2021年10月27日 更新

マルセイユターンのやり方とは?小学生でも簡単にできるようになる方法を解説!

マルセイユターンとは、サッカーのフェイントテクニックのひとつです。足の裏でボールを引き寄せ、体を回転させながらボールを蹴り出し、相手の横を抜き去ります。マルセイユターンは一連の流れのスピードが早いため、複雑に見られがちですが、仕組みを理解すれば誰でも使えるテクニックです。

200 view お気に入り 0

マルセイユターンとは?

 (259115)

マルセイユターンとは、ボールとディフェンダーの間に体を入れながら回転する、サッカーのフェイントテクニックのひとつです。体でボールを隠しながら相手を抜き去るため、成功するとボールを奪うことはほぼ不可能です。マルセイユターンは元フランス代表のジネディーヌ・ジダンの得意技だったため、ジダンの故郷であるマルセイユにちなんで命名され、マルセイユルーレットと呼ばれることもあります。

マルセイユターンのやり方

マルセイユターンのやり方は、大まかに3つの動きで構成されています。

①利き足でボールを引き寄せる
②体を回転させながら逆足でタッチする
③ボールと共に相手の横を抜き去る

一見すると、高度なテクニックに感じますが、やり方がわかれば誰でも習得できます。習得するためには、足裏でのボールコントロールと、体の動きを覚えることが大切です。見た目は派手な大技のため、成功すると試合を沸かす一幕に貢献できるテクニックです。

足の運び方

利き足でボールを引き寄せるときは、足の裏でボールの真上をタッチします。ドリブルしていた方向と平行に、ディフェンダーから逃げるように引くことがポイントです。ボールをコントロールするために、足首には力を入れ過ぎないことを意識しましょう。

逆足でタッチを入れ替えた後は、足裏を利用したまま抜き去りたい方向にボールを引っ張ります。引っ張られたボールを利き足でタッチできたら、回転の軌道に合わせてボールをコントロールしながら相手の横を抜き去ります。

体の使い方

体は、ディフェンダーからボールを守るための盾の役割です。回転は360度ではなく、270度ほどのため、利き足でボールを引いた瞬間、進行方向に対して体を90度横に向けておくことがポイントです。

体が横に向いた状態から、逆足を軸に回転を始めて、相手を背にしながら反転します。利き足が地面についたと同時に、自分の腰の横側が相手の腰に当たるくらいの位置にいると、前方まで体が向いたときには、ドリブルコースが目の前に開けています。

マルセイユターンのコツ

 (259101)

マルセイユターンの成功は、ファーストタッチを仕掛けるポジションに左右されます。ドリブルの途中で、勢いを止めることなく、流れのままに相手を抜き去るテクニックのため、最初のポジショニングが成功の決め手です。

ポジショニング

相手をかわすための適切なポジショニングは、選手ごとに違います。足の長さや速さが違うため、自分にとってのベストな位置を知ることが第一歩です。マルセイユターンでは、自分の背を盾にしながら回転するため、相手との距離感を誤ると高い確率で失敗します。回転した後に、相手の横を抜ける間合いを探りましょう。

マルセイユターンの練習方法

 (259102)

マルセイユターンを習得するには、3つの練習方法があります。

①反復練習
②実戦を想定した練習
③イメージトレーニング

マルセイユターンは、練習することで必ず習得できるテクニックです。繰り返し練習し、成功のイメージを持つことで、試合で華麗に相手を抜き去ることができます。

反復練習

マルセイユターンの動きを体に覚え込ませる反復練習は、非常に重要です。初めは、障害物を置かずに、ひとつひとつ自分のペースで流れを確認しましょう。実戦では、ボールを引き寄せた後に素早く体を回転させるため、頭で考えている時間はありません。どれだけ体に動きを覚え込ませられるかがポイントです。

実践を想定した練習

全体の動きを確認できた後は、実践を想定した練習に移ります。初めはコーンを置いて、コーンの横を抜き去ることができるかをチェックします。最後は、人を相手に実践して、体で相手をガードしながらプレーする感覚と、回転するときのベストな距離感を確認しましょう。マルセイユターンは、相手との距離感とボールタッチを誤らなければ、成功の確率が高い実用的な技です。

イメージトレーニング

イメージトレーニングでは、ルー・タイスの有名な公式であるI×V=Rを意識するとよいです。脳科学では、臨場感を伴ったイメージを持つことで、想像が現実になると言われています。

【I×V=R】
・Image:想像
・Vividness:臨場感
・Reality:現実

マルセイユターンは、ジダン選手だけではなく、多くのプロサッカー選手が試合で華麗な技を披露しています。試合や映像を観ながら、可能な限り具体的なイメージトレーニングをおこないましょう。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーのボランチは、中盤で攻撃の起点となり攻撃を組み立てる役割と相手選手からボールを奪うディフェンス面での活躍も求められます。サッカーのボランチは、チームの中心位置にポジショニングして広い視野を保ち、的確な判断でゲームコントロールするためコーチング能力や強いメンタルも必要です。
テニスボールでリフティングするとサッカーが上達する!効果的なやり方を解説!

テニスボールでリフティングするとサッカーが上達する!効果的なやり方を解説!

テニスボールリフティングとは、サッカーボールではなくテニスボールを使ってリフティングすることを指します。通常よりも小さい球体でリフティングをするためコントロールが難しく、難易度の高い練習です。ボールタッチの精度や身体の動かし方を習得でき、サッカーに必要な技術が向上します。
プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

サッカーのプレスバックとは、ボールを持った相手選手に自陣へ戻りながらプレッシャーをかけることです。プレスバックは相手の背後からプレッシャーをかけ、味方と相手を挟み込むことでボールを奪います。攻撃的選手の守備戦術で、サッカーの勝敗を大きく左右する重要なプレーです。
裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道はボールと体が別ルートでディフェンダーを抜くサッカーのフェイント技で、ドリブルでゴール前まで上がることの多いポジションが取得したいテクニックです。裏街道の練習方法には、サッカーボールのコントロール技術を高める練習とボールを出すスペースやタイミングを冷静に見極める練習の2種類があります。
サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニューには、ボールを蹴る・ボールを止める・ボールを使って走るの3種類の練習があります。ジュニアが練習に面白く意欲的に取り組めるようにするためには、遊び心を入れて飽きさせない工夫をすることが大切です。遊び心があってサッカーの楽しい練習メニューでは、常にボールを使う3角形ダイレクトパスや 3角形の鬼ごっこがおすすめです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ゆか ゆか