Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ボディメイク
  4. >
  5. 美人の女性ボディビルダー...
美人の女性ボディビルダーランキング15人!可愛さと筋肉の両立が凄い

美人の女性ボディビルダーランキング15人!可愛さと筋肉の両立が凄い

女性ボディビルダーの魅力は、曲線のある筋肉美と芸能人に引けを取らない美しさを両立した選手が多いところです。ビキニフィットネス5年連続日本チャンピオンの安井友梨選手はテレビでも話題になるほどの美人ボディビルダーで人気です。海外のボディビルではアマンダ・ラトーナ選手がハリウッド女優並みに美しいと注目されています。

2022.07.12 ボディメイク

女性ボディビルダーの魅力とは?

 (241210)

ボディビルといえば男性のイメージがありますが、女性ボディビルダーならではの引き締まったウエストや丸みのある綺麗なヒップラインに魅了される人が増え、密かに人気を集めています。競技をよく知らない人も女性選手のしなやかな筋肉美に虜になります。

日本の美人女性のボディビルランキング10人

女性ボディビルは、若手からベテランまで美人な選手がたくさんいます。大会に出るまでのトレーニングや減量などのプロセスもボディビルの魅力です。美人な顔立ちと過酷なトレーニングから作り出される筋肉のギャップに心を奪われます。ネットでの評判やアイドル性、透明感が高い人を基準にランキングを決定しました。

第10位:大澤直子

生年月日 1969年5月14日
身長 153cm
出身地 東京都
職業 ボディビルダー
主な戦歴 2005年:東京選手権優勝
2015年:日本選手権女子フィジーク2位
2016年:世界選手権大会7位
大澤直子選手は、下半身の筋肉の充実度が日本最高峰の女性ボディビルダーです。海外の大会にも精力的に取り組み、2016年北京アジア大会で優勝しています。椎間板ヘルニアと診断され一度は引退をされましたが、2013年に復帰し、2015年には日本選手権女子フィジークで2位の成績を収めるなど快進撃を見せました。

現在はインストラクターとして活躍し、インスタライブでオンラインレッスンもしています。

第9位:豊島香奈子

生年月日 1972年7月6日
身長 162cm
出身地 千葉県
職業
元ボディビルダー
トレーナー
主な戦歴 2006年:JPC全日本ボディビル大会準優勝
2007年:JPC全日本ボディビル大会優勝
2010年:JPC全日本ボディビル大会優勝
豊島香奈子選手は、出産後に映画ターミネーター2のサラ・コナーの背中の筋肉に憧れてボディビルを始めました。2007年にJPC全日本ボディビル大会で優勝し、その後2010年までの4年間連続で日本チャンピオンになっています。セクシーなくびれが特徴の美人女性ボディビルダーです。

現在はボディビルを引退し、ジムの経営者やトレーナーとして活躍されています。

第8位:水間詠子

 (239149)

生年月日 1965年2月15日
身長 156cm
出身地 宮崎県都城市
職業 ボディビルダー
秘書
主な戦歴 1997年:ワールドゲームズ52kg以下級優勝
1997年:アジア女子ボディビル選手権52kg以下級優勝
水間詠子選手は、日本の代表的な女性ボディビルダーの1人で上位入賞の常連です。筋肉量は日本の選手の中でもトップクラスで1997年ワールドゲームズ52kg以下級優勝、1997年アジアボディビル選手権大会52kg以下級優勝と活躍の幅を広げています。

私生活では、2012年2月に15歳年下のボディビルダー、鈴木雅さんと結婚されています。本職は国会議員の秘書で、意外な職業が話題になりました。

第7位:阿部優花

  •        
  •        
  •        
  •       
    
生年月日 不明
身長 161cm
出身地 宮城県仙台市
職業 ボディビルダー
主な戦歴 2017年:東京ボディビルミス東京フィジーク出場
阿部優花選手は、2017年に東京ボディビルミス東京フィジークに出場したとき、かわいいとネットで話題になりました。女性のボディビルの常識を覆し、男性も凌駕するほどの美しい筋肉の持ち主で、かわいらしい笑顔とのギャップに魅了されます。

高い人気を誇る選手ですが、公式のSNSが存在せず、プロダクションにも属していないため謎が多い選手でもあります。

第6位:今村直子

生年月日 1966年7月24日
身長 160cm
出身地 大阪府
職業 ボディビルダー
主な戦歴 2010年:女子ボディビル選手権優勝
2012年:日本ボディビル選手権優勝
2017年:女子日本フィジーク選手権5位
今村直子選手は、肩や背中のトレーニングに力を入れていて、広背筋、憎帽筋、三角筋の後部、大殿筋、ふくらはぎの筋肉を見せるバックダブルバイセップスが圧巻です。日本の女性選手の中ではトップクラスの実力ですが、インタビューで今後試合に出ることはないかもしれないという趣旨の発言をされています。

スタイルがよく、小顔美人の選手です。

第5位:森本愛香

生年月日 1996年(日付不明)
身長 不明
出身地 香川県
職業 鍼灸師
整体師
主な戦歴 2017年:関西/全日本ボディビル選手権大会優勝
森本愛香選手は、2017年に日本で唯一の女子大生ボディビルダーでした。日本の女性ボディビルダーで若い選手は珍しいことだったので話題にもなりました。かわいいルックスで注目を集め、ファンも多い選手です。

大学を卒業してからは鍼灸師や整体師として活動されていますが、体を鍛えることは続けていて肉体美は今でも健在です。

第4位:神田知子

生年月日 1966年10月19日
身長 162.5cm
出身地 大阪府
職業 ボディビルダー
主な戦歴 2002年:近畿ベンチプレス優勝
2004年:大阪・関西ボディビル選手権優勝
2004年:全日本ボディビル選手権準優勝
2011年:女子西日本ボディビル選手権優勝
神田知子選手は、同僚がジムに通っていたことをきっかけにトレーニングを始め、1992年に米空横田基地ベンチプレス大会で優勝したことをきっかけにボディビルに目覚めました。その後、2002年近畿ベンチブレス大会や2011年女子西日本ボディビル大会で優勝し、日本を代表する女性ボディビルダーとなりました。

英語が堪能で賢く、チャーミングな人柄で魅了されます。能力に加えて綺麗な顔立ちが人気の選手です。

第3位:山野内里子

生年月日 1960年10月19日
身長 158cm
出身地 愛知県
職業 ボディビルダー
主な戦歴 日本選手権ミス日本優勝
アジアボディビル優勝
世界ボディビル4位
マッスルコンテスト東京優勝
山野内里子選手は、女子フィジーク界のレジェンドで日本選手権5連覇、アジア選手権優勝も果たした実力派の選手です。2020年には1年2カ月ぶりに復活しマッスルコンテスト東京で圧巻の肉体美とステージングを披露し優勝しました。年齢を感じさせない筋肉量を維持しています。

2019年からは選手と並行し、パーソナルトレーナーとしても活躍中です。インタビューでは自分の経験を通して得たことを伝えていきたいと話しています。

第2位:岡田典子

生年月日 不明
身長 166cm
出身地 神奈川県
職業 ボディビルダー
主な戦歴 2012年:神奈川県ボディビル選手権大会出場
2017年:東京選手権大会ミスフィジーク準優勝
岡田典子選手は、ゴールドジムウエスト東京に所属し、アイドルのようにかわいいのが特徴です。美人な女性ボディビルダーといえば必ず名前が挙がります。筋肉美と美しい顔立ちから岡田典子選手目当てで大会を観覧する男性ファンもいます。

私生活については一切公開されていないので、本業や年齢など不明な点があり、謎が多い選手です。

第1位:安井友梨

生年月日 1984年1月13日
身長 173cm
出身地 愛知県
職業 ボディビルダー
銀行員
主な戦歴 2015年:オールジャパンフィットネスビキニ選手権大会優勝
2019:アジア選手権大会優勝
安井友梨選手はビキニフィットネスの5年連続日本チャンピオンで、美しい笑顔と綺麗なスタイルに目を引かれます。人気バラエティ番組に多数出演し、知名度も高いです。

トレーニングを始める前は外資系の銀行に勤める会社員でした。ビキニアスリートを始めてからは、平日はOL、休日はトレーニングと二足の草鞋で活躍しています。私生活では結婚されていて、お相手が社長の川口真輝さんだったことで話題にもなりました。

海外の美人女性ボディビルランキング5人

日本国内だけでなく、海外にも美人な女性ボディビルダーがいます。世界パワーリフティング選手権大会で3つの世界記録を保持するユリア・ヴィンス選手や1982年ミスボディビルコンテストで優勝したアマンダ・ラトーナ選手などが有名です。

海外の美人女性ボディビルダーは美しすぎるルックスで日本で注目されネットでも話題になっています。日本人選手とは違うはっきりとした凹凸のある骨格やスタイルも見どころです。

第5位:ジュリアナ・マラカーン

生年月日 不明
出身 ブラジル
身長 157cm
ジュリアナ・マラカーン選手は、2016年にウィメンズオリンピアで優勝し、3連覇を果たしています。他の出場選手と比べて10cm以上背が低いですが、筋肉の仕上がりの差は歴然で3連覇にふさわしいプロの身体です。

筋肉がある上に、エレガントでキュートな雰囲気で虜にされてしまう人も多いです。

第4位:ゾーイ・ライト

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
生年月日 1992年7月26日
出身地 イギリス
身長 不明
ゾーイ・ライト選手は、2012年に潰瘍性大腸炎を患い2年後の2014年に人工肛門を取り付ける手術をしました。手術の約10か月後にフィットネスモデルとして初めて出場した大会でハンデを感じさせない実力を見せつけチャンピオンになり、その後も多くの大会で活躍しています。

インタビューでは、手術をした体だからこそ敢えてフィットネスモデルの道に進み、自分が活躍することでみんなに勇気を持ってほしいと話しています。

第3位:ユリア・ヴィンス

生年月日 1996年10月19日
出身地 ロシア
身長 165cm
ユリア・ヴィンス選手は、ボディビル愛好家です。ジムに通っている体の大きな男性を参考にし、15歳からトレーニングを始めました。バービーのような整った顔立ちから、自分のことをマッスルバービーと称しています。

日本のオタク文化にも興味があり、インスタグラムではユリア・ヴィンス選手自身がストリートファイターのキャラクター、春麗にコスプレした写真を披露しています。

第2位:ヨン・ウージ

生年月日 1984年4月6日
出身地 韓国
身長 170cm
ヨン・ウージ選手は、アメリカでフィットネスモデルとして活躍しているボディビルダーで、韓国ではとても評判がよく、タレントとしても活動しています。ボディビルは結婚を機に始め、今ではキングコングバービーと呼ばれるほど仕上がった身体をしています。

小顔で韓国美人風の綺麗な顔だちが絶賛され、とても人気です。

第1位:アマンダ・ラトーナ

生年月日 1979年3月24日
出身地 アメリカ合衆国
身長 165cm
アマンダ・ラトーナ選手は、フィットネスモデルとしても活躍する女性ボディビルダーです。美しい容貌でハリウッド女優でもおかしくないといわれていますが、元々は歌手として活動していました。歌手としてステージでかっこよく見せるためにトレーニングを始めたところ、体を鍛えることにハマり、ボディビルダーになりました。

現在は結婚されていて、旦那さんもプロのボディビルダーです。

綺麗な肉体美の女性ボディビル

テレビでも美しいと話題の安井友梨選手やハリウッド女優のような美貌といわれるアメリカ出身のアマンダ・ラトーナ選手が人気でした。ただ美しいだけでは人気は上がりません。1日6食の生活や試合前の減量、100kgの負荷をかけたトレーニングなど完璧な肉体美を作り出す努力が実力と人気に差をつけます。

真剣な顔つきの試合も見応えたっぷりですが、選手の肉体美と美しい顔立ちにも注目です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。