブレイクダンスを取り入れて練習しよう!

フリーランニングには、様々なアクロバットスポーツを取り入れることが出来ます。

基本的に、トリッキングやブレイクダンスを取り入れた方法でフリーランニングをしているフリーランナーがYouTubeの動画などで良く見られます。

とは言っても結局基本的なフリーランニングの形にしなくてはいけないので、トリッキングやブレイクダンスを沢山練習すれば良いという訳でもありませんので、トリッキングやブレイクダンスを取り入れる方法でフリーランニングを練習する際には、パルクールと交互に練習する方法をお勧めします。

トリッキングを取り入れるとどうなるのか

 (15808)

ブレイクダンスよりもトリッキングの方がフリーランニングに良く取り入れられてます。

トリッキングとは、様々なアクロバットスポーツが組み合わされたスポーツで、フリーランニングで見られる段差技などは特にトリッキングの要素が強く取り入れられていますので、フリーランニングを上達するための方法として、トリッキングを練習するという方法もフリーランニングの幅を拡げることが出来るので、フリーランニング初心者にこの練習方法はとてもお勧めです。

ブレイクダンスを取り入れるとどうなるのか

 (15809)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
フリーランニングには、ブレイクダンスの技を取り入れている人も居ます。

といってもがっつりブレイクダンスを取り入れた方法でフリーランニングをしている人は少なく、パルクールアスリートのTimさんはブレイクダンスを取り入れた方法でのフリーランニングスタイルを上手く活用しています。

フリーランニングを始める前にブレイクダンスを練習していたよという人は、是非ブレイクダンスを取り入れた方法でフリーランニングをしてみるのも良いかもしれないですね!

Tim Shieff - Parkour Legend

BreakDanceを取り入れたフリーランナー、Timさんのフリーランニングまとめ動画です。

様々な場所で練習しよう!

 (15812)

フリーランニングを練習する際には、毎回同じ練習場所で練習するのではなく、様々な場所でバランス良く練習する方法がフリーランニング能力を向上させます。

何故同じ場所ばかりで練習する方法がいけないのかというと、同じ場所でばかり練習していると、その場所でのフリーランニングは上達しますが、他の場所のことを知らないので、あまり上手くフリーランニングが出来ない場合があります。

しかし日頃から様々な場所でフリーランニングを練習しておくと、特定の位置でずば抜けてフリーランニングが上達するわけではありませんが、様々な場所で均等にフリーランニングをすることが出来るので、練習方法として様々な練習場所でフリーランニングをすることはとてもお勧めです。

砂場

砂場は、初心者でも上級者でもよく練習場所としている場所で、段差が多いこともあるので、フリーランニングの練習場所として最適な場所です。

砂場でのフリーランニング練習方法は、自分の慣れている技、慣れていない技に分けて、慣れていて安定している基礎技などは砂場を固くし、慣れていない基本技の場合は砂場を柔らかくして練習する方法がお勧めです。

そして同じ角度から技を練習するのではなく、様々な角度からバランス良く練習する方法が効果的にフリーランニングの能力を向上させるので、基礎から応用まで、様々な角度から練習する様にしましょう!

アスレチック

アスレチックもフリーランニングの練習場所としてとても優れています。

大きい公園などには大体あるアスレチックですが、アスレチックで練習する方法は、専用のフリーランニングコースで練習しているかのような気分になります。

しかしアスレチックは基本的に子供達の遊び場なので、平日の昼間に練習しにいくと良いでしょう。

そしてアスレチックの練習方法はというと、自分の出来る技で、flow(技の繋ぎ)の練習をするという方法と、砂場などで練習した技をアスレチックで挑戦するといった練習方法があります。

このflow(技の繋ぎ)を練習することは回りのフリーランニング初心者に大きく差を付けることができますので、是非この練習方法を試してみて下さい!

専用施設

パルクール・フリーランニングの専用施設、又はフリーランニングが練習できる施設で練習するという方法が、一番フリーランニングの技術を上げることが出来ます。

その理由として、専用施設にはフリーランニングやアクロバットを基礎から教えてくれる先生が居て、様々な技名などのフリーランニングの知識なども学べ、初心者でも安全に練習できる環境が整っているからです。

この専用施設での練習方法は、先生の言っていることを素直に聞いて練習することです。

そうじゃないと初心者が専用施設に練習に通う意味が無いですからね笑

フリーランニングの基礎技3選

フリーランニングを始めるために初心者がまず練習すべき基本的な基礎技が幾つかあります。

今回紹介するフリーランニングの基礎技は、習得するのにさほど時間が掛からない技になります。

なので今回は、フリーランニング初心者がまず練習すべき基礎技3つの技名などの技の解説から練習方法を紹介していきます!

