Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. Xsports
  4. >
  5. パルクールの失敗映像14...
パルクールの失敗映像14選!危険な事故で死亡してしまうケースもある?

パルクールの失敗映像14選!危険な事故で死亡してしまうケースもある?

パルクールの失敗映像には、公園練習中の軽い怪我から1,000mを超える高層ビルからの転落といった衝撃の死亡事故まで幅広い種類があります。命綱なしの高所でのフリーランニングや懸垂をする危険な挑戦では、落下して死亡するケースも見られます。パルクールは、失敗動画でリスクを理解してから挑戦することが必要です。

2022.06.30 Xsports

パルクールの失敗事故とは?

パルクールの失敗事故は、ジャンプやフリーランニング中の着地を失敗した際に起きます。公園や低い土地での失敗でも、頭部や腰部を打撲すると、脊髄損傷などの大きな怪我に繋がる場合があります。

パルクールの正しいやり方を認識していない人や、スリルのある動画で再生回数を稼ごうと高所などの危険な場所で過度なジャンプやフリーランニングに挑戦する人は、落下して死者を出すこともあるため、注意が必要です。

怪我に繋がるケース

怪我に繋がるケースは、主に公園や民家、階段でのジャンプや着地の失敗の際に起こることが多いです。トレーニングや練習なしでパルクールに挑戦すると、着地の勢いを止められずに腰部を打撲したり、ジャンプの際に壁に頭部を強打して大きな怪我に繋がるケースがあります。

死者が実際に出たケース

パルクール死亡事故の現状
対象国 日本・中国・ロシア
アメリカ・スペインなど
期間 2015年~2022年
死亡数 250人以上

パルクールでは、YouTubeやInstagramにアップするための自撮りをしていて転落し、死亡してしまうケースが多発しています。中でも、高層ビルや崖などの高所で自撮りをするエクストリームセルフィ中や、ルックスや空中でのフィーリングが重要視されるフリーランニング中に足を滑らせて失敗し、転落して死者がでた事故が多く報告されています。

パルクールの失敗動画14選

パルクールの失敗動画は、日本を含む世界各国で報告されています。1番多いのは、ジャンプや着地に失敗して頭部や腰部を痛める怪我を負うパターンです。高所での挑戦は、手や足を踏み外して落下し、命を落とす危険性があります。

初心者の失敗例

種類 怪我
場所 公園、体育館
内容 初心者が回転の練習中に失敗して転倒する
危険度 ★★★☆☆

初心者の失敗例には、飛び込みや回転での危ない転倒が多いです。初めてパルクールに挑戦した人は、回転時の手の位置が定まらなかったり、上手く着地できずに頭や足から転倒して、頸やふくらはぎ・足首を痛めるリスクがあります。

中学生の失敗例

種類 怪我
場所 空地
内容 中学生が飛び込み回転の着地を
失敗して尻もちをつく
危険度 ★★★☆☆

中学生の失敗例は、ジャンプからの飛び込み前転の着地を失敗して、尻もちをついた動画です。パルクールは勢いをつけてジャンプする動きが多いため、着地のときに反動を止めることができなけれは、勢いを止められずにお尻から着地して腰や足を痛める事態に陥ります。

  •        
  •        
  •        
  •       
    

雨の日の失敗例

種類 怪我
場所 公園
内容 砂場を飛び越えようとした女性が
着地に失敗して尻もちをつく
危険度 ★★★☆☆

雨の日の失敗例には、地面が濡れて滑りやすくなることによる転倒が多く見られます。こちらの挑戦者の女性は、砂場を大きく飛び越えようとしますが、雨で濡れた地面が滑りやすくなっていたことで、予想外に転倒してしまいます。雨の日は、地面がぬかるんで砂場のへりも滑りやすくなるため、注意が必要です。

ジャンプ失敗例

種類 怪我
場所 公園や土手
内容 ジャンプを失敗して頭部を打撲
危険度 ★★★★☆

ジャンプの失敗例は、公園や土手の壁を使ったジャンプのシーンで多く見られます。勢いをつけてバク転をしようとしても、踏み切るタイミングや力の配分を誤ると、回転中にバランスを崩して頭部を強打することに繋がります。

軽い転倒に見えても、頭部の打撲や外傷は、骨折や出血の可能性があり危ないです。転倒後6時間は、急激に症状が悪化する恐れがあるため、安静にして様子をみましょう。

パルクールバーでの失敗例

種類 怪我
場所 日本の野球練習場
内容 パルクールバーを飛び越えきれずに顔面から転倒
危険度 ★★★☆☆

パルクールバーでの失敗例には、日本の野球練習場での転倒シーン動画があります。こちらでは、パルクールバーをくぐるのに苦戦していた挑戦者の足がもつれて、顔面から激しく転倒しています。日頃訓練を受けていても、油断が失敗を招くことがあるため、注意が必要です。

