2020年5月30日 更新

ゴールキックでオフサイドになる場合とは?図説で詳しく解説!

ゴールキックでオフサイドになる場合はサッカーのルール上反則になることはありません。競技規則の11条で定められておりゴールキックはどこでも受け取ることが可能です。しかしゴールキックからオフサイドにつながるケースはいくつかあります。例えばキーパーからのパントキックをオフサイドポジションで受け取った場合はオフサイドの反則です。

7,031 view お気に入り 0

オフサイドとは?

 (131351)

オフサイドとはサッカーの競技規則11条で定められているルールであり反則です。ルールがあることでスポーツとして公平な立場で試合を進められています。オフサイドが定められていないと簡単にゴールが入るスポーツになってしまうので、現在のサッカーでは長く守り続けられている規定の1つとして重要な役割を果たすものです。
 (137226)

そもそもオフサイドとは?

サッカー​のオフサイドとはゴールキーパーを除いて1番後ろのプレイヤーを追い越した位置でパスを受け取ることをさします。ゴール前での待ち伏せを防ぐためのルールです。しかしキーパーが1番後ろのプレイヤーではない場合理論は適応されません。

上の図だと黄色いオフサイドラインの先の青いプレイヤーがオフサイドポジションに位置するのでボールを受け取ると反則となります。

戻りオフサイドとは?

 (137227)

戻りオフサイドとは、オフサイドポジションにいたプレイヤーがオフサイドラインを気にして戻りながらパスを受け取ることです。通常のオフサイドと同様にゴール前で待ち伏せする形に似ているので定められています。

ピッチ内からは一見オフサイドに見えませんがパスを出したときの位置をピッチ外の審判が確認し旗をあげた場合反則となります。

ゴールキックでオフサイドは適用されるのか?

 (131977)

ゴールキックによるオフサイドの反則は適応されません。通常のオフサイドとは異なり例外パターンの1つですが競技規則で定められています。
極端ですが相手チームのキーパー目の前をめがけて蹴ったゴールキックを受け取ることもオフサイドは適応されません。
また、ゴールキックのキッカーは守備側の任意であり必ずゴールキーパーでなくてはいけない決まりはないです。

ゴールキックから考えられるオフサイドの可能性①

勘違いしているケースとして、キーパーからのパントキックやドロップキックです。前者後者ともにゴールキックではないので受け取った場合はオフサイドが適応されます。
通常オフサイドポジションでボールを受け取った場合反則となりますが、ゴールキックは試合を再開するためのキックなのでオフサイドになることはありません。

ゴールキックから考えられるオフサイドの可能性②

ゴールキックを相手チームがヘディングで跳ね返したときにオフサイドポジションにいたプレイヤーがボールを受け取った場合です。ゲーム再開後のプレーですので通常通りオフサイドが適応されます。こちらもヘディングした瞬間の位置で決まります。

2019年ゴールキックのルール改正により副審はヘディングでの跳ね返しに対するオフサイドの判定が正確にとりやすくなりました。

ゴールキックから考えられるオフサイドの可能性③

ゴールキックをグランダーで味方に渡し、受け取ったプレイヤーがロングボールを蹴った先がオフサイドポジションの場合です。ゲーム再開後のプレーですので可能性②とおなじようにオフサイドとなります。オフサイドの判断は競技規則第5条および11条によって主審に決定権がありますが、横のラインから見れる副審の判断が重要となっています。総じて1度インプレーされた場合は通常通り反則です。

ゴールキックとオフサイドルール変更の歴史

ゴールキックとオフサイドルール変更の歴史は、イングランドで定められたルールから現在も不定期で変更され続けています。スポーツとして最適なルールが時代とともに変わっているからです。2019年にも大きな改正があり、なかでもゴールキックをペナルティエリアのゴールラインから蹴る規定がなくなり仲間はペナルティエリア内でパスを受け取ることが可能となりました。

ルールの誕生

19世紀のイングランドで誕生したフットボールですが、当時は現在のようなルールが一切定められていなくオフサイドの反則もありませんでした。ルールの少ないなか続いていたフットボールでしたが、1863年にルール変更の働きがありました。会議のなかでハンドの反則をめぐる対立が生まれ1848年にイートン校とラグビー校の間で競技連盟を設立しケンブリッジ・ルールが定められたことからオフサイドが生まれました。

ルール変更

1848年以降はボールより前にいるプレイヤーは反則という規定がありましたが、1866年大幅に変わり3人制オフサイドが定められました。1925年には改めて変更があり現代のルールである2人制オフサイドが定められました。3人制オフサイドが定められてからも大きな変化がなく2人制にする見直しがされました。

ゴールキックでの直接ゴールは認められていませんでした。正確にはルールが無かったのだと思います。しかし1997年の改正でゴールキックの直接ゴールが正式に認められました。
3人制オフサイドとは、ゴールからボールの間にゴールキーパーを含め相手プレイヤーが3人以下のときにボールを越した位置にいるプレイヤーがパスを受け取ることです。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

骨盤前傾トレーニングで肉体強化と身体能力アップさせよう

骨盤前傾トレーニングで肉体強化と身体能力アップさせよう

骨盤前傾トレーニングとは、骨盤の前傾を促すトレーニングです。骨盤を前傾させるメリットは、肉体強化や身体能力のアップによりサッカーなどのスポーツで身体パフォーマンスが向上します。骨盤を前傾させるおすすめのストレッチやトレーニングには、ワイドスクワットやハムストリングスのストレッチがあります。
kouhei22 | 1,788 view
サッカーの走行距離とは?Jリーグやプレミアリーグの距離はどのくらい?

サッカーの走行距離とは?Jリーグやプレミアリーグの距離はどのくらい?

サッカーの走行距離は、サッカーの試合を分析する1つのデータです。選手個人の運動量をトラッキングデータとして測定しておくことで、チームの傾向を知ることができます。主な測る方法はGPSなどの計測デバイスで、海外ではいち早く取り入れられていました。日本ではJリーグで全試合にトラッキングカメラが採用されています。走行距離を知ることで、プロサッカーの判断や思考がさらに深く追求できます。
nakinaki777 | 3,113 view
サッカーソックスの履き方とは?トップ選手がセパレートにしている理由を解説

サッカーソックスの履き方とは?トップ選手がセパレートにしている理由を解説

サッカーで着用されるソックスにはさまざまな履き方があります。ポピュラーなサッカーソックスの履き方は、普通履き、膝上履き、ルーズ履き、セパレート履きの4種類です。現在は、プレー面や見た目といった観点からソックスをセパレートするセパレート履きが、流行しています。
Anonymous | 6,949 view
サッカーのエースナンバーとは?10番以外にも実はたくさんある?

サッカーのエースナンバーとは?10番以外にも実はたくさんある?

サッカーのエースナンバーとは、活躍を期待するチームのエースの背番号で、10番以外にも、7、8、5などがチームのサッカー戦術により存在します。後日エースナンバーを引き継いだ選手が同様の活躍を続ければ、チームとファンにとって、エースナンバーはチームを栄光に導いてくれる重要な番号になります。
Anonymous | 5,925 view
サッカースパイクのお手入れの方法とは?誰でも簡単にできるやり方を教えます

サッカースパイクのお手入れの方法とは?誰でも簡単にできるやり方を教えます

サッカースパイクのお手入れは、道具さえあれば誰でも簡単にすることができます。スパイクには、一度使用しただけでも汗や泥などの汚れがたくさんついてしまいます。スパイクをこまめなお手入れすることは、足の負担を減らしパフォーマンスの向上につなげることができるのでとても大切です。
めーぷる884 | 714 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Act Act