2021年1月30日 更新

のりはダイエットにおすすめ?海苔の効果やおすすめレシピを解説

のりは食物繊維やビタミン、ミネラルが多く含まれ、1日に20㎝角の海苔2枚を摂取するとダイエット効果が実感できます。海苔の整腸作用と糖質や脂質の代謝を高める作用や食欲抑制効果で10日で1~2㎏痩せることが可能です。海苔は、乳酸菌を含む発酵食品と一緒に食べると、食物繊維が乳酸菌を活発にし痩せやすい体作りに役立ちます。

544 view お気に入り 0

のりはダイエットに向いている?

 (210764)

のりは、食物繊維が多く含まれ、腸内環境を整える効果やお腹の中で膨らんで食べ過ぎの防止効果が期待できダイエット中に食べても問題ありません。食事や間食にのりを食べると便秘解消や糖質の吸収を緩やかにしてくれ10日間で1~2キロのダイエットを成功することができます。

食物繊維や栄養素を働きをたすける食材と組み合わせてダイエットをおこなえば、ストレスなく健康的に痩せることも可能です。

のりの栄養・効果

 (210765)

のりは、カロリーが低く栄養価が高い食材で、ダイエットに最適な食物繊維やミネラル、ビタミンも豊富に含まれています。バナナ1本あたりの食物繊維が1.7gで、海苔2枚食べれば2.16g摂取することができるため、バナナと比べるとカロリーを抑えて多くの食物繊維を摂取できます。食物繊維は腸内環境を整えて新陳代謝を活発にし、食べ過ぎ防止の効果、糖質や脂質の吸収を緩やかにする効果があります。

栄養

焼きのり3gあたりの栄養素 
カロリー 5.64kcal ビタミンA 69μgRE
食物繊維 1.08g ビタミンB1 0.02㎎
カルシウム 8.4㎎ ビタミンB2 0.07㎎
カリウム 72㎎ ビタミンC 6.3㎎
0.342㎎ 葉酸 57μg
のりの栄養素は、整腸効果がある食物繊維や脂質や糖質代謝に必要なビタミンB1、B2が豊富に含まれ、ダイエットに効果的です。20㎝角海苔2枚食べると11kcalで食物繊維を2.16g摂取でき、バナナ1本86kcalで食物繊維1.7gと比べると効率よく栄養素を摂取できます。

・食物繊維
整腸作用や血糖値の上昇を抑える

・ビタミンB1
糖質の代謝を促す

・ビタミンB2
糖質、脂質、タンパク質の代謝を促す

・葉酸
脂肪燃焼に必要

効果

のりのダイエット効果は3つです。食物繊維は、食欲を抑え、血糖値を緩やかにすることで脂肪を付きにくくする効果があります。さらに腸内環境が整うと新陳代謝をあげる効果があり、痩せやすい体作りに適しています。

・整腸効果
食物繊維の働きで腸内環境が整う

・食欲防止効果
食物繊維が胃の中で膨らみ、食欲を抑える

・脂肪を付きにくくする
食物繊維が血糖値の上昇を抑え、ビタミンB1、B2、葉酸の効能で脂肪代謝を促進する

のりを使ったダイエット方法

 (207690)

のりを使ったダイエットのやり方は1日に20㎝角の海苔を2枚食べる方法で、3食の食事に加えて食べるか、間食にとりいれるやり方で消費します。

のりの食べ方は、そのまま食べるか、パンやご飯、炒め物に加える方法がおすすめで、炭水化物は食べ過ぎないように量を調節しましょう。のりの効果を高めるために、発酵食品を1品加えると、海苔の食物繊維が発酵食品の乳酸菌の整腸効果を高めます。

のりを使ったダイエットのやり方

のりを使ったダイエットのやり方は、1日に20㎝角の海苔2枚を3食の食事に摂取する方法で、料理に混ぜて食べて消費していきます。3食での消費が難しい場合や小腹がすいたときは間食に海苔を食べても大丈夫です。1日の海苔の消費量が20㎝角海苔2枚になるようにしましょう。

