Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 酎ハイはダイエット中に飲...
酎ハイはダイエット中に飲んでもいいの?酎ハイの効果・カロリーを解説

酎ハイはダイエット中に飲んでもいいの?酎ハイの効果・カロリーを解説

酎ハイは、糖質とカロリーに気をつけ、適正量を守ればダイエット中に飲んで大丈夫です。酎ハイには、リラックス効果やストレス解消効果があるため、適度な量の飲酒はダイエットのモチベーションアップにつながります。酎ハイのカロリーは他のアルコールと比べると低くはないため、低カロリーな缶酎ハイを選んだり、手作り酎ハイで摂取量を工夫することがおすすめです。

2021.12.16 ダイエット

酎ハイはダイエット中に飲んでもいいの?

 (185743)

酎ハイはダイエット中、糖質とカロリーに気をつければ、ダイエット中に飲んで大丈夫です。酎ハイは、糖質を含まない焼酎をソーダで割って作るため、ビールや日本酒といった糖質の多いお酒に比べるとダイエットに適しています。

酎ハイの糖質やカロリーは味ごとに異なるため、痩せる目的で飲む場合は、低カロリーな市販の缶酎ハイか、焼酎を薄めに作った手作り酎ハイを選ぶようにしましょう。

他のアルコールと比較

Login 窶「 Instagram (185659)

種類 糖質/100gあたり
酎ハイ 2.8g
ビール 3.0g
日本酒 4.5g
梅酒 20.7g
酎ハイは、醸造酒を蒸留するやり方で作った焼酎を用いて作られているため、他のアルコールと比べると糖質が低いです。

日本酒やビールをはじめとする醸造酒は、蒸留しない製造方法で作られている分、原材料由来の不純物が残っているため、蒸留酒よりも糖質や脂質が多くなります。

酎ハイの栄養・効果

Login 窶「 Instagram (182240)

酎ハイの栄養の大部分は、カロリーが占めています。酎ハイは、アルコール濃度の高い焼酎で作るため、糖質が低く、カロリーが高いのが特徴です。

酎ハイには、アルコールの効能によるリラックス効果ストレス解消効果があるため、適切な量を飲むと、ダイエットのモチベーションアップにつながります。

栄養・カロリー

Login 窶「 Instagram (185657)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
酎ハイの栄養成分 ビールの栄養成分
栄養成分 含有量/100gあたり 栄養成分 含有量/100gあたり
カロリー 52kcal カロリー 39kcal
糖質 2.8g 糖質 0g
食物繊維 0.1g 食物繊維 0g
脂質 0g 脂質 0g
酎ハイは、アルコール濃度の高い焼酎をベースにして作るため、ビールをはじめとするほかのアルコールと比べるとややカロリーが高いです。

酎ハイに使われる焼酎は、醸造酒を蒸留して作る工程の時点で栄養成分が無くなるため栄養がありません。酎ハイの栄養やカロリーは、作成するときに混ぜる果汁やシロップに含まれる栄養で決まります。

効果

 (184196)

酎ハイには、焼酎に含まれるアルコールの効能から得られる4つの効果があります。

・血流改善
・食欲増進
・リラックス効果
・ストレス解消効果

糖質

酎ハイの糖質は、味付けをするときに使うガムシロップや果汁の量や成分で変わります。糖質を摂りたくない方は、焼酎をソーダのみで割るやり方で飲むのがおすすめです。
糖質
糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称です。糖質には、糖類のほかに人工甘味料や糖アルコールが含まれます。

ダイエット中に酎ハイを飲む注意点

 (182270)

ダイエット中に酎ハイを飲むときは、飲む量とタイミングに注意が必要です。痩せるために酎ハイを飲む場合は、糖質やカロリーとあわせて、適正なアルコールの摂取を意識する必要があります。