予想外に転倒した事例

種類 怪我
場所 公園・アパート
内容 成功したと油断したところでまさかの
着地失敗をして転倒
危険度 ★★★☆☆

予想外に転倒した事例は、着地シーンで多く見られます。パルクールは、成功したと思い込んで気を抜いてしまうと、最後の着地に失敗して股間を強打したり、着地点が安定せずに穴にはまってしまうといったまさかのハプニングに見舞われることもあります。

笑える失敗事例

種類 怪我
場所 公園・道路
内容 着地に失敗してハプニング
危険度 ★★★☆☆

パルクールでは、たびたび本人以外は笑えてしまう失敗事例も発生します。踏切の台が転がって勢い余って転倒したり、勢いをつけすぎて踏切を失敗することで転倒・怪我に繋がるケースもあります。


昭和コントのような失敗事例

種類 怪我
場所 公園・民家・空地
内容 つかまっている木の枝が折れて転倒
飛んだときに靴が脱げるなどのハプニング
危険度 ★★★☆☆

昭和コントのような失敗事例には、バラエティーのようなハプニング動画もあります。パルクールの失敗例は、基本的には大きな怪我や死亡事故に繋がる危ないものが多いですが、たまに捕まった木の枝が折れたり橋を飛び越えるときに靴が脱げるといった、見ている人が笑えるハプニングが起こることもあります。

車飛び越え失敗例

種類 怪我
場所 道路
内容 車を飛び越えようとして転倒
危険度 ★★☆☆☆

車飛び越え失敗例では、女性が着地に失敗して腰を痛める様子が見られます。この女性は、勢い良く車に飛び乗ることには成功しましたが、バランスを崩して着地の際に転倒して腰を強打しています。

腰部の打撲は、打ち所が悪ければ腰の周りの筋肉や靭帯を痛める恐れがあるため、危ないです。

練習で怪我をした事例

種類 怪我
場所 公園・水辺・崖・寺
内容 パルクール練習中の転倒
危険度 ★★☆☆☆

練習で怪我をした事例には、日本人の挑戦者が練習中に予想外に転倒した動画があります。パルクールを練習するときは、まずは高所ではなく、高さが低い柵や階段から挑戦することをおすすめします。

段数の少ない会談で挑戦しても、着地に失敗すると足にヒビが入ったり骨折する恐れがあるため、注意が必要です。

大怪我に繋がった失敗事例

種類 怪我・死亡
場所 民家・公園・道路
内容 転倒して頭部や急所を強打
危険度 ★★★★★

大怪我に繋がった怪我や死亡に繋がる失敗事例の動画は、日本だけでなく、ロシア・アメリカ・スペインなどの世界各地に存在します。パルクールで転倒した際に当たり所が悪く頭部や頸椎を強打した場合は、脳しんとうや頸椎損傷・脊髄損傷の恐れがあります。

可屈曲や過伸展で受けた脊髄の障害は、回復が非常に困難です。転倒後は、見た目に見える頭部の外傷ばかりに気を取られず、首の骨や神経に異常が無いかを確認しましょう。

中国人ルーファーの失敗例

種類 怪我
場所 マンションの屋上
内容 飛び移る際に踏切の床に足が取られて死にかける
危険度 ★★★★☆

中国人ルーファーの失敗例は、マンションの屋上から向かいのマンションへ飛び移ろうとしてハプニングが起こり、九死に一生を得たときの動画です。中国人の挑戦者の男性は、踏切の際に床が抜けて足を取られ、危うく飛び移り失敗となるところを、ギリギリ回避することに成功しました。




高層ビルで懸垂して死亡した事例

種類 死亡
場所 62階建ての高層ビル
内容 命綱なしで懸垂を2回した後に手が離れて落下する
危険度 ★★★★★

高層ビルで懸垂して死亡した事例は、中国のヴォン・イオニンという男性の動画配信パフォーマンス中に起きました。ヴォン・イオニンは、お金を稼ぐ目的であちこちの1,000mの高さを超える高層ビルで危ないフリーランニングや懸垂にチャレンジすることを繰り返して、成功させて自信をつけていました。

しかし、命綱なしでビルの62階で懸垂を2回するこのチャレンジでは、挑戦後に屋上に這い上がる際に手が離れ、約約14m下のバルコニーに落下して死亡する悲しい事故が起きてしまいます。


高所からの転落死亡事例

種類 怪我・死亡
場所 高層マンション・建設現場・公園
内容 高層マンションや高所の建設現場から足や手を滑らせて転落
危険度 ★★★★★

高所からの転落死亡事例には、世界各国の高層マンションや高所の建設現場から転落する動画があります。挑戦者たちは、フリーランニングやジャンプ中に予想外に手や足を滑らせて落下してしまい、多くの場合が死者を出す結果となっています。

高所でのパルクールに挑戦するときには、常に死亡のリスクを頭に置き、慣れている人でも最後まで気を抜かないようにしましょう。

パルクールの失敗例を見て危険性を理解しよう!

パルクールは、クールでカッコいいと世界各国から人気を集めていますが、失敗して年間250人以上の死者が出ているという事実があります。これからパルクールを始めたいと考えている人は、事前に失敗動画で怪我や死亡の危険性を理解し、正しいやり方で練習してから挑戦するようにしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。