Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーコーチの年収はど...
サッカーコーチの年収はどのくらい?指導者の給料事情を調査!

サッカーコーチの年収はどのくらい?指導者の給料事情を調査!

サッカーコーチの年収は200万円から900万円で所属しているチームやスクールの規模でバラつきがあります。サッカーコーチの給料事情はトップリーグで活躍するプロを指導するコーチの給料が高く、サッカースクールやクラブで正社員で働くコーチの年収は一般的な会社員の給料よりも低い傾向にあります。

2022.02.24 サッカー

サッカーのコーチの年収はどのくらいなの?

サッカーコーチの年収は200万円〜900万円で、所属するチームの規模や指導経験、ライセンスの有無で収入が大きく変わります。クラブチームの正社員やアルバイト、部活動の外部コーチの給料は低い傾向にありますが、独立してスクールやクラブを開業し経営していくことで年収が増えます。      

サッカーコーチの種類

サッカーコーチの種類は監督やヘッドコーチ、各ポジジョンのコーチ、フィジカルコーチ、アシスタントコーチがあります。サッカーコーチの勤務先は、プロクラブや企業チーム、小学校から大学までの部活動やサークル、地域のサッカークラブ、サッカースクールがあります。

サッカーのコーチの具体的な年収例

サッカーコーチの年収は所属するチームや就業形態でバラつきがあり、J1のコーチかクラブやスクールの経営者になると年収が上がります。サッカークラブやスクールの正社員の給料は勤め先の規模で異なりますが、全体的に平均年収は低い傾向にあるため、コーチをしながら副業をしている人もいます。

Jリーグのサッカーコーチの年収

J1のコーチの平均年収 600万円
J2のコーチの平均年収 350万円
J3のコーチの平均年収 250万円

Jリーグのサッカーコーチの年収は、J1のトップチームコーチが平均600万円で、J2のコーチの年収は平均350万円、J3のコーチの年収は平均250万円です。J1のトップチームの年収はバラつきがあり、地方のチームの給与は400万円で、チケット収入やスポンサー収入が多い強豪クラブでは900万円と開きがあります。

サッカークラブの正社員のコーチの年収

都市圏のサッカークラブの年収 260万円
地方のサッカークラブの年収 216万円

サッカークラブの正社員の年収は平均250万円で、都市圏のサッカークラブの正社員の平均年収は260万円、地方のサッカークラブの正社員の平均年収は216万円です。サッカークラブのアシスタントコーチの就業形態はアルバイトが多く日給3,000円〜5,000円で、サッカーコーチが掛け持ちで副業しているケースが多いです。

大学サッカーのコーチの年収

国公立大学のコーチの平均年収 100万円
私立大学のコーチの平均年収 280万円
  •        
  •        
  •        
  •       
    

大学サッカーのコーチの年収は100万円〜200万円で、大学サッカーのチームは大学職員や大学OBが副業で指導しているケースが多く、私立大学はコーチの派遣会社に求人を出して雇用しています。大学でサッカーの指導をしている人の月収は7万円〜9万円で、名門私立大学の指導者の年収は平均250万円で実績や経歴で変化します。      

高校サッカーのコーチの年収

国公立高校のコーチの平均年収 100万円
私立高校のコーチの平均年収 280万円

高校サッカーのコーチの給与は公立学校の外部指導員の場合、勤務体系はアルバイトが多く平均年収は100万円で副業をしている人が多いです。私立高校の名門サッカー部のコーチの月収は16万円〜30万円で、年収に換算すると200万円〜360万円です。私立高校の場合は部活動に力を入れて外部にPRし、生徒数を確保するため公立校よりも給与の水準が高くなります。

サッカースクールのコーチの年収

サッカースクールの平均年収 210万円
有名選手のサッカースクールの年収 330万円

サッカースクールのコーチの年収は180万円〜240万円で、月収15万円〜20万円が相場です。サッカー元日本代表の本田圭佑選手がプロデュースしているサッカースクールのコーチの月収は15万円〜40万円で、JFAの指導者ライセンスやコーチ経験や実績に応じて給料も異なります。

少年サッカーのコーチの年収

Jリーグのユースのコーチの平均年収 220万円
地域の少年サッカーコーチの年収 100万円以下

少年サッカーのコーチの年収はJリーグのユースで200万円〜250万円ですが、街や地域の少年サッカーチームのコーチは保護者やボランティアの人が務めています。Jリーグのユースはカテゴリに対応したJFAのA級ライセンスを取得するとコーチになれますが、コーチの給料だけで生計を立てるのが厳しく副業をしている人もいます。

サッカーのコーチに必要なスキルとは?

サッカーコーチに必要なスキルはサッカーの技術とコミュニケーション能力、語学力、マネジメント能力です。サッカーの技術はサッカーを指導するために不可欠なスキルで、コミュニケーション能力は指導内容の習熟度や理解度を把握するために必要なスキルです。

外国人を指導する場合やコーチから監督へキャリアアップを目指す場合は語学力とマネジメント能力も要求されます。

サッカーの技術

コーチに必要なサッカーの技術にはサッカーの基本的な動作と試合で必要な戦術的な技術があり、サッカーコーチは基本的な動作やチーム戦術を選手にわかりやすく指導することが求められます。

基本的な技術はボールの扱い方からシュートやパス、ドリブル、相手からボールを奪うためのタックルがあり、戦術的な技術ではゲームの組み立て方からオフザボールの動き、相手からボールを奪うための戦術的なプレスのかけ方があります。

コミュニケーション能力

サッカーコーチに必要なコミュニケーションスキルは傾聴力と質問力があり、傾聴力は選手や生徒を深く理解するために考え方や意見、抱えている悩みや問題を聞き出すスキルで、質問力は選手が失敗や問題が発生したときに選手へ質問を投げかけ、考える力や成長するための気づきを与えるスキルです。

チーム力を強化するには改善を繰り返すことが求められ、課題を発見するためには選手と深い信頼関係を築くことが重要です。

語学力

サッカーコーチに必要な語学力は日本語だけでなく、英語やヨーロッパ圏の言語を話せて、外国人選手や外国人監督とスムーズにコミュニケーションをとれることが望ましいです。英語は世界各国で学習する機会が多いため英語を話せれば最低限のコミュニケーションがとれます。

Jリーグにはブラジル人選手が多くブラジルの公用語であるポルトガル語や4大リーグの主要言語であるスペイン語やフランス語、ドイツ語を話せると安心です。

マネジメント能力

サッカーコーチに必要なマネジメント能力は、チームの目標を達成するために選手や生徒の力を最大化させて成果を上げられるチームを作るため力が必要です。サッカーはチームプレーであるため、選手がどう動くべきか、選手同士ですり合わせる必要があり、チームを円滑に動かすためには、コーチが率先して選手同士のコミュニケーションを促し、統率しなければいけません。

サッカーのコーチになる方法とは?

サッカーコーチになる方法はJFAのライセンスを取得し、ライセンスの階級に対応したサッカースクールやクラブでコーチになるのが一般的です。

ボランティアやアルバイトの場合は、必ずしもライセンスが必要ではありませんが、プロやJリーグのユースを指導するためにはA級ライセンスの取得が必須となります。プロの監督を目指す場合はS級ライセンスの取得が必要です。

Jリーグのコーチ

Jリーグのコーチになるためには、JFAのA級ジェネラルかS級ライセンスが必要です。JFAのライセンスを取得するには、サッカーの技術だけでなく、知識や教養を試される試験があり、A級以上のライセンス取得は一筋縄ではいきません。地域のクラブチームやスクール、小中学校でサッカーコーチの経験を積みながら、ライセンスを取得しJリーグのコーチを目指す人が多いです。

クラブチームのコーチ

クラブチームのコーチはJリーグの指導者と異なり、JFAのライセンスが必ずしも必要ではありませんが、指導者ライセンスを取得していると給料や待遇面で優遇される可能性があります。強豪チームのコーチは、JFAのライセンスの取得を求められる可能性が高いです。

サッカースクールのコーチ

サッカースクールのコーチはJリーグのユースやナショナルトレセンで指導をする場合はA級U-12のライセンスが必要ですが、小さめの規模のスクールの場合、必須ではありません。JFAの指導者ライセンスを取得することで生徒や保護者の信用を得ることができるため、独立して開業するときに有利です。

サッカーコーチの年収を上げる方法とは?

サッカースクールやクラブで働いている正社員のサッカーコーチの年収を上げる方法は3種類あります。

・JFAライセンスを取得する
・クラブで経験を積む
・資格を取得する

サッカーコーチの年収の上がり幅は10万円〜200万円で、ライセンスや経験、資格を取得することで基本給が上がる場合や資格手当が発生します。

JFAのライセンスを取得する方法

JFAライセンスを取得するとサッカークラブやサッカースクールでは年収が60万円から200万円アップします。年収の上り幅は有名選手がプロデュースしたサッカースクールや全国展開しているスクールが高い傾向にあり、規模が小さい地方のクラブでは月収で3万円から5万円アップします。高度なライセンスを取得していると、好条件の求人に応募でき、自身でサッカースクールやクラブの開業も可能です。

クラブで経験を積む方法

サッカーコーチの仕事は経験者が優遇される傾向にあり、サッカースクールやクラブの給与は180万円〜200万円が相場ですが、経験を積み実績を残すことで年収は300万円〜400万円にアップします。
指導経験の有無はサッカーコーチの求人で重要視されている項目で、指導経験があると基本給が高くなり、好待遇で入社が可能です。給与がよいプロや社会人のチームでコーチや監督を務めるためには指導経験は必須です。

資格を取得する方法

資格を取得することでクラブやスクールで働いている場合は資格手当が発生し、年収が10万円〜60万円アップします。資格手当の金額は福利厚生が充実しているスクールやクラブのほうが多くもらえる傾向で、資格内容や取得難易度で金額は異なります。

サッカーコーチに活かせる資格はJFAライセンスや公認スポーツ指導者の資格があり、フィジカルトレーナーやアスリートフードマイスターの資格も取得していると有利です。

サッカーコーチの年収事情を語ろう

サッカーコーチの年収は100〜900万円で、プロやアマチュア、所属するクラブやスクールの規模によってバラつきがあります。プロを指導するサッカーコーチの年収は600〜900万円とかなり高額ですが、高難易度のJFAライセンスの取得が必須でかつ採用枠も限られています。

サッカーコーチの仕事は給料面では平均年収が低いですが、サッカーを通して選手の成長をサポートできる魅力的な仕事です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。