Palm Spin

Palm Spinの技名は、パームスピンと呼び、フリーランニング初心者がまず練習すべき超基礎技で、習得するにはそれほど時間が掛かりません。

Palm Spinの練習方法は、障害物の角で練習を始める方法がお勧めです。

この練習方法だと上手く回れなかったときに引っかかって技が失敗することも無いので、この練習方法は安全に練習することが
出来ます。

基本的にTurn Vaultが出来れば感覚が掴みやすい技で、このPalm Spinというフリーランニング基礎技が出来る様になると、Wall Spinなどのフリーランニング技に派生することが出来ます。

How to PALM SPIN - Parkour Tutorial

Ronnie Street StuntsさんのPalm Spin講座です。

Wall Spin

Wall Spinの技名は、ウォールスピンと呼びらWall Spinは初心者が練習すべきフリーランニング基礎技です。
Palm Spinよりも難易度が少し上がりますが、Palm Spinが簡単に出来る状態で練習すればすぐに出来るようになるでしょう。

Wall Spinの練習方法は、いきなり両手を壁に付けて回るのでは無く、片手を地面に付け、地面と近い距離で側転をする練習方法でイメージを作り、この練習方法に慣れてきたら、両手を壁に付き、段々と高さを上げていきましょう。

How to WALL SPIN - Free Running Tutorial

Ronnie Street StuntさんのWall Spin講座です。

Cheat Gainer

Cheat Gainerの技名は、ゲイナーと呼び、トリッキングやフリーランニングの基礎技となる技で、初心者がまず練習すべき技になります。

Cheat Gainerは簡単に説明すると、片足で後方宙返りを斜めの軌道で回るという技になります。

片足?斜めの軌道?と聞いて難しそう、怖いと思った人も居るでしょう。

しかしCheat Gainerは基本的に安全に練習できる方法が幾つかあるので、初心者でも比較的安全に練習することが出来ます。

Cheat Gainerの練習方法とは、片足で側転をしていき、段々と身体が浮いてくるようになったら手を片手ずつ地面から離していくという練習方法が綺麗な形にすることが出来ます。

ゲイナー講座

トリッキングパフォーマーのDaisukeさんのCheatGainer講座です。
  • <        
  •        
  •        
  •       
    

フリーランニングの重要な練習方法3選

 (15817)

フリーランニングも他スポーツと同様、技の練習だけが練習方法ではありません。

技の練習して、フリーランニングを上達させるために心掛けて練習するべきことがあるので、今回はフリーランニングの重要な練習方法を3つ紹介していきます!

その日無理だと思った練習はしないこと

フリーランニングに重要な練習方法の1つとして、無理だと思った技はその日練習しないという練習方法があります。

このフリーランニング練習方法はどういうことかというと、自分に出来ない技の練習はするなという訳ではなく、自分の今の実力でこの技が出来るようになるのかを把握して練習するという意味で、初心者でまだフリーランニングの実力が付いていない状態で捻り技など応用技の練習や、技名も分からない技について知らない状態でのフリーランニングの練習は上達を遅らせることがあります。

なので、自分のやりたい技があったとしたら、その技名やその応用技を出来るようにするための過程を知り、そのやりたい技に繋がる難易度の低い基礎技を沢山練習するという方法が、フリーランニングをより効率良く上達することが出来ます!

得意分野でウォーミングアップをしよう!

 (15818)

フリーランニングの練習の始めには、苦手分野の技を練習するのではなく、得意分野の基礎技を練習し始めてウォーミングアップする方法をお勧めします。

初心者でまだ技名や得意技が分からない人は自分のやりたい練習をして自分の得意な技を調べ、技名などの知識を身に付け、自分の得意分野を見つけていきましょう。

ウォーミングアップせずにフリーランニング応用技など自分にとって難しい技をすると、その日自分が調子良いのか悪いのか分からないまま練習するので、身体が追い付かず失敗して怪我にも繋がりますし、何よりフリーランニングの基礎が疎かになってしまうので、練習方法として、練習を始めるときには必ず自分の得意分野の基礎技を練習する様にしましょう!

練習前には上手い人の動画を見よう!

Awesome Parkour and Freerunning 2017

YouTube上に様々なフリースタイルスポーツの動画を中心にUPしているStuntsAmazingさんの、パルクール、フリーランニングまとめ動画です。

このチャンネルでは様々なフリーランニングのスタイルを見ることが出来ます。
フリーランニングとは、自分の技の形を動画で撮ったり、上手い人の動画を沢山見て技名や形などの基本的な知識を知ることがとても重要です。

何故初心者が上手い人のフリーランニング動画を見ることがお勧めかというと、どの形が正解で、どういう繋ぎがあって、AさんとBさんでは技のやり方が違ったりなど、様々な発見を得ることが出来ます。

そうやって動画を見て様々なフリーランニングの知識を吸収することにより視野が広がるので、今自分が練習すべき事などが見えてきて、イメージトレーニングもやりやすくなります。

以上の点を踏まえると、動画を沢山見るという方法は、とても大事なことだということがわかりますよね。

フリーランニングは上手くなってからが面白い!

フリーランニングは一般的に人間離れした動きに見え、フリーランニングの魅力に惹かれる人の殆どの人は、
「こんな格好いい技やってみたい!」

と思って練習を始めたことでしょう。

しかしフリーランニングは最初の数ヶ月間全く実力を伸ばせない人も沢山居て、上級者との実力の差に萎える人も居ます。

そんな時の気持ちは、とても楽しいとは言えないと思いますが、様々な練習方法を試し、継続し続けて技がある程度出来るようになってくると、自分の身体を思いのままに動かせることに喜びと楽しさを感じてきます。

そういう感情になってからがフリーランナーだと思いますので、貴方にしか無いスタイルを追求し、素晴らしいフリーランナーになって下さい!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。