Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのシュートスピー...
サッカーのシュートスピードとは?歴代選手の速度をランキングで紹介!

サッカーのシュートスピードとは?歴代選手の速度をランキングで紹介!

サッカーのシュートスピードとは、サッカーでシュートを打ったときのボールスピードのことです。プロサッカー選手のシュートスピード平均は100 km /hですが、シュートスピードの歴代トップ10にランクインした選手達は150km/hを超えています。

2021.12.16 サッカー

サッカーのシュートスピードとは?

Login 窶「 Instagram (158044)

サッカーのシュートスピードとは、サッカーで打ったシュートを映像で解析したボールのスピードのことを指します。プロサッカー選手のシュートスピード平均は100Km/hですが、なかには100Km/hを超える強力なキックを出せる選手もいます。

サッカーでミドルシュートやロングシュートでゴールするためには、シュートスピードの速さが必須となります。

シュートスピードのランキング10人

シュートスピードのランキングにランクインした多くの選手は、ヨーロッパで活躍していた選手です。なかには、Jリーグでプレーしたことのある選手も含まれています。

歴代トップ10にランクインした選手達はシュートスピードが150km/hを超えていますが、10位と1位のスピードの差は100km/h以上​あります。

10位:アンソニー・イエボア 154km/h 

Login 窶「 Instagram (156903)

名前 アンソニー・イエボア
国籍 ガーナ
生年月日 1966年6月6日
身長/体重 184cm/78kg
ポジション FW
所属クラブ 1988-1990:アサンテ・コトコ
1990-1995:コーナーストーンズ
1995-1997:オクワウ・ユナイテッド
1988-1990:1.FCザールブリュッケン
1990-1995:アイントラハト・フランクフルト
1995-1997:リーズ・ユナイテッド
1997-2001:ハンブルガーSV
2001-2002:アル・イテハド
アンソニー・イエボアはアフリカを代表するガーナ出身の元サッカー選手で、抜群の身体能力とスピードを武器にゴールを量産しています。遠目からのミドルシュートでの得点はもちろん、打点の高いヘディングでの得点も数多く決めています。

ドイツのブンデスリーガでは過去に2度の得点王に輝いてる名プレイヤーです。

9位:ダヴィド・トレゼゲ 154.6km/h

Login 窶「 Instagram (156902)

国籍 フランス/アルゼンチン
生年月日 1977年10月15日
身長/体重 190cm/80kg
ポジション FW(CF)
所属クラブ 1994~1995:CAプラテンセ
1995~2000:ASモナ
2000~2010:ユヴェントスFC
2010~2011:エルクレスCF
2011:バニーヤースSC
2011~2014:CAリーベル・プレート
2013~2014:ニューウェルズ・オールドボーイズ (loan)
2014:FCプネー・シティ
ダヴィド・トレゼゲは元フランス代表のエースストライカーで、味方からのクロスボールやゴール前へのラストパスにあわせるシュートがとてもうまい選手です。トレゼゲの持ち味は、力強いボレーシュートです。

ユヴェントスFCでは、長年に渡りデルピエロとの名コンビで活躍し、2002年にはセリエA得点王 、セリエA最優秀選手やセリエA最優秀外国人選手などを総ナメしています。

8位:デイビッド・ハースト 183km/h

Login 窶「 Instagram (156905)

名前 デイビッド・ハースト
国籍 イギリス(イングランド)
生年月日 1967年12月7日
身長 180cm
ポジション FW
所属クラブ 1985~1986:バーンズリー
1986~1997:シェフィールド・ウェンズデイ
1997~2000:サウサンプトン
  •        
  •        
  •        
  •       
    
デイビッド・ハーストはイングランドの元サッカー選手で、左足から放たれる力強いシュートが持ち味です。力強いドリブルとスピードを兼ね備え、ゴールを奪うためのポジショニングに優れています。

1996年9月のアーセナル戦では、ゴールにはならなかったものの、183km/hの強烈なシュートを打ち、当時の最速記録記録となりました。

7位:ロナルド・クーマン 188km/h

Login 窶「 Instagram (156908)

