Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. サッカーのスライディング...
サッカーのスライディングの正しいやり方とは?ファールをもらわない方法も解説

サッカーのスライディングの正しいやり方とは?ファールをもらわない方法も解説

サッカーのスライディングタックルは守備の最終手段と呼ばれるほど重要なスキルであり、優れたディフェンダーはスライディングタックルが上手いのが絶対条件です。スライディングの正しいやり方を習得することが、サッカーの守備の向上や怪我の予防につながります。どちらの足を出すかというセンスも問われるスライディングタックルは奥が深い技術です。

2021.12.16 サッカー

サッカーのスライディングとは?

okaki on Instagram: “大抵こうした #シュートブロック って当たらないんだけど、今年の #横浜 はシュートブロックがそれが出来てる。  #中里崇宏 は今年 #ロングスロー も披露してる。危機感からか、指示があったか聞いてみたい。 コーナーからロングスローとか見てるとそれだけで走らされて疲れてた(笑)…” (105519)

スライディングとはサッカーの試合中、相手が持っているボールを奪ったり、シュートコースを消すなど守備のために、滑り込む行為のことです。

英語のslideの現在分詞であるslidingが語源とされていて、スライディングタックルとも呼びます。

育成年代では怪我につながりやすいことや芝生の状況も考慮してスライディングタックルを禁止にする場合もあるので注意が必要です。

サッカーのスライディングは守備の最終手段

サッカーで最も英雄的な防御スキル●タックル & クリアランス

日本サッカーの育成年代の指導者はスライディングに関して守備の最終手段だと教えます。

サッカーのスライディングをメリット、デメリットに分けて守備の最終手段といわれる意味を説明します。

スライディングのメリット

スライディングのメリットは相手の前に入り込み、ボールを確保できない状態でも守備ができることです。

例えば、ドリブルで抜かれたとしてもスライディングタックルを使えば、足先でボールをつつくことができます。これが、スライディングタックルが最終手段といわれる理由の1つです。

スライディングのデメリット

スライディングタックルのデメリットは、失敗したときのリスクが大きいことです。

・起き上がるための時間がかかる
・ファウルをとられる
・警告、退場の対象となる
・怪我の原因となる


これらのリスクがあるので、スライディングタックルは、必要以上に多用してはならず、スライディングタックルが最終手段といわれるもう1つの理由です。
  •        
  •        
  •        
  •       
    

スライディングを使うタイミング

スライディングは最終手段といわれるので、使う状況やタイミングを意識する必要があります。

そこで、スライディングタックルが有効なシチュエーションを紹介します。

ライン際で相手のプレーに隙が生じたとき

⠒̫⃝⠒̫⃝ on Instagram: “..11/1上田綺世選手と槙野智章選手。代表vs代表#鹿島アントラーズ#kashimaantlers#上田綺世#浦和レッズ#槙野智章” (105516)

サイドのタッチライン際の攻防では、スライディングでボールをつついてタッチラインの外に出すことが有効です。

スライディングタックルが失敗してもゴールから遠いので、失点のリスクが低く、ファウルをとられてもペナルティーキックになることはありません。

また、タッチラインの外に出すことのメリットはスローインからリスタートするので、立ち上がって体勢を整えることができるところです。

自分が抜かれてキーパーと1対1になるとき

ロストフの14秒

自分がドリブルで抜かれてキーパーと1対1になってしまう時には、ファウル覚悟でイチかバチかスライディングタックルでボールをつつくことがサッカーの試合の別れ目になることがあります。

スライディングタックルが失敗するとペナルティーエリア内ではPKになる可能性がありますし、ペナルティーエリアの外でも決定的機会の阻止とみなされて退場となる可能性もあります。

このようなシチュエーションでは、時間帯や場所を考慮して賢くスライディングする必要があります。サッカーには、意図的にファウルで止める狡猾さも必要とされます。

シュートブロック

丸山祐市選手の魂こもったシュートブロック

サッカーの守備は、ボールを奪うことができない状況ではシュートコースを狭めることが失点を防ぐために必要です。

スライディングは横になって足を広げることで面積を確保できるので、シュートブロックにおいて有効な手段となります。

スライディングの具体的なやり方

サッカーのスライディングのやり方を紹介していきます。

基本的なスライディングの動作

@7windows2doors on Instagram: “#revierderby  #schalke04  #bvb  #uchida  #aubameyang  #内田篤人  #スライディングタックル” (105513)

スライディングのやり方は、お尻ではなく腰の側面で滑ることがコツです。体制を下に傾けた方の手を支えにすると、起き上がりやすくなります。

また、足の裏ではなく足先か足の甲でボールを捉えることも重要です。

ファールを取られないための注意点

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
スライディングでファウルを取られないために注意することを3点紹介します。

①後ろからのタックルを控える
②ボールに必ず触れる
③足の裏を極力見せない


後方からのタックルは相手からは予測できないので危険ですから、バックチャージと呼ばれて、ファウルの対象となりやすいです。

近年は、足の裏でのタックルを厳しく規制するルールに変更されていて、ボールを上手く奪っていても相手の足に足の裏で接触していたら退場が宣告されることがあります。

スライディングするときの足の使い分けとは?

スライディングはどちらの足で行うかによって効果が変わってきます。どちらの足でもスライディングができることは、良いディフェンダーの1つの条件となります。

遠い方の足のスライディングタックル

 (105501)

画像は青が守備側、赤が攻撃側で白い色の矢印が進行方向で青い色の矢印がスライディングタックルの角度となります。

相手から遠い方の足でスライディングをすることは、シュートやパスのコースを狭めることにつながります。
遠い方の足のスライディングは、相手から先にパス、シュートの選択肢を奪っておいて、最後にボールを刈り取るという守備の方法となります。

サッカーのサイトライン際の攻防やボールを奪うときには遠い方の足でのスライディングが効果的です。遠い方の足のスライディングの弱点は股の下が空きがちになることで、シュートブロックのときは股の下を注意する必要があります。

近い方の足のスライディングタックル

 (105502)

相手から近い方の足で行うスライディングは、ボールを最短距離で点で捉えることができます。ボールをつつくスライディングは、ドリブルで抜かれて前に入られたときの守備で有効な方法となります。

そして、股の下が空きにくいことからシュートブロックにおいて、近い方の足のスライディングタックルの方が良いとされます。

ただし、サッカーのシュートブロックは足を合わせている時間はなかなかないので、相手のシュートに対してスライディングタックルを合わせるタイミングが重要となります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。