2019年1月2日 更新

サッカーのボランチとは?どんなポジションで有名選手などを解説!

サッカーで重要なポジションと位置付けられる「ボランチ」の意味やポジションとしての役割について紹介します。試合中の動き方や練習方法についてのコツを動画を交えて説明しています。また、名ボランチと呼ばれる選手についてもご紹介していますので、是非参考にしてください。

  
58,198 view お気に入り 0

ボランチというポジションの位置とは?

サッカーには様々なポジションがありますが、今回は中盤の選手(以下ミッドフィルダー)でも中心選手になる「ボランチ」についてです。

サッカーのポジションの一つである「ボランチ」の意味とは、中盤(ミッドフィルダー)の底に居る選手のことを指しています。

そもそも「ボランチ」の語源とは、ポルトガル語の「Boranchi」から由来しています。「ボランチ」はボルトガル語で「舵取り」という意味を持ち、主にその組織の中心・心臓という意味付けがされています。サッカーの試合ではボランチの選手が中心となり、攻撃時のパス回しを行ったり、守備時の味方の動き方を指令したりします。

ボランチは攻撃と守備のバランスを保つ役割上、非常に器用で優秀なサッカー選手が好まれるポジションです。

サッカーの試合で求められるボランチの役割とは

①正確なパス回し

ボランチとは、サッカーのポジションの中で中盤の底に位置しています。そのため、ボールを正確にパスしなければ、相手にボールを奪われたちまちピンチになってしまいます。

したがって味方選手の動き方に合わせて、正確なパスを成功させる能力が要求されます。

また、攻撃の起点としての役割も持つので、前線の選手(FW:フォワード)やサイドバックの選手の動き方に合わせて正確なスルーパスをする必要があります。

②相手選手との1対1のディフェンス

中盤の底にいるボランチの役割は、相手フォワードからボールを奪ったり、相手の攻撃を遅らせる動き方が要求されます。特に1対1のディフェンスの場合、相手選手の動き方に合わせて相手に抜かれないような駆け引きが必要となってきます。

③空いたポジションのカバーリング

ここでいうカバーリングの意味とは、味方選手の守備を援護することです。ボランチは単に中盤の底だけに居るのではなく、空いたポジションの位置を埋める役割が求められます。

例としてサッカーの試合中、サイドバックの選手が前線にオーバーラップした際にボランチがポジションの穴を埋めたりすることで、相手に隙を見せないという意味があります。相手の動き方や状況に応じて必要なカバーリングは変わるので、ボランチは常に周りを観察する必要があります。

サッカーの試合で求められるボランチの動き方

①常に周りを観察

常に周りを観察する意味とは、相手選手・味方選手両方の動きを見て、自分がどのポジションに位置付けるべきかを常に考えることです。

サッカーの試合中はどの選手も動いて回るため、選手の動き方や状況をすぐに把握する必要があります。味方選手からパスをもらう場合は、フリーな位置にポジションを取ったり、相手選手が何人も攻めてきた場合、空いているポジションを埋めたりします。

②パス回しが出来るポジションに移動

ボランチがパス回しする意味とは、パス回しすることでチーム全体のリズムを作ることです。

また、ボランチがサッカーの試合中にポジションを移動する意味は、どの選手も状況によって常に動き回り、その状況毎に必要なポジションが違うことからです。
ボランチは自分自身が中心となって周りをサポートする必要があります。

③相手から裏を取られないようスペースを埋める

相手選手は味方選手の動き方に隙があれば、その隙を突いて攻めてきます。サッカーにおいての隙は、空いているスペースのことを指し、ボランチは空いたスペースを埋める役割が要求されます。
縦横無尽に走る必要があるため、最後まで走り切るスタミナも要求されるポジションです。

ボランチの名選手とは?

①アンドレア・ピルロ選手

【ピルロ】唯一無二の天才レジスタ!サッカー史に残る世界最高のボランチ アンドレア・ピルロ

サッカー元イタリア代表のアンドレア・ピルロ選手です。彼は、イタリアのクラブである「インテル」「ACミラン」「ユベントス」と数々のビッククラブに所属し、数々のタイトルを獲得してきたサッカー界で有名な選手の一人です。

彼の特徴は、パスのセンスが非常に高いことから「パサー」としての役割を担っています。キック精度は味方選手の動き方に合わせゴールをアシスト出来る程優れたものです。また、フリーキックの上手いランキングで上位に入るほどの名手であるため、大事な場面でゴールを決める魅力的な選手です。

②セルヒオ・ブスケツ選手

【セルヒオ・ブスケツ】タイミングを外すパス!時間を創造する世界最高峰のボランチ Sergio Busquets

現在、サッカースペイン代表でもあるバルセロナ所属のセルヒオ・ブスケツ選手です。特徴として、攻撃と守備の両方ともバランスの良い選手です。特に、フィジカルが強いことからボールを奪われる心配がないため、守備が安定します。
パス回しにも定評があり、バルセロナの攻撃陣であるメッシ・スアレス・ネイマールの攻撃を支える役割を担っています。

③シャビ・アロンソ選手

55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

ウイングバックの役割とは?動き方やコツと練習法【サッカーポジション】

サッカーのウイングバックは3-5-2のシステムで用いられ、サイドの攻守の要となる役割を担います。ウイングバックには必要な個人技術や個人戦術があり、さらにウイングバックのグループ戦術の動き方やポジションニングは独特であり、今回はその基本やコツと練習方法を紹介しています。
nosedori | 3,148 view
ユーティリティープレイヤーとは?サッカーでも重要であるその理由

ユーティリティープレイヤーとは?サッカーでも重要であるその理由

サッカーにおいて、ユーティリティープレイヤーという言葉を耳にしますが、ユーティリティープレイヤーの意味を詳しく理解している方は意外と少ないとされています。ここではユーティリティープレイヤーがどれほどサッカーにとって重要な存在なのかを徹底的に解説していきます。
masamiohdaira9 | 1,210 view
フットサルの動き方の基本とは?まずはポジションごとに考えてみよう

フットサルの動き方の基本とは?まずはポジションごとに考えてみよう

フットサルは、ピッチ内の選手が少ないので、全員が様々な役割を果たさなければいけません。 しかし、基本となるポジションによって、それぞれのポジションで動き方も変わります。 ポジションごとの動き方の基本を知ることで、フットサルにおける戦術を理解が重要です。
camarade20042000 | 1,287 view
ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

ウィングスパイカーとは?バレーボールのポジション解説!

バレーボールのウィングスパイカーとは、文字通りスパイクを打つ役割を担うポジションです。そしてチームの得点源となる責任重大なポジションでもあります。ここでは6人制バレーボールの簡単なポジション解説と、その中でのウィングスパイカーの役割や動きについて解説します。
まる蔵 | 3,463 view
歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

歴代の最強は誰だ?セントラルミッドフィルダーランキングTOP10

サッカーの花形ポジションであるセントラルミッドフィルダーにはサッカー史に残る素晴らしい選手が多数存在してきました。それらの歴代セントラルミッドフィルダーを厳選してランキング形式で紹介しながら、その活躍に触れてみたいと思います。
CAS | 6,175 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

橙ラビット 橙ラビット