名前 ロナルド・クーマン
国籍 オランダ
生年月日 1963年3月21日
身長/体重 182cm/81kg
ポジション DF
所属クラブ 1980~1983:フローニンゲン
1983~1986:アヤックス
1986~1989:PSV
1989~1995:バルセロナ
1995~1997:フェイエノールト
ロナルド・クーマンはオランダの元サッカー選手で、現在はオランダ代表のサッカー監督です。サッカー監督のキャリアは長く、過去にはイングランドのプレミアリーグ月間最優秀監督に3度輝いています。

クーマンは、力強く正確なキックをすることができるため、フリーキックやPKでの得点も数多くあげました。通算535試合に出場し、DFとしては驚異的の193ゴールを記録しています。

6位:スティーヴン・リード 189km/h

Login 窶「 Instagram (156910)

名前 スティーヴン・リード
国籍 イギリス(アイルランド)
生年月日 1981年3月10日
身長/体重 185cm/87kg
ポジション DF/MF(RSB, RSH, CH)
所属クラブ 1998~2003:ミルウォール
2003~2010:ブラックバーン
2009:クイーンズ・パーク・レンジャーズ(loan)
2010:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(loan)
2010~2014:ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン
2014~2015:バーンリー
スティーヴン・リードは元アイルランド代表のサッカー選手で、現在はサッカーチームの指導者をしています。強烈なロングシュートを武器とし、対人でも当たり負けしないボディバランスの持ち主で有名です。

ブラックバーン在籍時の、2005~06シーズンのウィガン・アスレティックFC戦では、30ヤードの距離から豪快なロングシュートを決めています。

5位:アリエン・ロッベン 190km/h

Login 窶「 Instagram (156911)

名前 アリエン・ロッベン
国籍 オランダ
生年月日 1984年1月23日
身長/体重 180cm/80kg
ポジション FW(WG, CF)/MF(SH)
所属クラブ 2000~2002:フローニンゲン
2002~2004:PSV
2004~2007:チェルシー
2007~2009:レアル・マドリード
2009~2019:バイエルン・ミュンヘン
2020~:フローニンゲン
アリエン・ロッベンは、オランダを代表する攻撃的アタッカーで、緩急をつけたドリブルが得意な選手です。足も速く、トップスピードは最速37km/hと、サッカー界屈指のスプリンターでもあります。

アリエン・ロッベンには、圧倒的スピードを持つ反面、自身のスピードで足に負担がかかり怪我に悩まされたことも多々ありました。2018~2019シーズン終了後に引退を発表しましたが、2020年6月に現役復帰を発表しています。

4位:ルーカス・ポドルスキ 201km/h

Login 窶「 Instagram (156913)

名前 ルーカス・ポドルスキ
国籍 ドイツ/ポーランド
生年月日 1985年6月4日
身長/体重 180cm/80kg
ポジション FW/MF
所属クラブ 2003~2006:ケルン
2006~2009:バイエルン・ミュンヘン
2009~2012:ケルン
2012~2015:アーセナル
2015:インテル・ミラノ (loan)
2015~2017:ガラタサライ
2017~2019:ヴィッセル神戸
2020~:アンタルヤスポル
ルーカス・ポドルスキは、ドイツの怪物ストライカーと呼ばれています。2017~2019シーズンはイニエスタやダビド・ビジャらとともに日本のヴィッセル神戸でプレーしていました。

ポドルスキの代名詞は左足の力強い高速シュートで、ペナルティエリア外からのミドルシュートでのゴールをたくさん決めています。自ら得点を奪うだけでなく、味方へのチャンスメイクもできる能力の高いプレイヤーです。
ポドルスキはドイツ代表での出場試合数とゴール数でともに歴代3位の記録を持っています。これまでに出場した国際大会は多く、ワールドカップを3度、欧州選手権を4度経験しています。2006年のワールドカップでは3得点を奪い、リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドを抑えて最優秀若手選手に選ばれました。

3位:ロニー・エベルソン 210km/h

Login 窶「 Instagram (156925)

名前 ロニー・エベルソン
国籍 ブラジル
生年月日 1986年5月11日
身長/体重 175cm/74kg
ポジション MF
所属クラブ 2004~2006:コリンチャンス
2006~2010:スポルティング
2009~2010:ウニオン・レイリア(loan)
2010~2016:ヘルタ・ベルリン
2017:フォルタレーザEC
ロニー・エベルソンは、当たり負けしない身体の強さと、足元から離れないドリブルが持ち味のブラジル出身のサッカー選手です。エベルソンは左サイドハーフのプレイヤーですが、左サイドバックとしても活躍し、200km/hの速度を超える左足の強烈なキックで何度もフリーキックを決めています。