体内に取り込まれたアルコールを分解するためには2〜3時間必要なため、遅くても寝る3時間前までには飲酒を終えるようにしましょう。

酎ハイを飲む量

Login 窶「 Instagram (182236)

厚生労働省推奨の1日の適切なアルコール摂取量
性別 摂取量
男性 約20g
女性 約9g
ダイエット中に酎ハイを飲む量は、アルコール度数7%の350ml缶チューハイ1本分にしましょう。酎ハイの適正量は、厚生労働省推奨の1日の適切なアルコール摂取量を基に計算され、成人男子で約20g、女性は約9gと定められています。

アルコールは、適正量以上に飲むと、代謝が落ちて中性脂肪がつきやすくなるため、注意が必要です。減量中にどうしてもアルコール度数が高い商品を飲みたくなった場合は、コップに移して少しずつ飲めば飲み過ぎを防ぐことができます。
純アルコール量の計算式
アルコールの適正量は、350ml×7/100(=7%)×0.8(アルコールの比重)=19.6gで求められます。

酎ハイを飲むタイミング

Login 窶「 Instagram (185653)

酎ハイを飲むタイミングは、夕方前後がおすすめです。酎ハイを飲むと、肝臓がアルコールの分解を優先するようになるため、代謝が衰えて身体に脂肪が蓄積されてしまいます。

肝臓が体内に取り込んだアルコールを分解するためには、通常2〜3時間かかるため、ダイエット中に酎ハイを飲むときは、遅くても寝る3時間前には飲み終えるようにしましょう。

ダイエット中におすすめの酎ハイ

Login 窶「 Instagram (182433)

ダイエット中におすすめの酎ハイには、糖質とカロリーが低い市販の缶酎ハイや、焼酎とソーダに好みの味をつけるだけの簡単な方法ででできる手作り酎ハイがあります。

市販の缶酎ハイにはたくさんの種類がありますが、成分表示を確認して糖質とカロリーが低いダイエット向けの商品を選ぶのがおすすめです。手作り酎ハイは、自分の好みでアルコールの量を調整できるため、薄く作るやり方でカロリーを抑えれば、減量中でも安心して飲むことができます。

缶チューハイ

Login 窶「 Instagram (182188)

商品名(100mlあたり) 糖質 カロリー アルコール分
アサヒSlatレモンスカッシュサワー 0.6g 20kcal 3%
こだわり酒場のレモンサワー 0.9g 42kcal 7%
キリン氷結ZEROシチリア産レモン 1.0g 31kcal 5%
スーパーやコンビニで気軽に買うことができる市販の缶酎ハイは、ダイエット向けに糖質量を抑えた商品が多数販売されているため、毎日飲んでも飽きずにさまざまな味を楽しむことができます。

缶酎ハイのカロリーは、ベースに使われている焼酎のアルコール度数に由来しているため、ダイエット中に飲む場合は、アルコール分が低い、3%5%の商品を選ぶようにしましょう。

手作り酎ハイ

Login 窶「 Instagram (185661)

手作り酎ハイは、氷を入れたグラスに焼酎3・ソーダ7の割合で作った酎ハイを注ぎ、果汁やシロップで好みの味をつけるだけで簡単に作ることができます。

ダイエット中は、カロリーをおさえるために、通常の焼酎3・ソーダ7の割合よりも焼酎の量を減らして薄めに作るように工夫しましょう。味付けのシロップやジャムをレモン果汁や梅干しに変えると、低糖質に仕上げられます。

ダイエット中も工夫して酎ハイを飲もう

Login 窶「 Instagram (182369)

酎ハイダイエットとは、低糖質・低カロリーな市販の缶酎ハイを探したり、アルコール摂取量を工夫したレシピで作った手作り酎ハイを取り入れるだけで、無理なく減量できる方法です。

酎ハイには、アルコールの効能に含まれるリラックスやストレス解消効果が期待できます。適量の酎ハイを飲んでダイエットのモチベーションを上げ、無理なくダイエットを成功させましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。