2020年4月16日 更新

サッカー選手になるには?プロを目指すときにジュニアが知っておくべきこと

サッカー選手になるには、高校、大学サッカーで活躍して、Jリーグのスカウト担当者に声をかけてもらうことが一番の早道です。ジュニアが選手がプロを目指すときには、高校や大学からの加入、Jクラブの下部組織からの昇格、地域リーグなど下部リーグからステップアップといった複数のルートがあることを知っておく必要があります。

47,500 view お気に入り 0
日本代表柴崎岳選手が青森山田高校から鹿島アントラーズ入団が内定し、春の鹿島アントラーズキャンプに参加したのは、2年生になったばかりの春でした。
柴崎岳選手は、早いうちにサッカー選手になることを実感したことが、成長につながりました。

しかし、下部組織出身選手の増加が著しい近年では、全国高校サッカー選手権で活躍してからプロサッカー選手になるというルートは減少傾向にあります。

女子のプロサッカー選手になる方法

Dan Ullman on Instagram: “#missingthis #northerntigersfc  #northerntigerswomen  #gameday  #soccerislife  #football  #instafootball #instasoccer #soccerislife…” (123577)

女子のプロサッカー選手になる方法は、高校、大学からのスカウトと下部組織からの昇格が主です。
女子サッカーは、プロチームの数とプロ選手の数自体が少ないこともあり、男子サッカーのプロ選手になるよりも難しいです。日本の女子サッカー選手たちは、女子サッカー人気が高い、ヨーロッパやアメリカといった海外を目指す傾向が増えています。

女子サッカーはプロ選手の定義があいまい

女子サッカーはプロ選手の定義があいまいなため、プサッカーだけでは生活が成り立たず、プロ契約中の選手でも、クラブ内の職員や子供のサッカーチームのコーチといった他の仕事を兼任している場合が多いです。
サッカーだけに専念できる本当の意味での女子のプロ選手はごく一部です。

サッカーの代理人になる方法とは?

JAPANBLUEJEANS_KOJIMA on Instagram: “. 【シンデニムセットアップ】  皆さまこんにちは😁深澤です👦  本日は、色落ちしにくい”シンデニム”を使ったセットアップをご紹介! 上はテーラードジャケット、下はイージーパンツになっております。  カチッとした服装が苦手なのですが、ストレッチが入っているので、…” (123595)

サッカーの代理人になるには、以下の3種類の方法があります。

・選手の信頼を得て代理人に指名
・代理人の会社に入社

・大手マネジメント会社に所属

海外で活躍する選手は家族を代理人にする選手は多いです。

サッカーの代理人には、特別な資格は不要です。日本サッカー協会に申請すれば誰でもサッカー選手の代理人として活動することができます。
2020年現在、日本サッカー協会のホームページに登録されている代理人は、約170人です。

代理人の仕事

代理人の仕事は、主に二つに分かれます。

・選手の移籍を成立
・選手の生活をサポート


移籍を成立させる代理人は、語学と人脈、法律に詳しく交渉が得意である必要があります。代理人は、食生活や金銭管理のチェックをして生活をサポートしながら選手との信頼を築き、精神面も支えなくてはなりません。

家族を代理人にして海外でプレーしている選手は、移籍したい時には、別の代理人と契約する形をとることが多いです。

プロサッカー選手になるためにジュニアが意識するべきこと

儀間陸斗/Rikuto Gima on Instagram: “soccer🤙🏾⚽️・( @gima.rikuto )サブ垢です!・・・#結構前の😅#ロングキック#トラップ#スフィーダ#サッカー#サブ垢もフォローお願いします” (123585)

プロサッカー選手になるためにジュニアが意識するべきことは、プロになるというゴールから逆算してキャリア形成することです。サッカー選手になるためには、自分のサッカー選手としての商品価値となる部分を客観的にみることが大切です。

ジュニアがプロサッカー選手を目指すときには、若い頃から自分の武器と課題についてアドバイスしてもらいつつ、意識的に練習する必要があります。
65 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Anonymous Anonymous