Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. メッシとネイマールを徹底...
メッシとネイマールを徹底比較!2人の凄さと魅力に迫る

メッシとネイマールを徹底比較!2人の凄さと魅力に迫る

世界を代表する2人のスーパースターである、メッシとネイマール。ネイマールはブラジル代表のエースとしてメッシの背中を追いかけてきました。そのため、両者は何かと比較されてきました。ここではメッシとネイマールを徹底比較し、2人の凄さと魅力に迫ります。

2021.12.16 サッカー

世界を代表するメッシとネイマール

メッシのプロフィール

神奈川のジャンケンジョニー on Instagram: “🇪🇸⚽カンプノウでの開幕戦は良いスタートを切りました🙌#バルセロナ#メッシ#コウチーニョ#開幕戦#カンプノウ#アラベス#WOWOW” (53814)

国籍:アルゼンチン スペイン
生年月日:1987年6月24日生まれ
身長:170cm
体重:72kg
ポジション:FW(CF,ST,RWG)、MF(OMF)
利き足:左足
2003-2004 バルセロナC
2004-2005 バルセロナB
2004- バルセロナ

ネイマールのプロフィール

大智DA#7 on Instagram: “#ネイマール” (53816)

国籍:ブラジル
生年月日:1992年2月5日生まれ
身長:175cm
体重:68kg
ポジション:FW(LWG)、MF(OMF)
利き足:右足
2007-2013 サントス
2013-2017 バルセロナ
2017- パリ・サンジェルマン

メッシとネイマールを徹底比較!①ドリブル編

Crisitano7 & Messi10 on Instagram: “Neur? what Neur? *I dont own any copyrights  #leomessi #messi #cristiano #football #soccer #music #futsal #freestyle #follow #like #sport…” (53831)

メッシとネイマールは昔から互いを認め合う仲で、プライベートでも仲が良いことで知られています。ピッチ上でも互いの仲の良さがわかるような連携を見せます。
そんなメッシもネイマールもドリブラーとして有名なサッカー選手ですが、その違いはどこにあるのでしょうか。メッシとネイマールのドリブルを比較するにあたり、ポイントにあげられるのがドリブルスタイル・テクニック・スピードの3点です。
ドリブルスタイルは選手個々のスタイルがあります。細かくボールタッチするタイプや大きく蹴り出すタイプ、テクニックはボールコントロールテクニックやドリブル技、スピードは縦への推進力や緩急をさします。

メッシのドリブルスタイル

メッシのドリブルスタイルは、ボールが足から離れないと表現されるように、細かくボールを素早くタッチするスタイルです。メッシは通常の選手が1タッチするところを2タッチ3タッチするほどの細かさで、体の中心線から60cm以内の範囲でボールを操る点が特徴です。
これだけ細かくボールタッチをされれば、ディフェンスはボールを奪うタイミングをはかりづらくなり、なかなか足を出せないという状況になります。細かくボールタッチをしながらゆっくりディフェンスに接近し、ボディフェイントを使いながら利き足の左足のアウトサイドで一気に加速して置き去りにするドリブルがメッシの凄い点です。

ネイマールのドリブルスタイル

ネイマールも抜群に足元が上手く、メッシと同じく細かいボールタッチが基本となりますが、メッシと違う点はディフェンスとの間の取り方や抜き方にあります。
メッシが利き足のアウトサイドでディフェンスを置き去りにするのに対し、ネイマールは足裏でコントロールしながら反発ステップを使って、利き足の右足のインサイドを使ってディフェンスを置き去りにします。
そしてネイマールは非常にテクニックが上手いサッカー選手のため、反発ステップだけではなく、シャウペやエラシコ、ヒールリフトなど様々な技を使ってディフェンスを抜く凄い選手です。この点、メッシはあまり派手な技を使わずに、スルスルと抜いていくイメージです。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

メッシのテクニック

メッシは優れたボールコントロールテクニックを持つサッカー選手です。メッシはアウトサイドやつま先部分を使っていつでもボールを動かせるように保持しています。そして通常の選手であればディフェンスのいない空いているスペースへドリブルしますが、メッシは持ち前の細かなボールタッチで意図的に密集地帯へ侵入します。その理由は1人よりも2人、3人を一気に抜き去ったほうがチャンスにつながるからです。
メッシは数人に囲まれてもボールを奪われない凄いテクニックを持ち合わせており、その局面をも打開してしまいます。メッシの得意技はダブルタッチで、スピードにのった状態でも密集地帯でも、およそ0.2秒という速さのダブルタッチで抜いていきます。

ネイマールのテクニック

【ネイマール】マジックのようなドリブル 2016/2017

ネイマールもまた優れたボールテクニックの持ち主ですが、メッシと比較すると、メッシのような細かなボールタッチで何人もスイスイ抜いていくというよりは、ジンガのリズムを駆使し、ドリブル技を使った突破型のテクニックでディフェンスを抜きます。
まず1対1ではネイマールを止めることは難しいといえます。ネイマールはエラシコやヒールリフト、シャウペといった高度で凄いドリブルテクニックをいとも簡単にやってのけます。その意味ではドリブル技で観衆を沸かせます。メッシの場合は華麗なドリブル技を使うというよりも、スルスルと何人も抜いていくので観衆としてみれば「何であんなに簡単に抜けるの?」という驚きの歓声が沸き上がります。

