2021年2月24日 更新

草野球のルールを解説!初心者が知っておくべきプロ野球との違いとは?

草野球のルールは、試合時間やイニング数、試合運営がプロや高校野球のルールとは大きく違います。草野球のグローブやスパイクの道具は、自由度が高く、ルールに縛られず自分の好みの道具が使用できます。草野球のルールを身に付けて、試合で大活躍しましょう。

3,724 view お気に入り 0
草野球の手袋に細かなルールは決められていません。ただし、手袋には守備用手袋とバッティング用手袋があり、2種類の手袋は使い分けることが必要です。

草野球のサングラスのルール

草野球でサングラスの着用にルールはありません。バッティングのときにサングラスを着用しても問題ありませんが、視力矯正の場合を除き、目のケガ防止の観点からおすすめできません。試合当日の天候にあわせて、うまく調整してください。

草野球のルールを知って野球を楽しもう!

 (220375)

草野球のルールは、野球初心者でもわかりやすく、難解ではありません。プロ野球や高校野球と違う草野球のルールは、イニング数や勝敗、時間制限で、道具のルールはプロ野球や高校野球より自由だったり、わかりやすかったりするものが多いです。
初心者でも、チーム人数が少ないチームでは貴重な戦力とみなされ、試合出場機会が多くなります。
56 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは、打者や走者がアウトになることなく安全に次の塁に進むことができる野球のルールです。安全進塁権はホームランや四球の野球でよく見るプレーや、故意にボールの進路を邪魔する行為が該当します。ドーム球場では、屋根の隙間にボールが入ると二塁打となる特別ルールも存在しています。
野球の警告試合とは?プロ野球など警告試合になるとどうなるの?

野球の警告試合とは?プロ野球など警告試合になるとどうなるの?

野球の警告試合とは、死球や暴言を発端にフェアプレーが継続できないと判断されたときに審判団の権限で発される定めです。プロ野球では、警告試合が宣言されたのちも試合を続けます。ただし警告試合の宣言下で審判団からフェアプレーでないと判断された選手・監督・コーチは退場処分となります。
草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球とは、野球を楽しみたい者同士が集まり、有志でおこなう野球です。草野球には素人が集まって楽しみながらする野球の意味があり、誰でも参加できる野球であることが由来です。草野球のルールはプロ野球と違う点があり、試合時間制限の有無や、使用できるバットやボールに違いがあります。
悪送球とは?牽制の悪送球でサヨナラになる?【野球のルールを解説】

悪送球とは?牽制の悪送球でサヨナラになる?【野球のルールを解説】

野球の悪送球とは、投げ手側のミスで捕球位置が当初の目標から大きく逸れてしまった送球を指します。悪送球はヒット捕球後に各塁へ送球するときやピッチャーがランナーを牽制するときに多く、得点圏にランナーがいる場面でピッチャーが牽制の悪送球をするとサヨナラ負けを喫する可能性もあります。
安全進塁権とは?打者と走者が進塁できる野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは?打者と走者が進塁できる野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権は、打者と走者がアウトにされず進塁できる権利のことです。安全進塁権で与えられるベースの数やボールデッド、ボールインプレーの判断は、権利が発生した状況で変わります。打者が四死球、妨害行為、エンタイトルツーベースで、走者がボークや悪送球、走塁妨害で安全進塁権が発生します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous