2021年1月15日 更新

茶道の歴史とは?茶の湯の起源・発祥を歴史年表付きで簡単解説

茶道の歴史は、平安時代に茶葉が中国から持ち帰られたことに始まり、お茶の作法が確立して茶道へ昇華しました。本格的な茶道は、安土桃山時代に千利休らの尽力でわび茶が始まったことです。飲用のお茶は中国が発祥ですが、作法や道具にこだわる茶道は日本で始まり、世界中に広がりました。

211 view お気に入り 0

茶道の歴史とは?

 (208260)

茶道の歴史は、鎌倉時代に栄西禅師が臨済禅とともに抹茶法を伝えたことに始まります。ただお茶を飲むだけでなく、一定の場所に集まり茶会を開き、作法や道具にこだわり始めたことが茶道のルーツです。

平安時代に遣唐使で唐に留学した僧侶たちがお茶を持ち帰り、日本でお茶が飲まれ始めました。当時あらゆる文化の先頭を走っていた唐とは今の中国で、お茶は漢方薬扱いでした。味も美味しくなかったと伝えられています。

茶道の起源・始まり

茶道の起源は、お茶を飲むだけでなくお茶を飲む形式、いわゆる茶道が確立された鎌倉時代後半です。茶道は、ただお茶を飲むだけでなく、お茶を点てて客にふるまう、形式や茶道具にこだわる日本独自の文化です。

鎌倉時代以前は、お茶は漢方薬・薬茶でした。鎌倉時代に抹茶を飲む習慣がもたらされお茶が普及し始めましたが、依然お茶は特権階級だけの楽しみでした。一般的に茶道は抹茶を用いる茶道のことですが、煎茶を用いる煎茶道も含みます。

茶道の語源

 (208261)

茶道の語源は、お茶を飲むだけでなく、お茶を点てて客に振る舞う過程や様式全般を指し、茶道といわれるようになりました。茶道とは、茶室でお湯を沸かして茶を点て、茶を客人に振舞う行為の様式です。

茶道は元来、茶湯​(さのゆ・ちゃのゆ)と呼ばれていましたが江戸時代に茶道の名前が定着しました。茶道の英訳は、tea ceremony、 the way of tea、chanoyuです。

茶道の発祥国

茶道の発祥国は日本です。

お茶の木を育てて収穫し、お茶を飲む習慣は中国が発祥で遣唐使が日本に持ち帰った品ですが、抹茶を点てて振舞う形式を確立した国は日本で、茶道の発祥国は日本といえます。お茶は世界中で飲まれていますが、茶道は日本独自の伝統の芸道です。

中国でおこなわれている中国茶を飲む所作は、日本の茶道の影響を受けて中国に逆輸入されたといわれています。

茶道の発祥の地

 (208199)

茶道の発祥地とされている場所は、奈良県の称名寺です。戦国時代の茶人の村田珠光は、わび茶の開祖といわれていて、称名寺で現代に伝わる茶道の基礎を作った人物です。

村田珠光がたてた茶道の礼儀作法は、武野紹鴎や千利休を経て今日に伝わり、いずれの茶道の流派も村田珠光を祖としています。

称名寺に石標はがありますが、茶道が発祥した表示ではなく、 奥に茶道発祥地の称名寺がある​ことを示す案内です。

茶道の人口 

茶道の人口は、2018年の調べで、25歳以上の茶道人口は1,364,000人​です。割合で見ると、25歳以上の100人あたり1.38人が茶道に関わりました。都道府県別では石川県の茶道人口が1番多い統計が報告されています。

茶道は日本の精神文化で世界中でブームですが、日本国内の茶道に関わる人口は減少傾向です。茶道の純粋な素晴らしさが広まり、気軽に茶道をたしなむ人が増えることが期待されます。

茶の湯の歴史

 (208262)

茶の湯の歴史は、平安時代に茶が中国から持ち帰られたことに始まり、鎌倉時代以降に茶道が普及していきました。

ただお茶を入れて飲むだけではなく、所作や茶室・茶器にこだわる茶道は、江戸時代前期までは大名や豪商の一部の特権階級の楽しみでしたが、江戸中期から一般の町人に普及します。明治時代以降は、教養やたしなみで茶道はさまざまな階級で発展していきました。