メッシのスピード

【リオネル・メッシ】緩急の付け方が抜群!無双レベルのドリブル集 20シーン厳選

メッシのドリブルスピードは極端に速いわけではありません。ドリブルスピードだけなら他にも速い選手はいます。しかしメッシの凄い点はドリブル時のスピードではなく、初動動作のスピードの速さにあります。
ディフェンスと対峙すると一瞬スピードを緩め、抜く瞬間に抜群のスピードを発揮し、加速までのスピードも素晴らしい速さがあります。つまりメッシは緩急を上手く使っているといえます。
さらに先ほども触れましたが、メッシは密集地帯へ侵入していきますが、複数人を抜く目的だけではなく、メッシは常にゴールに向かって優れた推進力で突破していきます。この点が他の誰にもできない凄いドリブルといえます。

ネイマールのスピード

ネイマールはとても俊足なサッカー選手で、バルセロナ在籍時はクラブで一番の俊足でした。当時のシーズンを通しての平均時速は33km/hと、凄い俊足ということがわかります。そのネイマールはドリブルスピードも素晴らしく、抜かれたディフェンスはまず追いつくことができません。
メッシ同様に緩急の使い方も非常に上手い選手で、得意の反発ステップも一瞬のスピードの速さがなければできません。ネイマールは持ち前のスピードを活かしたドリブルでサイドを突破してからのクロスを得意とする凄い選手です。

メッシとネイマールを徹底比較!②シュート編

Sportstation_TJ on Instagram: “_ _ #파리지엥  _ #파리생제르망  #홈 킷 2018/19 _ @psg  @psgkorea  @nikefootball  _ #PSG 의 모든것  #스포츠스테이션  _…” (53837)

メッシもネイマールもフォワードというポジションのため、世界クラスのシュート力の持ち主としても有名です。メッシはバルセロナでプロ生活をスタートさせ、多くのゴールを生み出し、アルゼンチン代表としてもエースの座に君臨し続けています。
ネイマールもサントスでプロ生活をスタートさせ、ドリブルテクニックだけではなく、その優れた得点能力でバルセロナへ移籍し、今ではパリ・サンジェルマンで、またブラジル代表のエースとして活躍しています。そのシュートの比較として得点力とどのようなシュートを得意としているのかを見ていきます。

メッシの得点力

メッシは驚異的な得点力の持ち主です。2009-10シーズンから2016-17シーズンまでのゴール数は、34・31・50・46・28・43・26・37と、毎シーズン凄い得点力を見せつけています。
この中で34得点した2009-10シーズン、50得点した2011-12シーズン、46得点した2012-13シーズン、37得点した2016-17シーズンで得点王であるピチーチ賞を獲得しています。この間273試合出場の295得点で、メッシの1試合平均得点数は1.08点と1試合に1得点は計算できるということになります。メッシは威力抜群のシュートを誇り、優れた得点力を持つ選手です。

ネイマールの得点力

ネイマールも世界が認める優れた得点力の持ち主です。メッシと比較すると、バルセロナに所属した2013-14シーズンから2016-17シーズンまでを見てみると、9・22・24・13と素晴らしい得点力を誇ります。
出場試合数123で総得点68、1試合平均0.55点と、2試合に1点を計算できるので素晴らしいレベルです。しかしメッシの1試合平均1.08点と比較するとやはりメッシの得点力が凄いことがわかります。これはネイマールがメッシと同じバルセロナに所属している時点での数字なので、単純に評価できませんが、パリ・サンジェルマンに移籍したネイマールがどれほどの得点力を見せるのかに注目が集まります。

メッシが得意とする得点パターン

【キーパーがとれるわけがない!】メッシの語り継がれるロケットゴール集 TOP15

メッシはドリブルで右サイドから中央へ切れ込み、そのままゴールへ向かってバイタルエリアへ侵入し、左足で強烈なシュートを狙う得点パターンを得意としています。さらにワンツーで抜け出してペナルティエリアから得点したり、強烈なミドルシュートが上手い選手です。
ゴールエリア内でのゴール決定力は、47.8%で、ペナルティエリア内では21.9%、ペナルティエリア外からは12.1%と高い決定力を誇ります。
リーガ・エスパニョーラに所属する全選手平均決定率がゴールエリア内38.2%、ペナルティエリア内13.1%、ペナルティエリア外3.1%ということから、メッシはどこからでも得点できる凄いシュートをもつ選手ということがわかります。

