2019年12月22日 更新

バトミントンスマッシュの打ち方とコツとフォームのポイント!

バドミントンのスマッシュを打つ時の打ち方とコツを徹底解説します。基本のフォームをマスターして、スマッシュを上手く決める方法や決めるためのやり方を解説します。スマッシュは得点を決める重要なショットとなりので、基本的なトレーニングを忘れないようしましょう。

182,989 view お気に入り 0

バドミントンで速いスマッシュを打つためには3 For fast smash of badminton

バドミントンには、インナーマッスルの強化が必要になります。
インナーマッスルとは、外に見える筋肉ではなく内側の体を支える筋肉です。
インナーマッスルが強化されることによって、体が正しい中心をとらえ、打点に対して強いインパクトを瞬時に伝える打ち方をすることができます。
インナーマッスルを強化するためには、尻、腰、太もも、肩甲骨など中心軸に関わる部位をしっかりストレッチするのがコツです。
インナーマッスルが衰える原因として、体の歪みや日々の運動不足があります。
ストレッチをし、筋肉が柔軟に動く状態を作ってからインナーマッスル強化練習に移ります。
筋肉強化はスクワッド、サイドブリッジなどのゆっくりとした動きによるものを選択しましょう。
また、背中、お腹、足などの全ての部位に効果のある体幹強化練習を取り入れることがコツのひとつです。

バドミントン筋肉強化トレーニング方法②肩甲骨

バドミントンで速いスマッシュを打つためには2 For fast smash of badminton

バドミントンラケットを自由自在に動かすコツは、肩甲骨を柔軟に動かすことです。
肩甲骨の強化法として、回転運動を常に行いましょう。
ゆっくりと肩甲骨を動かすことで、周りの筋肉を含めて打ち方の可動域が広がり、角度に幅が出ます。
肩甲骨がゆるやかに動くと、打ち方が歪まず、腕や手首に無駄な力が入らなくて済みます。
呼吸もセットで練習することで胸と肩甲骨の筋肉の連動や動きを確認し、バドミントンの練習に活かしてください。

バドミントンスマッシュにおける対戦相手と向き合う方法とコツ

【バドミントン】死闘!再び!!(ロングラリー集)

バドミントンスマッシュは相手との心理戦でもあります。
対戦相手がどうしたら打てないかを考えて、打ち方も見極める必要があるでしょう。
コツは、相手の気持ちに立つことです。
打ち方を分けるために、相手の心理を考える方法をご紹介します。

バドミントン対戦相手が打ちづらいスマッシュを打つ方法

【 バドミントン スーパープレー集 】 Top Badminton Points

常に自分が打ちづらい打ち方を相手に返す意識を持ちましょう。
バドミントンスマッシュは特に、速さ、ネットに対しての角度などから、相手が打ちづらいことを前提とした攻撃的な打ち方です。
更に精度を上げるためには、相手のこともふまえて打つのがコツです。
第一のコツは、フォームはどのバドミントンスマッシュも同じ打ち方をとってください。
相手はどこにシャトルが飛んでくるのが予想できません。
第二のコツは、目線は一定に保った打ち方を心がけましょう。
目線で狙いを追ってしまうと、初心者以上の相手ならその目線に対応してきます。
第三のコツは、バドミントンスマッシュに対しての意気込みを消す必要があります。
攻撃をするということを悟られていると相手に反撃や防御という選択肢を与えているからです。

メンタル強化トレーニングのコツ

【画像】小椋久美子(オグシオ) / バドミントン・北京五輪直前合宿 - ライブドアニュース (3741)

バドミントンスマッシュの打ち方を決めるためには、メンタル強化がコツのひとつになります。
バドミントンスマッシュが必ず入るという自信がなければバドミントンスマッシュは成功しません。
バドミントンスマッシュの練習を何度も繰り返し、努力したという感覚を自分でつかめるまで身心を強化しましょう。
また、ネットに対する怯えを捨てた打ち方が必要です。
ネットがあるところでのバドミントンスマッシュ練習と、ないところでのバドミントンスマッシュ練習が全く同じバドミントンスマッシュになるよう打ち方を意識してください。
過度に緊張すると無駄な力が入り、手首を傷める、打ち方のフォームが崩れるなどのトラブルが起きます。
リラックスした状態で脱力し、俊敏なバドミントンスマッシュを繰り出せる練習をしましょう。

バドミントンスマッシュのケース別Q&A

Q&A - For the Pleasure of Lord Krishna (3743)

ここまでは初心者から上級者まで共通のスマッシュに関わる打ち方とコツについて紹介しました。
ここからは、ケースごとのスマッシュのコツやフォームのポイントを紹介します。
自分の悩みにあった方法を選ぶ、課題をクリアしていきましょう。

初心者のバドミントンスマッシュのコツ

絶対うまくなるバドミントン

初心者の方は、「スマッシュ=速い球」と思いすぎてしまうことで失敗が多くなります。
手首に無駄な力が入ること、打点が低くなること、フォームが崩れることなどが原因です。

まず、速く打つことではなく、角度をつけて打つことを意識してください。
相手が打ちづらくなる球は、もちろん速いに越したことはないですが、角度がついている球です。
スマッシュは速さより角度のほうが大切と意識することがコツです。

角度だけを意識すれば、ラケットの面の角度はあっているか、手首の回転はあっているかなどの細かいフォームに注意することができるでしょう。

スマッシュが安定しない時の打ち方練習方法

バドミントン ダブルスのサーブが浮く人はこれをやってみて コツと対策練習

スマッシュは打てるようになってきたけれど安定しないという方は、打てている時とそうでない時の違いを明確にする必要があります。
そのために、ノック練習を強化してください。
ノック練習の際は、わざと角度を間違えてみる、手首に無駄なスナップを効かせてみるなどの実験をするのもひとつの方法です。
やりすぎには注意が必要ですが、初心者の方が「何が問題なのか」を自覚するためには良い方法と言えます。
特に、最適なフォームを見つけ出すコツは、細かく自分の体の使い方に意識することです。
ひとつひとつのパーツの角度や使っている方法、打点などを1度ずつ見比べるくらいに観察眼を強化してみてください。

バドミントンを習い始めた子供がスマッシュをうまく打つためのコツ

速いスマッシュ&クリアを打つための練習方法

76 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バドミントンのカットスマッシュの打ち方!やり方のコツとは?

バドミントンのカットスマッシュの打ち方!やり方のコツとは?

カットスマッシュの打ち方とコツを紹介します。カットスマッシュをマスターすることで、バドミントンの戦術の幅は大きく広がるので、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか?練習方法も詳しく解説していますのでぜひご覧ください。
yuki |
卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方とコツとは?基本を理解して練習しよう

卓球のツッツキの打ち方は、体より前で打つようにして、ボールの回転量によってラケット角度を調整することが重要になります。卓球のツッツキのコツは、打球点が頂点より早くなるように足を動かし、薄くボールを捉える感覚で下回転を加えることです。また、ツッツキの質を高める練習方法は、ツッツキ対ツッツキ、上回転をツッツキする練習になります。
卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちのやり方とは?初心者がおさえておく4のコツを解説

卓球のカット打ちは、打球点を落とし過ぎず、ネットを越えることを意識して打球します。卓球のカット打ちのコツは、カットの回転量を正確に判断して、ストップやツッツキを織り交ぜながら攻めることです。さらに、カット打ちが上達するおすすめの練習方法は、カットマンと基本練習やゲーム練習をすることになります。
卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方とコツとは?5つのフリックをマスターしよう!

卓球のフリックの打ち方は、ボールの落下位置に体を近づけて、バウンド頂点付近でボールを捉えてコンパクトにスイングします。卓球のフリックのコツは、足を使ってボールに近づく、打球点を落とさない、手首を使いすぎない、フリーハンドでバランスをとる、ラケット面を工夫することです。
カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

カットマン対策を考えよう!カットの返し方とそのコツを簡単に解説

卓球のカットマン対策は、強打の割合を少なくしてミスを減らす、ボールの緩急を意識する、バック側にボールを集める、カットマンを前後に動かす、強打はミドルを狙うことの5つです。このカットマン対策に加えて、カット打ちのコツも解説します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuki yuki