Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. バドミントン
  4. >
  5. バドミントンのドライブと...
バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。

2021.12.16 バドミントン

バドミントンのドライブとは?

バドミントンのドライブとはシャトルが床と平行に飛ぶ、スピードのあるショットです。バドミントンの試合の中では、強烈なドライブを放って相手に甘い球を上げさせて次の攻撃でエースを狙う、というそんな攻撃の組み立てができるバドミントンのショットです。
バドミントンのドライブはバドミントンの試合の中での選択肢が増えるので、試合で勝つためにはぜひとも習得しておきたいショットです。

またバドミントンのドライブは、シングルスよりもダブルスの試合でよく用いられます。ですが相手のボディを狙ったドライブは、バドミントンのシングルスの試合でも有効です。ですから打ち方を覚えて練習を繰り返し、ドライブを打てるようになりましょう。

バドミントンのドライブのグリップの持ち方とは?

バドミントンのドライブのグリップの持ち方は、ドライブをフォアハンドで打つ時はイースタングリップ、バックハンドで打つ時はサムアップグリップで持ちます。

バドミントンのイースタングリップの持ち方は、ラケットの面を床に対して垂直に立て、包丁を持つ時のようにラケットのグリップを上から持ちます。この持ち方のコツは、上から見ると親指と人さし指の間にV字ができるように持つことです。
バドミントンのサムアップグリップの持ち方は、イースタングリップで握って、手の中でグリップをわずかに回転させて親指の腹をラケット面の延長線上に押しつけて持ちます。コツは親指の腹はしっかりとグリップに押しつけて持つことです。

バドミントンのドライブのコツは、状況に応じてフォアハンド、バックハンドを使い分けなくてはいけないということです。グリップの持ち方も替えなければならない、ということをしっかり覚えておきましょう。

バドミントンのドライブの打ち方とは?

ドライブ基礎打ち見本

ドライブを打っているところです。
バドミントンのドライブの打ち方は、ドライブをフォアハンドで打つ時とバックハンドで打つ時では打ち方が違います。それぞれの打ち方を説明していきます。

その前にバドミントンでラケットを振る時のコツで重要なリストスタンドについてです。ラケットを正しく握ったら、手首を親指の付け根の方向に曲げてラケットを立てます。その時にラケットと腕がほぼ直角になった状態をリストスタンドと言います。
バドミントンでラケットを振る時は、このリストスタンドを保つことがコツになります。

バドミントンでドライブを打つ時もこのリストスタンドは重要なコツになりますので、ドライブの打ち方を覚える際にはリストスタンドにもしっかり意識を向けましょう。

バドミントンのドライブの打ち方①フォアハンドとは

バドミントン ドライブショット(スロー)

バドミントンのドライブのフォアハンドとは、ドライブをフォアハンドで打つ時に使う打ち方です。

その打ち方はまず、シャトルの到達地点を見極めてフォア側にシャトルを呼び込める位置に立ちます。
次に右ひじとラケットを下げずに、小さくテイクバックをします。
そして右足に体重移動をして、ラケットを押し出すような感覚で、肩口からラケットを出していきます。ひじからシャトルに向かうような気持ちでラケットを振りましょう。インパクトの瞬間に手首の底屈を利かせます。またフォロースルーはコンパクトに行います。
スイングを終えたらリストスタンドをつくってリターンに備えます。ひざを戻す力を利用して構えましょう。

バドミントンのドライブの打ち方②バックハンドとは

コンパクトなスイングのドライブ

バドミントンのドライブのバックハンドとは、ドライブをバックハンドで打つ時に使う打ち方です。

その打ち方はまず、すばやくイースタングリップからサムアップグリップに握り替えます。
次に右ひじを下げずにリストスタンドしたまま小さくテイクバックします。
そして左肩口からラケットを出していきます。ひじからシャトルに向かうような気持ちでラケットを振ります。
手首の背屈をきかせながら、親指の腹でラケットを前に押し出すようにインパクトをして、フォロースルーはコンパクトに行います。
スイングを終えたらリストスタンドをつくってリターンに備えます。ひざを戻す力を利用して構えましょう。

バドミントンのドライブで狙いとは?

