Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. 部活動
  4. >
  5. 甲子園あるある40選!高...
甲子園あるある40選!高校球児の辛い言葉や恋愛・彼女あるあるとは?

甲子園あるある40選!高校球児の辛い言葉や恋愛・彼女あるあるとは?

甲子園には、クスっと笑えるものや、辛い!と思わせてくれるさまざまなあるあるが存在します。練習で受けた辛い言葉あるあるや試合や応援でのあるあるには、高校球児であればだれでも思わず共感できるエピソードが満載です。甲子園あるあるを読めば、高校球児の気になる恋愛や彼女事情も知ることができるでしょう。

2021.12.16 部活動

甲子園あるあるとは?

 (133095)

甲子園は、高校球児にとって夢の大舞台です。野球経験者ならば、1度は夢見る大舞台でもあるでしょう。
甲子園球児のあるあるには、クスっと笑えるものから、そこまで過酷なの?と感じることまで、たくさんのあるある話があります。

甲子園のあるある10選【練習編】

 (132283)

毎日厳しい練習をしているのが、甲子園出場を夢見ている高校球児たちです。甲子園を目指している学校の中で起こるあるあるは、厳しい環境の中で生まれたものが多くあります。

甲子園出場へ向けた厳しい練習あるある6選

高校生の野球部員は、甲子園出場へ向けて毎日厳しい練習をしています。厳しい練習中には、さまざまなあるあるは存在しています。

先輩とキャッチボールをしていて暴投すると、先輩側にボールがあるのに後輩が拾いにいく

朝練、昼練、午後練は当たり前、休日も練習

甲子園のための練習が厳しすぎて、新入部員はその年の夏を待たずに半数が退部する

1年生はパシリになる

先輩には、大きな声で挨拶をしなければいけない

ノックやボール回しが永遠に終わらない

特に運動部は、下級生がパシリになる傾向にあります。野球部も同じです。全員がパシリ期を経験した過去があり、下級の時代は辛抱して耐え苦しんでいました。

練習中の失敗あるある4選

 (133116)

甲子園へ向けた練習中に起こるあるあるも、野球部ならではのことが多いです。

練習試合では、消極的なミスは絶対に許されない

常に大きな声を出しているので、特に下級生の声がガラガラ

声がガラガラでも大きな声を出していないと怒られる

凡ミスをしたら怒られる

野球部は、人一倍大きな声で挨拶をしている印象が強く、部活が長期休暇にならない限り、声のガラガラは取れないことがよくあります。

甲子園のあるある20選【試合編】

 (132285)

各都道府県の代表として、甲子園の夢の大舞台に立つわけですが、プレッシャーは計り知れないものです。プレッシャーから来るあるあるがたくさんあります。

試合中のあるある6選

甲子園の試合中に起こるあるあるには、つい納得してしまうものが多くあります。

フライが来てオーライと叫んだのに、ボールが掴めずに相手に点が入った

  •        
  •        
  •        
  •       
    

代打に抜擢されたのに、見逃し三振をしてしまった

甲子園の夢の大舞台に立っているプレッシャーで、軌道に乗るまでに時間がかかった

ピッチャーはモテるし注目を浴びる

バッテリーを組んでいるキャッチャーも注目を浴びる

どの年にも、怪物と呼ばれる凄腕選手は絶対にいる

甲子園をテレビで見ていても、カメラに映る確率がいちばん高いのはピッチャーです。ピッチャーが抑えられていれば、相手に得点が入る可能性は低くなります。ピッチャーの力あっての甲子園でもあるので、ピッチャーが大注目を浴びるのは当たり前です。

試合中・試合後の感動あるある6選

 (133117)

甲子園の試合中や試合後に起こるあるあるもあります。3年生にとっては、高校生活最後の甲子園です。さまざまなあるあるが起こっても、不思議ではありません。

試合の後半戦で、早くも泣き出す3年生がいる

泣いている先輩たちを見て、もらい泣きする後輩もいる

試合に出場できない3年生の、献身的なサポートが美しい

ゲームセットになった瞬間は、勝っても負けても頭が真っ白になる

負けたチームの上級生は、甲子園の土をもらいながら号泣する

俺たちの夢はお前たちに託したと先輩に言われて、後輩が号泣する

3年生にとっては、高校生活最後の甲子園です。試合の勝敗に関わらず、ふとした瞬間に涙が頬を伝う選手も多くいます。

ベンチ入りができない部員あるある3選

甲子園は、ベストナインとベンチ入りメンバーだけで成り立っているものではありません。ベンチに入れなかったメンバーや応援団の力で、野球部員が力を発揮できる大舞台です。

吹奏楽部やチア部などの応援と一緒に、声を出して応援する

吹奏楽部が不在のときは、ラッパの声を作ってパパパーンと叫ぶ

ベンチ入りができないと早くも確定している選手は、野球の練習よりも応援団の練習をする

特に下級生は、実力があっても初めからスタメン起用は基本的にはされません。甲子園の土を踏むことがないと分かった時点で、応援団側の練習に加わることが確定します。

応援あるある5選

 (133096)

テレビで甲子園を見ている人も、実際に甲子園球場に足を運んで見ている人も、納得してしまうあるあるがあります。

野球経験者ではないのに、自分の出身校が勝ち進んでいると嬉しくなる

出身校が敗退してしまうと、縁もゆかりもない同県の高校を応援したくなる

吹奏楽部の演奏が始まると、会場が一体感に包まれる

チア部の振り付けをついつい覚えてしまう

テレビで甲子園を観戦している人は、NHK総合とEテレのチャンネル切り替えが早くできるようになる

甲子園は、高校球児たちだけではなく、老若男女をも引き込んでしまう魅力溢れる大会です。

甲子園球児あるある11選【恋愛編】

 (132288)

甲子園に向けて、日々練習に励んでいる野球部員ですが、もちろん恋愛もしています。しかし、野球部員は奥手な男子も多いので、野球部員の彼女になるハードルは少々高くなることも?

