Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バドミントン
  4. >
  5. バドミントンダブルス練習...
バドミントンダブルス練習メニュー4選!!初心者必見【上達法】

バドミントンダブルス練習メニュー4選!!初心者必見【上達法】

今マイナーからメジャーへと変わりつつあるバドミントン!バドミントンを競技としていちばん楽しめるダブルスゲームの練習メニューを初心者にご紹介していきたいと思います。バドミントンダブルス上達法練習メニューのピックアップに注目!

2021.12.16 バドミントン

バドミントンダブルスの楽しみ方とは?

 (6691)

休日の公園で家族や恋人、友達と楽しむ羽根付きのようなバドミントンの遊びから、本格的に子供の時から自治体や部活で汗を流してきた方など一度はバドミントンのシャトルやラケットに触れたことがある方も多いと思います。

今回は初心者がコートにネットを張って一番楽しいバドミントンゲーム(ダブルス)をより楽しんでもらうための上達法練習メニューを解説します。

バドミントンダブルスで大切なことは①ローテーションパターンを確立して素早く動く、②ショットに緩急をつける、③ショートサーブを決める、④最初から3本で決める、などに気をつけてゲームを進めていきます。

バドミントンダブルス初心者の上達法!4選練習メニュー。

まずバドミントンダブルス初心者にとって、ゲームの流れを自分たちに有利に持っていくことが大切です。そのためには練習!練習!練習!って思われるのは当たり前ですが、重要ポイントとなる箇所をしっかり練習することでゲームが優勢になります。

ポイントは4点です!順番にバドミントンダブルス初心者上達法の練習メニューをパターン化し説明していきます。

その1 ローテーションパターンを確立して素早く動く!

トップアンドバックとサイドバイサイド練習メニュー

トップアンドバックとサイドバイサイド練習メニュー

バドミントンダブルス、2対2で攻めと守りの練習メニューです。上部はサイドバイサイド(守り)、下部はトップアンドバック(攻め)になります。攻めのほうは絶対に上げないようにサイド、センター、体をスマッシュやカットで攻めます。守りは出来るだけ相手に攻めさせるように上げてあげる。浮いてきたシャトルをドライブでレシーブするようにしましょう。
バドミントンダブルスではコートの中に選手が自分とパートナーの二人になります。コート内を素早く二人でどれだけシャトルが取れるか、攻めるかということになります。
初心者の上達法はパートナーとの位置関係を把握し、素早くローテーションできるようになりましょう。攻撃の時はトップアンドバック、守りの時はサイドバイサイドに守備を瞬時に変えていきます。最もエラーが出るときは中途半端な位置にいる時です。

二人の呼吸を合わせて、攻めと守りのローテーションを素早く確立し練習メニューに加えていきましょう。

その2 バドミントンダブルスではショットに緩急をつける。

バドミントンダブルスでは上からのショットを多く打つために、出来るだけ高く上がるショットは打たないことが重要です。高く上がるショットを打つとスマッシュやカットなど打ち込まれます。

初心者の上達法練習メニューにはその時に弱めのショットを打つように、相手のタイミングをずらしミスを誘い得点につながるようローテーションして練習をおこないます。

その3 前衛の最初のショートサーブを決める。

  •        
  •        
  •        
  •       
    

バドミントン ダブルス 浮かないサーブのコツ シャトルの向き編練習メニュー

バドミントンダブルスでの前衛が打つ最初のショートサーブは重要な攻撃!何度も練習を繰り返して上達法を学んでいきましょう。

その4 最初から3本で決める。

バドミントンダブルス初心者は3球目で勝負を決める!そのための練習メニュー。

バドミントンダブルス初心者が勝つためにはショートサーブを決めることです!それでうまくいかなかったら、次に重要となる練習メニューです。上達法は最初から3本で決めるための繰り返しパターン練習です。
バドミントンダブルスゲームでは始まる最初のサーブ、サーブプッシュ、サーブプッシュレシーブでポイントを決めることが重要です。この3本でラリーの優勢、劣勢が決まるといってもいいくらいです。
これらは何度も繰り返し練習することで相手に攻めさせないようなタイミングで打たせることができます。上達法をマスターして外すタイミングをパターン化し練習しましょう。

バドミントンダブルス!パターン練習メニュー

さてこちらでは先ほど上げたバドミントンダブルスにおいて大切なポイントを具体的にどういうふうにすればいいか、パターン化して上達法練習メニューを見ていきたいと思います。

バドミントンダブルス速いローテーションパターン練習メニュー

 (7066)