Instagram (13503)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
バドミントンのドライブでねらうものはコースとスピードです。これらに意識をおいてドライブを打ちましょう。
またドライブでスマッシュを返すこともできます。スマッシュを打ち返すことができればピンチをチャンスに変えることができ、自分の攻撃につなげることができます。バドミントンのドライブはその反撃のきっかけになります。
ではそれぞれ見ていきましょう。

バドミントンのドライブのねらいのコツ①コースとスピード

Instagram (13506)

バドミントンのドライブのコツで重要なことは、コースとスピードです。相手の守備のスキをついて力強い球を打ち込めば、相手のミスを誘発して、エースショットにつなげることもできます。

しかし、コースを狙って正確にそこにドライブを打ち込むことができないとショットの成功率が下がります。
またコースが正確に打てても、そのショットにスピードがなければ、簡単に相手に返されてしまいます。

このようにバドミントンのドライブのコツは、コースとスピードが非常に重要です。ですがコースが正確で、スピードのあるドライブを打つことができれば、それはバドミントンにおいての大きな武器となります。
バドミントンでドライブを練習する時は、コントロールとスピードを意識して練習を行いましょう。

バドミントンのドライブのねらいのコツ②スマッシュ返し

Instagram (13504)

バドミントンのドライブは、スマッシュを返すことにも使うことができます。スマッシュを相手に打たれるとそれは自分にとってはピンチです。ですが、それを返すことができればピンチを脱出することができます。さらに、スマッシュに対して効果的なショットで返すことができれば、自分のチャンスにすることができます。そのショットの選択肢の1つがドライブです。

スマッシュに対するドライブのコツは打つコースです。ストレート方向に打たれたらクロス方向、クロス方向に打たれたらストレート方向に返球しましょう。そうすることで相手を左右にゆさぶることができ、自分の攻撃につなげることができます。

効果的なコースを狙って、ドライブを打つようにしましょう。

バドミントンでドライブを打つ時の注意とは?

品川バドミントン教室 2015 佐藤コーチ ドライブの打ち方

ドライブを打つ時の注意点です。
バドミントンのドライブは、浮き上がらせずに打つ必要があります。浮き上がる弾道のドライブは、相手にとっての絶好球になってしまうからです。ですからドライブを打つ時のコツは、打点を高めにとって打つことです。

他の注意点はフォアハンドで打つ時と、バックハンドで打つ時とで違うので、それぞれの場合について見ていきましょう。

バドミントンでドライブを打つ時の注意①フォアハンド

Instagram (13510)

バドミントンでドライブをフォアハンドで打つ時は、ラケットのヘッドを立ててシャトルを迎えます。そして右足をやや前に出して、半身の体勢で構えます。そうすることでストレートにもクロスにも打ち分けることができます。バドミントンのドライブのコツはコースの打ち分けなので、半身の体勢で構えるようにしましょう。

肩を使わずにひじから先を動かしてスイングします。そして、身体のやや前でシャトルをとらえるようにします。そうすることでひじがスムーズに前に出て、インパクトの際に手首の底屈をきかせやすくなります。

これらの注意点に気を配って、フォアハンドでドライブを打つようにしましょう。

バドミントンでドライブを打つ時の注意②バックハンド

Instagram (13512)

バドミントンでドライブをバックハンドで打つ時は、ラケットをまっすぐに立てて構えます。そうせずに、ラケットの面が上を向いてしまうと、シャトルが浮き上がってしまいます。
テイクバックを行った後、ひじからシャトルに向かうつもりでスイングを始めます。そしてひじを支点に腕を伸ばして、最後に手首の背屈をきかせてスイングしましょう。そうすることで、ムチをしならせた時のような力が発生してドライブの威力を上げることができます。

またバックハンドでのドライブのコツは、とっさの判断でスイングするのでフォアハンドよりもコンパクトなスイングを心がけましょう。スイング前のテイクバックの動作が大きいと振り遅れてしまうので、テイクバックは必ず小さく行うのがコツです。

これらの注意点に気を配って、バックハンドでドライブを打つようにしましょう。

バドミントンでドライブを打つ時に初心者が気をつけることは?

Instagram (13519)

バドミントンでドライブを打つ時に初心者が気をつけることは、まずドライブの打ち方を覚えることです。そしてコンパクトにラケットを振れるようになることです。では、1つずつ見ていきましょう。

初心者が気をつけること①正確なドライブの打ち方ができるようになる

Instagram (13520)

正しいラケットの持ち方と打ち方を覚えて、その持ち方と打ち方で打てるようにならないと、正確なショットを打つことができません。

バドミントンのドライブでのコツはコースの打ち分けです。それをできるようになるには、ショットのコントロールができなければいけません。そのためには正しい持ち方と打ち方で打たないと、ショットをコントロールすることはできません。ですから、初心者はまず正しいドライブの持ち方と打ち方を覚えて、その持ち方と打ち方をできるようになる必要があります。

打ち方をしっかりと覚えて、素振りや打ち込みで練習を繰り返して、身体で覚えるようにします。またフォアハンド、バックハンドどちらかだけではなく、両方のドライブの正しい打ち方を覚えましょう。

初心者が気をつけること②コンパクトにラケットを振れるようになる

藤本ホセマリ“目からウロコ”シニア・バドミントン講座 第1回ドライブ②

ラケットのコンパクトな振り方です。
バドミントンのドライブは、コンパクトにラケットを振る必要があります。特にバックハンドでのドライブを打つ時は小さなテイクバックからコンパクトにスイングできるようになりましょう。

