2020年6月6日 更新

筋肉痛とマッサージの効果!早く治すために効果的な方法とは?

筋肉痛のときは、マッサージをすれば早く治すことができるのでしょうか?筋肉痛のときにマッサージをするならば、どのような方法で揉みほぐすと、疲労を和らげることができるのかを紹介していきます。自分でできるマッサージ方法と共に紹介しているので参考にしてみてください。

55,275 view お気に入り 0

筋肉痛のときにマッサージをすると早く治すことができる!?

 (45908)

筋肉痛を早く治すためにマッサージをして筋肉をほぐす人は多いと思います。しかし、マッサージで筋肉を伸ばす・ほぐすことで筋肉痛を和らげることができた人と、そうでない人がいますよね。どちらのほうが正しいのでしょうか。

結論を言うと、筋肉痛のときに刺激の強いマッサージは避けたほうがいいが、気持ちいい程度のマッサージは筋肉痛を和らげる効果があります。

筋肉痛とは、筋線維が損傷している状態なので、そこに力強く刺激を与えるとなおさら痛くなることがあるので、気持ちいいと感じる力で揉むことがポイントです。

筋肉痛のときのマッサージの効果とは?

筋トレをして筋肉痛になったときは、気持ちいいと感じる力で筋肉を揉むことがポイントですが、では筋肉痛のときに、マッサージをするとどのような効果があるのでしょうか。筋肉痛のときに行うマッサージの効果を3つ説明します。

①マッサージによって血行がよくなる
②筋肉のコリをほぐす
③ストレス解消やリラックス効果がある


この3つの効果により、マッサージをすると筋肉痛を和らげることができます。

特に大切なのは血行をよくすることです。効果を把握したうえでマッサージをするのと、効果が分からないままマッサージをするのとでは雲泥の差がでます。よって、マッサージの効果を十分に得られるように、知識をいれておきましょう。

マッサージによって血行がよくなる

 (45911)

筋トレをして筋肉痛になった身体をマッサージする効果として、血行がよくなることが挙げられます。

筋肉痛は、筋線維が損傷し炎症をおこす事で起こります。炎症がおきると血管が狭まり、血液の流れが悪くなってしまい、筋肉痛を治すための血液が十分に運ばれなくなり、疲労からの回復が遅くなってしまいます。

そのためマッサージをすることで、血液の流れを良くする必要があります。
血液は、心臓を中心に出して戻してを繰り返しているので、マッサージのポイントは心臓の方向にむかってマッサージをする事をおすすめします。

筋肉のコリをほぐす

 (45910)

筋トレをして筋肉痛になったときにマッサージをすることで、筋肉のコリをほぐすことができます。そもそも、筋肉のコリはどのような仕組みで起こるのでしょうか。

①ストレスなど様々な原因で筋肉が固くなる
②固くなった筋肉が血管を圧縮し、血液の流れが悪くなる
③防御反応として筋肉がさらに収縮する

この悪循環を断ち切れない限り、筋肉のコリは治りません。マッサージをすることによって血液の流れをよくすることができるので、血管が過度に圧縮されることを防ぐことができます。

ストレス解消やリラックス効果がある

マッサージにはストレス解消リラックス効果があります。

肉体と精神はつながっていて、身体が疲労していると、精神的にも疲れてくることがあります。筋肉痛を治したいときは、身体的な面はもちろんのこと、精神的にも癒される必要があるのです。

ストレスを抱えている状態は、副腎皮質ホルモンのコルチゾールが大量に分泌されてしまいます。マッサージをすることによって、コルチゾールの値が下がると分かっているので、効果的ということできます。

マッサージによって身体的にも精神的にも癒され、筋肉痛を早く治しましょう。

筋肉痛の効果的なマッサージのタイミング

筋肉痛のときにマッサージをすると筋肉痛が早く治るとわかりましたが、どのタイミングでマッサージを行うのがいいのかが次のポイントになります。

1つめのタイミングは、入浴後です。
入浴後はストレッチやマッサージをするのに適切なタイミングだと多くの人が認識していますが、そこにはどんな理由があるのでしょうか?


2つめのタイミングは、運動直後にマッサージすることです。
部活動や筋トレの後にストレッチをする人はよく見かけますが、マッサージまで行っている人はあまり見かけません。運動直後のマッサージがすごく効果的だということをお伝えします。

マッサージの効果的なタイミング①入浴後

1つめのマッサージの効果的なタイミングは入浴後です。

入浴によって体が温まり、筋肉や皮膚が柔らかくなるのでマッサージをしたときに、より深い部分までほぐすことができます。

ちなみに入浴前のマッサージは、入浴中に汗をかきやすくしデトックス効果が期待できます。また血液の循環がよくなった状態で入浴すると、その状態が維持されやすくなるとも言われています。

入浴前後で効果が変わってくるので、筋肉痛を早く治すことが目的の場合は入浴後にマッサージを行いましょう。入浴は身体の深部まで温めるために、できるだけ長く入浴するのがおすすめです。

マッサージの効果的なタイミング②運動直後

 (46037)

2つ目は、意外にも運動直後のタイミングもマッサージするべきタイミングです。
部活動や筋トレの後にストレッチをする人はよく見かけますが、マッサージまで行っている人はあまり見かけません。
入浴後にストレッチや、マッサージをするのが効果的という情報はよく耳にすると思いますが、実は運動直後が一番マッサージの効果的なタイミングと言えます。
運動直後は疲労物質である乳酸が大量に分泌されているため、このタイミングでマッサージを行うと、乳酸が促され筋肉にたまることがなくなります。つまり筋肉痛になりにくくなるのです。
「3、4日経っても筋肉痛が治らないから」といってマッサージするのは、タイミング的には遅いく、筋肉痛になるまえにマッサージをして、筋肉痛になりにくい身体を自分でつくることが大事です。遅くとも筋肉痛を感じた日にマッサージを行うようにしましょう。

筋肉痛を改善するマッサージの方法

 (45913)

筋肉痛の時にマッサージをすると血液の流れがよくなり、筋肉のコリを改善できると分かりました。しかし、どのように筋肉を伸ばす・ほぐすのかよく分かりませんよね。
ここでは自分でできる筋肉痛を改善するマッサージ方法をご紹介します。紹介するマッサージ方法は①強擦法②トリガーマッサージの2つです。
どちらも言っていることは簡単ですが、筋肉の深部を刺激する方法になるので、注意点を守って行う必要があります。
特にトリガーマッサージはトリガーポイントをおさないと意味がないので、知識がない状態でやるには少し難しいかもしれません。どちらの方法にせよ、やり方には気を付けながら、筋肉痛を早く治すマッサージを行いましょう。

筋肉痛を改善するマッサージ①強擦法

筋肉痛を改善するマッサージ方法の1つ目は「強擦法(きょうさつほう)」です。
強擦法は主に、親指・人差し指・中指をつかいます。指を皮膚にあてて適度な力で圧力を加え、力を加えたまま直線的、もしくは輪をえがくように指を動かします。このとき筋肉の深部を刺激する意識で、圧力を加えるのがポイントです。
この動作を繰り返した後に、軽擦法(軽い力で皮膚をさする方法)に切り替えます。
この方法はやや強い刺激を与えるマッサージなので、体調や筋肉量を考慮しながら行う必要があります。特にマッサージ初心者の方は慎重に行いましょう。強擦法によって筋肉痛を早く治すことができるので、ぜひ試してみてください。
61 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

TOMIZU TOMIZU