2020年6月29日 更新

サッカーの走行距離とは?Jリーグやプレミアリーグの距離はどのくらい?

サッカーの走行距離は、サッカーの試合を分析する1つのデータです。選手個人の運動量をトラッキングデータとして測定しておくことで、チームの傾向を知ることができます。主な測る方法はGPSなどの計測デバイスで、海外ではいち早く取り入れられていました。日本ではJリーグで全試合にトラッキングカメラが採用されています。走行距離を知ることで、プロサッカーの判断や思考がさらに深く追求できます。

8,386 view お気に入り 0

サッカーの走行距離とは?

 (150193)

サッカーの走行距離とは、1試合あたりに選手が走った距離を測定したものです。運動量の目安となり、試合分析や戦術の組み立てで大いに参考になるデータです。自動追尾システムを用いることから、サッカーの走行距離をトラッキングデータと言い換えることもあります。

サッカーの走行距離や加速度から選手の動きを数値化し、化学的分析によって選手やチームのパフォーマンス力向上を目指します。

サッカーの走行距離の測り方

 (148578)

Jリーグや海外サッカーでは、試合中に選手の走行距離を計測し続けています。プレーヤーやサポーターにはまったく支障の無い形で計測するため、どうやって測るのかが見えにくいのも事実です。

サッカーの走行距離を測る方法はいくつかありますが、主にGPS機能を用いて走行距離を計測しています。トラッキングデータと実際の運動量の誤差が縮んでいくことを目標に、日々高精度の計測器が開発されています。

計測器

サッカーの走行距離で用いられる計測器で特に有名なものは、オーストラリアのカタパルト社が開発するオプティムアイS5です。通称デジタルブラジャーと呼ばれるスポブラ型インナーに装着され、海外のビッグクラブでも採用されているGPS測定器です。

Jリーグでは、2015年度よりCHYRONHEGO社のトラッキングカメラであるTRACABが全試合で採用されています。

走行距離の測定方法

サッカーの走行距離の測定方法は主に以下の4つが挙げられます。

・トラッキングカメラによる測定
・スパイクにチップを埋め込んでデータ管理
・ユニフォームのインナーに計測デバイスを搭載
・衛生によるデータ管理


GPSを含むGNSS(衛星を含めたシステム)を活用することで、運動量や加速度などのデータを測定します。海外でGPS測定を採用したことを皮切りに、Jリーグでは全スタジアムに測定カメラが導入​されました。

平均走行距離とは?

プロサッカー選手の平均走行距離は90分で約10km程です。2018年のFIFAワールドカップ平均走行距離トップはロシアの8.33kmでした。

高校サッカーの平均走行距離は8~9kmで、男子高校生とプロサッカー選手の平均走行距離には大きな差がないことがわかります。

Jリーグの走行距離

 (148577)

Jリーグでは、2015年より測定したトラッキングデータを公開しています。チームの平均走行距離や個人の走行距離ランキングやスプリント回数といったデータです。Jリーグ選手の個人運動量やチームの動きが数字で見られるため、トラッキングデータによってサッカーチームの戦術がわかります。

横浜F・マリノス

チーム平均走行距離(2019年) チーム試合別走行距離(2019年)
116.647km 127.843km(第6節 浦和vs横浜FM)
1人あたり10.604km 1人あたり11.622km
横浜F・マリノスは、2019年度Jリーグチーム平均走行距離トップ​でした。試合別の走行距離ランキングでも、第6節対浦和戦での横浜FMが2019年度Jリーグの最大走行距離というトラッキングデータが計測されています。
横浜FMは2019年度明治安田生命J1リーグでもチャンピオンに輝いており、走力と得点力を兼ね備えたチームだといえます。

湘南ベルマーレ

 (149100)

チーム平均走行距離(2019年) チーム試合別走行距離(2019年)
114.980km 127.394km(第4節 湘南vs仙台)
1人あたり10.452km 1人あたり11.581km
2019年度Jリーグチーム平均走行距離第2位は湘南ベルマーレです。試合別走行距離も、対仙台戦での湘南ベルマーレの走行距離は横浜FMに次いで第二位という計測結果でした。
同年、湘南ベルマーレは18チーム中16位と、J1残留争いをするという結果になっています。運動量と勝率が必ずしも比例しないことがわかります。

セレッソ大阪

チーム平均走行距離(2019年) チーム試合別走行距離(2019年)
113.281km ランクインなし
1人あたり10.298km
セレッソ大阪は、平均走行距離がJ1全18チーム中第8位です。 対大分戦では奥埜博亮選手の走行距離が、試合別個人走行距離ランキング堂々の第1位という計測データを出しています。

奥埜選手は、年間を通して試合別個人走行距離ランキングに何度も名を連ねる程運動量の多い選手です。チームの中に突出した運動量を保つ選手がいると、チームの走行距離平均を引き上げることにもなります。
54 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーの現在とは?セカンドキャリアについて考察してみた!

元Jリーガーのセカンドキャリアは、タレントに転身する人やサッカー指導者になる人とさまざまです。特に日本酒を世界に発信する会社を設立した中田英寿氏やバラエティ番組にひっぱりだこの武田修宏氏の活躍が目覚ましいです。会社員に転身した元Jリーガーも多く、あらゆる分野で第2の人生を歩んでいます。
サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースとは?

サッカーの試合中に死亡や事故となってしまったケースには、心臓病・選手同士の交錯・ボールの直撃・壁や用具の激突・パフォーマンスの失敗・落雷事故があります。観客も、サポーターの暴動・運営や施設の問題で事故になってしまったケースがありました。サッカーの試合中の死亡や事故を防ぐ対策は年々強化されています。
アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは?マッシミリアーノ・アッレグリ監督の戦術を解説!

アッレグリ戦術とは、世界的に有名なマッシミリアーノ・アッレグリ監督が考案した、選手の個性を充分に活かすためのサッカー戦術です。アッレグリの名を轟かせるきっかけとなった変則フォーメーションや、クロスボール戦術をはじめとした具体的な方法を、実践例と併せて解説します。
サッカー日本代表の得点ランキング!歴代の通算ゴール数が多い選手とは?

サッカー日本代表の得点ランキング!歴代の通算ゴール数が多い選手とは?

サッカー日本代表の得点ランキングには、メキシコオリンピック日本代表の銅メダル獲得に貢献した釜本邦茂やワールドカップ地区予選で27点を挙げた三浦知良がいます。ランキングには、海外で活躍する選手も多く、得点能力の高い日本代表のゴールシーンは観客にサッカーの楽しさを伝えてくれます。
サッカーのボールボーイとは?悪質なボールの渡し方や嫌がらせとは?

サッカーのボールボーイとは?悪質なボールの渡し方や嫌がらせとは?

サッカーのボールボーイは試合でピッチの外に出たボールを拾い、選手に渡すのが仕事です。サッカーのボールボーイの悪質な対応にはアウェイチームにボールをすぐに渡さない、わざと強く投げるなどがあります。ホームチームの下部組織の選手が担当することが多いことが理由のひとつです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

nakinaki777 nakinaki777