2021年2月16日 更新

フルート初心者が知っておきたい4つのこととは?初めての疑問を解決しよう

フルート初心者は、材質や構造を理解し、フルートの組み立て方やお手入れ方法を知ることが大切です。フルートを購入するときは、音が出しやすい設計で音色がよい材質の商品を選びましょう。フルートの練習では、吹き方が書かれた楽譜を使って、息の使い方や呼吸法を意識すると効率よく上達できます。

126 view お気に入り 0

初心者が知りたいフルートの知識

 (217643)

フルート初心者が知っておきたい知識は、フルートの特徴や材質です。高音が特徴のフルートは、7種類の材質があり、3つの管体で構成されています。楽器の特性や素材を理解すると、好みの音色のフルートを購入することができます。

フルートの組み立て方やお手入れ方法の知識
は、初心者が楽器を丁寧に扱うために必要な知識です。フルートの扱い方を知ることで、楽器を長持ちさせることができます。

フルートとは?

フルートは、横吹きの木管楽器の一種で、音色の幅が広く、柔らかく透明感がある響きや力強くエネルギッシュな音を出すことができます。音色の種類が豊富なフルートは、キイの操作性が高く、タンギングや細かいパッセージが得意で、吹奏楽やオーケストラでソロを担当することが多いです。

フルートの材質・構造

 (217644)

フルートの材質は、7種類あります。

・白銅
・洋銀
・総銀
・プラチナメッキ
・木
・金
・プラチナ


白銅や洋銀は、明るく輝かしい音色で吹きやすく、初心者におすすめです。総銀や木の音色は、深みがあり豊かな響きで重厚感があります。プラチナや金は、ダイナミクスの差が大きく、表情の変化をつけやすいです。

フルートは、3つの管体で構成されています。

・頭部管
・胴部管
・足部管


頭部管に息を入れることで、管体が震えて音が出ます。

フルートの組み立て方

フルートを組み立てるときは、最後に頭部管を組みあわせると唄口が傷つきません。唄口やキイが傷つくと、音が出なくなったり音色が悪くなったりするため、注意しましょう。

【手順】
①足部管の軸が胴部管の中心にくるようにジョイント部を組みあわせる
②胴部管のキイの中心と頭部管の唄口の中心が一直線にくるようにジョイント部を組みあわせる

【注意点】
・組み立てるときはキイや唄口に触れない
・楽器を握りしめない

初心者におすすめなフルートの選び方とは?

 (217645)

初心者がフルートを購入するときは、総銀製のリッププレートで、Eメカニズム付きのカバードキイの楽器を選びましょう。カバードキイやEメカニズム付きで息漏れがない楽器は、効率よく息を入れられ、音を出しやすくおすすめです。

初心者は、通販や楽器店で頭部管が総銀製の10~20万円のフルートを購入すると、吹きやすくスムーズに上達できます。中古でフルートを買うときは、商品の状態を見て試奏し、質の高い楽器を選びましょう。

フルートの選び方

フルートを選ぶときは、カバードキイでEメカニズム付きの楽器を選びましょう。トーンホールを塞ぐ穴が全て覆われているカバードキイは、音を出しやすく初心者におすすめです。Eメカニズム付きのフルートは、出しにくい第3オクターブのミを簡単に出せます。

材質は、総銀製のリッププレートを選ぶことで、豊かな響きの音を簡単に出すことができます。

フルートの予算・相場

フルートの相場は30万円で、初心者のフルートの予算は10~20万円です。安い材質を使った10万円以下のフルートは、音が出しにくく、上達の妨げになりおすすめできません。

10~20万円のフルートは、リッププレートが総銀製で簡単に豊かな音を出すことができ、スムーズに練習を進められる楽器で、おすすめです。

フルートの買い方

フルートは、通販や楽器店で購入しましょう。通販で購入するメリットは、種類が多く好みにあわせて楽器を選べることです。ただし、手に取ることができず吹きやすさを確かめることができないため、気を付けましょう。

自分にあったフルートが欲しい人は、試奏ができる楽器店で購入すると、使いやすい楽器を選ぶことができます。楽器店のフルートは、通販に比べて価格が高いため、注意が必要です。

中古のフルートでも良いの?

中古でフルートを購入することは、グレードが高い楽器を安く手に入れられておすすめです。新品で100万円のフルートが、中古では半額の50万円で購入できることがあります。

中古のフルートを選ぶときは、必ず楽器の状態をみて試奏するようにしましょう。中古のフルートは、部品の消耗が激しく音が出にくい楽器が多く、注意が必要です。

初心者におすすめなフルート5選

初心者は息を入れやすいカバードキイで、ミの音を出しやすいEメカニズム付きのフルートを選びましょう。材質は、豊かな音が出る総銀製と軽く吹きやすい洋銀や白銅を組みあわせると、簡単によい音が出せておすすめです。

フルートを選ぶときは、設計や材質を確認して購入することで、上達しやすくなります。

YAMAHA YFL-312

91 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

yunn0923 yunn0923