2021年2月23日 更新

片足立ちダイエットの効果とは?正しいやり方で痩せる方法

片足立ちダイエットとは、片足で立つだけの簡単なダイエット方法のことです。左右1分間ずつ片足立ちをするだけで50分間のウォーキングと同等の効果を得られます。また、片足立ちダイエットでは、脂肪燃焼効果、体幹力の向上、骨盤矯正、冷え性改善、集中力アップの5つの効果を期待できます。

48 view お気に入り 0

片足立ちダイエットとは?

 (219945)

片足立ちダイエットとは、左右1分間ずつ片足で立つだけの簡単なダイエット方法です。片足立ちを1分間すると、50分間のウォーキングをした効果があると言われ、時間のない人や運動が苦手な人でも無理なく簡単に痩せると口コミで評判です。

片足立ちダイエットをすることで、脂肪燃焼、体幹力や筋力アップ、骨盤矯正によるぽっこりお腹の解消、便秘改善、冷え性改善といった女性に嬉しい効果があります。

片足立ちダイエットの消費カロリー

片足立ちダイエットの消費カロリーは、1分間のウォーキングと同等の消費カロリーを得られます。つまり、片足立ちダイエットをするほど消費カロリーは高くなるということです。
消費カロリー/体重 40kg 50kg 60kg 70kg
1分間 2kcal 3kcal 3kcal 4kcal
また、1分間の片足立ちダイエットは、50分間のウォーキングで得られる筋力アップと骨の形成、バランス力の向上に効果的です。

片足立ちで筋肉が付くと、基礎代謝があがり少しの運動で多くの汗をかきやすくなり、消費カロリーも高くなります。はじめは基礎代謝が少なくても、片足立ちダイエットを継続していけば基礎代謝が上がり、痩せやすい身体になれます。

片足立ちダイエットの効果が出る期間

 (219946)

片足立ちダイエットの効果は約1~3ヶ月後に、あらわれ始めます。

片足立ちダイエットは、即効性のあるダイエットではなく身体に変化が出てくるまでに十分な期間が必要です。毎日、コツコツと片足立ちダイエットを継続してきて、1~3ヶ月後にやっと、引き締まった身体、基礎体温の上昇、姿勢がよくなったりと目に見えて効果を確認できます。

片足立ちダイエットの5つの効果

 (219947)

片足立ちダイエットで得られる効果は、5つあります。

①脂肪燃焼効果
②体幹力の向上
③骨盤矯正
④冷え性改善
⑤集中力向上

片足立ちダイエットは、ただ体重が減るダイエット方法ではなく、ふくらはぎや太ももと中心とした下半身全体と、お尻、腹、背中に筋肉がつき、健康的で引き締まった女性らしい身体を作ることが可能です。また、筋力アップによる冷え性改善といった効果も期待できます。

脂肪燃焼効果

片足立ちダイエットでは、脂肪燃焼効果を期待できます。

片足立ちをすると、ふくらはぎや太ももを中心とした下半身の筋肉、お尻、腹の筋肉を鍛えられ、筋力アップし、基礎代謝も上がります。成人女性の1日の基礎代謝による消費カロリーは約1300Kcalと言われ、筋肉を付けて基礎体温を1度上がれば、基礎代謝は13%アップし、痩せやす身体作りが可能です。

基礎代謝を上げて、痩せやすい身体を手に入れましょう。

体幹力の向上

片足立ちダイエットでは、体幹力を鍛えることも可能です。

体幹とは、手足を除いた首から下の胴体の部分で具体的には、胸、背中、腹、腰回り、股関節、お尻のことです。片足立ちでは、お尻、腹、太ももを中心に下半身全体を鍛えられ、体幹力が向上します。

また、体幹が鍛えられると姿勢が良くなり、腰回りに筋肉が付いて内臓が正しい位置に戻り、便秘改善やぽっこりお腹の改善に効果があります。

骨盤矯正

片足立ちをすると、歪んだ骨盤を矯正する効果があります。

1日中座ったままの仕事や運動の習慣がないと、骨盤が緊張して歪みが生じてしまいますが、片足立ちをすることで改善が可能です。片足立ちをすると、股関節がひらいて骨盤の緊張をとくことができ、骨盤を矯正ができます。