のりのダイエット中の食べ方の例

摂取時間 海苔の消費量 海苔の食べ方
朝食 角海苔1/2 パンにチーズと海苔をのせて食べる
昼食 角海苔1/2 おにぎりに海苔を巻いて食べる
間食 角海苔1/2 そのまま食べる
夕飯 角海苔1/2 炒め物に混ぜて食べる
のりの食べ方は、そのまま食べるか1日3食の食事で出される料理に海苔を混ぜると食べやすくなります。
炭水化物と一緒に食べるときは食べ過ぎを防ぐため、炭水化物をはじめから量を少なくしましょう。

のりの効果を高める方法

 (210766)

のりのダイエット効果をあげるために発酵食品を1品加える​と、海苔の食物繊維が発酵食品の乳酸菌のエサとなり整腸効果を高めることができます。発酵食品は加熱すると乳酸菌が死滅して効果が薄くなるため、加熱しないで食べましょう。

【おすすめの発酵食品の食べ合わせ】
・キムチに海苔を加えて食べる
・納豆に海苔を加える
・チーズを海苔で巻く
・味噌汁に海苔を入れる
・ぬか漬けに海苔を刻んでかける

のりを使ったダイエットレシピ

 (207689)

海苔を使ったダイエットレシピは、海苔と発酵食品を組み合わせた料理で、海苔の食物繊維が発酵食品に含まれる乳酸菌の働きを助けます。ダイエット効果を高めるタンパク質やビタミン・ミネラルの栄養素をバランスよく摂取すると、脂肪燃焼に必要な筋肉の形成や食事での満足感が得られ、健康的なダイエットに繋がります。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キャベツスープダイエットの効果がすごい!健康的に痩せる効果の高い低カロリーレシピを紹介!

キャベツスープダイエットの効果がすごい!健康的に痩せる効果の高い低カロリーレシピを紹介!

キャベツスープダイエットは、キャベツスープを中心とした食事を1週間続けて体重を落とすダイエット法です。1週間のプログラムには運動が含まれていないため、運動が苦手な人も気軽に取り組めます。食べ方や食べる量に制限はありますが、空腹のストレスを感じることなく痩せることが可能です。
aki17 |
サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキとは?気になる味と作り方・レシピを紹介!

サボテンステーキは、美容や健康によいと評価されている食用サボテンを用いたメキシコ料理です。かすかな苦みや酸味をもつサボテンステーキは、まずいと言われる場合もありますが、自宅でも簡単に調理やアレンジが可能であり、好みの食べ方を見つけやすい点も魅力です。
塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩はダイエット中でも摂ってもいいの?塩抜きのおすすめレシピを解説

塩は、体の機能を正常に保つ栄養素なためダイエット中に摂取してもよいですが、過剰に摂取してしまうとむくみを引き起こす原因となります。塩抜きダイエットでは、減塩することでむくみを解消し、3日間で2キロの減量することができます。塩抜きダイエットにおすすめの減塩料理は、素材の旨味で塩分がなくても美味しく食べられるパスタや炊き込みご飯です。
カゼインプロテインダイエットとは?効果的に痩せるやり方を解説!

カゼインプロテインダイエットとは?効果的に痩せるやり方を解説!

カゼインプロテインダイエットでは、1日1回、夕食や間食を牛乳から低脂肪な成分のみ取り出して作られたカゼインプロテインと置き換えて摂取カロリーを抑えて痩せることができます。効果的に痩せるには、夕食を置き換えるやり方がおすすめです。カゼインプロテインの特徴を知り、正しい摂取方法と運動を組みあわせてダイエットすると、早く減量効果を実感することができます。
野菜スープダイエットのやり方とは?効果抜群スープのレシピ8選!

野菜スープダイエットのやり方とは?効果抜群スープのレシピ8選!

野菜スープダイエットとは、1週間毎日1~2回の食事を野菜スープに置き換えて痩せる方法です。野菜スープダイエットには、脂肪燃焼効果やデトックス効果があります。ダイエット効果抜群の野菜スープのレシピでは、リコピンを含むトマトスープがおすすめです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yukari221 yukari221