2020年1月28日 更新

ヘディングのコツと練習方法!気になるポイントは?【サッカーガイド】

サッカーで空中のボールを扱う時に、ヘディングというプレーがあります。ボールを足ではなく頭に当てて飛ばすプレーです。練習でコツをつかんでおかないと、上手く飛ばしたい方向へボールを飛ばすことができません。ヘディングの正しいやり方やコツを見ていきましょう。

39,866 view お気に入り 0

ヘディングの基礎

Instagram (21443)

首を固定して頭にサッカーボールをあてることがサッカーのヘディングの基礎です。頭ですが、額の上、髪の毛の生え際のところにボールをあてるようにするのがコツです。

首を固めておくことで、強いボールは頭をあてるだけで強く反発して飛んでいきます。弱いボールであっても、首を固定して腹筋背筋を使って全身で前にたたきにいく、もしくは膝のクッションを使って全身で高くつき上げにいくと、ボールを飛ばすことができます。

またサッカーのヘディングの基礎の部分で最も大切なポイントは、サッカーボールをよく見ることです。ボールにあたる瞬間も目をあけている、くらいの意識を持っておきましょう。

ヘディングの種類について

サッカーのヘディングは、次の5種類があります。

①スタンディングヘッド

②ジャンピングヘッド

③ダイビングヘッド

④角度を変えるヘディング

⑤バックヘッド

ではまずスタンディングヘッドから説明していきます。

ヘディング①スタンディングヘッド

スタンディングヘッドとは?

サッカーのヘディングの中で最も基礎となるのは、スタンディングヘッドです。この基礎のヘディングは、立った状態で行うヘディングです。
このヘディングが基礎なので、まずはスタンディングヘッドの習得を目指しましょう。
またヘディングの基礎であるスタンディングヘッドのやり方やコツは、他のヘディングに共通する部分が多いです。しっかりと覚えましょう。

スタンディングヘッドのやり方

スタンディングヘッド(正面へ返す)

サッカーのスタンディングヘッドは、まずボールをよく見てタイミングをはかり、背中を反らしてボールを待ちます。
そして、全身のバネを使って体を前に振り出して、ボールに頭をあてます。この時ボールを見続けてヘディングを行いましょう。

スタンディングヘッドの注意点

サッカーのスタンディングヘッドは、足を前後させて上体を上手くしならせられるようにするのがコツです。サッカーのヘディングではボールに頭をあてるだけではなく、身体全体を使ってサッカーボールをたたく必要があります。ですから、しっかり上体をしなれるように、足を前後させてボールをむかえましょう。

またボールがあたる瞬間も、できるかぎりボールを見続けるようにします。ボールがあたる前に目をつぶってしまうと正確にヘディングを行うことができないからです。ボールが飛んでいくのを見続けるという気持ちで、ヘディングを行いましょう。

スタンディングヘッドのコツ

サッカーのスタンディングヘッドのコツは、ボールを最後までよく見ることです。ボールは当たる瞬間までしっかりと見続けてヘディングを行うようにしましょう。
ボールが当たるまでに目をつぶってしまうと、正確にボールを額にあてることができないので、飛ばしたい方向へボールを飛ばせなかったり、空振りをしてしまいます。
ですから、ボールが飛んでいくのを見続ける意識を持ってヘディングを行いましょう。

スタンディングヘッドの練習方法

まず身体のしなり方や頭を振る時の角度など、スタンディングのヘディングのやり方を覚えましょう。

次に他の人にサッカーボールを投げてもらい、覚えたやり方でそのボールをヘディングで返しましょう。これを繰り返して、身体でヘディングの感覚やコツを覚えます。

そしてだんだんと投げてもらう距離を長くしていき、強いヘディングができるように練習していきましょう。

このヘディングがしっかりと行えるようになったら、他のヘディングの練習に入っていきましょう。

ヘディング②ジャンピングヘッド

ジャンピングヘッドとは?

103 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーボランチの役割とは?ポジション別の動き方を理解しよう!

サッカーのボランチは、中盤で攻撃の起点となり攻撃を組み立てる役割と相手選手からボールを奪うディフェンス面での活躍も求められます。サッカーのボランチは、チームの中心位置にポジショニングして広い視野を保ち、的確な判断でゲームコントロールするためコーチング能力や強いメンタルも必要です。
テニスボールでリフティングするとサッカーが上達する!効果的なやり方を解説!

テニスボールでリフティングするとサッカーが上達する!効果的なやり方を解説!

テニスボールリフティングとは、サッカーボールではなくテニスボールを使ってリフティングすることを指します。通常よりも小さい球体でリフティングをするためコントロールが難しく、難易度の高い練習です。ボールタッチの精度や身体の動かし方を習得でき、サッカーに必要な技術が向上します。
プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

プレスバックのやり方とは?上手にプレッシャーをかけてボールを奪おう

サッカーのプレスバックとは、ボールを持った相手選手に自陣へ戻りながらプレッシャーをかけることです。プレスバックは相手の背後からプレッシャーをかけ、味方と相手を挟み込むことでボールを奪います。攻撃的選手の守備戦術で、サッカーの勝敗を大きく左右する重要なプレーです。
裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道のやり方とは?サッカーのテクニックの裏街道の練習方法を解説

裏街道はボールと体が別ルートでディフェンダーを抜くサッカーのフェイント技で、ドリブルでゴール前まで上がることの多いポジションが取得したいテクニックです。裏街道の練習方法には、サッカーボールのコントロール技術を高める練習とボールを出すスペースやタイミングを冷静に見極める練習の2種類があります。
サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニュー10選!ジュニアが面白く意欲的に取り組める

サッカーの楽しい練習メニューには、ボールを蹴る・ボールを止める・ボールを使って走るの3種類の練習があります。ジュニアが練習に面白く意欲的に取り組めるようにするためには、遊び心を入れて飽きさせない工夫をすることが大切です。遊び心があってサッカーの楽しい練習メニューでは、常にボールを使う3角形ダイレクトパスや 3角形の鬼ごっこがおすすめです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

MOSK MOSK