骨盤矯正されると、姿勢が良くなり、ぽっこりお腹が解消され、腰痛改善や生理痛改善に効果的です。

冷え性改善

片足立ちダイエットは、下半身全体を鍛えられ、手や足先の冷え性改善に効果的です。

片足立ちは、ふくらはぎを中心に下半身全体を刺激するため、血液を循環させる筋肉が鍛えられます。血液を循環させる筋肉はポンプの役割を果たすため、片足立ちで筋肉を鍛えることで全身に血液を送ることができ、身体全体に血が巡り、冷え性を改善できます。

集中力向上

片足立ちダイエットでは、片足だけで全身を支えなければいけないため、自然と集中力が向上します。

片足立ちは、普段使わない筋肉を使う姿勢です。普段使わない筋肉を使うと、脳が刺激されて集中力を高める効果のあるドーパミンが分泌され、集中力の向上に効果的です。

片足立ちをした後は、2時間くらい集中力が継続します。

片足立ちダイエットのやり方

片足立ちダイエットはただ単に片足で立つだけではなく、正しい片足立ちのやり方があります。正しい片足立ちでないと、本来得られる効果を十分に発揮できません。

片足立ちダイエットの正しいやり方で重要な足の高さや、目線、姿勢といったポイントを押さえて、効率良く痩せましょう。
57 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

散歩のダイエットの効果とは?ウォーキングの正しいやり方と時間帯とは?

散歩のダイエットの効果とは?ウォーキングの正しいやり方と時間帯とは?

散歩ダイエットの効果は、基礎代謝を高めて脂肪が燃えやすい体を作ることです。散歩は、歩き方を工夫することで通常の歩行にくらべ多くのカロリーを消費することができます。お散歩を日常生活に取り入れることは、ダイエットと太りにくい体を手に入れられるメリットがあります。
田崎瑞子 | 125 view
ステッパーダイエットの効果とは?足踏みするだけで下半身痩せができる!

ステッパーダイエットの効果とは?足踏みするだけで下半身痩せができる!

ステッパーダイエットとは、自宅で器具を使用して足踏みするだけの簡単なダイエット方法です。ステッパーは、ウォーキングと比較して消費カロリーが高く、健康的に痩せられると人気を集めています。筋トレ効果が高いステッパーダイエットでは、足踏みするだけで脂肪を燃焼させて効率的に下半身痩せすることが可能です。
Anonymous | 5,154 view
ワイドスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

ワイドスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

ワイドスクワットとは、足幅を大きく開いて膝を屈伸する自重トレーニングです。ワイドスクワットには筋力強化だけでなく脚やせ効果もあります。しかし、誤ったフォームで運動すると怪我の危険があるため、正しいやり方をおぼえて理想の体づくりを目指しましょう。
Anonymous | 5,231 view
スプリットスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

スプリットスクワットのやり方と効果とは?筋トレは毎日やってもいいの?

スプリットスクワットは、足を前後に開いて前足に重心をかけながらスクワットをするトレーニングです。スプリットスクワットのやり方は、姿勢を少し前傾させて前足に重心をかけながら膝を曲げるのが基本です。スプリットスクワットをすると、お尻の太ももの筋肉を鍛えることができ、基礎代謝やスタイルアップの効果が期待できます。
Anonymous | 3,495 view
ノーマルスクワットのやり方と効果とは?効率よく太ももを鍛えよう

ノーマルスクワットのやり方と効果とは?効率よく太ももを鍛えよう

ノーマルスクワットとは、上半身を固定したまま膝を屈伸させ、下半身や体幹を鍛えるトレーニングです。ノーマルスクワットをやることで、ダイエット効果や男性ホルモンの活性化などの効果があります。ノーマルスクワットのやり方は、膝をやや外側に傾け、背筋を伸ばして太ももが床と平行になるまで膝を曲げます。
Anonymous | 2,080 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

leina leina