Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. ダイエット
  4. >
  5. 野菜スープダイエットのや...
野菜スープダイエットのやり方とは?効果抜群スープのレシピ8選!

野菜スープダイエットのやり方とは?効果抜群スープのレシピ8選!

野菜スープダイエットとは、1週間毎日1~2回の食事を野菜スープに置き換えて痩せる方法です。野菜スープダイエットには、脂肪燃焼効果やデトックス効果があります。ダイエット効果抜群の野菜スープのレシピでは、リコピンを含むトマトスープがおすすめです。

2021.12.16 ダイエット

野菜スープダイエットとは?

 (190601)

野菜スープダイエットとは、1日3回の食事のうち1~2回を野菜スープ200mlに7日間置き換えるだけの簡単なダイエット方法です。ヘルシーで栄養価が高い野菜スープでのダイエットは、プロテインドリンクやスムージーで置き換えるダイエット方法と違い、栄養が偏ることなく健康的に痩せることが可能です。

野菜スープダイエットはレシピの多さと誰でも簡単に実践できる気軽さで、継続しやすいと注目を集めています。

野菜スープダイエットのメリット

 (190602)

野菜スープダイエットのメリットは、ビタミンやミネラル・食物繊維を豊富に含んだ栄養価の高い野菜スープを食事と置き換えることで健康的に痩せることができることです。野菜スープは、熱を加えることで野菜が柔らかく食べやすくなり、生野菜が苦手な人でも食べられるようになります。

野菜スープダイエットは、食べる量を制限する必要なく、レシピのバリエーションが豊富で味に飽きずに手軽に続けられることが人気の秘訣です。

栄養価の高さ

Login 窶「 Instagram (184691)

野菜スープには、ビタミンやミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維には整腸作用デトックス効果、野菜に含まれるカリウムには糖や老廃物の排泄を促しむくみをとる効果があります。

野菜スープダイエットは、プロテインや粉を水や牛乳で溶いて飲むダイエットドリンクと違い、生の野菜から調理することで野菜そのものの栄養を摂取することが可能です。

手軽さ

 (180499)

野菜スープダイエットは、7日間野菜スープで置き換えるだけの手軽さが人気のダイエット方法です。野菜スープダイエットのレシピは、好きな具材を煮るだけと簡単なため、手間がかかる料理やカロリーを計算することが面倒な人でも続けやすいです。

特別な費用や道具が必要ない野菜スープダイエットは、思い立ったときにすぐに始められることから、忙しくて時間がない人ダイエットにお金をかけたくない人に支持されています。

バリエーションの多さ

 (190603)

野菜スープダイエットは、スープのバリエーションが多く、アレンジしやすいところがメリットです。レシピが豊富な野菜スープダイエットなら、毎日自分の好みの味付けのスープを楽しみながらストレスなくダイエットを続けることができます。

濃い味が好きな人はカレーやトマトをベースにした野菜スープ、あっさり味が好きな人には、コンソメや出汁をベースにした野菜スープがおすすめです。

継続率の高さ

 (189626)

野菜スープダイエットは、食べる量を制限する必要がない分ストレスなく痩せることができるため、過度な食事制限やジムでハードな筋トレをするダイエット方法と比較すると継続率が高いです。

食事量を制限したりきつい運動をするダイエットは、精神的にストレスがかかり、挫折やリバウンドの危険性が高まります。食事量を制限をせずに手軽にできる野菜スープダイエットなら、無理なく誰ても継続することが可能です。

野菜スープの効能・効果

 (190604)

野菜スープダイエットは食物繊維が豊富な野菜スープを食べることで、デトックス効果や脂肪燃焼効果を得られます。野菜スープには、免疫力を上げるビタミンCやむくみをとる作用や美肌効果があるカリウム、腸内環境を整え栄養の吸収率を上げる食物繊維が豊富に含まれています。

効能(栄養)

Login 窶「 Instagram (184688)

栄養成分 含有量(1人前434g中)
ビタミンC 30.9mg
カリウム 390.56mg
モリブデン 8.12μg
 食物繊維 2.86g
・ビタミンC
抗酸化作用や免疫力を上げる働き

・カリウム
利尿作用
太る原因となる糖や老廃物の排泄を促し、むくみをとる

・モリブデン
体内での代謝や分解をする酵素の成分

・食物繊維
排便をスムーズにして腸内環境を整える

効果

 (189621)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
野菜スープダイエットの効果は、3種類あります。

