2021年3月12日 更新

ボールボーイとは?プロ野球のバイト求人はどうやって探せばいいの?

ボールボーイは球審にボールを補充したり、バット引いたりする役割があり、プロ野球のボールボーイはグラウンド整備やバッティング練習のサポートをします。試合をスムーズに進めるため、ボールボーイには迅速な行動と専門性が求められます。応募方法は、球場や求人情報サイトでの応募が一般的です。

1,184 view お気に入り 0
ボールボーイのアルバイトの選考方法は、3つの過程があります。

・書類審査
・面接
・研修

面接は個人面接で、野球経験の有無やシフトの希望を聞かれます。仮採用となると研修に入りますが、研修中は時給が850円と通常の時給より低く、満額の給料は出ません。

ボールボーイに必要な道具

ボールボーイに必要な道具は、4つあります。

・ボールケース
・グローブ
・ヘルメット
・ユニフォーム

ボールボーイは、4つの道具を持ち仕事に取り組みます。仕事に必要な道具は、いずれも球団が準備しますが、グローブは個人のものを使用しても構いません。

ボールボーイの仕事で野球の試合を支えよう

ボールボーイは、試合をスムーズに進めるためにボール渡しやバット引きをする仕事で、野球の試合を支える大事なスタッフです。プロ野球ではアルバイトを雇い、高校野球甲子園では出場チームから選出され、ベンチ横や外野ファールゾーンに配置されます。
ボールボーイは迅速な行動や判断力、野球の専門性が求められる、やりがいのある仕事です。
55 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ポテンヒットの意味とは?英語やビジネスでも使われる野球の言葉!

ポテンヒットの意味とは?英語やビジネスでも使われる野球の言葉!

ポテンヒットの意味は、打球が内野手と外野手の間にフラフラっと上がり、ヒットになることです。英語やビジネスでもポテンヒットと同じような場面があり、仕事を誰がやるのか曖昧なまま放置されるときに使われます。日頃から選手や職員間で声をかけ合い、ポテンヒットを無くす努力が必要です。
バックスクリーン3連発とは?伝説の阪神のバース・掛布・岡田の打席

バックスクリーン3連発とは?伝説の阪神のバース・掛布・岡田の打席

バックスクリーン3連発とは1985年4月17日に阪神のクリーンアップのバース・掛布・岡田が放った3連続ホームランのことです。巨人との伝統の1戦で生まれたわずか6球の逆転劇は伝説のバックスクリーン3連発といわれ、阪神ファンのみならず多くのプロ野球ファンの語り草になっています。
育成選手とは?日本のプロ野球の球団選手契約について解説!

育成選手とは?日本のプロ野球の球団選手契約について解説!

育成選手は、支配下登録を目指す選手のことで一軍でのリーグ公式戦の出場資格がありません。支配下登録選手とは契約金・年俸・契約期間・背番号・ドラフトに違いがあり、育成選手だけの制度もあります。育成ドラフトから入団して一軍で活躍する選手が増えているので、育成ドラフトでの指名選手数も増加しています。
野球用ストッキングを履く理由とは?意味や履き方をわかりやすく解説

野球用ストッキングを履く理由とは?意味や履き方をわかりやすく解説

野球用ストッキングとは、怪我の防止や動きを補佐する役割を持つ靴下です。ハイカット、レギュラーカット、ローカットと野球用ストッキングには3つの種類があり、アンダーソックスやパンツと合わせてさまざまな履き方があるためプレースタイルに合わせた履き方を選択しましょう。
猛打賞とは?プロ野球の歴代記録とともに野球用語を解説!

猛打賞とは?プロ野球の歴代記録とともに野球用語を解説!

猛打賞とは日本のプロ野球特有の記録であり、1試合で3安打以上を記録した選手に贈られる個人賞です。マルチヒットやサイクルヒットとは達成に必要な安打数や種類に違いがあります。猛打賞は選手の活躍を示す指標であり、歴代の猛打賞記録の上位を占めているのは球史に名を残す名選手達です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous