2021年6月11日 更新

筋トレにコーラが効果的?糖分の補給ができて筋肉へ乳酸が溜まりにくくなる?

炭酸飲料で知られるコーラを筋トレ中に飲むことで、コーラに含まれる糖やカフェインが筋トレの効果を高める働きをします。コーラをトレーニング中やトレーニング後に飲むと栄養成分が体内で吸収され、疲労回復やエネルギー不足の改善、集中力アップの効果が得られます。

241 view お気に入り 0

筋トレにコーラは良いの?

炭酸飲料であるコーラには多くの糖分が含まれていて体に良くないイメージがありますが、トレーニングの質を向上させる効果があります。筋トレにコーラを飲むことで、疲労の回復やエネルギー補給の効果が期待できます。

しかし、やみくもにコーラを摂取していいわけではありません。筋トレの効果をアップさせるためには、コーラに含まれる成分や飲むタイミング、注意点を理解する必要があります。

コーラの原材料

成分 コカ・コーラ コカ・コーラゼロ コカ・コーラゼロカフェイン
糖類 × ×
炭酸
カラメル色素
酸味料
香料
カフェイン ×
甘味料 ×
日本人がよく口にする一般的なコーラは、コカ・コーラ社が販売しています。コカ・コーラ社のコーラは製品種類ごとに異なる原材料を使用しているのが特徴です。

一般的なコカ・コーラには筋トレの質を向上させる炭酸や糖質、カフェインが原材料に含まれています。しかし、コカ・コーラゼロは糖質を含まず、コカ・コーラゼロカフェインは糖質とカフェインの2つの原材料を含みません。

コーラの成分

100mlあたり コカコーラ コーラゼロ コーラゼロカフェイン
エネルギー 45kcal 0kcal 0kcal
たんぱく質 0g 0g 0g
脂質 0g 0g 0g
炭水化物 11.3g 0g 0g
食塩相当量 0g 0.01g 0.01g
一般的に飲まれるコカ・コーラには100mlあたり11.3gの炭水化物が含まれています。炭水化物を構成している成分は運動時に必要なエネルギー源である糖です。つまりコーラに含まれる炭水化物を摂取することは、自動的に糖を取り込むことでありエネルギーの吸収につながります。

一方、コカ・コーラゼロとコカ・コーラゼロカフェインにはエネルギー源の炭水化物が含まれていないため、糖の吸収がおこなえません。

筋トレにコーラが効果的な3つの理由

 (240599)

筋トレにコーラが効果的な理由は3つあります。コーラに含まれる原材料や栄養成分が筋トレの効果を高めてくれる大きな要因です。

①炭酸の疲労回復効果
②糖のエネルギー補給効果
③カフェインの集中力アップ効果


コーラが筋トレ効果に与える影響を理解することで、効率的に質の高いトレーニングをおこなえます。

①炭酸の疲労回復効果

コーラに含まれている炭酸には、トレーニング中に蓄積された乳酸を外に押し出す効果があります。炭酸を吸収することで筋肉の内側にたまった乳酸を外に排出し、疲労感を和らげるため疲労回復に効果的です。

また、炭酸が血液内に吸収されることで脳が酸素の量を増やすよう指令を出します。血管内の酸素量が増えると血液の循環がよくなり、疲労回復の後押しをしてくれます。

②糖のエネルギー補給効果

人間が体を動かすときに必要となるエネルギー源が糖です。コーラに含まれる炭水化物にはエネルギー源である糖質が配合され、体内に吸収することでエネルギーを生み出しています。

また、筋トレを1時間おこなった場合の消費カロリーは約230キロカロリーです。コーラに含まれるエネルギーは100mlあたり45キロカロリーのため、ペットボトル1本分500mlのコーラを飲むと筋トレで消費したエネルギーを補給できます。

③カフェインの集中力アップ効果

カフェインの効能には覚醒作用があり、集中力アップの効果が認められています。コーラに含まれるカフェインを体内に取り込むことで、集中力が向上し効率的なトレーニングがおこなえます。

また、カフェインの摂取量の目安は自分の体重1kgあたり3~6mgです。コーラには100mlあたり約10mgのカフェインが含まれているため、個人差はありますがペットボトル1本で約30%分のカフェインを補えます。

筋トレ中にコーラを飲む最適なタイミング

コーラを飲んで筋トレの効果をあげるためにはコーラを飲むタイミングが重要です。コーラの成分をうまく吸収し効果を発揮させるためには、筋トレ中もしくは筋トレ後の摂取がおすすめです。

コーラに含まれる炭酸、糖質、カフェインは効果があらわれるのにかかる時間が異なります。飲むタイミングを間違えると効果が半減されてしまう可能性も十分にありますので注意しましょう。

筋トレ中

筋トレ中にコーラを飲むと効果が期待できる成分は、コーラに含まれる炭酸とカフェインの2つです。炭酸が体内に吸収される時間は約20分から30分、カフェインは摂取してから約1時間で効果が出始めます。

筋トレ時間を90分に設定した場合、筋トレ開始30分後にコーラを飲むのがおすすめです。トレーニング開始30分後にコーラを飲むことで、筋トレ中の疲労回復や筋トレ終盤の運動能力の向上が期待できます。

筋トレ後

コーラを筋トレ後に飲む場合、トレーニング終了後の30分以内がおすすめです。筋トレ後はエネルギー不足が起こり、体内に糖がないと筋肉を分解してしまいます。せっかく鍛えた筋肉を分解しないためには、素早い糖の摂取が大切です。

また、コーラに含まれる糖の中には即効性のあるブドウ糖が含まれています。ブドウ糖には血糖値を上げる効果が期待できるため、血糖値が下がりやすい筋トレ後は積極的に摂取しましょう。

※ブドウ糖
ブドウ糖とは血液中に存在するエネルギーの素で、即効性があるのが特徴です。個人差はありますが、一般的に摂取してから15分くらいで血糖値をあげます。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さとう れもん さとう れもん