平安~鎌倉時代

お茶は、平安時代に遣唐使が持ち帰り嵯峨天皇や貴族階級に伝えられました。当時のお茶は、お茶の葉を蒸して固めた形で、美味しいといえませんでした。お茶は病気治療のための漢方薬で、特権階級だけの所有物でした。

鎌倉時代の初めに、当時の中国へ留学した栄西が抹茶を飲む習慣を持ち帰り、禅宗寺院を中心に抹茶が普及し始めました。武家階級でお茶をたしなむことが普及し、後の茶道の基盤となります。

南北朝時代

鎌倉時代後期に、武士の間でお茶の種類や産地を当てる茶歌舞伎・茶香服が始まりました。
南北朝時代になると、各地の茶を飲み当てる闘茶の遊びが武士の間で大いに流行します。闘茶は茶歌舞伎よりも賭博性が濃くなり、幕府の禁止令が出ました。

現代に伝わる茶会のスタイルの基礎ができ、茶会​の名前が生まれた時期は南北朝時代の後半です。

室町~安土桃山時代

 (208195)

鎌倉時代は、豪華な美術工芸品を飾った座敷で、高価な茶道具を鑑賞しながらお茶を飲む茶会が催されました。京都の東寺南大門の門前で、お茶の商人がお茶を点てて売る一服一銭が登場して、庶民に喫茶が広まります。戦国時代は、茶道が武士の社交術となり、千利休らが独自の茶の湯スタイルを確立しました。

安土桃山時代に娯楽性の高い茶の湯が一般化されましたが、一方で禅宗の礼儀を重んじたわび茶が生まれたのも同じ時期です。
63 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スノーボードの歴史とは?スノボの始まりの起源・発祥を簡単解説

スノーボードの歴史とは?スノボの始まりの起源・発祥を簡単解説

スノーボードの歴史は40年弱と短いですが、板の技術が進化したことで競技へと発展を遂げています。スノーボードの起源は狩猟のときに雪山を滑り降りるための道具でしたが、アメリカでスキーを2本つなげたおもちゃをプレゼントしたり、学校で単板滑走のおもちゃを作ったという歴史の始まりの説があります。
Act | 128 view
水泳の歴史とは?クロール・平泳ぎの泳法や競泳水着の歴史とは?

水泳の歴史とは?クロール・平泳ぎの泳法や競泳水着の歴史とは?

水泳の歴史の始まりは、人類が狩猟・採取や移動のために泳ぎ始めたことであると考えられています。水泳は、19世紀以降に狩猟・採取や移動のために泳ぐだけでなく、泳ぐ速さを競うようになりました。競泳の歴史が始まり、速く泳げるように泳法や水着の開発が進んだことで、スポーツに発展しました。
Anonymous | 4,187 view
自転車の歴史とは?起源・始まりを歴史年表付きで解説

自転車の歴史とは?起源・始まりを歴史年表付きで解説

自転車の起源はヨーロッパのドイツで、1913年にドイツ人発明家が考案したことが歴史の始まりです。自転車は、時代にあわせて常に機能の改良がおこなわれ、長い歴史を経て現在の形となりました。生活に役立つだけではなく、スポーツ競技の魅力もあり、健康維持や環境保全に繋がることが世界中で愛される乗り物へ進化した理由の1つです。
田崎瑞子 | 1,148 view
ラグビーの歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

ラグビーの歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?

ラグビーの歴史は1823年にイギリスのパブリックスクールだったラグビー校のフットボールの試合で選手がボールを抱えたまま相手ゴールに走ったことが起源となっています。ラグビーの歴史の特徴として大きなルールの改正やユニフォームの改良が挙げられます。
Act | 3,137 view
テニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつからなの?【硬式】

テニスの歴史とは?発祥国や起源・始まりはいつからなの?【硬式】

テニスの歴史は、紀元前のエジプトから始まります。その後、フランス、イギリスで現在のテニスの原型となるスポーツが発祥しました。日本では明治時代にテニスが伝来し、ゴムまりを打ち合う軟式テニスが誕生します。時代と共にテニスボールやラケット、ルールが変化していきます。現在ではメジャースポーツの1つとして世界各地でプレーされています。
yama1116 | 17,265 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まる蔵 まる蔵