Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. センターバックの役割とは...
センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

センターバックの役割とは?動き方やコツ【サッカーポジション】

サッカーにおいて花形のプレーヤとは点を取るフォワードですが、センターバックはチームを支える上で必要不可欠な存在です。ミスが許されないポジションでもありますので、その重要度は高いですし、チームの中でも信頼のおける選手でなければできないポジションとも言えます。

2021.12.16 サッカー

サッカーのセンターバックとは?

叩かれまくる吉田麻也は、何故、サウサンプトンで試合に出られるのか? – モロットダイス! | 体脂肪、サッカーネタを公開! (6528)

サッカーのディフェンスラインでもピッチ中央に位置して相手のフォワードと駆け引きを多くするポジションがセンターバックという役割です。

サッカーの中でも動き方としては守備を役割の中心としていますので、どちらかといえば目立つポジションとは言えませんが、その重要度は非常に高いポジションと言えます。

サッカーのセンターバックの動き方には、様々な能力が必要とされますが、何よりも冷静に全体を分析する力が求められる役割であり大事なポジションとも言うことができます。
また、攻撃においても現代サッカーでは重要な役割を担っています。
しかし、コツをうまく掴み練習することで上手に役割をこなすことができます。

センターバックの役割とは?

ヴォルフスブルク相手に最高のパフォーマンス:スヴェン・ベンダーは逆境に陥ったドルトムントで輝く | Borussia Dortmund Magazine (6666)

サッカーのセンターバックに求められる役割とは、相手フォワードを抑えること、そして最近では攻撃のためのパスセンスも必要になってきています。

サッカーでは相手のフォワードを目の前に置いてマークすることはセンターバックの必須の作業と言えます。
サッカーのセンターバックとは相手のフォワードに仕事をさせないことが役割ですが、個人の力だけでは目の前の相手は守れても、チーム全体で守ることはできません。
そこで大事になってくるのが、ディフェンスラインのコントロールやコーチングによるディフェンスのやり方になってきます。
これらは練習してコツを掴むことで自信を持ってプレーすることに繋がってきます。

センターバックに必要な能力

レアルDFヴァランの“神速”に相手主将が驚嘆「地球上最速のセンターバック」 | サッカーキング (6702)

サッカーでセンターバックの役割をこなすには能力も必要ですが、練習しコツを抑えれば様々な状況に対応できるようになります。

練習を重ねてコツを掴むことで身体能力を考え方や先を読む力でカバーすることができるのもサッカーというスポーツの魅力であり、面白さでもあります。
ですから、サッカーのセンターバックというポジションも役割として背が高かったり、足が早いと利点はありますが、逆にいうならばそれだけでは相手のフォワードが上手くなってくると太刀打ちできない部分も出てくると言うことになり、ポジションのコツを練習によってマスターすることが大事になります。

相手との駆け引き

カンナバロに関するトピックス:朝日新聞デジタル (6857)

サッカーのセンターバックというポジションの役割をする上では必ずと言っていいほど、相手フォワードが目の前にいますので、常に駆け引きが要求されます。

駆け引きは経験に基づいたコツが何よりも大事になるのです。
サッカーでセンターバックの役割をこなすコツは、相手と味方との駆け引きを上手く行うことで充分にポジションをこなすことはできます。

サッカーの良いところは決して1人で全ての事をするわけではないということです。
コツを覚えれば体が小さくても大きな相手と駆け引きを常に考えることでボールと奪いにいくタイミングを変えたり、出足のスピードを変えたりと様々な駆け引きで相手フォワードに勝つことは可能なのです。

味方との連携

【サッカー日本代表】 ハリルジャパンの不動のセンターバック・FC東京 森重真人選手 多摩川クラシコでのタッチ集 | スーパープレイ専科 (6909)

  •        
  •        
  •        
  •       
    
サッカーはチームスポーツですから、自分ひとりで相手を止めることが出来ればそれが一番良いことですが、最終的にはチームとして点を取られなければいいわけです。
サッカーのセンターバックにしても同じことが言えます。
サッカーにおけるセンターバックの役割としては、最後の砦となりますが、実際には周りに様々な選手がいるわけです。

ですから、サッカーではチームとしてディフェンス時の動き方を徹底しておくことでお互いの信頼ができ、また連携が良くなることで声だけで味方のしたいことがわかってくるようになることが大事になってきます。
こういったコツも練習や試合を重ねることで分かってくるのです。

ゴールキーパーとの呼吸

[南アフリカW杯/決勝:オランダvs.スペイン] “万年優勝候補”の汚名返上。勝負強さを身につけたスペインが悲願のW杯初優勝!(3/10) - フォトギャラリー - Number Web - ナンバー (6933)

サッカーのセンターバックは自分が最後の砦と考えがちですが、実際にはゴールキーパーが控えているので、ゴールキーパーとの練習によって呼吸を合わせておくことで一人ではなく最低でも二人で守ることができるという気持ちを持つことができます。
サッカーではセンターバックの動き方次第でゴールキーパーはポジションを変化させますし、自分の守りやすい動き方をします。