2位:フッキ 214km/h

Login 窶「 Instagram (156926)

名前 フッキ
国籍 ブラジル/ポルトガル
生年月日 1986年7月25日
身長/体重 178cm/85kg
ポジション FW(CF/RWG)
所属クラブ 2004~2005:ヴィトーリア
2005:川崎フロンターレ(loan)
2006~2008:川崎フロンターレ
2006:コンサドーレ札幌(loan)
2007:東京ヴェルディ(loan)
2008:東京ヴェルディ
2008~2012:ポルト
2012~2016:ゼニト・サンクトペテルブルク
2016~:上海上港
フッキはブラジルのサッカー選手で、若手の時代はJリーグのクラブでも活躍し、2009年から2016年まではブラジル代表としてもプレーしていました。

フッキは、強靭なフィジカルとスピードに加え、足元のテクニックも兼ね備えた最高選手です。パワフルなキックを武器に、ミドルシュートやさらに遠くからのロングシュート、フリーキックも決めてしまうほどの能力を持っています。

1位:ハミ・マンドゥラル 266km/h

Login 窶「 Instagram (156932)

名前 ハミ・マンドゥラル
国籍 トルコ
生年月日 1968年7月20日 
身長 178cm
ポジション MF/FW
所属クラブ 1985~1998:トラブゾンスポル
1998~1999:シャルケ04
1999~2002:トラブゾンスポル
2002:アンカラギュチュ
ハミ・マンドゥラルはトルコの元サッカー選手で、現役を引退した後は自身が長年プレーしていたトラブゾンスポルの監督などを務めています。

マンドゥラルは、フリーキックの名手で、これまでに何度もゴールをあげてきました。ロベルト・カルロスに似ているシュートスタイルで、266km/hの速度になるシュートスピードは歴代最速です。

現役最高のシュートスピードは誰?

Login 窶「 Instagram (158047)

現役最高のシュートスピードは、歴代のシュートスピードランキングで2位のフッキです。フッキは現在30台前半なため、豪快なシュートが見られるの機会も、もう多くはないかもしれません。今後どこまで現役を続けるのかに注目が集まっています。

フッキ 214km/h

Login 窶「 Instagram (157020)

現役最高のシュートスピード214km/hを誇るフッキは、現在、エースナンバーの背番号10番を背負って中国・スーパーリーグの上海上港でプレーしています。

年齢を重ねて培った経験と磨き上げた肉体で、他を寄せ付けない圧倒的強さがポイントです。現役最速のシュートスピードを武器に、まだまだゴールを量産していく可能性があります。

サッカーのシュートスピードの番外編

Login 窶「 Instagram (158045)

サッカーのシュートスピードの番外編ではコロコロPK​があります。サッカーでは、シュートスピードが速いことが大きな武器になりますが、シュートスピードが速いことだけが全てではありません。速度のある弾丸シュートでゴールを狙うか、テクニックを駆使した技ありシュートでゴールを狙うかを、状況により使い分ける必要があります。

コロコロPK

コロコロPK

コロコロPKとは、その名のとおり、コロコロとボールを転がすPKの蹴り方で、元日本代表の遠藤保仁選手の代名詞です。PKは思い切り蹴らないと入りにくいと考えられていますが、コロコロPKのような蹴り方でもゴールを奪うことができます。

コロコロPKをするときは、ゆっくりと助走を取り、キーパーと駆け引きをしながら相手の重心移動を考えながら蹴るため、スピードがなくてもゴールを奪うことができます。

シュートスピードを速くするには?

Login 窶「 Instagram (158046)

サッカーでシュートスピードを速くするには、インステップでシュートを打つことが基本です。ボールの中心を蹴ることを意識し、軸足はしっかりとボールの横に置くようにしましょう。膝下の振りを速くすることで、足がボールに当たるときのインパクトが生まれます。

コツをつかむためには、ポイントを意識しながら繰り返し練習することが必要です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。