ネイマールが得意とする得点パターン

ネイマールスーパーゴール集

ネイマールもメッシと同じく、左サイドからドリブルで中央へ切れ込み、バイタルエリアへ侵入して得点を狙うパターンを得意とします。しかし、バルセロナに所属していたシーズンを参考に見てみると、ネイマールが実際に得点をあげたのはダイレクトシュートが全得点の約8割を占めています。
どちらかというと華麗なドリブル技からディフェンスを抜き去り、そのままシュートするイメージがありますが、実際には味方選手のパスを受けてからの得点が大半を占めているわけです。
これは、ネイマールがディフェンスのマークを上手く外していることをあらわしており、ネイマールは相手のマークを外すオフザボールの動きが非常に上手い選手ということがわかります。

メッシとネイマールを徹底比較!③パス編

バルセロニスタ Barcelona on Instagram: “#メッシ#写真加工#MESSI” (53838)

メッシもネイマールも、素晴らしいパスセンスを持った選手という認識がありますが、そのパスセンスを裏付けるように、メッシもネイマールもともにアシスト数が非常に多い選手です。
仲間へ試合を決定づけるようなラストパスを供給するには、仲間がどこにポジションを置いているのか、仲間の飛び出しのタイミングなどを把握する優れた視野の広さや状況把握能力が必要です。また、ピンポイントで仲間へ合わせるパスの上手さも求められます。
仲間の足元や仲間の触れるか触れないかという位置へボールを供給するテクニックはとても重要です。それではメッシとネイマールを比較しながら2人の魅力に迫ってみましょう。

メッシのアシスト

【メッシってなんでも出来ちゃうよな】絶妙アシスト集 TOP11!!

メッシは右サイドをドリブルで突破してから中央の仲間へクロスをあげるテクニック、中へ切れ込んでバイタルエリアへ危険なスルーパスを供給するテクニックと抜群のパスセンスを誇ります。
メッシはドリブルでトップスピードにのった状態でノーステップでパスを出すようなディフェンスに予測させない上手いパスを出します。
メッシのアシスト数は2014-15シーズンから2016-17シーズンまでの3シーズンで計76アシストとフォワードとは思えない数字を残しています。パス成功率も毎シーズン平均して80%を超えており、正確で上手いパス技術で仲間の得点をアシストする凄い選手ということがわかります。

ネイマールのアシスト

ネイマール絶妙アシストTOP5 Neymar Best Assists TOP5

ネイマールが最も得意とするパスは、左サイドを突破して中央へあげるクロスです。非常に上手いドリブルテクニックでサイドを勢いよく突破し、正確なクロスで仲間に合わせて幾度となく得点チャンスを演出します。
そのアシスト数は2014-15シーズンから2016-17シーズンまでバルセロナに所属した過去3シーズンで合計65アシストです。1シーズン平均20アシスト以上を記録するという驚異的なアシスト数です。
パリ・サンジェルマンに移籍した2017-18シーズンでも19アシストと素晴らしいアシスト数を記録しており、ネイマールは正確なパス技術で仲間とも上手く連携し、多くのチャンスを生み出していることがわかります。

メッシの状況判断能力

メッシは優れた視野の持ち主で、常に周囲の仲間やディフェンスを意識しながら次のプレー、またその次のプレーを予測しながら状況判断しています。
メッシは自ら密集地帯へドリブルで侵入し、ディフェンスを数人引き付けてから空いたスペースへパスを出したり、仲間のノーマークを作ります。
優れた状判断能力と視野の広さでメッシが創り出したチャンスは2013-14シーズンから4シーズンで計465回、ゲームメイカーとしての役割も世界最高レベルでこなすことができる凄いパスセンスの持ち主ということがわかります。

ネイマールの状況判断能力

ネイマールはオフザボールの時も、ボールを保持している時も常にルックアップして仲間やディフェンスの位置を見て状況判断しています。そしてネイマールの状況判断能力の凄さは、ボールを受けてからパスを出すのか、ドリブルするのか、シュートするのかといった判断を瞬時に行える点です。そのためシュートもダイレクトのシュートが多いという点につながるわけです。
ネイマールはメッシと違い、コンビネーションのパスやショートパスというよりは、ラストパスに長けた選手で、ネイマールからのパスは決定的なチャンスを作るパスが多くを占めています。クロスも得意な選手で、そのキック精度も凄い選手です。

メッシとネイマールを徹底比較!2人の凄さと魅力まとめ

Crisitano7 & Messi10 on Instagram: “What a beauty *I dont own any copyrights  #leomessi #messi #cristiano #football #soccer #music #futsal #freestyle #follow #like #sport…” (53827)

メッシもネイマールも世界トップクラスの凄いサッカー選手として認知され、ポジションも同じウイングということから何かと比較される両者ですが、そもそもタイプが違います。
ドリブルも細かいボールタッチとアウトサイドを使ってディフェンスをスルスルと抜けていくメッシに対し、ネイマールはインサイドを駆使し、ジンガのリズムと華麗な技を使って一気に突破するドリブラーです。
シュートもドリブル突破から得点するメッシと比較し、ネイマールは優れたマークを外す技術でダイレクトシュートで得点を量産します。
また、司令塔的な役割をこなせるメッシに対し、ネイマールは1本のパスで決定機を演出するキープレーヤーです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。