・整腸効果
食物繊維が腸を刺激しお通じがよくなる

・デトックス効果
食物繊維と野菜スープの水分で排便で便秘が解消
むくみ改善​

・脂肪燃焼効果
体温が高くなり代謝が上がることによるダイエット効果

カロリー

野菜スープのカロリーは、1食分で100kcalです。1日通して座って生活することが多い女性の1食分の目安カロリーは500kcalであるため、1食を野菜スープに置き換えれば、確実に痩せることができます。

カロリーが低い分、毎食カロリーを気にして食べる必要がない野菜スープは、ダイエット中にカロリーを計算することがストレスになる人におすすめです。

野菜スープダイエットのやり方

 (189625)

野菜スープダイエットのやり方は、1週間、1日3回の食事のうちの1~2回を野菜スープOK200mlへ置き換えるだけで運動や食事制限は一切ありません。朝食か夕食のうち1食、もしくは朝食と夕食の2回を置き換えるようにしましょう。

野菜をよく噛んでゆっくり味わいスープまで残さず飲み切ることで、スープだけでも十分な満足感を得ることができます。

食べ方

野菜スープダイエットは、朝食か夕食のうち1食、もしくは朝食と夕食の2食を野菜スープ200mlに置き換えます。量が少なくても満足感を得ることができるよう、よく噛み時間をかけてスープまで残さず食べるようにしてください。
野菜スープは、多めに作って小分けにして冷凍することがきます。忙しくて毎回調理する時間がない人は、まとめて多めに作り置きするとよいでしょう。

食べるタイミング

Login 窶「 Instagram (184689)

野菜スープを食べるタイミングは、朝食か夕食がおすすめです。夕食を置き換える場合は、低カロリーで消化によい野菜メインのスープを選ぶようにしましょう。

野菜スープダイエットを手軽に始めてみたい人は食前に野菜スープを食べるようにしてださい。食事の前に食べると食事の食べすぎ、野菜をよく噛んで食べることを習慣にすることで早食い防止効果に繋がります。

期間

野菜スープダイエットの期間は7日間です。1週間毎日1~2食を野菜スープに置き換えるだけで、無理なく実践することができます。

野菜スープダイエットは、期間を決めて定期的に継続する方法もおすすめです。年に数回、あるいは月に1回野菜スープダイエットを実践すれば、代謝が上がり痩せやすい体になります。

注意事項

 (190605)

野菜スープダイエットをするときには、3食スープだけにしないことと、塩分を摂りすぎないように注意しましょう。

3食野菜スープだけのストイックな食事制限をすると、エネルギー不足で脂肪が燃焼しにくい体になります。スープまで飲むときは、スパイスや薬味・出汁の味を利用して、塩分を摂りすぎないように味付けを工夫しましょう。

野菜スープダイエットのレシピ8選

 (190606)

野菜スープダイエットのレシピには、低カロリーで満足感が得られる、素材の特徴を生かした豊富なレシピがたくさんあります。脂肪燃焼効果の高いトマトのレシピや、デトックス効果のあるキャベツやセロリを使ったレシピを取り入れて、飽きずに楽しみながらダイエットに取り組みましょう。

コンソメスープ

Login 窶「 Instagram (177756)

にんじん 1/3本 しいたけ 2枚
玉ねぎ 1/4個 2カップ
ブロッコリー 1/4房 コンソメ(キューブ) 1個
ジャガイモ 1/2個 少々
しいたけ 少々
コンソメスープは、さまざまな具材になじみやすくアレンジしやすいと人気のスープです。コンソメスープは、厚揚げを入れると旨味とボリュームをアップさせることができます。

【コンソメスープの作り方】
①野菜は食べやすい大きさに切る
②鍋に水とじゃがいもを入れ火にかける
③沸騰したら蓋をしてにんじん、玉ねぎ、しいたけを入れ中火で5分煮る
④コンソメ、トマト、ブロッコリーを加えてさらに5分煮る
⑤塩で味を調える
⑥器に盛りつけて完成
⑦お好みで粉チーズをかける

トマトスープ

Login 窶「 Instagram (177648)

