2021年3月18日 更新

野球の警告試合とは?プロ野球など警告試合になるとどうなるの?

野球の警告試合とは、死球や暴言を発端にフェアプレーが継続できないと判断されたときに審判団の権限で発される定めです。プロ野球では、警告試合が宣言されたのちも試合を続けます。ただし警告試合の宣言下で審判団からフェアプレーでないと判断された選手・監督・コーチは退場処分となります。

914 view お気に入り 0

野球の警告試合とは何か?

 (226688)

野球の警告試合とは、乱闘や小競りあいを発端に、以後の公正な試合運びが困難であると判断された試合です。警告試合と宣言された後も試合は続行され、報復とみなされる行為やフェアーでない行為をした選手や監督は、行為の内容にかかわらず審判団の判断で退場させられます。

警告試合の定義

警告試合とは、死球や乱闘行為がされた後の報復を防止し、フェアな試合を続けるための定めです。警告試合の規定は、公認野球規則でなく、NPBのセントラルリーグとパシフィックリーグのアグリーメントに記載されています。

※警告試合が定められているNPBのアグリーメントは、大きな約定変更時以外の一般公開がされていません。

警告試合の判断

警告試合の判断は、該当試合の審判団にゆだねられています。危険プレーや乱闘をきっかけに、相手チームへ報復行為をしたりアンフェアなプレーをしたりする可能性があると判断した場合、審判団は混乱を収め、直ちに警告試合の宣言をすることが可能です。

警告試合の発端は死球や乱闘が多いですが、宣言の対処となる行為に厳密な規定はなく、暴言やヤジのみも正常な試合運びが困難であるならば警告試合にできます。

警告試合となったとき

 (226707)

試合を何らかのトラブルで警告試合とするときは、審判団が公式に宣言し、そのまま試合を続行します。警告試合の目的は公平・公正な試合運びをすることにあるため、宣言後にフェアな試合が続けられた場合には一般の試合と何も変わりません。ただし警告試合とした後もアンフェアな行為や報復行為がみられたときは、審判団の独断で監督や選手を退場処分とすることができます。

警告試合の退場の判断

警告試合で報復行為をした選手や監督の退場の判断は、審判団に全権があります。プレーが報復か否かは選手本人しか知り得ず真偽が難しいため、警告試合の最中に審判団がプレーを報復行為とみなしたときは、該当選手・監督は理由・意思に関係なく退場処分となります。

警告試合では、デッドボールに厳しい傾向があり、危険球でなくとも体のどこかに当たると報復プレーと判断され退場を促されることが多いです。

警告試合になるケースとは?

 (226680)

警告試合は、3つ危険行為に端を発することが一般的です。

・死球
・クロスプレー
・暴言や乱闘

いずれの場合も両軍選手がベンチから飛び出し感情的な小競りあいを始めることが多く、審判団が状況の収拾をはかり警告試合を宣言するまでに5分以上の試合中断を余儀なくされます。

死球

死球は最も警告試合の発端となりやすいプレーです。プロ野球では、頭部へ危険球を投じたピッチャーが一発退場を命じられます。通常の試合中に頭部以外へ暴投して投手が退場することはまれですが、死球はバッターが怪我をする大変危険なプレーであることから、警告試合が発される大トラブルに発展するケースが多くあります。

警告試合の宣言後に死球を投じた場合には、どちらのチーム投手でも報復行為とみなされ退場させられます。

クロスプレー

走者と守備選手が交錯するクロスプレーも危険な行為がされた場合には、警告試合の発端となります。

・スパイクの刃を守備選手に向ける危険なスライディングをした
・走者が守備妨害をした


野球のクロスプレーは、相手選手に怪我をさせない安全な方法を取ることが暗黙の了解です。クロスプレーの危険な行為は、危険を認識したうえのアンフェアな行為と捉えられることが多く、試合に大きな混乱を招きます。

暴言・乱闘

相手選手に対する暴言や乱闘は、試合を正常かつ冷静な状態に保てなくなることから警告試合の発端となります。プロ野球のテレビ中継で多く目にする両チームベンチから全員が飛び出し乱闘する状態や、相手選手に盾つき暴言を吐く状態も、審判団が警告試合を宣言し場を収めることが一般的です。

暴言や乱闘に基づく警告試合は、後々まで遺恨が残りやすく、多くの退場者を出したり次試合も公平なプレーができなかったりします。

実際の警告試合の例

 (226706)

実際の警告試合には、思いがけない原因やパターンが多く存在します。試合の混乱は死球を発端とすることが一般的ですが、死球を受けた選手でなくコーチや監督が冷静さを失ったことで警告試合となったり、前日の遺恨が残ることで試合開始前から警告試合を宣言されたりする珍しい例もあります。国を超えて対戦する試合では、お互いのマナーの違いから大きなトラブルに発展した警告試合の例もあり、興味深いです。

プロ野球の例①-2戦連続警告試合

42 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは?野球のルールをわかりやすく解説!

安全進塁権とは、打者や走者がアウトになることなく安全に次の塁に進むことができる野球のルールです。安全進塁権はホームランや四球の野球でよく見るプレーや、故意にボールの進路を邪魔する行為が該当します。ドーム球場では、屋根の隙間にボールが入ると二塁打となる特別ルールも存在しています。
草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球の意味とは?プロ野球とのルールの違いや由来は何?

草野球とは、野球を楽しみたい者同士が集まり、有志でおこなう野球です。草野球には素人が集まって楽しみながらする野球の意味があり、誰でも参加できる野球であることが由来です。草野球のルールはプロ野球と違う点があり、試合時間制限の有無や、使用できるバットやボールに違いがあります。
草野球のルールを解説!初心者が知っておくべきプロ野球との違いとは?

草野球のルールを解説!初心者が知っておくべきプロ野球との違いとは?

草野球のルールは、試合時間やイニング数、試合運営がプロや高校野球のルールとは大きく違います。草野球のグローブやスパイクの道具は、自由度が高く、ルールに縛られず自分の好みの道具が使用できます。草野球のルールを身に付けて、試合で大活躍しましょう。
ゼロポジションとは?野球の肩関節の負担を軽減する方法

ゼロポジションとは?野球の肩関節の負担を軽減する方法

ゼロポジションとはボールを投げるときに最も肩関節への負担が少ない肢位で、肩甲棘と上腕骨が一直線上になるタイミングです。野球の肩関節の負担を軽減する方法は、自分自身のゼロポジションを調べて肩回りのストレッチやキャッチボールで自分のものにしていくことです。
ノックバットの選び方とは?メーカー別おすすめバット徹底紹介15選

ノックバットの選び方とは?メーカー別おすすめバット徹底紹介15選

ノックバットは、ノックをたくさん打っても疲れにくくするために軽くて細く作られ、力を入れずに遠く飛ばすために長くしてあります。素材は、木と金属が使用され価格が安くて軽い木が主流です。ノックバットを選ぶポイントは、自分の技術に合わせて使いやすく疲れにくいバットを選ぶことです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

emikobayashi215 emikobayashi215