初心者のうちはラケットが大振りになってしまうことが多いです。そうならないために、初心者は素振りの時からコンパクトに振るということを意識して練習を行いましょう。素振りをしている姿を誰かに見てもらい、ラケットの振り方をチェックしてもらうことも初心者の良い練習法です。

初心者が正しい素振りをできるようになったら、シャトルを用いてコンパクトにドライブを打つ練習を行いましょう。打ち込みやミニゲームなどでドライブの練習を行うことにより、実戦に近い形で練習ができるので、初心者でもドライブを上手くコンパクトに打てるようになります。

バドミントンのドライブの練習の仕方とは?

バドミントン ドライブ練習

ドライブの練習の様子です。
バドミントンのドライブの練習はまず素振りでドライブの打ち方を覚え、次にシャトルを手投げで投げてもらってそれを打ち込むという練習を行います。そして、壁打ちや1対1でドライブを打ち合う練習でドライブの正確さを磨いていきます。では、それぞれ1つずつ見ていきましょう。

バドミントンのドライブの練習①素振り

バドミントンのドライブの打ち方を身体で覚えるために、素振りでの練習をしましょう。まずは構えからフォロースルーまでの一連の流れでのスイングを行います。ここでドライブの打ち方を覚えます。

次に腰を落として素振りをしましょう。この素振りではドライブでのラケットの使い方はもちろん、それと同時に足腰の鍛錬を行うことができます。
中腰の体勢を維持したまま、ドライブを打つつもりでラケットを振ります。スイングの途中でひざが伸びて、身体が浮き上がらないように注意して行います。インパクトを迎えるまで、できるだけラケットのヘッドを下げないスイングを心がけて素振りを行いましょう。

バドミントンのドライブの練習②手投げからのドライブの打ち込み

Instagram (13515)

ネットの手前からシャトルを投げてもらってドライブを打つ練習です。手投げしてもらったシャトルをフォアハンド、バックハンドでストレート方向に打つ練習です。構えた状態から、利き腕側の足を一歩踏み込んで打ちます。
手投げを行ってもらう人には、下手投げで打ちやすい球をトスしてもらい、慣れてきたらやや速い球を投げてもらいましょう。

シャトルに当てることを意識しすぎると、ひじが下がりがちになってしまうので、素振りで覚えた正しい打ち方でしっかりと振りきる、ということを意識して練習を行うようにしましょう。

バドミントンのドライブの練習③壁打ち

壁に向かってドライブを打ち、跳ね返ってきた球をさらにドライブで打ち返す練習です。壁打ちは正確に当てないとまっすぐ返ってこないので、コントロールを身につける練習になります。

壁打ちでの壁との距離は2~3メートルが目安です。また壁に目印をつけて練習するとそこを狙って打つことができるので、さらにコントロールを磨くことができます。
はじめは難しいので、連続20回を目標に壁打ちを行い、慣れてきたらフォアハンドとバックハンドを打ち分けて壁打ちを行いましょう。

続けて打つことができなくても、諦めずに何回も繰り返して壁打ちの練習を続けましょう。そうすれば、壁打ちを連続で出来るようになるころには、ドライブのショットのコントロールも上がっています。

バドミントンのドライブの練習④ドライブを打ち合う

【バドミントン】フォアとバック交互のドライブ練習

ドライブを打つの練習です。
1対1でネットを挟んでドライブを打ち合う練習です。シャトルを浮かせないように、ネットすれすれの高さの軌道でスピードのあるショットを打ちます。打ったらすぐに構えて、次のショットに備えましょう。

はじめはお互いにネットから少し離れたところに立ちます。そしてドライブの打ち合いに慣れてきたら少しずつネット際に近づいて2人の距離をつめて、ドライブを打ち合いましょう。至近距離での打ち合いになってもお互いのドライブのスピードを落とさないように注意します。

ダブルスの試合では前衛が至近距離で打ち合うケースが多いので、この練習は非常に効果的です。

バドミントンのドライブの打ち方のコツや練習方法のまとめ

Free illustration: Shuttlecock, Racket, Badminton - Free Image on Pixabay - 2379720 (13507)

バドミントンでドライブを自在に打つことができれば戦略の幅が広がり、バドミントンの試合で勝利を近づけることができます。

しかし、フォアハンドとバックハンドの使い分け、コースの打ち分け、ショットのスピードなど、バドミントンでドライブを打つ時に気をつけることは多いです。ですがこれらのことをしっかりと含めてドライブを打つことができれば、バドミントンで勝ちを引き寄せることができるでしょう。

しっかりとドライブが打てるようになるために、練習を繰り返していきましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。