トップアンドバック(攻撃時)の練習メニューでは2対2で黄線の矢印のように球を打ち合うのですが、1人1打しか打ってはいけません。後ろから前へ移動するときに打つようにします。(前へ移動しながら球を打ちます。)球は出来るだけネットよりも浮かないようなハーフショットを打ちます。これをパターン化して何度もローテーション練習します。
バドミントンダブルスにおいてその時に大事なことは打ったあとの動きです。前衛から後衛に移るときに前衛の位置を空け、後衛が前衛に移るとき素早く後衛に向かうローテーションのことです。これを、左サイドとクロスでも練習することで、素早いローテーションが身に付きます。初心者上達法を学んでいきましょう。

バドミントンダブルス3対2のパターン練習メニュー

バドミントンダブルス3対2のパターン練習メニュー

バドミントンダブルス3対2のパターン練習メニュー

コートに3対2で入ります。3の方が攻め、2の方がレシーブをします。2対2よりも強い攻めが来るので、シャトルのスピードに慣れることができ、沈ますか上げるかなどメリハリのあるレシーブ力が求められます。3の方は出来るだけジャンピングスマッシュや強いショットで決めましょう。
あとバドミントンダブルスではいかにドライブで押せるかがゲームの主導権に関わってきます。できるだけネットより浮かないように、沈ませることが大事になってきます。そこに重点を置いて上達法練習メニューをすすめていきましょう。

バドミントンダブルスサーブからの3本パターン練習メニュー

さきほども触れましたがバドミントンダブルスでサーブ、サーブプッシュ、サーブプッシュレシーブが重要なのはご理解いただけたと思います。その後もゲームのつもりで集中してレシーブをつなげるパターン練習を繰り返しローテーションしていきましょう。レシーバーは体勢を崩さないように注意してくださいね。


では次にバドミントンダブルスでの上達法ノック練習メニューを紹介します。

バドミントンダブルス!ノック練習メニュー

バドミントンダブルスでは特に前衛が重要となります。なぜかというと、後衛は前衛を見て動くことができますが、前衛は後衛を見ることができません。

前衛が思い切って動くことで後衛はそれをフォローする形が理想的な動きになります。そうすると、バドミントンダブルスでいう穴を少なくすることができます。
今回は初心者向けにノック練習メニューをノックする方に球を出してもらってすすめていきます。

バドミントンダブルストップアンドバック固定型ノック練習メニュー

 (7072)

トップアンドバック型でダブルスの後衛はスマッシュやカット、前衛はプッシュやネットで攻めます。ノックをする方はドライブ、ロブ、ネットで球を回してあげましょう。ドライブなど前衛が取れそうな球は積極的に取っていきましょう。前衛が迷っていると後衛が動きにくくなります。ノックする方は甘い球が上がってきたら打ち込んでもらっても構いません。

バドミントンダブルスローテーション型ノック練習メニュー

ローテーション型ノック練習メニュー

ローテーション型ノック練習メニュー

ダブルスの前衛と後衛が回って攻めるローテーション型練習メニューです。回るきっかけは後衛のハーフ辺りにくるカウンタースマッシュや、後衛がサイド奥で追い込まれている時の前衛の逆サイドロブのフォローになります。ノックをする方はカウンタースマッシュを打てるように上げてあげてください。この球を前衛がとっても構いません。
返球する時もネットより浮かないように返す練習をしてください。ノックする方は甘い球が上がってきたらカットしてもらっても構いません。

バドミントンダブルス前衛ノック練習メニュー

前衛のノック練習メニュー

前衛のノック練習メニュー

バドミントンダブルス前衛が相手のプッシュを止めるにはエラーが出るかも知れないというところからかなりの勇気がいります。そこでこの練習は前衛の方がネットの前に立ってする極端な練習メニューです。ノックをする方は前衛のボディの上辺を狙って打ちます。かなり恐怖を感じますが、ラケットを上に構えていると止められます。慣れてきたらネットの向こう側に回って同じことを繰り返します。ノックをされる方は集中してコントロールしてあげてください。
これにダブルスの前衛がまず最初にするショートサーブをマスターすれば、初心者にバドミントンダブルスゲームを楽しんでもらえるようになります。初心者の上達法の大事なことはパターン化して覚えることです。

バドミントンダブルス練習メニューのまとめ

【Twitterで話題】このラリー凄すぎ? 地区予選でこれはエグい…

バドミントンダブルスの醍醐味!!ラリーの応酬。ローテーション練習メニュー、ノック練習メニューをしっかりと積み重ねると、初心者が憧れるこのようなラリーに結びつきます。
初心者がバドミントンダブルスを楽しむための練習メニューを掻い摘んでアップしていきました。なかなか思うように打った球が飛ばないのは当たり前で、それをうまくローテーション練習、ノック練習を重ねることによって徐々に良くなってきます。

焦らずにゆっくりでいいですので、大切な4つポイントを忘れないようにしましょう。

①ローテーションパターンを確立して素早く動く
②ショットに緩急をつける
③ショートサーブを決める
④最初から3本で決める

しっかりとこの4つのポイントを実行して初心者がバドミントンダブルスゲームを行いましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。