玉ねぎ 1/4個 2カップ
キャベツ 2枚 トマトジュース(食塩無添加) 190g(1缶)
にんじん 1/3個 お好みのハーブ 少々
しめじ 1/2パック 塩コショウ 少々
ベーコンの薄切り 4枚
トマトジュースを使って簡単にできるトマトスープです。トマトのリコピンには脂肪燃焼効果が含まれています。

【トマトスープの作り方】
①キャベツ、玉ねぎ、にんじん、ベーコンは食べやすい大きさに切る
②しめじは石づきを切り落としバラバラにする
③鍋にオリーブオイルを熱し材料をすべて入れ炒める
④しんなりしてきたら水とトマトジュースを入れる
⑤蓋をして15~20分中火にかける

トマトスープには、豆類をいれるとヘルシーで腹持ちがよくなります。

キャベツスープ

Login 窶「 Instagram (177652)

キャベツ 2枚 ネギ 少々
玉ねぎ 1/4個 豆乳 1カップ
にんじん 1/3個 1カップ
さつまいも 1/3個 塩コショウ 少々
しめじ 1/3パック
キャベツの豆乳スープは食物繊維が豊富です。豆乳に含まれるオリゴ糖が腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整えてくれます。

【キャベツスープの作り方​】
①野菜は食べやすい大きさに切る
②鍋に水とさつまいもを入れ火にかける
③沸騰したらキャベツ、玉ねぎ、しめじを入れ中火で10分加熱する
④コンソメと豆乳を加え、塩コショウで味を調える
⑤器に盛りつけ、小口切りにしたネギをちらし完成

スープに食物繊維が豊富なさつまいもを入れると、デトックス効果がアップします。

レタススープ

Login 窶「 Instagram (178307)

レタス 1/3個
玉ねぎ 1/2個
ツナ缶(水煮) 1缶
2カップ
塩コショウ 少々
レタススープは、食物繊維たっぷりのレタスを簡単に摂ることができるスープです。レタスはスープにするとカサが減り食べやすくなります。

【レタススープの作り方】
①レタスは食べやすい大きさに手でちぎる
②玉ねぎはくし切りにする
③鍋に水をいれ沸騰したら玉ねぎを入れる
④玉ねぎに火が通ったらレタスとツナを汁ごと入れる
⑤ひと煮立ちしたら塩コショウで味を調える
⑥器に盛りつけて完成

ツナ缶がないときは、旨味が多いホタテ缶を代用することがおすすめです。

セロリスープ

Login 窶「 Instagram (178325)

かぶ 4個 豆乳 1カップ
セロリ 1本 コンソメキューブ 1個
じゃがいも 2個 味噌 小さじ1
にんじん 1/2本 塩コショウ 少々
3カップ
セロリのポタージュスープは食物繊維が豊富で栄養価も高いデトックススープです。

【セロリスープの作り方】
①野菜は皮を剥き1口大に切る
②鍋に切った野菜と水を入れ火にかける
③沸騰したらコンソメを入れ蓋をして弱~中火で20分煮る
④野菜が柔らかくなったらハンディブレンダーで滑らかになるまで撹拌する
⑤豆乳と味噌を加え、塩コショウで味を調える
⑥器に盛りつけて完成
多めに作って冷凍するときは、豆乳を入れる前までの状態で冷凍し、食べる直前に豆乳を入れて塩コショウで味を調整するようにしてください。

玉ねぎスープ

Login 窶「 Instagram (177656)

玉ねぎ 小4個
ベーコンスライス 4枚
2カップ
エクストラバージンオリーブオイル 少々
塩コショウ 少々
玉ねぎを丸ごと使ったスープは切る手間がなく料理が苦手な人や料理が面倒な人でも作りやすいスープです。

【玉ねぎスープの作り方】
①玉ねぎは上下を切り落とし平らに切る。ベーコンは食べやすい大きさに切る
②深めの鍋に玉ねぎ、ベーコン、コンソメ、水を入れ火にかける
③沸騰したら蓋をして中火で玉ねぎが柔らかくなるまで煮る
④塩コショウで味を調える
⑤お好みでオリーブオイルを回しかける
1人分で作りたいときは丼ぶりに材料をいれ軽くラップをしてレンジでチンすると便利です

きのこスープ

Login 窶「 Instagram (177659)

にんじん 1/2本 2カップ
しめじ 1/2パック 中華だし 小さじ1
白菜 2枚 ごま油 大さじ1
もずく(洗い) 1/2パック 少々
2カップ 生姜(チューブ) 少々
中華だし 小さじ1 醤油 大さじ1
きのこスープは低カロリーで食物繊維が豊富なダイエットスープです。

