2021年8月10日 更新

1週間縄跳びダイエットの効果とは?脂肪燃焼に効果的なやり方を紹介

1週間縄跳びダイエットとは、縄跳びで全身を引き締めていくダイエット法です。縄跳びは脂肪を燃料とする有酸素運動で脂肪燃焼効果が期待でき、1週間縄跳びダイエットの継続で下半身の筋肉が鍛えられ、ふくらはぎやお尻を引き締めることも可能です。基礎代謝向上、ストレス発散効果もあるため健康的に痩せられます。

1,194 view お気に入り 0

1週間縄跳びダイエットとは?

 (246487)

1週間縄跳びダイエットとは、縄跳びを使った有酸素運動で身体全体をバランスよく引き締めながら痩せるダイエット方法です。縄跳びは、消費カロリーが高く、心肺機能向上、脂肪燃焼効果が期待できます。

縄跳び1つで始めることが可能で、ダイエット初心者でも取り入れやすい​です。縄を早く回したり、ランニングしている動作で足を動かしたり、バリエーションの豊富さも特徴的です。

1週間縄跳びダイエットで痩せる方法

縄跳びで痩せる方法は縄跳びの継続、ダイエット目的の食事管理が重要になります。食事管理は3大栄養素のタンパク質、脂質、炭水化物をバランスよく摂ることが大事です。

体重に対しタンパク質1〜1,5倍、脂質1〜1,5倍、炭水化物は総kcalの50〜60%を目標に摂取していきましょう。1日の総摂取kcalは3大栄養素をバランスを意識して女性なら約1800kcal、男性なら約2200kcal摂取しましょう。

1週間縄跳びダイエットの鍛えられる筋肉

1週間縄跳びダイエットは特に大腿四頭筋、下腿三頭筋、大殿筋が鍛えられます。縄跳びのひざを曲げて跳躍・着地を繰り返す動作は下半身の筋肉に大きな負荷や刺激を与えることができるため、ふくらはぎや太もも、おしりの筋力が向上します。

大腿四頭筋、下腿三頭筋、大殿筋は普段の生活の中でも歩いたり、走ったり、身体を動かすうえでかかせない役割を担い、下半身の筋肉を鍛えることで身体の動作をスムーズにすることが可能です。

1週間縄跳びダイエットの消費カロリー

1週間縄跳びダイエットの消費カロリーは有酸素運動の中でも非常に高く、体重60㎏の男性が息が上がらないペースで縄跳びを30分行った場合消費カロリーは約560kcalです。

ちなみにジョギングを30分行った場合の消費カロリーは約320kcalになります。ジョギングと縄跳びを同じ時間行った場合を比較しても、全身を使う縄跳びダイエットの消費カロリーがいかに高いかが分かります。

1週間縄跳びダイエットのビフォーアフター

1週間縄跳びダイエットをした方が、ふくらはぎやおしりが約1㎝〜3㎝引き締まった1週間で-0.3キロ減量できた​と、ビフォーアフターをSNSに投稿しています。

大腿四頭筋に関しても1㎝以上サイズダウン、縄跳びを飛び続けられる時間も20分以上飛ぶことが可能になった方もいます。縄跳びダイエットのビフォーアフターは特に下半身の筋肉の引き締め効果を感じた方が多いです。

1週間縄跳びダイエットの効果

 (250562)

1週間縄跳びダイエットは、脂肪を燃料にする有酸素運動であるため無酸素運動の筋力トレーニングやジョギングと比べて、脂肪燃焼効果が高いです。

縄跳びは跳躍と着地を繰り返す動作で、下半身には刺激と負荷が加わり、筋肉量があがることで基礎代謝も向上し、脂肪燃焼効果が高まります。さらに縄跳びの有酸素運動で、ストレスを抑制するセロトニンが脳内から分泌し、ストレス発散効果も期待できます。

下半身の脂肪燃焼

縄跳びは脂肪を燃料とする有酸素運動で、下半身の筋肉を重点的に刺激することが可能で、下半身の脂肪燃焼が期待できます。

筋肉は最も多くのエネルギーを消費する器官で、下半身の筋肉は体の70%を占めています。縄跳びを飛ぶことで下半身の筋肉が刺激され、多くのエネルギーを消費することが可能です。ただし、呼吸が乱れるほど縄跳びをすると脂肪ではなく先に糖を燃料に変えてしまうため注意する必要があります。

ストレス発散効果

縄跳びのリズミカルな有酸素運動は、脳内にセロトニンと呼ばれる脳内物質が分泌され、ストレス発散効果が期待できます。

セロトニンが分泌すると不安感やストレスの軽減、コルチゾールと呼ばれるストレスホルモンの分泌を抑えることが可能です。コルチゾールの分泌量が増えると脂肪を体に蓄える働きがあるため、縄跳びで体内にセロトニンを分泌させることで、コルチゾールの分泌を抑え、ストレス発散効果​を高めることができます。

筋肉量アップ

 (247485)

1週間縄跳びダイエットは、全身の筋肉量アップが期待できます。縄跳びは全身を使った反復運動であるため、狙った部位が筋力アップする筋力トレーニングとは違い、体全体の筋肉量をバランスよく向上させることができます。

縄跳びを飛び続けることで、下半身のふくらはぎや太ももが鍛えられ、ジャンプしたときに体のバランスを平行に保つために体幹へ刺激が加わるため、全身の筋肉量をバランスよく向上させることが可能です。

基礎代謝の向上

1週間縄跳びダイエットは、全身の筋肉量アップができるため基礎代謝力向上が期待できます。筋肉は体の中で多くのエネルギーを消費するため、筋肉量を上げることで自ずと消費エネルギー、消費カロリー量が増し、基礎代謝の向上に繋げることが可能です。

基礎代謝力が向上すると、何をしていなくても消費エネルギー量が増え、体脂肪を燃やしやすい体質に変化します。痩せやすい体質に変化するとリバウンドを防ぐことも可能です。

1週間縄跳びダイエットのやり方

 (251569)

46 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

縄跳びダイエットのメニュー4選!1日10分で効果的に痩せよう!

縄跳びダイエットのメニュー4選!1日10分で効果的に痩せよう!

縄跳びダイエットには基本メニューの他に、お腹痩せ・二の腕痩せ・足痩せに特化したメニューがあり、1日10分でダイエットしたい部位を効率的に鍛えることが可能です。縄跳びは有酸素運動に分類されるため脂肪燃焼効果が期待でき、さらに跳躍と着地の全身運動で筋力アップや心肺機能向上の効果があります。
エア縄跳びダイエットの効果的なやり方とは?おすすめダイエットメニューを解説

エア縄跳びダイエットの効果的なやり方とは?おすすめダイエットメニューを解説

エア縄跳びダイエットは、人と会話できるくらいの息切れ状態を維持しながら20分以上跳ぶことで脂肪燃焼効果や下半身の引き締め効果が期待できます。エア縄跳びダイエットは基本の跳び方以外にもバリエーションがあり、ウエストや二の腕、背中痩せをすることが可能です。
aki17 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Yolo0910 Yolo0910