2017年11月23日 更新

卓球の横回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の横回転サーブは、確実に武器となるサーブですが打つのが難しく、初心者が苦労するサーブの1つです。しかし、やり方のコツを覚えることにより、上手く打てるようになります。まずはサーブのやり方、フォームを覚えることから始めて、横回転サーブを習得していきましょう。

  
7,952 view お気に入り 0

卓球の横回転サーブとは?

Free photo: Table Tennis, Ping-Pong - Free Image on Pixabay - 407489 (18592)

卓球の横回転サーブは、ボールに横回転をかけて打つサーブです。返球が簡単にはできないので、身につけることができれば自分の武器になるのでおすすめの強いサーブです。
ですが回転をかけるのが難しく、初心者が苦手とする卓球のサーブでもあります。卓球の回転系サーブの基本である下回転サーブと比べると、初心者は簡単に回転がかけられないと感じるかもしれません。
しかし、卓球の横回転サーブは下回転サーブよりもサーブの軌道をかえることができるので、一度習得することができれば、自分の攻撃の幅を広げることができる強いサーブなのでおすすめです。

習得することができれば、確実に力となってくれる卓球の強いサーブです。ですから初心者の人も苦手だからとさけるのではなく、練習を積んでいきましょう。そうすれば、初心者であったとしても卓球の試合で勝利が近づいてきます。

卓球ラケットの握り方

横回転サーブを打つときのラケットの握りは?

上達に影響するラケットの握り方とは 卓球入門#8【卓球知恵袋】

卓球の横回転サーブを打つ時のラケットの握り方の種類は、シェークハンドとペンホルダーがあります。どちらの種類も卓球での基本的なラケットの握り方です。自分が使い慣れている握り方、ラケットを振りやすい握り方で打つようにしましょう。

もし、どちらの種類の握り方にもこだわりがない場合は、シェークハンドをおすすめします。シェークハンドは、表面と裏面の両方の面を使うことができるので両方の面で打つことができ、フェアハンドとバックハンドの切り替えが簡単です。またシェークハンドは攻撃型の選手、守備型の選手のどちらの卓球のプレースタイルでも使うことが簡単なのでおすすめです。

卓球横回転サーブの種類

 (18552)

卓球の横回転サーブの種類は、大きく分けて2種類のやり方、フォームがあります。それは以下の2種類です。

フォアハンドの横回転サーブ

バックハンドの横回転サーブ

卓球のフォアハンドの横回転サーブは、フォアハンドのフォームで横回転サーブを打つやり方です。
卓球のバックハンドの横回転サーブは、バックハンドのフォームで横回転サーブを打つやり方です。

右利きの場合、フォアハンドは右回転、バックハンドは左回転。左利きの場合は逆で、フォアハンドが左回転、バックハンドは右回転のボールが打ちやすくなっています。この打ちやすい回転を順回転といいます。

では、フォアハンドの横回転サーブから見ていきましょう。

フォアハンドの横回転サーブの打ち方

フォアハンドとは?

卓球 超絶曲がる横回転サーブ

フォアハンドのフォームで打ち、ボールに横回転の回転をかけます。卓球のフォアハンドのフォームで打つのでバックハンドに慣れてない人も簡単に打てるサーブなのでおすすめです。

ですがボールの回転のかけ方が横回転なので、下回転がかけられるようになったばかりの人には難しいかもしれません。また卓球での下回転のかけ方とは感覚が違ってくるので、一から感覚をつかむ必要があります。

まずはしっかりと卓球のフォアハンドの横回転のかけ方の基本を覚えて、卓球のサーブの練習をしていくことをおすすめします。

フォアハンドでのやり方

【卓球】順回転サーブ やり方 by 坪井勇磨

フォアハンドの横回転(順回転)サーブのやり方は、まず手のひらの上でボールを安定させます。そして他の卓球のサーブと同じように、16cm以上のトスを上げます。
ボールの落下に合わせて、ラケットを引きます。それにあわせて後ろの足に体重を乗せます。
ラケットのスイングに合わして、体重を前足に移動させます。
インパクトの瞬間はラケットを下向けにして打ちます。インパクトの時はしっかりと体重移動と合わせて、サーブの威力を上げるようにしましょう。また、トスしたボールが落ちてくる反動を使い、ラケットのスイングもゆっくりから速くと加速するように行いましょう。
手首を使って、体の正面でラケットを振り抜き、次の攻撃に備えるために構えます。