これが、しっかりと息があっていれば、お互いにどのような事をしたいのかがわかりますが、連携が浅いとそれだけでバタバタすることになってしまって失点しやすくなります。
練習によってコツを掴んでキーパーの守りやすい守備をするのも重要なことです。

センターバックに必要な技術

【プニサカ】各ポジションの最強選手は誰だ?(センターバック編) | プニコンサッカー攻略速報 (7016)

サッカーにおけるセンターバックはゴールキーパーを除いてチームの最後尾に位置しますので、練習によってコツを掴み、全体を見渡してあらゆることを考えておかなければいけません。
自分だけではなく、練習によって周りとの連携によってしっかりとした守備をすることが求められるのです。
そのためには、周りの選手にその瞬間事に役割をしっかりと伝えていくこと、そして、自身の動き方に細かな修正を加えていくことが大切になってきます。
サッカーのセンターバックに求められるものも多くなってきますが、そのうちのいくつかを上げてみたいと思います。

1対1の強さ

画像 : サッカーの1対1で負けない方法 - NAVER まとめ (7097)

サッカーのセンターバックは相手フォワードと対峙することが当たり前のポジションですから1対1で負けるようではいけません。
相手フォワードとの1対1で負けないようにするにはコツを掴み、練習を積んで、常に相手の動きを読むこと、そしてボールを奪い取るためのタイミング、コツを掴む練習をしていく必要があります。

サッカーで1対1に強いセンターバックというのはそれだけでチーム全体に安心感をもたらすことができるのです。
1対1に勝つコツはポジションの取り方だけでも勝ち負けが大きく変わってきます。
これを学ぶことも練習と試合を通してコツと経験を積んでいくことです。

ヘディングの強さ

 (7142)

サッカーのセンターバックはフォワードと競り合うことも多く、負けると即失点につながりかねないので競り合いの強さも求められます。

競り合いは背丈が高かったり、ジャンプ力があれば有利に働くことは間違いありません。
しかし相手選手との競り合いというのは駆け引き、コツを上手く使うことでも勝つことができます。

コツがわかればどんな相手でも競り負けません。
そのためにはコツを掴む必要がありますし、コツを掴むには練習を繰り返すしかありません。
サッカーではセンターバックがボールを跳ね返すことができれば、それは必然的に味方選手の守備時間を減らすことにも役立ちますので、攻撃の一手の役割を果たしているとも言えます。

的確なコーチング

本当に勝ちたければ指示を出せ|どうすればプロサッカー選手になれるのか ~実験的親子二人三脚サッカー奮闘記~ (7229)

サッカーのセンターバックはゴールキーパーを除くと最後の砦となってきます。
最後尾にいるからこそコーチング能力は必須と言えます。
サッカーにおけるコーチングとは、味方選手に対して行う指示出しのことで、このコーチングの役割をきちんとこなすことが出来れば、ピッチ内でチームを自由に動かして守備の時に安定した守り方をチーム全体にもたらすことができるのです。
サッカーではチームが一つになることは、体力の消耗という面でも、信頼関係という意味でもおおきな役割を果たしてくるものと言えます。

ラインコントロール

2015.8.2東アジアカップ 第1戦|日本 1-2 北朝鮮 | サッカーダイジェストWeb (7230)

サッカーにはオフサイドと言われる反則がある限り、サッカーのセンターバックにはこまめなラインのコントロールが求められます。
相手フォワードとの駆け引きですが、ディフェンスラインのコントロールがきちんとできていれば自分のいるポジションから離れた相手でもオフサイドトラップをかけて攻撃の芽を摘むことができるのです。
そのためのサッカーにおけるラインコントロールは試合や練習の中で動き方を理解したり読んだりする力を付けて、しかけるコツを掴むことが大事になってきます。

センターバックに必要な動き方

2016年04月 : 現実の魔法のランプを探す旅 (7244)

サッカーのセンターバックは相手フォワードを常に意識しながら動き方を変えなければいけません。
自分が主導権を握ることは少なく、動き方としては、相手があって自分がどのポジションを取るのかを考えていなければいけないのです。
サッカーでセンターバックに必要な動き方とは、ボールと自分のマーク、そして全体のバランスを見ながら動けるポジションを常に考えながら移動することです。
そして、サッカーのセンターバックの役割としては、相手選手に何もさせずにキーパーが触れる前にボールを奪取することが理想と言えます。

相手とボールを見ながらの動き方

サッカーのセンターバックがマークを外すことは即、失点を意味しますので、そうならないためにも相手フォワードとボールの位置を見ながらの動き方が大事になってきます。
サッカーのマークの付き方の基本的な動き方とは、目の前に相手選手を置いて、尚且つボールとゴールを結んだライン上に自分の体を配置させるポジションが安定感を生むポジションと言えます。
常に相手選手とボールの位置を見ながら小さな動きでも少しずつ自分のポジションを変えていくことが大事になってきます。

先を読んだ動き方

サッカーのセンターバックには相手が何をしたいのかを2手、3手先まで読んで動き方を変えていくことが大事にもなってきます。
サッカーが体の大きさや身体能力だけではないということはこの先を読む力も関わっていると言えます。
サッカーでは何度も試合や練習をこなす中で相手の動き方を知ったり、どのような動き方が一般的なのかを知っていきます。
その経験値が読む力となって、ボールの位置、パスを出す選手の動き方、ポジション、様々なことから先の動きを判断して先を読むことがサッカーのセンターバックにはとても重要なものになってきます。

ポジションの重要性

サッカーではどのポジションにも重要性はありますが、ミスが即失点に繋がる可能性が高いセンターバックは重要性がより高いポジションであると言えます。

得点を取ることは目立つことであり、サッカーの花形でもありますが、センターバックが優れていればチームとしての安定感はものすごく増してくることになります。
サッカーのセンターバックの役割は、目立たなくてもチームのために相手選手を止めて勝利に貢献するという重要な役割になってくるのです。

レベルの高いセンターバックになる練習

  • <        
  •        
  •        
  •       
    
中でも1対1の強さというのはサッカーのセンターバックという役割にとって重要な能力です。
サッカーでセンターバックは相手選手と1対1になることが多いポジションですので、1対1で相手を止めることができればチームに大きな安定感をもたらすことができます。
コツとしてはディフェンス時のメリハリを考えることでチャレンジできる時と遅らせることの判断が大切です。

サッカーのディフェンスはボールを奪うことが仕事ですが、それだけではなく味方と連動して守備をすることが大切になるのです。

1対1のレベルアップ

サッカーのセンターバックのディフェンスは1対1で負けることは許されないので、この能力を磨く必要が出てきます。
サッカーで1対1に強くなるには、とにかく練習を繰り返すことです。
どんどんドリブルを仕掛けてもらってそれに対応する練習をします。
相手のボールだけでなく、足元や体全体の雰囲気を掴みながらどのような動きをするのか予測を立てて、それに基づいてチャンスがあればボールを奪いに行きます。
無理はせずに、それでも攻撃的なディフェンスができるようになるまで徹底的に体に染みこませることが大事です。

キックの精度アップ

現代サッカーにおいてはセンターバックは最後尾にいるからこそ、攻撃の時にプレッシャーをあまり受けることなくボールをフィードすることができますので、キックの精度の高さというものが求められるようになっています。
キックの精度が高ければ、最後尾から一気にゴールにつながるパスを出すこともできますし、楔のパスを入れることができます。
そのためには、ロングボールでスピードとコントロール、さらに浮き球やグラウンダーのキックなど色々なキックができる練習をするべきです。

センターバックの代表的な選手

センターバックというポジションは守備に重点が置かれていますが、世界でも日本でも一流の選手であれば、誰もがその名前を知るような選手になれるポジションなのです。
センターバックはチームの軸なってくるポジションです。
センターバックが安定すればチームは常に良い方向にまわりますが、センターバックのプレーが軽かったり雑な場合にはチーム全体が混乱に陥りかねません。
そういった意味でも、代表的なセンターバックというのはチームの主軸になりうる選手の事を言うのです。

チアゴ・シウバ

ブラジル代表のチアゴ・シウバ選手 : ネイマールだけじゃない!W杯でブラジルを率いる主将、チアゴ・シウバ選手が世界最強CBと言われる理由 - NAVER まとめ (7249)

ブラジルのセンターバックと言えばこの選手でしょう。
現在では、最高のセンターバックの一人と言えます。
ブラジルは攻撃のチームと思われがちですし、実際に攻撃的なチームを編成することが多いです。
それゆえに、センターバックの選手は世界的なディフェンダーになることも多くなります。
両サイドバックが攻撃的に上がることの多いブラジルではセンターバック二人で相手選手を止めなければいけないことも多いのです。
それゆえにとても能力が高いセンターバックが育つ環境があるのです。

セルヒオ・ラモス

セルヒオラモス[37134361]|完全無料画像検索のプリ画像 byGMO (7271)

via prcm.jp
スペインを代表するセンターバックで強さに溢れています。
体の強さもさることながら、適格な読みがありますので、チームに安定感をもたらすことのできるセンターバックと言えます。
1対1に強いので、対人プレーでは安心して守備を任せることができるのが強みであり、その鉄壁の守りはスペインの強さに比例したものであったということもできます。
また、現代サッカーではヘディングの強いセンターバックはセットプレーの得点源にもなりますので、そういった要素を併せ持った選手と言えます。

中澤佑二

サッカー日本人の歴代最強のベストイレブンを選出(GK、DF篇) | スキマガジン (7272)

日本を代表するセンターバックと言えば中澤選手です。
次の選手が育ってきてはいますが、やはりインパクトではこの選手よりも強い選手はまだまだいないものです。
センターバックとしての1対1の強さは日本では負けないくらいのものがありますし、日本代表として試合をしている時でも海外の強豪国と向き合っていてもなかなか負けるところを見るようなことがありませんでした。
このようなセンターバックがどんどん育つことで日本代表というチームも強さを増していくはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。