2020年7月24日 更新

バスケのスクリーンとは?スクリーンの種類とかけ方のやり方を解説!

バスケットボールのスクリーンとは、オフェンス側が使う味方を攻めやすくするプレイです。スクリーン簡単なやり方は、スクリーナーが相手ディフェンスの障害になり、ズレを作ってユーザーのプレッシャーを低減します。スクリーンの練習には、2対2や3対3が効果的で、フォーメーションも多数あります。

2,084 view お気に入り 0

バスケのスクリーンとは?

Rumi Tojima on Instagram: “2018.12.15 アルバルク東京−千葉ジェッツ . 今季初のジェッツ戦✈ 目まぐるしい展開の試合で面白かったけど、動きの速いこのチームの対戦で初の駒沢体育館は難易度高かった… 暗くてぜんぜんうまく撮れなかった… .…” (129046)

バスケのスクリーンとはオフェンス側が使うプレイの1種で、かける側をスクリーナー使う側をユーザーと呼びます。スクリーンプレイの目的は、ユーザーにマッチアップしているディフェンスの動きを阻害してプレッシャーを減らすことです。

スクリーンは、オンボールスクリーンとオフボールスクリーンの2種類があります。
スクリーンの種類 プレイヤーの状況 目的
オンボールスクリーン ボール保持 ドライブしやすくする
オフボールスクリーン ボール非保持 有利な状況でパスを受ける

スクリーンの意味

スクリーンは英語でscreenと書き、壁やついたての意味があります。スクリーナーは、ユーザーに対応しているディフェンスが進みたい方向に行かせないような障害物になり、味方に先手を取らせて体格の差や個人能力の差を補ったり、ミスマッチを作ったりします。

スクリーンディフェンスとは?

スクリーンディフェンスとは、スクリーンプレイに対するディフェンスの方法で、次のものがあります。
種類 やり方
ファイトオーバー スクリーナーとユーザーの間を抜ける
スライド スクリーナーの後ろを通過する
スイッチ マッチアップを入れ替わる
ブリッツ ボールマンにダブルチームをしかける
スクリーンに対しては、スクリーナーの位置やスクリーンへ対処方法を声で伝え合って守ることが重要です。

スクリーンプレイの重要性

Basketball Minds on Instagram: “3 Concept per attaccare il pick & roll con il palleggiatore. Strumenti utili al palleggiatore per allargare il ventaglio di opzioni in…” (128264)

スクリーンプレイの重要性は非常に高く、すべてのバスケットボールチームがスクリーンプレイを使うことに表れています。チームのコーチや指導者は、いくつかのスクリーンプレイを組み合わせてチームオフェンスを組み立て、スクリーンを使うポジションやタイミングで、プレイヤーの意思統一を図ります。

チームプレイの意思統一がなされる

バスケでは、スクリーンプレイでオフェンスでのチームの意思統一を図り、プレイヤーは次の項目を基準にします。

・スクリーナーは誰か?
・ユーザーは誰か?
・オンボールスクリーンか?オフボールスクリーンか?
・スクリーンをかける場所
・スクリーンの種類


重要なことは、点を奪うために誰がどの位置でどのようなシュートをうつのかをチームで共有することです。

スクリーンのかけ方・やり方

SOFIA LÓPEZ VALDEZ on Instagram: “🏀🏀Dream Big, Work Hard🏀🏀 #Blessed #GodIsGood #ImBlessedNotLucky #Basketball #LovingtheGame #KeepGrinding #BasketballNeverStops #PickAndRoll…” (128263)

バスケのスクリーンのかけ方は、相手ディフェンスのスライドステップを体の正面で受けるような位置に立ち、障壁になるように仕掛けます。体の正面を向けることは、できるだけ大きい障壁になるために重要です。

スクリーナーは、相手ディフェンスと接触するタイミングで動いてはいけません。

スクリーンの姿勢

スクリーナーの姿勢はパワーポジションで、相手がぶつかっても押し負けないようにします。パワーポジションのやり方は次のとおりです。

・足を肩幅より少し広く開く
・膝を曲げて腰を低くする
・胸を立て背筋を伸ばす

スクリーンのコツ

@shindimon on Instagram: “#pickandroll” (129041)

スクリーンのコツは、スクリーナーとユーザーがお互いに成功させる意識を持ってプレイすることです。
プレイヤー 意識すること① 意識すること②
スクリーナー ユーザーが進みたい方向 ディフェンスにぶつかる角度
ユーザー スクリーナーの近くを通過する 事前に駆け引きをする

スクリーナーの意識

69 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バスケのパス18選!基礎から初心者が覚えておくべきパスとは?

バスケのパス18選!基礎から初心者が覚えておくべきパスとは?

バスケのパスはオフェンスで基本的なプレイの1つで、たくさんの種類があります。パスは出し方や質や軌道で分類され、パスセンスがある選手は広い視野でコート全体を把握してカットを避けます。パスは奥深いプレイで、上達するとバスケットが数段面白くなり楽しみが増します。
MARUO KAZUHIRO | 370 view
バスケの技30選!ドリブル・シュートのかっこいい技を一覧で解説!

バスケの技30選!ドリブル・シュートのかっこいい技を一覧で解説!

バスケの技はドリブルやシュートのオフェンスで使うものとディフェンスで使うものがあり、1つ1つの技で難易度やカッコよさが違います。技のやり方と使うタイミングを理解し、自分に合った技をマスターしてチームに貢献できるかっこいいバスケ選手を目指しましょう。
MARUO KAZUHIRO | 5,793 view
バスケのドリブル技10選!技の種類と練習方法をわかりやすく解説!

バスケのドリブル技10選!技の種類と練習方法をわかりやすく解説!

バスケのドリブル技は敵の隙を作るために必要な技術です。バスケの1on1で使えるフロントチェンジやチェンジオブペースといったドライブ技は敵を突破するために必要な技術です。ドリブルの上達のコツはバスケットボールを複数同時に突いたり、ハンドリングをすることでボールを自由自在に扱うための練習を行うことです。
Anonymous | 8,263 view
バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスとは?正しいやり方と練習方法

バスケのマンツーマンディフェンスは、各プレイヤーが担当する特定を守る守り方です。マンツーマンディフェンスは、主にハーフコートでおこないます。マンツーマンディフェンスでは、ポジショニングやコミュニケーションが重要で、フットワークや5対5の練習で強化を図ります。
MARUO KAZUHIRO | 5,322 view
バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツ!レイアップ・ゴール下・ジャンプシュートのなどに分けて徹底解説!

バスケのシュートのコツは持ち方、フォーム、リズムです。レイアップやゴール下、ジャンプシュートなどのシュートと共通のコツです。コツが掴める練習方法もありくり返し練習していけばシュートの上達に繫がります。女子や初心者特有の疑問もコツを掴めば解決に向かうでしょう。
Anonymous | 10,923 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MARUO KAZUHIRO MARUO KAZUHIRO