2020年3月31日 更新

サッカーボールの選び方とは?大きさやサイズを年齢とともに選ぼう

サッカーボールには年齢や学年によって3号球、4号球、5号球の3種類のサイズが展開しています。そして土のグラウンド・芝のグラウンドの性質に応じたもの、手縫いや機械縫い、サーマルボンディングなど製造方法によっても価格や性質に違いがあるなど、サッカーボールには選び方のポイントがあります。

799 view お気に入り 0
https://cdn.clipkit.co/tenants/229/item_images/images/000/093/098/medium/6f3f39ba-425a-4a1d-b56b-e2b0a0489ee4.jpg?1575022921 (93098)

サッカーボールは大きく分けて3号球、4号球、5号球に分けられますが、それ以外にもリフティング用やビーチサッカー用のサッカーボールも展開しています。


【リフティング用ボール】
リフティング用のボールは、ボールの芯を足の甲で正確にとらえるため、大きければ大きいほど簡単なため、小さめのボールを選ぶことがポイントです。

【ビーチボール用ボール】
ビーチボール用のボールは、素足でボールを蹴るため、表面にクッション性があり、空気を入れるバルブ部分には砂が入らないように工夫されたものがおすすめです。

サッカーボールの選び方③検定球の違い

Amazon | アディダス 17-18 フィナーレ キエフ キャピターノ 5号球 | adidas(アディダス) | サッカーボール (93649)

サッカーボールには検定球というものがあります。検定球には検定マークがついており、一定の信用と品質が担保されています。その検定マークにはJFA検定球とFIFA認定級に分かれています。JFA検定球とは、JFAの定める規格に合格し、検定を取得したボールのことで、日本国内での公式戦ではこのJFA検定球を使用することが義務付けられています。

また、FIFA認定級とは、FIFAの定める規格に合格し、検定を取得したボールで、FIFA主催の公式戦においてはこのFIFA認定球を使用することが義務付けられています。また、FIFA認定級を受けていることで、JFA検定が免除されます。一般的にはJFA検定球で十分です。
JFAとFIFA
JFAとは、公益財団法人日本サッカー協会の略称で、日本サッカーを統括し代表する国際競技連盟で、Jリーグや天皇杯全日本サッカー選手権大会など国内の公式サッカー大会を主催しています。

FIFAとは、国際サッカー連盟の略称で、世界のサッカーを統括する国際的組織で、傘下にヨーロッパ連盟、南米連盟、アフリカ連盟、北中米カリブ海連盟、アジア連盟、オセアニア連盟の各大陸連盟をおきます。

サッカーボールの選び方④縫い方

耐久性・クッション性に優れた手縫い

 (93983)

手縫いのサッカーボールは、一つひとつ丁寧に手縫いする手法で、手間暇がかかる分、太くて耐久性のある糸で人口皮革パネルを縫い合わせることで、より厚みのある強いサッカーボールに仕上がります。特徴はクッション性に優れ、摩擦にも強いため、試合にはもちろん、日々のハードな練習にも耐えることができる点にあります。

現在市場に展開しているサッカーボールのおよそ8割が手縫いのサッカーボールとされています。デメリットは、手縫いのため、パネルの間に隙間ができやすく、その隙間から雨などの水分が浸透してしまい、ボールが重くなることがあります。
・メリット:強度や耐久性、クッション性がある
・デメリット:パネル同士の間に隙間ができやすい

リーズナブルな機械縫い

 (93985)

機械縫いとは、ミシンのような機械でパネル同士を縫い合わせることで、大量生産できるため、価格もそれだけリーズナブルな価格で手に入れることができるというメリットがあります。そのためサッカーをやり始めたばかりの方から人気があるエントリーモデルとしての認識があります。

また、ミシン針に通る糸は、手縫いの糸よりも細いため、それにともなって人工皮革パネルも薄くなりがちなため、強度と耐久性の部分では手縫いのサッカーボールよりも劣ってしまいます。
・メリット:価格がリーズナブル
・デメリット:寿命が短い

パーフェクトなサーマルボンディング

 (93988)

手縫いのサッカーボールのデメリットであるパネル間に隙間ができてしまう点や、機械縫いのデメリットであるパネルの薄さが原因の耐久性の無さなど、これらのデメリットを全て解決してしまうのがサーマルボンディングです。サーマルボンディングとは、メーカーによって多少の違いはあるかもしれませんが、パネル同士を縫い合わせるのではなく、熱で圧着させることで、パネル同士の隙間を無くしている点が特徴です。

そのためパネル感の隙間から水分が浸透してボールが重くなるようなこともなく、ボールのどこを蹴っても力をボールに均一に伝えることができます。そんなパーフェクトなサーマルボンディングは、FIFAの認定球に多く取り入れられています。
・メリット:手縫い、機械縫いのデメリットを全てカバー
・デメリット:コストがかかる

サッカーボールの選び方とは?

 (93113)

サッカーボールを選ぶうえでは、まず年齢に応じて3号球、4号球、5号球からサイズを選びます。

土のグラウンドや芝のグラウンドなど、どのような場所で主にサッカーボールを使うのかによっても選び方に違いがあります。

さらに公式戦で使うためにはJFA以上の検定球である必要があり、耐久性を追求した一般的なボールを選ぶなら手縫い、初心者や、自宅での個人練習で使うならリーズナブルな機械縫い、より本格的に使用するならサーマルボンディングという具合に、段階的にポイントごとに選んでいくことで自分に最適なサッカーボールに出会うことができます。
48 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハンドボールコートの大きさ・広さと作り方【気になるポイントとは?】

ハンドボールコートの大きさ・広さと作り方【気になるポイントとは?】

この記事ではハンドボールコートの大きさ、広さ及びその作り方について紹介していきます。 ハンドボールを始めようと思っている方、学校の部活でハンドボール部の顧問になった方などのハンドボールが初めて向けに作成させていただきましたので、参考にしてください。
3号球のサッカーボールの選び方とは?人気のボールおすすめ5選を紹介

3号球のサッカーボールの選び方とは?人気のボールおすすめ5選を紹介

サッカーボールの3号球は、幼児から小学校低学年を対象としたサイズです。自分に合ったボールを使用することで、効率の良い練習ができます。3号球のサッカーボールの選び方を知っておくことで、数多くあるボールの中からお気に入りの1球をスムーズに選べます。
バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのサイズ・高さとは?ゴール・リングなどの規格一覧

バスケットゴールのリングは全てのカテゴリで共通のサイズ・大きさとなっています。バスケットボールのフロアからリングまでの高さは、ミニバスと一般公式のカテゴリで45cm違います。バックボードのサイズにも規定があり、使用するボールの大きさも5号6号7号の3種類あります。
サッカーボールのサイズ違いとは?誰でもわかりやすく規格を解説!

サッカーボールのサイズ違いとは?誰でもわかりやすく規格を解説!

サッカーボールは3つのサイズがあり、使用するのに適した年齢が異なります。自分の年齢に合ったサイズのボールを使用することで、テクニックや上達速度の向上が期待できます。自分に適したサイズのボールを選ぶために、ボールサイズの選び方を知っておきましょう。
カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマスを釣りたい!初心者におすすめのタックルと仕掛けとは?

カラフトマス(樺太鱒)を釣るためのタックルや仕掛けを詳しく紹介します。初めてカラフトマス釣りにチャレンジする初心者の方でも、必要なタックルや仕掛けを準備すれば、簡単に釣ることができます。カラフトマスの釣り方をマスターしましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

masamiohdaira9 masamiohdaira9