2020年1月25日 更新

バドミントンのドライブとは?打ち方のコツや練習方法をご紹介!

バドミントンでドライブを打つことができれば、プッシュなどのネットプレーに対する返球に使うことができます。バドミントンでのネットプレーの幅が広がり、自分のバドミントンの実力を上げることができる、バドミントンのドライブについて見ていきましょう。

57,168 view お気に入り 0

バドミントンのドライブとは?

バドミントンのドライブとはシャトルが床と平行に飛ぶ、スピードのあるショットです。バドミントンの試合の中では、強烈なドライブを放って相手に甘い球を上げさせて次の攻撃でエースを狙う、というそんな攻撃の組み立てができるバドミントンのショットです。
バドミントンのドライブはバドミントンの試合の中での選択肢が増えるので、試合で勝つためにはぜひとも習得しておきたいショットです。

またバドミントンのドライブは、シングルスよりもダブルスの試合でよく用いられます。ですが相手のボディを狙ったドライブは、バドミントンのシングルスの試合でも有効です。ですから打ち方を覚えて練習を繰り返し、ドライブを打てるようになりましょう。

バドミントンのドライブのグリップの持ち方とは?

バドミントンのドライブのグリップの持ち方は、ドライブをフォアハンドで打つ時はイースタングリップ、バックハンドで打つ時はサムアップグリップで持ちます。

バドミントンのイースタングリップの持ち方は、ラケットの面を床に対して垂直に立て、包丁を持つ時のようにラケットのグリップを上から持ちます。この持ち方のコツは、上から見ると親指と人さし指の間にV字ができるように持つことです。
バドミントンのサムアップグリップの持ち方は、イースタングリップで握って、手の中でグリップをわずかに回転させて親指の腹をラケット面の延長線上に押しつけて持ちます。コツは親指の腹はしっかりとグリップに押しつけて持つことです。

バドミントンのドライブのコツは、状況に応じてフォアハンド、バックハンドを使い分けなくてはいけないということです。グリップの持ち方も替えなければならない、ということをしっかり覚えておきましょう。

バドミントンのドライブの打ち方とは?

ドライブ基礎打ち見本

ドライブを打っているところです。
バドミントンのドライブの打ち方は、ドライブをフォアハンドで打つ時とバックハンドで打つ時では打ち方が違います。それぞれの打ち方を説明していきます。

その前にバドミントンでラケットを振る時のコツで重要なリストスタンドについてです。ラケットを正しく握ったら、手首を親指の付け根の方向に曲げてラケットを立てます。その時にラケットと腕がほぼ直角になった状態をリストスタンドと言います。
バドミントンでラケットを振る時は、このリストスタンドを保つことがコツになります。

バドミントンでドライブを打つ時もこのリストスタンドは重要なコツになりますので、ドライブの打ち方を覚える際にはリストスタンドにもしっかり意識を向けましょう。

バドミントンのドライブの打ち方①フォアハンドとは

バドミントン ドライブショット(スロー)

バドミントンのドライブのフォアハンドとは、ドライブをフォアハンドで打つ時に使う打ち方です。

その打ち方はまず、シャトルの到達地点を見極めてフォア側にシャトルを呼び込める位置に立ちます。
次に右ひじとラケットを下げずに、小さくテイクバックをします。
そして右足に体重移動をして、ラケットを押し出すような感覚で、肩口からラケットを出していきます。ひじからシャトルに向かうような気持ちでラケットを振りましょう。インパクトの瞬間に手首の底屈を利かせます。またフォロースルーはコンパクトに行います。
スイングを終えたらリストスタンドをつくってリターンに備えます。ひざを戻す力を利用して構えましょう。

バドミントンのドライブの打ち方②バックハンドとは

コンパクトなスイングのドライブ

バドミントンのドライブのバックハンドとは、ドライブをバックハンドで打つ時に使う打ち方です。

その打ち方はまず、すばやくイースタングリップからサムアップグリップに握り替えます。
次に右ひじを下げずにリストスタンドしたまま小さくテイクバックします。
そして左肩口からラケットを出していきます。ひじからシャトルに向かうような気持ちでラケットを振ります。
手首の背屈をきかせながら、親指の腹でラケットを前に押し出すようにインパクトをして、フォロースルーはコンパクトに行います。
スイングを終えたらリストスタンドをつくってリターンに備えます。ひざを戻す力を利用して構えましょう。

バドミントンのドライブで狙いとは?

Instagram (13503)

バドミントンのドライブでねらうものはコースとスピードです。これらに意識をおいてドライブを打ちましょう。
またドライブでスマッシュを返すこともできます。スマッシュを打ち返すことができればピンチをチャンスに変えることができ、自分の攻撃につなげることができます。バドミントンのドライブはその反撃のきっかけになります。
ではそれぞれ見ていきましょう。

バドミントンのドライブのねらいのコツ①コースとスピード

Instagram (13506)

バドミントンのドライブのコツで重要なことは、コースとスピードです。相手の守備のスキをついて力強い球を打ち込めば、相手のミスを誘発して、エースショットにつなげることもできます。

しかし、コースを狙って正確にそこにドライブを打ち込むことができないとショットの成功率が下がります。
またコースが正確に打てても、そのショットにスピードがなければ、簡単に相手に返されてしまいます。

このようにバドミントンのドライブのコツは、コースとスピードが非常に重要です。ですがコースが正確で、スピードのあるドライブを打つことができれば、それはバドミントンにおいての大きな武器となります。
バドミントンでドライブを練習する時は、コントロールとスピードを意識して練習を行いましょう。

バドミントンのドライブのねらいのコツ②スマッシュ返し

Instagram (13504)

バドミントンのドライブは、スマッシュを返すことにも使うことができます。スマッシュを相手に打たれるとそれは自分にとってはピンチです。ですが、それを返すことができればピンチを脱出することができます。さらに、スマッシュに対して効果的なショットで返すことができれば、自分のチャンスにすることができます。そのショットの選択肢の1つがドライブです。

スマッシュに対するドライブのコツは打つコースです。ストレート方向に打たれたらクロス方向、クロス方向に打たれたらストレート方向に返球しましょう。そうすることで相手を左右にゆさぶることができ、自分の攻撃につなげることができます。

効果的なコースを狙って、ドライブを打つようにしましょう。

バドミントンでドライブを打つ時の注意とは?

品川バドミントン教室 2015 佐藤コーチ ドライブの打ち方

ドライブを打つ時の注意点です。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンのハイバックの打ち方!コツやポイントを解説

バドミントンでハイバックを打つことができれば自分の攻撃の幅を広げることができます。バドミントンでのオーバーヘッドと違い初心者には難しいですが、繰り返し練習してコツをつかめば必ず習得できます。今回はそんなバドミントンのハイバックについて見ていきましょう。
MOSK | 23,144 view
バドミントンのクリア打ち方!しっかり相手に飛ばすには?【初心者ガイド】

バドミントンのクリア打ち方!しっかり相手に飛ばすには?【初心者ガイド】

クリアはバドミントンの試合を組み立てる上で重要なショットです。クリアのショットのフォームや打ち方には少々コツが必要ですが、クリアがバドミントンの試合の中で正確に打つことができれば、戦略面で幅が広がります。この記事ではバドミントンのクリアの打ち方や練習方法を紹介していきます。
ratinalife01 | 106,262 view
バドミントンのプッシュの打ち方!コツや気になるポイントは?

バドミントンのプッシュの打ち方!コツや気になるポイントは?

バドミントンのネット際で繰り広げられるラリーの押収!そんな時になくてはならないプッシュのコツやラケットの構え方、ポイントを初心者にも分かりやすいように説明していきます。バドミントンゲームがより面白くなるプッシュの打ち方をマスターしましょう!
moriko48 | 18,330 view
バドミントンダブルス練習メニュー4選!!初心者必見【上達法】

バドミントンダブルス練習メニュー4選!!初心者必見【上達法】

今マイナーからメジャーへと変わりつつあるバドミントン!バドミントンを競技としていちばん楽しめるダブルスゲームの練習メニューを初心者にご紹介していきたいと思います。バドミントンダブルス上達法練習メニューのピックアップに注目!
moriko48 | 51,658 view
キックサーブの打ち方とは?誰でもできるようにゼロから解説します!

キックサーブの打ち方とは?誰でもできるようにゼロから解説します!

キックサーブは多くのプロがセカンドサーブに多用するサーブです。キックサーブはプロや上級者向けと思われていますが、体全体を自然な動きのサーキュラーモーションで打てば、非力な方でも打つことができます。キックサーブの打ち方のコツを習得すれば、サーブの威力と確率を大幅に上げられます。
Anonymous | 2,544 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK