Category カテゴリーから探す

  1. Home
  2. >
  3. サッカー
  4. >
  5. ゴールキックの蹴り方のコ...
ゴールキックの蹴り方のコツ!遠くに飛ばすために必要なこととは?

ゴールキックの蹴り方のコツ!遠くに飛ばすために必要なこととは?

ゴールキックの蹴り方のコツを紹介します。ゴールキックは攻撃の最初の一手ともなるキックです。近くの味方に繋ぐことも大事ですが、遠くに飛ばせばチャンスが広がります。ボールを遠くに飛ばすための蹴り方やそのためのフォームやコツを理解することで、少しでも遠くに飛ばす事ができます。

2021.12.16 サッカー

ゴールキックとは?

サッカーにおけるゴールキックとは、試合を再開させる方法の1つです。相手選手がシュートなどを打って、ボールが自陣のゴールラインから出た場合には、ゴールキックで試合を再開します。
サッカーのゴールキックは、ボールをゴールライン上において蹴るのがルールです。ボールをセットしてから蹴ることができますから、しっかりとしたキックの技術があれば、遠くまでボールを飛ばすことができます。キックを蹴る技術がしっかりとあれば、思うようば場所にボールを蹴ることが可能です。

試合再開の1つの方法

ニチレクジュニアサッカー on Instagram: “.おはようございます!今日の一枚📸.特殊なポジションGK!ゴールキック!!.#ニチレク#ニチレクジュニアサッカー #ジュニアサッカー#ゴールキック#ゴールキーパー#サッカー指導者 #サッカー #サッカー好きな人と繋がりたい #サカママ” (75358)

サッカーでは、試合を再開するための方法がいくつかあり、ボールが出た場所によって違うのが特徴です。サッカーの試合再開の方法としてスローイン、フリーキック、ゴールキックなどがあります。ゴールキックはその中でも自陣のゴールラインを出た時に使う試合再開の方法です。

ボールをゴールライン上に置いて、相手からのプレッシャーを感じることなく、ゆっくりと蹴ることができるのがゴールキックになります。ゴールキックは、攻撃の第一歩ともなる重要なキックです。

ワンプレーで陣地の回復ができる方法

ゴールキックは遠くに飛ばすことが出来れば、攻め込まれた陣地を大きく回復することができます。サッカーは陣地の取り合いが目的ではなく、自陣のゴールに近い位置からでもカウンターでゴールを奪うことは可能です。

しかし、サッカーにおける自陣のゴール前は非常に危険なエリアですから、ゴールから遠い位置でプレーする方が積極性も出ます。そのためにも、ゴールキックの蹴り方を考えて、遠くに強く蹴ることができる方法を考えることが必要です。

ゴールキックを蹴る選手とは?

サッカーではゴールキックを蹴る選手は決められていません。どの選手がゴールキックを蹴っても問題ありません。小学生などでは、フォワードの選手がキック力があれば、蹴りに来ることもありますが、大抵はゴールキーパーが蹴るものとなっています。

ディフェンダーが蹴ることもありますが、ゴールキーパーが蹴る理由はいくつの利点です。ゴールキックは、難しいキックではありませんから、コツを掴めば誰でも蹴ることができます。

ディフェンダー

サッカーにおけるゴールキックを蹴る選手として、ディフェンダーであれば蹴ることがあります。子供のサッカーであったり、キーパーが足に怪我をしている場合です。こういった時には、ゴールキーパーではなく、ディフェンダーがゴールキックを蹴りに行きます。

ゴールキックを蹴る時のコツとしては、ボールをクリアするようにボールを遠くに蹴る意識が大切です。近くの選手にパスをすることも考えられます。しかし、ディフェンダーが蹴る時には、ゴールキーパー代役であることが多いので、確実に遠くにボールを蹴ることが重要です。

ゴールキーパー

  •        
  •        
  •        
  •       
    
Minmin on Instagram: “. . . #portfolio #photographer #canon #eos #5dmark4 #tokyocameraclub #snapshot #photo #camera #photography #japan #tokyo #ポートフォリオ #カメラマン…” (75360)

ゴールキックを蹴る選手として、一般的なのはゴールキーパーです。ゴールキーパーがゴールキックを蹴ることにはメリットがあります。まず、最後尾の選手ですから、他の選手がしっかりと高い位置を取ることが可能です。さらに、最終ラインが高い位置にありますので、オフサイドラインを高く設定することができます。

ディフェンダーがゴールキックを蹴ると、デメリットとして、蹴った選手が前線に上がるまでにオフサイドにならないスペースが広くできてしまうことです。

ゴールキックの蹴り方

ゴールキックの蹴り方には、決められたものはありません。それでも、基本として遠くにボールを飛ばすことを考えます。ボールを遠くに飛ばすことができれば、自分のゴールから離れた場所で攻防が行われますので安心です。

そのための蹴り方としては、ボールを相手に取られない高さで遠くに飛ばす蹴り方が求められます。斜め45度に強いキックで蹴りだすことができれば、ゴールキックとしては、とても意味のある蹴り方です。

ゴールキックの蹴り方①インフロントキック

teammax on Instagram: “📷 フットボールマックス  フォトコンテスト2018 📷 応募作品 タイトル 『ゴールキック!!』 📷 コメント 「小学4年生の息子が、初めて自分の小遣いで買って、下した日のゴールキックのシーンです」 📷 📷…” (75359)

ゴールキックとは、基本はロングキックになります。ロングキックの蹴り方で最も役立つのが、インフロントキックです。インフロントキックは、足の甲の親指の上辺りでボールを蹴りだします。この蹴り方は、ボールを斜めに蹴りだすことができますので、より遠くにボールを蹴る方法です。

インフロントキックで気を付けるべきことは、ボールが足の上に乗っている時間を気持ち程度でも長く感じるようにします。ボールに長く触れることで、足を振る力をしっかりとボールに伝えることが可能です。

ゴールキックの蹴り方②インサイドキック

ボールの飛ばし方には、浮かせて蹴る方法だけではありません。ゴロでボールを蹴る方法としては、インサイドキックがあります。ゴールキックは、基本的にはロングキックを蹴るものです。しかし、場合によっては、インサイドキックで近くの味方にボールを繋ぐことで、確実に攻撃につなげていくやり方もあります。

インサイドキックは、足の内側、踝の下辺りでボールをしっかりと押し出す蹴り方です。これによって、ボールを浮かさずに、早く確実なパスを味方に届けることができます。

ゴールキックの蹴り方③インステップキック

キック力に自信があるならば、インステップキックでもゴールキックを蹴ることは不可能ではありません。インステップキックはシュートに向いているキックです。それは、ボールにしっかりと足を被せて蹴るために、ボールが上に浮きにくくなります。

ゴールキックを蹴る時には、この浮かないことがマイナスになることです。キック力があり、遠くに蹴ることができても、ボールが浮かなければ、相手選手がいる場所にボールが飛んでしまうと、トラップされてカウンターを受ける危険性があります。

ゴールキックを遠くに飛ばす方法

ゴールキックを遠くに飛ばす方法として、蹴り方と体の使い方が重要です。遠くに飛ばすためには、キック力が必要で、そのためには足の筋力が必要と考えることがあります。

しかし、実際には筋力だけではなく、足の振りの速さであったり、ボールを蹴るポイントが大切です。筋力を高めるために筋トレをして、足の筋肉が大きくなればボールを遠くに飛ばすことができるわけではありません。ボールを蹴るコツを掴んで、的確にボールの芯を蹴ることができれば、少ない力でもボールを遠くに飛ばすことができます。

遠くに飛ばす方法①適切な助走を取ること

Minmin on Instagram: “#カメラマン #フォトグラファー #東京カメラ部 #tokyocameraclub #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #photographer #canon #5dmark4 #ポートフォリオ #portfolio…” (75392)

ゴールキックを遠くに飛ばすコツは、適切な助走距離を見つけることです。助走距離を延ばすことで、走る力がボールに伝わり、勢いのあるキックをすることができます。

しかし、10メートルの助走距離を取ったらその分、ボールが飛ぶわけではありません。助走距離は、個人の好みや蹴りやすさによりますが、大抵は3~5メートルくらいの人が多いです。その中で、足が合わせやすいように歩幅を考えて助走距離を取ることで、スムーズにボールに力を加えることができます。

遠くに飛ばす方法②上半身を上手に使うこと

Shima_sakurasaku on Instagram: “#cerezo #キムジンヒョン #jリーグ #ゴールキック #photography #photographer” (75390)

ゴールキックに限らず、ロングキックなど力強いキックを蹴るためには、足の力だけに頼っていてはいけません。ボールの飛ばし方は、足の力だけではありません。

上半身を捻って腕を大きく開くことで、足を大きく振って素早く振ることができます。足の力だけでは、ボールを遠くに飛ばすことは不可能です。上半身からの力を上手に下半身に使えることができれば、ボールを遠くに飛ばすことができます。ボールの蹴り方は、体全体を上手く使ってフォームを安定させることが重要です。

遠くに飛ばす方法③ミートポイントを意識して蹴ること

ボールを遠くに飛ばすには、遠くに飛ばすための蹴り方をすることです。ボールに力を効果的に加えることになりますが、遠くに飛ばすためには、ボールを真っすぐに飛ばすよりも斜め上に蹴りだすことになります。
そのためには、ボールをミートするポイントに意識を置くことが重要です。何度もボールを蹴ることで、ボールの少し下からボールの芯を斜め上に蹴り上げるイメージでキックができるようになれば、自然とロングボールを蹴ることができるようになります。

筋トレをするとゴールキックの飛距離は伸びるのか?

ゴールキックを蹴るためには、足の筋力が付いていればその分飛距離を伸ばすことができるのかという疑問を持つことがあります。そして、遠くにボールを蹴るために、筋トレをすることもありますが、実際には筋トレをすることでロングキックが遠くまで飛ぶことはほぼありません。

力強く速いシュートを打つのであれば、筋トレも重要ですが、ゴールキックのようなロングキックを蹴るために、足の振りとボールを蹴るポイントこそが何よりも重要です。

筋トレによって飛距離が変わることはほぼない

ゴールキックなどのロングキックを蹴るには、筋トレに励むよりも、何度もボールを蹴ることでコツを掴むことが重要です。ロングキックは、力任せに蹴れば遠くに飛ぶわけではありません。

ボールを遠くへ蹴るには、タイミングや足を振るスピードなどのコツを掴むことです。これらのコツを掴むことで、少しずつ遠くにボールを飛ばす蹴り方が身についてきます。コツを掴むには、ロングキックの蹴り方を理解した上で実際に何度もボールを蹴ることです。

ボールを蹴るための筋力は蹴ることで身に付ける

Minmin on Instagram: “#カメラマン #フォトグラファー #東京カメラ部 #tokyocameraclub #写真を撮るのが好きな人と繋がりたい #写真好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #photographer #canon #5dmark4 #ポートフォリオ #portfolio…” (75391)

ボールを遠くに蹴るのは筋力ではありません。正しい蹴り方で体の力を上手にボールに伝えることができるかどうかにあります。遠くにボールを蹴るには、何度もボールを蹴ることです。

ボールを蹴り続けることで、遠くに飛ばすために必要な足や腹筋、背筋の筋力は自然と身についていきます。数多くボールを蹴ることで足にボールを当てるポイントや、足の振り方など細かな足の使い方を理解すると同時に必要な筋トレも行っていることになります。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。