2021年6月11日 更新

筋トレにコーラが効果的?糖分の補給ができて筋肉へ乳酸が溜まりにくくなる?

炭酸飲料で知られるコーラを筋トレ中に飲むことで、コーラに含まれる糖やカフェインが筋トレの効果を高める働きをします。コーラをトレーニング中やトレーニング後に飲むと栄養成分が体内で吸収され、疲労回復やエネルギー不足の改善、集中力アップの効果が得られます。

987 view お気に入り 0

筋トレ中にコーラを飲む注意点

 (243368)

筋トレ中や筋トレ後、運動後にコーラを飲むことはいいことです。しかし注意する点が3つあります。

①コーラの摂取量
②コーラの種類
③コーラを飲む目的


注意点を理解していなければ、コーラの成分や効果、最適な飲むタイミングを知っていても十分な効果は得られません。むしろ逆効果になる可能性もありますので、注意点を理解して摂取しましょう。

①コーラを飲む目的

コーラに含まれる炭酸には筋肉の増強が期待できないため、コーラを飲む目的はあくまで疲労回復とエネルギー補給、集中力アップの3つに絞ることが大切です。

炭酸には疲労回復の効果がありますが、言い換えれば筋肉の自然治癒力に対してコーラの効能が手助けをしている状態です。筋肉に負荷がかかり損傷した後、修復する働きが筋肉を強くさせますが、炭酸を摂取することで意図的に修繕されるため筋肉の増強は見込めません。

②コーラの摂取量

筋トレ中や運動後にコーラを飲むときの適切な量は300mlの缶コーラ1本、多くても500mlのペットボトル1本分です。適量以上のコーラを筋トレ中に摂取すると、体に悪影響を与えさまざまな危険症状があらわれます。

・糖のとりすぎで低血糖やめまいを引き起こす
・炭酸ガスが胃にたまり胃腸不良
・カフェインの多量摂取でカフェ中毒になる


筋トレ中や運動後にコーラをたくさん摂取したからといって効果が倍に増えるわけではありません。適切な量のコーラを摂取することが効果を最大限に引き出せます。

③コーラの種類

筋トレ中や筋トレ後に飲むコーラは、糖とカフェインを含んだ一般的なコーラが一番効果的です。コーラといっても、カロリーがゼロのコーラやカフェインが含まれていていないコーラと種類はたくさんあります。

筋トレ中に飲むコーラで注意が必要な種類は、ゼロカロリーのコーラとノンカフェインのコーラです。ゼロカロリーのコーラではエネルギー補給がおこなえず、ノンカフェインのコーラでは集中力アップの効果が得られません。

コーラの仕組みを知って効率的な筋トレをしよう!

筋トレにコーラは効果的で、コーラに含まれる炭酸や糖、カフェインが体にいい影響をもたらしてくれます。疲労の回復やエネルギーの補給、集中力アップの効果が期待でき、質の高いトレーニングが可能です。

ただ、効果を最大限に発揮させるためには摂取量や飲むタイミング、注意点を理解していなければいけません。コーラが体に与える仕組みを知り、効率的なトレーニングを目指しましょう。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

さとう れもん さとう れもん