【きのこスープの作り方】
①にんじんと白菜は食べやすい大きさに切る。しめじは石づきを切り落としばらばらにする
②鍋にごま油を熱ししめじとにんじん、白菜を炒める
③野菜がしんなりしてきたら水を入れる
④沸騰したら蓋をして弱火で7分煮る
⑤醤油、生姜、中華だしをいれ、塩で味を調える
⑥火を止めて水洗いしたもずくを加える

味付きのモズクは砂糖が多く入っているため、洗いもずくを使用するようにしましょう。

具だくさんスープ

Login 窶「 Instagram (177758)

材料 分量(4食分)
白菜 3枚
にんじん 1/3本
豆腐 1/4丁
サバ缶(水煮) 1缶
3カップ
少々
具だくさんスープはサバ缶と豆腐が入った低カロリーでボリューム満点のスープです。DHAやEPAが豊富な具だくさんスープは、脂質代謝を高め脂肪燃焼効果をアップしてくれます。

【具だくさんスープの作り方】
①白菜、にんじんは食べやすい大きさに切る。
②豆腐は水切りする
③鍋に水を入れ火にかける
④沸騰したら白菜とにんじんを入れ蓋をして煮る
⑤野菜が柔らかくなったら鯖缶を入れる
⑥豆腐を手でちぎりながら加える
⑦ひと煮立ちしたら塩で味を調える
⑧器に盛りつける

野菜スープダイエットの疑問点

 (183313)

野菜スープダイエットをするときには、4つの疑問が生まれる場合が多いです。

・作り置きしていいか
・みそ汁はスープに該当するのか
・夜のみの置き換えは可能か
・デトックス効果が高い野菜


野菜スープは、作り置きして冷凍しておけば、味をアレンジしながら簡単にダイエットすることができます。

野菜スープは作り置きできる?

野菜スープは作り置きをすることができます。塩やコンソメ、出汁をはじめとする基本のスープを多めに作り、小分けにして冷凍しておけば、カレー粉や豆乳・キムチを加えて毎日飽きずにアレンジを楽しむことができます。

休日の時間があるときに作り置きし、冷凍しておけば、温めればすぐ食べられるので便利です。ただし、大量に作りすぎると飽きて続かなくなり味も落ちるため、作りすぎには注意しましょう。

味噌汁でもよいの?

Login 窶「 Instagram (187041)

味噌汁も、立派な野菜スープです。朝、具だくさんの温かい味噌汁を飲めば、体温が上昇して代謝が上がり、脂肪燃焼効果が高まります。味噌汁に使用される味噌は、発酵食品で腸内環境を整えお通じをよくする作用があるため、美肌に効果的です。

ダイエット中の味噌汁の具には、ミネラルや食物繊維が豊富なわかめがおすすめです。たっぷりの野菜とわかめの入った味噌汁は、デトックス効果抜群の野菜スープであると言えるでしょう。

夜だけでもよい?

 (189628)

野菜スープダイエットは、夜1回だけの置き換えでも効果を得ることができます。消費カロリーが減る夜の時間帯に野菜スープを飲む場合は、野菜メインの消化のよいスープ​を選ぶように心がけましょう。

高カロリーになりやすい夕食を置き換えると、体重減少効果が高まります。

デトックス効果が期待できる野菜は?

 (189629)

デトックス効果が期待できる野菜のおすすめは、食物繊維豊富な5種類です。

・キャベツ
・ごぼう
・セロリ
・白菜
・さつまいも


食物繊維の豊富な野菜は、スープにするとカサが減り、柔らかくなり栄養吸収がしやすくなるメリットがあります。わかめやきのこ類には食物繊維が多く含まれているため、野菜スープに足すとさらなるデトックス効果が期待できます。

野菜スープで置き換えるだけの手軽なダイエット

 (189630)

野菜スープダイエットは、普段の食事を野菜スープで置き換えるだけの手軽なダイエット方法です。野菜スープは、ダイエバリエーションが多く、具材や味を選べるところが魅力です。作った野菜スープは作り置きができるため、時間があるときに作って冷凍しておけば、食べたいタイミングにいつでもたべることができます。

普段の食生活に野菜スープを取り入れて、ストレスなく、健康的にダイエットを成功させましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。