フォアハンドで横回転サーブを打つポイント

横回転サーブが誰でも簡単に切れる方法【卓球知恵袋】

卓球のフォアハンドの横回転サーブのポイントは体重移動と手首の使い方です。

やり方のところでも説明しましたが、卓球のフォアハンドの横回転サーブは体重移動も重要です。これをしっかりと行うことでサーブの威力をあげることができます。
卓球のサーブでの体重移動のやり方は、ラケットを引いた時に後ろの足(右利きなら右足、左利きなら左足)に体重を乗せます。
そしてスイングの時に、後ろの足にかけた体重を前の足に移動させながら打ちます。これで、体重移動の力がボールに伝わり、強いサーブを打つことができます。
この卓球のサーブでの体重移動のやり方は、他のフォアハンドのサーブでも同じことが言えるので、ロングサーブやフォアハンドの下回転の強いサーブを打つ時にもおすすめです。

卓球の横回転サーブでは、強い回転をかけることが重要です。ですからラケットを大きく振るのではなく、基本は手首を使ってコンパクトに素早くラケットを振りましょう。そうすることで、より簡単にボールに強い回転をかけることができます。

バックハンドの横回転サーブの打ち方

バックハンドとは?

60 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブの打ち方とは?徹底特集【初心者ガイド】

卓球の下回転サーブは、卓球での回転系のサーブの中で最も基本的なサーブです。回転系のサーブを習得したいと思う卓球初心者の人も基本なので、まずは下回転サーブの習得を目指しましょう。卓球の基本的なサーブだからと言って、簡単にマスターできるわけではありません。基本だからと手を抜かずに、しっかりと練習していきましょう。
MOSK | 13,437 view
卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

卓球サーブの打ち方!回転系サーブ5種類を徹底解説!【初心者ガイド】

攻撃の第1球とも言われる卓球のサーブの打ち方、そしてやり方はとても大事です。これが習得できているか、いないかの違いで卓球の試合で勝つ確率が大幅に変わってくるからです。しっかりと卓球のサーブの打ち方とやり方を習得して、卓球の技術を上げていきましょう。
MOSK | 102,953 view
フリーランニング初心者!知っておくべきこと・まず始めにやること

フリーランニング初心者!知っておくべきこと・まず始めにやること

フリーランニング初心者に向けて、フリーランニングを始めるにあたって初心者が知っておくべきことや、初心者の基本的な上達方法、最初に練習すべきアクロバット技のやり方、メンタルの持ち方などを、1から詳しく紹介していきます!
みかん🍊 | 1,496 view
パルクール初心者が絶対知っておきたい着地の重要性【入門ガイド】

パルクール初心者が絶対知っておきたい着地の重要性【入門ガイド】

パルクール初心者の方は、着地方法をきちんとご存知ですか?かっこいい技にトライする前に、一番重要な着地の仕方についてマスターしましょう。怪我やトラブルを軽減するためにも、着地の基本のやり方は重要です。これからパルクールに挑戦したい初心者の方は、ぜひチェックして下さい。
yuki | 4,056 view
トリッキング初心者!知っておくべきこと・まず始めにやることとは?

トリッキング初心者!知っておくべきこと・まず始めにやることとは?

トリッキング初心者に向けて、どういうトリッキング動画を観ればいいのか?トリッキングを始める為に必要な知識はなんなのか?、その知識を元にした練習のやり方や、トリッキングに必要な運動能力を詳しく紹介していきます!
みかん🍊 | 7,861 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK