2020年11月20日 更新

スイングスピードを上げる3つの方法とは?【野球上達ガイド】

野球のバッティング向上のためには、スイングスピードを上げることが必要です。では、野球選手がスイングスピードを上げるメリットはどこにあるのでしょうか。また、どのようなトレーニングをすれば、スピードを上げることができるのでしょうか。その方法を詳しく解説します。

186,890 view お気に入り 0

野球におけるスイングスピードとは?

少年野球|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24448)

スイングスピードとは、野球の場合、バットを振る(スイングする)スピードのことをいいます。

そして、野球においてこのスイングスピードを速くすることは、バッティング向上には欠かせないことと言われています。スイングスピードアップは、野球選手にとって様々なメリットを生み出すからです。
さらに、スイングスピードを上げるトレーニングの過程にも、野球選手にとってのメリットを見出すことができます。

正しい道具を使い、正しい方法で地道にトレーニングをすれば、バッティングは間違いなく向上するはずです。

野球選手がスイングスピードを上げるメリット

具体的なトレーニング方法をみる前に、野球においてスイングスピードを上げるメリットを知っておきましょう。

プロ野球選手、とりわけホームランバッターと呼ばれる選手はスイングスピードも速いイメージですが、実は野球においてスイングスピードを上げることで生み出されるメリットは、ホームラン等の長打が増えることだけではありません。

では具体的にどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

スイングスピードを上げると飛距離もアップ!

青空に野球ボール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24449)

野球においてスイングスピードを上げることが飛距離アップにもつながるというのは、プロ野球選手を見ているとイメージしやすいかもしれません。

バットのスイングスピードが速くなると、ボールに当たった時に反発する力が大きくなり、飛距離が伸びます。

ただし、ただスイングスピードを速くしただけでは飛距離は伸びないのが現実です。あくまでもしっかりとミートできた場合、スイングスピードが速い方が打球に飛距離が出て、ホームランになりやすいということです。

それならスピードアップではなく芯に当てる練習をした方がいいのでは、と思ったかもしれません。
しかし、スイングスピードを上げることは、ミート力アップにつながるともいえるのです。

スイングスピードを上げると選球眼も良くなる?

外国 野球をしている風景3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24450)

スイングスピードを上げるということは、バットを振り始めてからボールに当てるまでの時間が短くなるということ。
つまり、以前のスイングスピードと、速くなったスイングスピードとの時間を比べた時、その差の分だけボールを見る時間が増える、ということです。

ボールを見る時間が増えると、どこにバットを出すか、またはスイングをするべきかどうか判断する時間が増え、ボール球の見極めやミートがしやすくなり、バッティング技術の向上につながります。

つまり、野球においては、スイングスピードを上げることによって、自分の打つべき球を見極め、更にそれを遠くまで飛ばせるようになる可能性が高い、といえるでしょう。

スイングスピードを上げるトレーニングのメリットとは

Free vector graphic: Silhouette, Sports, Baseball - Free Image on Pixabay - 3134466 (24677)

後ほど詳しい方法を解説しますが、野球のスイングスピードを上げる為に必要なのは、一朝一夕ではできない地道なトレーニングです。
決して楽な方法ではありませんが、その分、トレーニングを行う中で、前述したようなバッティング技術の向上や自分の野球・バッティングスタイルの確立を期待することができます。

今よりも野球が上手くなりたい、所属する野球チームのレギュラーになりたい、プロ野球選手になりたいと考えているのであれば、スイングスピードを上げるトレーニングがその第一歩となるでしょう。

スイングスピードを上げる方法とは?

野球のスイングスピードを上げるメリットがわかったところで、スイングスピードを上げるためのトレーニング方法をみていきましょう。

スイングスピードの速い野球選手といえば、身体の大きい助っ人外国人選手を思い浮かべるかもしれません。では、筋肉をつけて身体を大きくすることが野球のスイングスピードアップの近道なのでしょうか。

スポーツの基本は筋トレ

ダイエット・筋トレイメージ 腹筋|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24451)

やはり、全てのスポーツの基本は基礎体力づくりや筋トレにあります。野球においても、地道に鍛えあげた体力や筋肉は全ての動作の基本となります。

特に体幹といわれる腹筋・背筋まわりの筋肉は、野球のバッターにおいては安定したスイング、そしてパワーを生み出すことにもつながります。

野球のスイングスピードアップに筋トレは必要?

運動|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24452)

では、スピードに焦点をあてるとどうでしょうか。
実は、野球のスイングスピードに限らず、筋トレはスピードアップに適した方法とはいえません。

確かに、力が強くなるとスピードもある程度アップします。しかし、スポーツにおいては、ただ筋肉を大きくすればよいというわけでもありません。

なぜなら、それぞれのスポーツによって重要になる筋肉も違えば、動きもそれぞれに違うからです。
筋トレもある程度は必要ですが、それぞれのスポーツに必要な筋肉は、それぞれのスポーツで鍛えるという方法が最も効率が良いのです。

野球に必要な筋肉は野球でしか身につかない

草野球観戦|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (24453)

野球においても同様に、野球の動きに必要な筋肉は野球をして鍛えるのが最も効率の良い方法です。
重いダンベルを持ち上げて鍛えた筋肉は、ダンベルを持ち上げる時に最大限の能力を発揮します。
それと同じ論理で、スイングスピードを上げるには、実際にスイングをすることで必要な筋肉を鍛え、スピードアップをはかるという方法が効率的です。

とはいえ野球選手が筋トレをしなくて良いかといえばそれは違います。野球の実戦やスイングなどの練習ではなかなかつかない筋肉をつける方法として筋トレは効果的です。

つまり、野球においての筋トレの目的は基本的な筋肉をつけることと、野球の練習だけでは鍛えられない部分の増強を補うこと、ということになります。
78 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

野球のノックの打ち方とコツ!上手に守備練習をさせてあげよう

野球のノックの打ち方とコツ!上手に守備練習をさせてあげよう

ノックとは、野球の守備力向上を目的に行われる練習方法の1つです。ノックは内野ノック、外野ノック、シートノック、連続ノックの4種類があります。ノックを上手に打つためには、基本的なノックの打ち方と正しい練習方法を身につける必要があります。
Act | 1,698 view
パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは?握り方・投げ方などのコツを丁寧に解説!

パワーカーブとは、縦方向に曲がる球速の速い変化球です。キレのよいパワーカーブを投げるコツは、縫い目の使い方や指の使い方、腕の振り方にあります。打者にとって対応が難しく、打ち損じてゴロアウトを取りやすいパワーカーブは、パワーヒッターに有効な変化球です。
Anonymous | 16,913 view
バスターエンドランとは?具体的なやり方や意味などを解説!

バスターエンドランとは?具体的なやり方や意味などを解説!

バスターエンドランは、送りバントが想定される場面で有効な戦術です。バスターエンドランをやるときには、打者は最初バントの姿勢を取りますが、相手が前進守備を敷いたのを確認し、相手投手が投げたと同時にヒッティングに切り替えて意表をつきます。バスターエンドランは、攻撃側にとって賭けの攻撃ですが、成功するとチャンスが広がります。
ワインドアップとは?ノーワインドアップ・セットポジション・クイックモーションとの違いを解説

ワインドアップとは?ノーワインドアップ・セットポジション・クイックモーションとの違いを解説

ワインドアップとはピッチャーの投球モーションのことです。一般的にワインドアップは腕を頭の上に振りかぶりながら投げるフォームでバッターに威圧感を与えられます。他にも投球モーションにはセットポジションやクリックモーションなどがあり、特徴や使用する場面が異なります。
Anonymous | 6,001 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Spicatz Spicatz