2018年12月23日 更新

サッカー練習メニュー!高校・中学でおすすめしたい練習法とは?

サッカーには多くの練習メニューがあります。サッカーの試合を想定したものやアップに使うものなど、その用途は様々ですが、色々な練習メニューを組み合わせることでサッカーの試合に勝てる技術を身に付けていきます。その中から高校・中学の時にやっておきたい練習法を考えます。

41,795 view お気に入り 0
自主練や時間が少し空いた時でもできる一人で行うトラップ練習です。ボールを上に蹴りあげて、そのボールをトラップします。この方法は上からしかボールが来ないのですが、ボールの勢いを殺すために、タッチの瞬間に足の力を抜くことで、トラップをする時の微妙な力加減を覚えることができます。
また、胸トラップの時には、ボールが当たる瞬間に、少しだけ胸を引くことでボールの勢いを殺すことができますので、一人の練習であれば、この辺りを意識してボールタッチを養います。

二人で行うトラップ練習

二人で向かい合って、ボールを投げてもらいそれを色んな場所でトラップします。
トラップしたボールは地面につく前に素早く相手にボレーの状態で返すようにします。
これによってトラップ後のボールの処理をしっかりと行うことができるようになりますし、少し左右や前後に動くようなボールをあえて投げることで、動きながらトラップするイメージを付けることができます。
実践では動きながらトラップをしてそのままボールを蹴らなければいけないので、この練習が効果的になってきます。

サッカーの基礎練習メニュー③ドリブル編

ドリブル練習

 (8621)

サッカーではドリブルができれば自分でボールを運んで行くことができますし、局面を打開することもできるようになってきます。
一人でも練習しやすいメニューです。
サッカーのドリブルの練習メニューとしては、コーンを置いて、それを避けるようにしてドリブルしていきます。
少し余裕ができてくれば、コーンの前でフェイントをかけるようにするとより実践的になってきます。
サッカーのドリブルは一人でも練習できますので、多くのメニューを作ることも考えることもできますから、自分で考える力を付けながら練習することもできます。

細かなタッチのドリブル練習

ドリブル練習をするときに、ボールタッチを細かくすることが重要です。
コーンを一定間隔で少しずらしながら2列に置きます。
そして斜めにボールを運んでいきますが、この時に、アウトサイドだけを使って進んでインサイドで切り返して次のコーンを目指したり、インサイドで進んで行ってアウトサイドで切り返したりすることで実践的な方向転換を意識しながらドリブルの練習を行うことができます。
ボールを運ぶときのタッチ数を多くすることでボールを足元から離さないようにすることができます。

ボールタッチを養うドリブル練習

コーンなど止まった障害物を避けることができるようになってくれば、ゴールエリアくらいの広さに、選手全員が入って、5分自由にドリブルを行います。
この時に、考えることは色んな選手が周りにいますから、周りの状況をきちんと把握しながらドリブルをすることが大事になってきます。
また、自分からドリブルしている選手を相手に見立てて、ドリブルで仕掛けてフェイントをかけて抜くことを行うわけです。
この時に多くの選手がいるので、どこから次の選手が出てくるのかを把握してかわしていく必要が出てくるので周りを見ながらのドリブル練習ができるのです。

サッカーの練習メニューをチームで行う方法

北本東サッカークラブ公式ブログ: Bチーム 練習試合結果 9/22 (8622)

サッカーの基礎練習は二人でも行えますが、チームで行うべき練習方法を紹介していきます。
サッカーではチームで行う練習の良いところはオフェンスもディフェンスも実践を意識した人数で行うことができるところです。
サッカーの練習メニューとしては、シュート練習であったり、パス練習であったりとそのメニューは多岐に渡りますし、アイディア次第でいくらでも新しい練習方法を考えることもできますので、頭を使って自分たちでメニューを考えていくことがおすすめですが、ここでいくつか挙げてみます。
一人よりも人数が多い方が多くのメニューをこなすことができるのです。

サッカーの基礎練習メニュー④シュート編

シュート練習

asahi.com(朝日新聞社):長友23歳「天職」証明の日 「エトー止めて世界驚かせる」 - サッカーワールドカップ (8623)

サッカーにおける最も簡単なシュート練習はポストプレーヤーを置いて、その選手にパスを入れます。
リターンをもらってシュートを打つ練習になります。
一人では難しいのがこのシュート練習になってきます。
サッカーではこのシュート練習もいくらでも応用を効かせることができます。
ポストプレーをする選手にディフェンスを付けることでよりプレッシャーをかけることができますし、ポストに当てる選手と走り込んでシュートを打つ選手が別に走り込むことで3人目の動きの確認をすることもできます。
おすすめなのは、自分たちで工夫して練習メニューに肉付けを行っていくことです。

ドリブルからのシュート

森本、鋭いシュートも「やるべきことを」 (3) - サッカーW杯 - SANSPO.COM (8627)

サッカーのドリブル練習メニューではコーンなどの障害物を置いた状態でドリブルを仕掛けて、かわして素早くシュートを打つ練習です。
サッカーでは個人でゴールに迫る場面も当然ながら出てきます。
そういった状況を想定しているのがドリブルからのシュート練習のメニューです。
このサッカーの練習メニューでおすすめしたいポイントはだらだらドリブルをするのではなく、ある程度の距離まで行ったら障害物を避けてすぐにシュートを打つ練習をすることです。
こうすることで、相手ディフェンスが足を出しても間に合わないようにシュートを打つことができるようになります。
一人でも相手をイメージすることでシュートの練習ができます。

センタリングからのシュート

アルビレックス新潟 公式サイト|ALBIREX NIIGATA OFFICIAL WEBSITE (8628)

サッカーではサイドからの攻撃が有効とされていますので、センタリングを上げてヘディングやダイレクトでシュートできるような練習メニューを繰り返します。
サイド攻撃は一人では練習できません。
サッカーのオフェンスはサイド攻撃が有効なのは、相手の態勢をボールの方に向けることでFWがマークを外して走り込み安くなるからです。
そのためには、普段からドリブルやワンツーでサイドを崩してそのままセンタリングを上げる練習メニューをします。
その時にどのあたりのポジションでボールが欲しいのかを確認しておくことで人ではなく場所にボールを出して走り込みやすくする練習メニューです。

サッカーの基礎練習メニュー⑤その他編

100 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者のコツ!シュートとドリブルの6つ基本とは?

フットサル初心者が上達するためのコツは、基本を押さえた練習をすることです。 フットサルは、足でボールを扱う競技ですから、とても難しいものですが、初心者だからこそコツを掴むことができれば、上達する速度は速くなります。コツを掴めば、一気にフットサルが上達します。
現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究!基本的な戦術20選を解説

現代バスケットボールの戦術研究として、基本的な戦術20選を解説していきます。バスケットボールの醍醐味といえば、スピード感溢れる試合展開やテクニックにありますが、様々な戦術を、相手チームの特性やそれぞれのシチュエーションに応じて使い分ける頭脳戦も見どころの一つです。
8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

8秒ルールを理解しよう!簡単にわかりやすく解説【バスケルール】

バスケの8秒ルールとはどのようなものでしょうか?バスケットボールのルールには24秒、8秒、5秒、3秒という様々な制限時間におけるルールが定められています。そんな数ある制限時間のルールの中から今回は8秒ルールにスポットを当てて、誰にでも簡単にわかりやすく理解できるように解説していきます。
サッカーのポジションを徹底解説!【それぞれの役割と適性・性格】

サッカーのポジションを徹底解説!【それぞれの役割と適性・性格】

サッカーのポジションにはそれぞれに与えられた役割や動き方の基本があり、またチーム戦術によってそれらが変わってくるものです。ポジションごとの違いや、そのポジションへの適性、性格的な面での向き不向きなど図を元に解説していきたいと思います。
CAS |
バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスの5つのコツとは?意識の違いが重要?

バスケのディフェンスは、足を動かすことが重要です。バスケのディフェンスのコツは、ステイローで姿勢を低くして、ステップを使い分けることや、ディレクション及びハンドチェックを上手に行うなど5つあります。ディフェンスで意識することは、ボール保持者との距離やチームディフェンスの約束事です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

camarade20042000 camarade20042000