恋愛あるある6選

甲子園を目指している高校球児も、青春時代の代表でもある恋愛をしています。しかし、恋愛が成熟するかといったら、少し厳しいものがあります。

常に男子といるので、女子マネージャーに恋をしやすい

野球部男子は一途な人が多い

恋愛下手な人が多く、奥手で恥ずかしがり屋

彼女持ち率が、他の運動部に比べて圧倒的に低い

日々の練習に疲れていても、彼女にはとことん優しいのが野球部

基本的に真面目な人が揃っているので、恋愛に対しても真面目を貫く

野球部のマネージャーは、日々の仕事は大変ですが、高校球児の彼女になれるチャンスは圧倒的に高いです。しかも、優しい人が多い野球部なので、彼女のことを大事にしてくれる確率が高いです。

彼女あるある5選

やっとの思いで高校球児の彼女になれたと喜んでいる方も、1度は辛い思いをしてしまうかもしれません。甲子園を目指している高校球児の彼女にとって避けられない現実です。

彼女が試合に応援に来てくれているだけで、普段の倍以上の力が出せる

試合後は、当の本人よりも彼女が号泣

彼女は、部公認のケースが多い

彼女との時間があまり取れない

自分との時間を取ってくれない高校球児彼氏に、辛いと感じてしまう彼女も多い

一緒の時間を多く過ごしたいと思う女性にとって、高校球児との恋愛は簡単ではありません。

甲子園球児の辛い言葉あるある5選

 (133127)

日々頑張っている高校球児ですが、辛い言葉をかけられた経験があるのもあるあるです。

先輩や監督に言われた辛い言葉あるある3選

練習で疲れていると、辞めてしまえと言われた

フライを取れなかったとき、ちゃんと目は付いているのか?と言われた

このままだと、後輩に抜かされるぞと脅された

彼女に言われた辛い言葉あるある2選

部活が忙しすぎて、彼女に部活と私どっちが大事なのと言われた

野球が好きなら、野球と結婚すればよいと言われた

なかなか彼女との時間が持てないもどかしさがありますが、部活も恋愛も両立して頑張っている野球部員は大勢います。

甲子園進出校の監督あるある5選

 (132290)

甲子園出場校の監督は、厳しいです。しかし、高校球児たちの恐れ具合には、思わずクスっと笑えるようなあるあるが多くあります。

監督の存在感が恐怖あるある3選

どの部活でもそうですが、監督は怖い存在です。甲子園出場校の野球部は、他の部活以上に監督が恐怖の存在になっていることがあります。

監督の存在が、ただただ恐怖で仕方ない

監督が怖すぎて、夢にまで出てくる

普段の授業で監督と会ったときでも、大きな声で挨拶をしてへコへコする

野球部の監督へのへコへコ具合は、どこの野球部でもあるあるです。

普段は怖いのに、試合になると笑顔あるある2選

普段は恐怖の塊でしかない監督も、試合前になると笑顔を見せて選手を和ませてくれます。

普段は死ぬほど怖い監督なのに、試合直前には笑顔で送り出してくれる

普段は無表情の監督が、甲子園で点が入ったときにだけ笑顔を見せてくれる

普段は怖い監督が満面の笑みを見せてくれたら、それだけで嬉しいです。選手のモチベーションアップに繋がりますし、メリハリをつけるといった面でもとてもよい効果だといえるでしょう。

甲子園の開催中のあるある2選

 (132284)

甲子園大会は春と夏の年2回開催されますが、なかでも盛り上がりを見せるのが、炎天下のなかでやる夏の甲子園大会です。高校球児たちの熱い戦いを見て、何も感じない大人はいないはずです。もちろん、甲子園期間中のあるあるも存在しています。

夏の甲子園への高ぶる気持ち

甲子園がやってる夏は、プロ野球よりも甲子園!

プロ野球は、言うならば毎年ほぼ変わらぬメンバーでトーナメント形式で戦っていきます。しかし、甲子園は高校3年間に限定された大舞台です。炎天下のなかで戦う高校球児たちを見ていると、プロ野球よりもパワーを貰えると感じている方も多いです。

毎晩の熱闘甲子園が夏の夜の楽しみ

テレビ朝日の熱闘甲子園は、甲子園期間中に毎日放送される番組です。熱闘甲子園は、高校球児の熱い戦いを再び見ることのできる番組で、甲子園ファンにとって欠かせない番組です。

甲子園球児のあるあるは意外とおもしろい

 (132289)

甲子園球児たちのあるあるは、おもしろいものが意外とたくさんありました。日々練習に励んでいる高校球児たちですが、一生懸命なのは野球だけではなく恋愛でも同じです。甲子園は毎年開催されます。今年も多くのあるあるが発見できることを期待しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。